昼寝ネコの雑記帳

アズナブールに続き、知人の訃報が届いた

Bill Evans - Like Someone in Love

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 先日言及した、フランス在住の知人女性の安否が気になり、同じくフランスに住んでいる、共通の知人に問い合わせてみた。翌日返信があり、悪い予感が当たっていまい、つい数日前に他界したことを知らされた。葬儀は10月5日というから、明後日だ。2年間に及ぶガンとの戦いが終わったとのことだった。

 「亡くなる前の日はオーケストラの仲間が病室で演奏し、その間じゅう涙を流していたそうです。」

 とも書き添えられていた。留守中に一度電話をいただいたことがあったが、時差の関係もあってそのままにしてしまったのが心残りである。何か伝えたかったことがあったのだろう。

 昨日の夕方過ぎ、50人分の画像が、ある産婦人科から届いた。絵本のオプションであるアルバムページ印刷用のものだ。クリニックの増築移転の最中で、担当者の方の手が回らず、3週間分が溜まっていた。そのまま翌日に持ち越してしまうと、製作ラインに過剰な負担をかけることになるので、一段落した深夜から作業を始めた。

 終わったのは朝5時過ぎで、外が明るくなり始めていた。疲れを抜くため入浴し、床についたのは6時を回っていた。久しぶりの徹夜作業になってしまった。単純作業なのだが、途中で何度か集中力が途切れてしまい、一連の画像加工の繰り返し作業のどこをやっているのかを見失ってしまった。でも、最後まで気力を維持できたのでほっとしている。

 徹夜明けで、体力が消耗しているせいもあると思うが、知人の訃報に接すると、改めて自分自身の人生の終わりが視界に入ってくる。

 今日は、人生を全うするということの意味について考えている。私の場合は、何か個人的に具体的な達成目標がある訳ではない。しかし、ある機能の完成という目標はある。それは自分の使命感と達成感につながるものだが、言い換えれば、たとえ道半ばであったとしても、最期の時に、使命感に殉じた人生だと感じられる、そのような生き方が目標である。自分の人生が閉じても、理念と主旨をそのまま受け継いで継続してもらえる所までは、構築したいと願っている。

 妥協せず、付和雷同せずに生きるというのは、ある種の孤立感を伴うものでもある。これまでの人生で、ひとつひとつ、何かから自分を断ち切ってきたような気がする。

 ふと思い出したイメージがある。確か、川の流れに例えた表現だと思ううちに、なんとか思い出した。「Still waters run deep」で、直訳すれば 静かに流れる川は深い 」となる。

 表面的なことに囚われず、人の心や人生の本質を注視しながら、そこから湧き上がるエッセンスを、いろいろな形で発信し、あるいは提案し続けて行きたいと希望している。

 同様に、時代の混乱に巻き込まれず、その本質を洞察して、対処できる人の輪を拡げるきっかけを提供できればいいなとも考えている。

 心身共に疲れる毎日の人生ではあるが、自ら望んでいることなので、不平不満は言えない。

 善きことの伝道者であり、殉教者であることが人生の目標なのだろうと思う。

 しかし、朝から夜までの時間帯は実務に追われ、ゆっくり考える時間が無い。こうして、ブログに向かっていると自生的・内省的な領域からの声が聞こえ出す。ブログ読者の方にとっては、ご迷惑かもしれないが、この時間は私にとっての軌道確認と修正の時間になっているので、ご容赦いただきたい。

 ある種の、公開モノローグである。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-10-04 00:48 | 心の中のできごと | Comments(0)

多言語出版への現実的な第一歩を踏み出した

Astor Piazzolla " Tristeza De Un Doble A "

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 2作品の翻訳をお願いしていた方から、短い方の作品の英訳が終わったと連絡があった。相前後して、翻訳原稿がWordファイルで送られて来た。ニュージーランド出身の彼女からのメールには、以下のように記載されていた。そのまま転記するが、とても外国人の書いた文章とは思えないのではないだろうか。

 最初の話の翻訳を別のメールで送りました。同時にアメリカにいる作家の友達にも送って、『翻訳より話し、ストリー的なことスタイルのことを見てもらっています。
 昼寝ネコさん(実際は人間名)も是非訂正してください。言葉の翻訳はわたしができますが、作家ではありませんからね。

 2つ目のサンタクローズの話は半分ぐらいできています。出来上がったら送りますね。よろしくお願いします。」

 彼女は日本の大学院で修士号を取得しているそうだ。勿論、日本語でだ。日本語から英語へは正確に訳せるとは思っている。しかし、文学的微妙な表現は果たしてどうなのか、という一抹の不安はあった。しかし、メールに書かれているように、アメリカにいる作家に推敲をお願いしてくれているという。とても有難い配慮だ。

 届いたばかりの英訳原稿を、そのまま以下に掲載させていただく。これがネイティブの作家の手によって、どのような変貌を遂げるか、楽しみである。

 時間がおありになる方は、まずオリジナルの日本語作品をお読みになり、その後、下記の英訳文をお読みいただくと、興味深いのではないだろうか。さて、この先、果たして多言語出版が実現するかどうか、引き続き可能性を追求したいと思っている。

 ざっと目を通してみたが、日本語では主語の無い文がざらにある。主語が無くても、誰の心理を描写しているか、誰が語っているかが推察できるからだ。英語の場合は、基本的に主語の無い文章はほとんど無いのではないだろうか。主語の無い命令文には、最初に「You」が省略されているのだし。・・・この作品の場合、主語の無い文章の主語は「私」である。しかし翻訳者は主人公が女性なので、「彼女」という主語を挿入し、主人公を客観視している。改めて、日本語が世界の言語で一番難解だという説は、その通りだと思っている。


創作イメージ「彼方から甦る記憶」・オリジナル日本語
 2013年10月12日の作品

【英語への翻訳文第1稿】
彼方から甦る記憶〜A Memory from Long, Long Ago


In the early morning, she awoke from a shallow sleep, and as she opened her eyes, a small sigh escaped her at the thought of another day starting. Recently she had begun to feel that every day was just a dull, monotonous repetition of the one before and she wondered how long this would continue.

Several years back she had already passed the average life span for a woman. Other than official letters from the city office, there were never any personal letters delivered, never anything in the mail box other than the occasional catalogue. Other than wrong numbers, the phone never rang, and it had been a long time since a card had arrived on her birthday.

In the distance the faint sounds of the city could be heard. Even her morning walks had become rare, and she could feel the distance between her and the world widening. There was no one to pay any attention to a useless old lady.

After retiring from primary school, she had thought about moving outside the city. But she was involved in volunteer work so there was transportation to take in to consideration, and before she noticed it, she was still living in the centre of town.

More and more she was remembering things that had happened a long time ago. Even as a child, she had no memories of her father. What she remembered was how tired her mother looked after working long hours…studying education at the university…and how happy her mother had looked when she landed a job at a private primary school in the city. That moment must have been the reward for the hard work of raising me alone, she thought.

Few chances for love, and then a marriage that was cut short by her husband`s death. My mother never showed her worry for me with words, only by her expression. Even as she was drawing her last breath, she gripped my hand tightly and looked at me with tears in her eyes but never said a word as she passed away. I wondered what she had been trying to tell me. Sometimes I think about that even now, but I still don`t know. Maybe I can`t understand my mother`s feelings because I have no children of my own.

Forcing her tired body to move, she went down to the mail box by the entrance and was surprised to see a letter there. It had “Invitation” written on the envelope. Going back up in the elevator she turned the envelope over to see the sender, but didn`t recognize the name.

Opening it she saw that it was an invitation to an award party. She knew well the name of the award that was given by the country to people who had excelled in the field of education. Why would such an invitation come to me, so many years after retiring? Someone must have made a guest list from an old list of names, and my name got mixed in by mistake, she decided.

There was a single handwritten card in the envelope too. It said “I really hope you can attend”, and was signed by the awardee who was also going to be giving a lecture after the presentation. It certainly wasn`t the name of someone she had taught. However, strangely enough, she felt compelled to accept the invitation.

The early autumn day was sunny. It was the first time to go out somewhere in a long time, and it felt good.

The ceremony was being held in a concert hall in the city. When she showed her invitation at the reception, the person there showed her to her seat – right in the middle of the very front row! Even though I can still see well and I don`t use a hearing aid…

The speaker went up on the stand. He looked like a true educator, with a kind expression. “Intellectual Training and Character in Modern Education” was the title of the lecture, but he didn`t seem to be an elite scholar. Rather she could feel something that suggested he had struggled in his life. The big hall had maybe 2000 seats or more, and when she turned round, it seemed that most of them were full.

Towards the end of the lecture, there were several seconds of silence. It may have been her imagination but it seemed he was looking to see if she was present, before starting to talk again.

“When I was a child, my mother and I were very poor. Because my mother was often sick, I wasn`t able to attend school. But I wanted to know what kind of a place school was, and sometimes went to the local primary school grounds. I would peep in the windows of the classrooms. I could see the children around my age looking at the teacher and listening to the lessons.

One day as I was watching a class from outside the window, the teacher`s eyes met mine. I froze and couldn`t move, but rather than getting angry, the teacher smiled at me. Then she directed the students in the back to open the window. It was a cold day at the beginning of winter, so the students looked dubious, but thanks to that I was able to not only watch the lesson, but listen to it too.

As you might expect, I found it hard to go to the school after that, but I really wanted to listen to that teacher`s class again, so a few days later I was back under the window. It was a very cold day, but at the teacher`s directions the window was opened a little. Gradually, while talking to the students, the teacher moved to the back of the classroom. And, when she got to the open window, she smiled at me, and unnoticed by the students, slipped out to me a paper bag she had prepared ready.

When I got home and opened the bag, inside I found several textbooks, as well as some chocolate, candies, and homemade cookies. There was a card as well. This is what it said:

`Tribulation worketh patience; and patience, experience; and experience, hope. (From the Bible)
From your teacher, Hannah Wenz`”.

As I was listening, I slowly lowered my face. I wasn`t able to see the people for my tears. During the talk I had been thinking “maybe…?”, and now I was sure. That little boy under the window had grown up to be a great educator. I had no way of knowing how he had accomplished it. I could easily imagine how not giving up due to troubles would have taken extraordinary effort.

“I`d like to introduce you to a true educator – my teacher, Hannah Wenz”.

I heard my name and came back to myself. As I was guided to the stand to loud applause, he stood and came to meet me. We couldn`t hold our emotions back and hugged each other hard.

“These are the textbooks that were in that paper bag”. With an arm around my shoulder, he held up several tattered and worn textbooks to show the audience.

“The chocolate and cookies only remain in my memory”. Laughter from the audience.

Thinking it was too bright for my age, I now regretted choosing a plain dress over a brighter one.

Beyond my tears, I felt I could see a rare smile from my mother.

 ここまでお読みくださり、大変お疲れ様である。心よりお礼申し上げる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-10-02 23:58 | 創作への道 | Comments(0)

アズナブールの訃報が届いた

Charles Aznavour - L'amour c'est comme un jour

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 どうやら昨日から今日にかけてのようだ。94歳だったらしい。つい最近、日本公演で来日したばかりのはずなので、驚いてしまった。

 たまたま昨日のブログで、アズナブールの曲を掲載していたので、訃報を知らせてくれた方から、ずいぶんタイミングがいいですね、と言われた、訃報を知らされる前の今日は一日中、アズナブールが歌う標題のL'amour c'est comme un jourという曲が、頭の中をグルグルと巡回していた。

 L'amour c'est comme un jourの邦題は「恋は一日のように」と訳されている。恋というものには、一日のように、始まりがあり、終わりもある、というイメージなのだろうか。

 昨日のブログで紹介した、アズナブールの歌うComme Ils Disentを、日本語に訳して送ってくれた女性は、何年か前にフランスの老人施設に入ったと連絡があったが、交流が途絶えていた。気になったので、住所録を調べたが記載が無かったので、Facebookで検索してみた。ずっとずっと下の方に、ローマ字表記の人がリストにあり、開いたら高齢の女性の画像が掲載されていた。本人かどうか識別はできなかったが、友だちは数人で、どうやらフランス人のようだった。

 早速メッセージを送った。名を名乗り、もしかして?と質問を送った。しかし、記事はほとんど更新されていないので、もしかしたら開くことはないのかもしれない。いや、さらにもしかして、すでに他界されているのかもしれない。

 小さな子どもを日本に残したまま渡仏し、果たして再会を果たしたのだろうか。あれこれ想像を巡らしてしまった。

 なんとなく、周りの人たちが死の影に覆われ始めているような実感がある。かくいう私自身、砂時計の砂が少なくなっているのではないだろうかと・・・体調が不安なときは、そのように感じてしまう。

 人間の生涯の時間は有限であることは、百も承知している。残余の年数が厳密に宣告されれば、パニックが起きるかもしれない。ほとんどの人は漠然と、いつかは・・・しかし決してすぐではない、という猶予の時間帯を生かされているのではないだろうか。

 私自身は3000年を生きていると思い込んでいるが、最近はさすがに少し現実的になってきているようだ。残された時間が無尽蔵にあるのではない、という現実も直視しなければいけないと、今頃になって思い始めている。

 20歳を少し過ぎた頃、初めてアズナブールを聴いた。ラ・ボエーム/La Bohemeと,帰り来ぬ青春/Hier encoreの2曲だった。

 世間のことは何も知らず、無邪気に生きていた青春時代が懐かしい。あのころから、あと数年で半世紀が経とうとしている。半世紀が経過しても、未だにシャルル・アズナブールとビル・エヴァンスを聴く感性は、そんなに変化してはいないようだ。

 容姿は衰え、体力も筋力も落ち、視力も弱まってはいるが、どうやら感性そのものは、そんなに変化していないようだ。喜ぶべきことなのか、進歩がないことを憂うべきなのか、よくk分からない。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-10-02 01:28 | 心の中のできごと | Comments(0)

9月最後の日、1枚の絵の画像が送られてきた

Charles Aznavour - Comme Ils Disent

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 知人の絵画作品が二科展に入選し、展覧会があるという案内をもらっていた。最終日に、美術館に行く予定だったが、前日から体調を崩し、行くことができなかった。しかし、どのような作品なのか興味があり、是非見たいと思ったので、できれば写真に撮って画像で送ってほしいとお願いしていた。その画像がたった今メールに添付して送られてきた。

 なんとなく和風の作品をイメージしていたのだが、想像とは大きく異なり、洋風とも思える作品だった。しかしひと目見て、その存在感に圧倒された。横顔の表情だけ見せる女性・・・のように見えたが。表情にはリアリティーがある一方で、背景は抽象的に描かれていた。とても強烈な印象で、見た瞬間、「悔悟」と「惜別」という2つの言葉が思い浮かんだ。

 人生での選択を誤り、深い後悔の念に苛まれている。あるいは、大切な人との別離を受け入れ、手の届かない存在になってしまったその人物への深い思いが伝わってくる。

 作者はずっと、歌舞伎を素材に作品を描いていたと聞いていたので、送ってただいた絵に関する素朴な質問を、メールで送ってみた。すると、以下の返信があった。

 「歌舞伎は全員男性なので女性も男性が演じます。19年前から二科展に出品していますが、その時から、テーマは『変身』特に『男性の変身』を描き続けて来ました
 今回の題名は『貌暫』(かおしばらく)です。暫は歌舞伎の演目の名前です。」

 なるほど、ではやはり歌舞伎役者の顔だったのだ。しかし、女性に変貌しつつある男性と、素の男性の表情のコラボレーションなのだと理解した。

 私自身には、絵を描く才能がない。小学校の低学年の時、通信簿の図画工作はいつも決まって評価が2だった。自分には絵の才能がないのだと、すっかり自信をなくしてしまった。したがって、絵を描く人がどのようなモチベーションやイメージで作品を構成するのか、そのプロセスや心理的背景に全く理解が及ばない。

 知人に女流カメラマン(ラメラウーマン?)がいる。カメラで撮る場合は、被写体を見て感性で捉え、カメラを向けて作品が出来上がるるのだろうと、何となく想像することができる。

 しかし、真っ白なキャンバスに向かい絵筆を手にしたときに、一体どのようなプロセスでそこに人物や表情が描かれるのか、全く想像ができない。

 しかし、考えようによっては、何かのイメージが脳内に思い浮かび、それを展開させて短編小説を書くのと似ている部分があるのかもしれない、と想像している。確かに、カメラで撮影する現実の被写体と違い、登場する人物の年齢や性別、過去の生き方、心理状態などは、作者の自由な色合いに染めることができる。もしかしたら架空の人物を絵として描くのと、架空の人物の人生のあるシーンを、言葉で表現する両方には、共通した心理的なプロセスがあるのかもしれない。

 絵の画像を送っていただき、感想のメールを送信したら、同時入選したというもう1枚の方の画像も送っていただいた、せっかくなので、その2枚をご紹介させていただく。作者のお名前は、渡邊恵子さんである。
c0115242_00322347.jpg

c0115242_00330142.jpg

 歌舞伎役者の男性が女性に変貌する。そのイメージが脳内に拡がったとき、シャルル・アズナブールが歌う「Comme Ils Disent」というタイトルが思い浮かんだ。コム・イル・ディーズと読み、英語だと「Like They Say」とでもなるのだろうか。「みんなが言うように」とでも訳せるのだろうか。

 母親とアパートの一室に住む、性同一性障害の男性の葛藤を、歌詞にした作品だったと思う。そういえば、この曲をブログに掲載したところ、フランス在住の知人女性が歌詞を和訳して送ってくれたのを思い出した。なんとか見つけようと探したのだが、見つけられなかった。2009年11月のブログ記事に、そのような記述があった。

 彼女は若い頃、音楽家を目指し、子どもを日本に残して単身渡仏したそうだ。人生の晩年になってから、もうすでに大人になった息子さんに、悔悟とお詫びの気持ちを伝えたいと思うようになり、出版化の相談を受けたが予算の関係で実現しなかった。あれから10年以上が経過した。施設に入ったと連絡があり、最近はやりとりが途絶えている。人ごととは思えないので、連絡を取ってみようと思う。
 
 1枚の絵からこの曲が思い浮かび、文章を書くうちに、彼女の人生の別離が改めて脳内に甦ってきた。何かの促しだと思うので、そのまま無視しないようにしたいと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-10-01 00:41 | 心の中のできごと | Comments(0)

年間150冊ほどの本を読む人と会った

Bill Evans Trio - Haunted Heart

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 駅の改札口で待ち合わせた。彼は開口一番「10年ぶりですね」と言った。そうか、最後に会ってからもうそんなになるのか、と思った。

 駅ビルの中の喫茶店に入り、本題に入る前に、お互いの年齢や健康のことが話題になった。私が出版社を始めた当時、まだほとんど無名だったC・W・ニコルさんを引き合わせてくれたのは彼だっだ。何冊かの単行本と、季刊雑誌を企画してくれて、出版した。あれからもう、40年近くなるのだと思うと、感慨深い。

 いろいろなテーマで話をしたが、私がKindle本を多言語で出版することを目指している、と話したら、彼は電子書籍だと読んだ気がしないと言い出した。いまだに紙の書籍を愛読しており、多い時だと1日に3冊の単行本を読むと言った。年間で150冊近く読んでいると聞き、すっかり驚いてしまった。私の場合は、電子書籍をせっせとダウンロードするものの、なかなか読めないままになっている。1日に3冊も読むなんて、考えられないことだ。

 そんな博識の彼から、いくつか興味深い話を聞いた。第25代だったか26代目だったかの鷹匠と交流があるという。中東での鷹匠の歴史の方がもっと古く、アラブの王様がスポンサーになって世界中の鷹匠が一同に会する集まりがあると言う。意外な事実だった。まだまだ自分の知らないことがたくさんあるのだと、改めて思い知った。1人の人間が掌握できる範囲は限られていると思うが、私は私なりに自分独自の方向感覚で、探求を進めていこうと思っている。

 今日の話の主目的は、彼が小説を書いたので出版してほしいという内容だった。聞くとフィクションであり、アウトドアサバイバル周辺のテーマだと言う。現在の私にできること、難しい事をそれぞれ説明した。彼自身、出版企画や編集の経験が豊富なので、意思の疎通は迅速だった。

 年齢を聞くと、私より3歳上だった。それでも、積極的にいろいろな出版企画を考えていることが分かった。私自身にも出版したいテーマがあるが、仕事に追われる毎日でなかなか前に進まない。あれこれ出版の実務に関する意見交換をし、約1時間40分があっという間に経ってしまった。

 1981年の創業なので、かれこれ40年近くの付き合いになる。時間が経つのは早いものだ。と同時に、いくつかの戦場を一緒に経験した戦友のような懐かしさがある。そう感じた。

 当時の私は、アウトドア・サバイバルに興味があり、そのような傾向の出版物を何冊も出した。彼によれば、ワンサイクルが終了し最近はまた、アウトドアブームが始まっていると言う。それは知らなかった。

 正確な表現は忘れたが、確か当時はdown to earthという表現があったと記憶している。いわゆる虚飾を排し、大地に根を下ろした質実剛健な生き方やライフスタイルのことを指したように記憶している。昨今の社会情勢を見ると、1-Clickで収入を得るとか、プログラムされたソフトで自動売買し富を築くとか、あるいは社会的な様々な対立構造に対する議論が沸騰し、なかなかじっくりと深く考える世相ではないような気がする。

 それにしても、日本と日本人は良い意味でだが、世界の大きな潮流の影響を受けず、自浄作用を発揮して国の存続に多くの国民が結集しつつあるように感じる。

 あくまでもインターネット上の公開情報を見て判断するだけだが、世界情勢は臨界点とか飽和点という表現が適切なのではないかと思うほど、予断の許さない状況になっていると感じる。しかし、自然災害がいい例だが、日本人は深刻な被害に遇っても、整然とまた泰然自若として、周りの人たちと共存し苦難を乗り越えようとしているのが目につく。数日前に何かで読んだのだが、日本は2600年の歴史を有する、世界でも最も長い歴史を持つ国だそうだ。想像を絶する長い年月だと思う。特異な民族であるように感じる。

 類は友を呼ぶという言葉があるが、今の日本では自然発生的に、同じような価値観や問題意識を有する人たちが、知らず知らず出会い、仲間として組織化されているような気がする。それにはインターネットの働きが大きく影響しているのではないだろうか。

 個人としての自分の意見を述べることができる社会。長年にわたり、情報発信の根幹を独占してきたマスメディアが、虚偽の報道しても、今日ではあっという間にインターネット上で誤りを指摘されてしまう。

 今ではもう多くの人が知るところとなっていると思うが、その昔のスヒョン文章で公になったように、日本のメディアは特定の国の支配的な影響を受けてしまっていると言って良いのではないだろうか。その特定の国に対し、いわゆる忖度をすることにより、日本の国益に反する報道が、長年にわたってなされてきたと言うのは、既に周知の事実になっていると思う。

 そのようないびつな状況の中であっても、意識ある個人と個人が出会い、小さな輪を拡げることによって、その輪がさらに大きく形づくられていく、そのような時代に私たちは生きていると思う。

 久しぶりの古い仕事仲間に会い、私自身も自分の年齢を再認識した。そのせいか、急に疲れが出てしまったような気がする。これからは自分の限界と向き合いながら、様々なOA機器の機能や、志を同じくする人たちとの出会いを大事にして、少しでも長く、たとえ細くてもいいので何とか継続していきたいという気持ちを再確認した。

 たった今現在は、心身ともに消耗しきった状態ではあるが、自分自身を再構築する必要性を痛感している。言うだけではなく、有言実行にしなければならないと思っている。いわゆる老化との戦いである。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-09-29 23:18 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
千波矢さん 大変心..
by hirune-neko at 09:50
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ