人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

冬の旅もやがて終わろうとしている



日本ではバブルが崩壊して金融情勢が悪化。
その数年後には、湾岸戦争でアメリカ経済が悪化。
神保町の事務所を引き払ってからは
随分長い冬の旅を歩いてきたものだと思う。
今月末が、序盤戦・・・とてつもなく長い
序盤戦だったが・・・最後の難関だった。
果たして乗り越えられるかと懸念していたが、
今日、実にあっけなく打開策が与えられた。
途中、音楽を受け付けないほどのひどい
精神状態もあったし、あれこれ模索して
欧米を頻繁に往来して活路を見いだそうと
もがいてもみたが、結局は既存のメディアではなく
自分で書いた文章を商品化し、
それが7年かかったものの、ようやく
コマーシャルベースになりつつある。
分母は小さいが、7年間連続して
受注量が対前年比プラスで推移してきた。
徐々に加速度も付き、おそらくは
ごく近い将来、堰を切ったようになるだろう。

不安や恐れ、罪悪感、自信喪失、挫折感、
厭世・・・自分の感受性を極力鈍くすることで
心身への負担を軽くした。
自己防衛本能が働いたのだと思う。

シューベルトの冬の旅・・・初めて
ドイツ歌曲を教わったのが、この「あふるる涙」。
ドイツ語は全然読めなかったし、暗い曲想ばかりで
気が滅入ったが、今ではしっくり聴くことができる。
結局は徒労に終わったが、アメリカ一辺倒だった
仕事の座標軸をヨーロッパにも移し、
とくにロンドンとパリで音楽や出版に携わる
人たちと接する機会があったことは、今でも
良き経験だったと思っている。
今では無謀と思えるような飛び込み営業ばかりで
取り引き先を確保したが、大都会の昼間の表情と
夜の隠微に媚びる表情が、そのまま
人間の二重構造として映って見え、ごく一部ではあっても
現実というものに直面したような気がする。

再び欧米の主要都市を訪れる機会があるかどうか分からないが、
仕事だと、空港とホテルと取り引き先の会社しか
記憶に残らないので、もっともっと創作意欲を刺激されるような
場所に、ゆっくりと滞在したいなと考えている。

仕事が辛くて涙があふれる、ということはなかったが、
何かに感動して涙腺が緩むことは、幾度となくあった。
この、感動するという感情体験は、是非とも
多くの方々と共有したいと願っている。
# by hirune-neko | 2010-08-24 01:00 | 心の中のできごと | Comments(2)

涼風をお届けします



ここ7年間は、産婦人科クリニック・病院だけ
ずーっと営業して来たんですね。
で、ちょっと制度疲労というか
金属疲労というか・・・いや勤続疲労かな?
相談役の助言もあり、
一気に営業の間口を拡げることにしました。
つい先月のことです。
ところが、猛暑が襲ってくる周期と
見事に重なってしまい、いやあ消耗しました。
やっと暑さが少し和らいだ感じがしますけど。
で、今日は残暑お見舞いの涼風代わりに
さわやかな音楽をプレゼントさせていただきます。

ワルター・ワンダレー演奏のサマー産婆、
じゃなかった、サマー・サンバです。
(まだ産婦人科関係者の面影がちらついています)
本当はアントニオ・カルロス・ジョビンの
WAVEが好きなんですが、暑気払いには
やはりこのサマー・サンバかなと思います。

でもですね、数日前、埼玉の越谷に行ったんです。
夜のニュースでは熊谷よりも越谷の方が暑く
38度近かったようなんですよ。
比較的小規模ではありますが
何十年も産婦人科クリニックをされている
院長先生の息子さんと2回目の打ち合わせでしたが
快く契約書にサインしてくださいました。
そういう日は、暑さも気にならないものですね。
同じ埼玉の某レディースクリニックは
もうかれこれ3年ぐらい営業してますが
前回から進展してません・・・毎回同じ回答です。
でも、そんなことにいちいちめげていたら
営業は務まりませんので、辛抱辛抱。
# by hirune-neko | 2010-08-19 15:51 | Comments(0)

不思議な夢

c0115242_10283865.jpg


「これってネコなの?
顔が青ざめているけど、何か言いたそうな表情ね。
それにしても、ユニークな毛色だこと。
誰が見ても、これが中学生の描いた絵だとは
思わないでしょうね。
ふ〜ん、きょうちゃんの目には、ネコがこんな風に見えるのね。」

夕べは、とっても暑くて寝苦しい夜だったけど、
深く寝入ってしまい、夢を見ました。
夢の中に、きょうちゃんが描いたこのネコが出てきたの。
何度も振り向いて、ミャアミャア鳴いて
一体どこに連れて行こうとしているのかしら。
でも、なぜか一緒に行かなくてはいけないと思っていたの。

曲がりくねった細い道を、どんどん上っていき、
ときどき急な坂道もあったけど、
不思議とちっとも疲れませんでした。
周りが見通せない雲の中は、ひんやりしていたし
少し暗くて、とっても不安でした。
急に視界が開け、まぶしい世界に出ました。
明るさに目が慣れると、ゆったりとした
白い服を着た男の人が何人か見えたんです。
みんな白いひげをたくわえて、何やら
真面目な顔つきでお話し合いをしているようです。
声が聞こえてきました。

「さあ、いよいよこの子が地上で生を受ける番がやってきました。
この子は特別な子どもなので、豊かで特別な愛情を必要としています。
この子の成長はとてもゆっくりになるだろうと思います。
地上の生活だけでは、もしかして一人前になれないかもしれません。
自分の思うことを上手に伝えられないかもしれませんし、
何をやってもうまくいかないかもしれません。
ですから、この子は今日まで大切にとっておかれました。
どの時代に、どこで生を受けさせるかを
注意深く考える必要があったからです。
この子とともに歩み、この子が幸せな生涯を送れるよう見守ってくれる
素晴らしい両親を探してあげようではありませんか。
私たちに代わって、この特別で神聖な任務を引き受けてくれる
立派な両親を探してあげようではありませんか。
この子を授かったその二人は、
最初は驚き、思い悩むかもしれません。
なぜこの子を授かったのか、
すぐには受け入れられないかもしれません。
でも、この子によってさらに純粋で豊かな愛情を
心の中に育むでしょう。
そしていつかこの子が、天から見守っている
私たちから送られた
特別な存在であることを悟るでしょう。
天から与えられる試練を引き受けるとき、
心が清く柔和で穏やかな人々には
永遠に続く平安と安息とが与えられるのです。」

その小さな子を見ようとしましたが
まぶしい光に照らされていたので良く見えませんでした。
でも、一人の男の人が立ち上がったとき、一瞬ですが
その子の顔を見ることができました。

夢はそこで終わりました。
とっても不思議な夢でした。
きょうちゃんが生まれた後、心が晴れなかったとき、
どうしてこの子は天使にならなかったんだろうと
ふと思ったことがあります。
でも、穏やかなきょうちゃんの寝顔を見たとき
すぐに心から「ごめんね、きょうちゃん」と謝りました。
夢のまばゆい光の中で、一瞬だけ見えた
その子は、きょうちゃんだったんですよ。
これと同じ夢を、これまでに何度も見ました。
きょうちゃんの描いた不思議なネコが
天まで連れて行ってくれて、
お母さんとお父さんに託された
神聖な「天上の会議」を見せてくれたのね、きっと。

このネコは、どう見ても中学生が描いた絵には見えないけど、
お母さんの心の中で、いつまでも生き続ける
特別なネコになってしまっているんですよ。

(このネコの画は、いつもの
カトリ〜ヌ・笠井さんの作品ではありません。
このネコは、ダウン症で生まれたきょうちゃんが、
中学生の時に描いた画です。
ある日本人の学者が、英国の修道院にダウン症の子どもを訪ねたとき、
修道女から渡された、作者不詳の詩もモチーフになっています。
久しぶりに ネコの画を見てイメージが湧きました。)
# by hirune-neko | 2010-07-22 10:29 | 心の中のできごと | Comments(0)

無常観体得の勧め



無常観とは即ち、
欲のままに行動することの空しさを
先験的に感得することであります。
それは「悟り」に通じるものでもあり
子どもから大人への人格的脱皮を
意味するものでもあります。

どんな人間にも、人生の早い時期から「欲」が備わります。
物欲、金銭欲、名誉欲、権力欲・・・そのどれもが
人間の向上心を刺激し、活力の源泉となることも事実です。
しかし、「欲」の致命的な欠点は
決して達成感を伴わないところにあります。
つまり、得ようとして得たもので満足できないのです。
得たもの以上のものを、また追い求めたくなるのが
「欲」の本質であり、人間の精神の病理であり、
さらに、社会にとっての病巣でもあるのです。

すべての人間にもう少し、無常観が平等に与えられていれば
「欲」の到達点の奇形さが視野に入り、
自分の言動に恥じ入って自己を抑制し、
結果として調和のある社会が形成されるのです。
しからば、人生の妙薬とも言えるこの「無常観」は
どのようにして体得できるのだろうか、が課題となります。
その本質は、自分の所有する有形・無形の資産を
他者のために、無私無欲の精神で、見返りを期待せず
「喜捨(きしゃ)」する、すなわち喜んで手放すところにあります。
生まれながらに「欲」を備えられた人間にとり、
自己の所有物を喜捨することには、当然のことながら
恐れとためらい、葛藤が生じます。
しかし、それらを乗り越えることなしに
「無常観」を体得し、至福の人生観を確固としたものに
変質する術はありません。

もし、この「無常観」を体得したいと願うならば、
それは佳き師を選ばなければなりません。
では、佳き師は実在するのだろうか、
どこに存在するのだろうか・・・?
残念ながら、いくらインターネットで検索しても
見いだすことはできません。
それは、決して目に見えないからです。
目に見えないものを追い求める・・・、
鍵はそこにあるのです。

最後までお読みくださったお礼に、
ヒントをひとつ差し上げましょう。
ネコと見つめ合うことです。
30秒以上、ネコと見つめ合うことができれば、
そこからヒントを得ることができるはずです。
あなたの人生に、ネコパンチのような
心地よい衝撃が訪れますように・・・。
# by hirune-neko | 2010-07-17 15:17 | 心の中のできごと | Comments(0)

このフランス語、正しく訳していないみたい



私のフランス語能力?
いやあ実はですね、フランス人が
「新聞を読んでみろ」と言うので
読んだんですね。すると、「意味は分かってるよね?」
というから、「いえ、ぜんぜん」というと
不思議な顔をするんです。
ちゃんとフランス語になってると言うんですよ。
それは単に、イタリア歌曲とフランス歌曲を
ちょっと習いましたので、なんとかそれらしく
聞こえるように読むことはできるんですね。

ああ、そんなことよりも
皆さん、参議院選挙の投票を有難うございました。
参政権は、日本国民固有の権利ですから
大事に行使なさってくださいね。
最終結果はまだ出ていないものの、
菅さんにとっては残念な結果になりそうですね。
過半数割れと言うよりは、惨敗でしょうね。
こうなると、一郎ちゃんも検察審査会の
審査結果が非常に気になるところでしょうね。
私は民主党には多大な期待を寄せていますので
民主党の皆さんも、国際社会から変に誤解されないよう
しっかりと日本国民の平和と安全、
そして日本の国益を大事にして欲しいと願っています。

ああそうそう、で標題のフランスのテレビニュースですが
キャスターの言ってることと、字幕が全然あちゃこちゃな
感じがするんですよ。いくら私がフランス語能力が
ないと言っても、それぐらいは理解できますもの。
マイミクの shi,shiさんとromarinさんが
これをご覧になったら、お腹を抱えて笑うか
はたまた目くじらを立てるか、どちらかでしょう。
でもね、字幕が表現している内容は
かなり真実に近いように思います。
昨年の衆議院選挙前に作られたもののようです。
しっかし、器用な方がおられるものですね。
立派な世論操作のツールですもの。
世論操作と言って悪ければ、まあ、ある種の啓蒙でしょうか。
日本のマスコミが事実を伝えていないというのは
かなりの部分、その通りだと思います。
だから私はネコ耳を立てて、情報を収集しています。
# by hirune-neko | 2010-07-12 00:08 | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
山本瑞教さん コ..
by hirune-neko at 23:00
一気に読ませていただきま..
by 山本瑞教 at 16:03
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 11:50
昼寝ネコ様 お早う..
by ちはや at 05:25
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 11:21
記事ランキング
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ