昼寝ネコの雑記帳

これが「発刊案内」というものです

c0115242_133784.jpg






新刊書を出す約一ヶ月前に、書店や図書館向けに、新刊案内のチラシを配布します。取次・書店ルートの場合はB5サイズに指定されており、費用を支払って配布してもらうんです。このチラシを見て、「ヨシ、置いてみよう」と思った書店さんは、注文冊数を記入して、取次店が回収します。左端にある「注文スリップ」のことです。
でもまあ、最近は書店さんの廃業も増えているようで、本屋さんで売るためにはいろいろな戦略が必要なようです。

ずっと以前は、本は書店の棚にあるものを手にとって吟味し、買う。それぐらいしか手段がありませんでした。ですから、大手出版社は豊富な人材、資金、売れ筋の雑誌や話題の書籍を武器に、棚を占有することができました。したがって、新刊書は読者の目に触れる機会が多く、結果的によく売れたわけです。

ところが最近はすっかり様変わり。インターネットで話題になった本が、ネット書店でどんどん売れて、つまり「電車男」に代表されるようなベストセラーが、書店の棚の占有力とは無関係に生まれるようになったのです。本当に大きな変化です。

さて、わが「昼寝ネコの雑記帳」は、どのような方法・手段によって読者の皆さんとの出会いが実現するのでしょうか。それはまだ未知数です。でも、このように「ブログ」を通して、事前に不特定多数の方に発刊のお知らせをすることなんて、まるでSF映画の世界の出来事のように、わずか5年前でも考えられないことでした。当時はホームページこそ急伸していましたが、ブログそのものはアメリカで火がつき始めたばかりでした。

この「昼寝ネコの雑記帳」は、その意味で大いなる実験なんです。私のように力も資金もない人間が、果たして出版にこぎ着けられるのか、また出版できたとしても一定数の販売が実現するのか。期待と不安が入り交じっているというのが正直なところです。でもまあ、もうサイは投げられました。希望的な観点で推移を見守っていきたいと思っています。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-22 00:07 | 創作への道 | Comments(4)

歌うとき、眼に映るものは

c0115242_11493415.jpg

一昨日のコンサートは渋谷近くの「青い部屋」だった。作家の戸川昌子さんがオーナーで、地下にシャンソニエ風のバーがある。空調ダクトがむき出しの青壁の部屋で、一番奥にステージがあり、グランドピアノがある。

1部と2部の2ステージで、知人はいずれもトップバッター。もともとクラシックの声楽家で、選曲はカンツォーネに焦点を当てていた。その後は二人の女性で、シャンソン、ブラジリアン、歌曲などを歌い、最後に戸川昌子さんが登場。

ふと思った。ヴォーカリストの方は、歌うとき自分の眼に何が見えるのだろうか。目の前の聴衆の顔を眺めていたのでは、イメージがふくらまず感情も移入できないだろう。しかし、数十人の聴衆を前にして緊張感を払拭し、自分だけの世界に没入するには、やはり相当数の場数を踏まなければ難しいのではないだろうか。

戸川さん一部の最後の曲はシャンソンで「人生哲学」という作品。ベッドの中で他の女性の名前を呼んでしまったときはどうするか。さあどうする・・・と、運悪く一番前列に座ってしまった私に迫ってくる。平気で曲を中断して、おしゃべりし、そして突然また曲に戻る。ピアニストは、よほど慣れていないと、戸惑うだろうな、というステージだった。途中で、次の曲はなんだっけ?と伴奏者に訊くのもご愛嬌だった。
2部の戸川さんは、ご自身の作詞になる「お貞・恨み節」という、阿部貞をモチーフにした壮絶なシーンを明るく歌う。小林亜星さんの作曲だそうだ。で、アズナブールを3曲歌いますとおっしゃったにもかかわらず、2曲でフィナーレ。挨拶の途中で1曲歌い忘れたのを思い出し、カーテンコールで後ろに並ぶ他の出演者を従えて、堂々と最後の1曲を歌った。
アズナブールの「ラ・ボエーム」が歌われ、涙腺が弛んでしまった。

で、標題に戻るが、戸川さんは歌っている最中、数々の・・・数え切れないエピソードをふくらませて、文字通り「歌は語れ」を地でいっている。ステージを観ていて、越路吹雪、淡谷のり子、深緑夏代のお三方がダブった。歌心のある、存在感のあるステージだった。

そうそう、この画もカトリ〜ヌ・笠井さんが描いてくれたもので、出版準備中の「昼寝ネコの雑記帳」には使用しないことになったのだが・・・線画ではなく色鉛筆で描いてくれた方に統一することにしたため・・・もったいないと思い、紹介させていただく。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-21 11:51 | 音楽・映画・本の世界 | Comments(4)

再度、見本の製本に挑戦

c0115242_16152150.jpg



気を取り直して、改めて見本の製本に挑戦です。ちょうど240ページになるのですが、ひと折りを4ページにして、ちゃんと連番にするのがうまくいきません。今日こそはうまくできますように。

製本が出来上がったら、カバーの作成です。最近は、用紙もサイズや仕様が豊富ですから、まあなんとかできるでしょう。

全部、出版社にお願いすればいとも簡単なのでしょうが、予算を抑えるとなると、どうしても自分でしなくてはけない作業が増えてしまいます。でも、友人たちと一緒の手作り出版というのは、愛着が湧いていいものですよ。完成して書店の店頭で見たら、感動するのではないかとわくわくしています。

今日の夜は、知人が初めてステージで歌うというので、行ってきます。初めてとはいっても、音大出の声楽の先生なのですが、シャンソンを歌うそうで、とにかく商業的なステージは初めてなんだそうです。50歳を過ぎてのデビューなんですね。さぞかし緊張のステージだろうと思います。ご主人もいらしゃるそうでうから、なおのこと歌いにくいでしょうね。
ご主人は、割と最近まで「四季」のステージに立っていらっしゃった方で、とてもナチュラルに歌われます。音大・大学院を卒業後、ヨーロッパでオペラを歌い、帰国後はミュージカルのステージを中心に演奏活動されていました。とても好きな声ですので、いつか発声法から基礎を教えていただきたいなと思っています。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-19 16:13 | 創作への道 | Comments(2)

おいらは逃亡者状態だ

c0115242_12432010.jpg

今日は土曜日。朝から仕事です。

知らないうちに仕事が増え続け、未消化のまま次々と自己増殖している感じです。パソコンは高性能のものに入れ替えましたし、近々「パラレル・デスクトップ・フォー・マック」というソフトを購入予定で、そうするとMAC上でWINDOWSも動くということになります。嘘のような本当の話です。ですから、処理能力は格段と高まっているのですが、それはあくまでパソコンの能力なんです。私の能力がパソコンに比例して高まるわけはないんです。そこに人生の葛藤と苦悩が生まれるんです。睡眠時間なんて、際限なく削れるものではありませんし、頭を酷使すれば脳細胞が糖分を要求しますが、カロリー制限中の厳しい生活。散歩はしたいけれど、時間と気力がない。ああ、どうすりゃいいんでしょうか。このままでは仕事に殺されそうです。でも、その緊迫感を楽しんでいる私でもあります。

そんなとき、思い浮かぶ情景があります。海なんです。フランスのドーヴィルという街は行ったことがありませんが、海岸沿いの別荘地だそうです。ジャン・ルイ・トランティニアンが、砂浜を車で走った、そして犬が伴走した・・・というかなりいい加減な記憶なのですが、映画「男と女」の一シーンです。それと、ミシェル・ルグランの甘美なメロディが印象的な「思い出の夏」。海辺で独り暮らす女性教師に寄せる、生徒の儚い慕情。ちょうどベトナム戦争の時代で、確か恋人が戦死した痛手を負っているという設定だったように思います。これもいい加減な記憶です。

かなり速いスピードの時間経過に馴らされた現代人。緊張感を強いられて、ストレスも倍加。知らないところで心が悲鳴を上げているに違いありません。そんなときに、ふと立ち止まって妄想する場所が、その人の原風景なのではないかと思うんです。
私の原風景はシベリアだと、すっと思っていました。どうやら、そうではないようです。日和見といわれても構いません。暖かい海岸沿いのリゾート地で椅子に寝そべり、冷たいレモネードを飲みながら、こしあん大福をパクリ。ああ、至上の楽園ですね。

今日の画は、おなじみカト〜ヌ・笠井さんが描いてくれたものです。近刊「昼寝ネコの雑記帳」の章に「本の世界」というのがあるんです。この画は、昼寝ネコがアルベール・カミュの作品を読みながら、頭の中ではドラえもんの「どこでもドア」でどこに行こうかと考えているうちに、眠りこけてしまった場面だと思います。アップでお見せできないのが残念です。表紙は確かにカミュなんですが、中身はドラえもんなのがバレバレなんです。そこまですることないのに。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-17 12:54 | 心の中のできごと | Comments(4)

まだまだ、知らなかったことがたくさんです

c0115242_1240577.jpg

この画は、近々出版予定の「昼寝ネコの雑記帳」で、どうしても話題がドーナツや饅頭の方にいってしまう「食べ物、とくに甘いもの」の章に使うイラストです。食べかけのドーナツをお腹の上に載せたまま、饅頭や大福に囲まれた至福の夢を見る、昼寝ネコのようです。やはり、カトリ〜ヌ・笠井さんの手になるものです。

今日は午後からずっと、その「昼寝ネコの雑記帳」の営業用見本の製本を研究していました。DTP処理、つまり原稿や画像をデータ化するのに、クォークエクスプレスという、なにやら特急列車みたいな名前のソフトを使うのですが、裏表の両面に印刷して製本するとなりますと、ページを一定の規則の順番にしないと、うまくいかないんですね。それで、最初はクォークに付随している「ページレイアウト」という機能を使おうとしたんですが、これは全部で4ページとか8ページ程度の印刷物用なんだそうです。100ページとか200ページを超えるものですと、この「面付け」という作業は繁雑になるため、専用のソフトを買ってください、といわれました。で、クォーク・ジャパンのホームページを開いてみたら、あるにはあるんですが、なんと50万円以上するんです。これはもう、印刷屋さん向けのソフトじゃないですか。そんなお金があったら、マックプロをもう1台と、A3対応のレーザープリンタを買ってもお釣りが来るな、なんて思いますよね。

そこで、何かうまい方法はないものかと必死で考えました。こんな時はネコの手も借りたいというのに、うちのネコときたら暖房の前で寝てばかりなんです。でもね、さすがにピキーンと閃いたんです。「ページレイアウト」の機能をうまく使うと、手間はかかるものの、希望の結果が得られそうなんですよ。ようやく、1冊目の出力が終わり、これから4ページずつ折って製本しても、ちゃんと順番通りになるかどうかチェックするところです。本文さえできてしまえば、あとはカバーをマット紙にカラー印刷し、製本屋さんに持ち込めば見返し用紙もつけて、ちゃんと製本してくれます。もうひと息です。

なぜ、こんなにも見本にこだわるかというと、それには理由があるのです。昼寝ネコの希望としては、この「昼寝ネコの雑記帳」を第一歩として、創作物語の続刊を出したいのです。次の段階からは主旨に賛同してくれる企業から、「人に優しいメッセージ」として、発信の応援をしてもらいたいと考えているのです。ですから、企画書だけでなく、最初から実物に近い見本を作ろうとしているのです。

話しはがらりと変わりますが、あなたは何か舞台をご覧になったことがありますか?舞台上の俳優さんが演技するのを観てどう感じられるでしょうか。私は、俳優さん個人の人格や品格、感性や普段からの努力のあるなしを感じます。
見てくれだけの、その場限りの、「らしく演技すればいい」という舞台には、感動はありません。ひとつひとつの台詞に心を込めて、どれだけ相手の心の中に入っていくかが大切だと思うのです。

本にも似たようなところがあると思うのです。美辞麗句、文章が上手い、素人ばなれした言葉遣いだ・・・など、いろいろいな評価があると思います。でも私は、わかりやすい言葉で、読み手の心に触れ、読み手が共鳴し心を開く・・・そんな物語を作りたいと思っています。
舞台にも「舞台裏」という言葉があるように、スポットライトの当たる華やかなステージの裏には、演出、衣装、メーク、大道具、小道具、証明、音響など、多くの人たちの支えがあります。1冊の本を出版するにも、目に見えない努力と葛藤が必要だと思うのです。そんな時、一人でも二人でも一緒になって苦労してくれる友人がいることは、とても心強いものです。そんな親身な友人たちのためにも、少しでも理想に近い状態で出版したいと思っています。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-16 20:54 | 創作への道 | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
caualさん 教..
by hirune-neko at 13:12
おはようございます。 ..
by causal at 10:33
千波矢さん いえい..
by hirune-neko at 08:18
causalさん ..
by hirune-neko at 12:41
カサ・ブランカはスペイン..
by causal at 08:27
記事ランキング
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ