人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

<   2019年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

真夜中のカウボーイ・・・ではなく老ブロガー(笑

John Barry (1933-2011) - The Midnight Cowboy Theme
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 もうじき深夜の1時になろうとしている。昨日のミーティングで、自治体向けの絵本案内資料のために、全体の流れが分かるフロー図を作るよう依頼があった。

 この時間まで、約5時間をかけて作成した。実際に申し込みまでできるよう、実部t見本の申し込みフォームもサイト内に設置した。

 私はいつも妄想話しか書かないが、たまにはちゃんと仕事をしていることをご理解いただきたい。そこで、自治体向けの資料のうち、絵本の申し込みの流れの部分だけを、以下にご紹介させていただく。この手順通りに進んでいただくと、ちゃんと申し込みフォームが開き、実際に送信可能である。永年利用している、フォームズという会社のフォームだが、使いなれるとなかなか便利で重宝している。

 北海道の架空の市である「いろは市」の市民になったおつもりで、ご覧いただきたい。受付完了の自動返信メールは、設定に時間がかかるため、明日の夜にでも作業しようと思っている。

 今日も深夜のブログになってしまったが、ブログで一日を締めくくる習慣になっているので、労作の記録を残すことにした。

【インターネット経由の申し込み手順】
  1. アクセス先:http://www.crpssrpads.co.jp
  2. 左側のボタン「グリーティング絵本」をクリック
  3. .開いたページの「全国市区町村からのお申し込みはこちら」をクリ  ック。
  4. .開いたページから該当する市区町村名(見本の北海道いろは市)を  選んでクリック。
  5. 各市区町村専用申し込みフォームで申し込み。
  6. 折り返し、受付メールが返信されるので、内容を確認.
  7. .これで申し込み完了。

【企業秘密でもなんでもない、全体フロー図】
c0115242_01283719.jpg
 お疲れ様と、たまには自分に言ってみたい。将棋と音楽ぐらいしか娯楽のない人生である・・・でも、それで十分かもしれない。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-28 01:14 | 心の中のできごと | Comments(0)

東日本大震災を振り返る機会があった

ANA CAROLINA - EU SEI QUE VOU TE AMAR - LEGENDADO
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日、久しぶりに社外協力者の方々との「営業ミーティング」があった。弊社の名入りグリーティング絵本「大切なわが子」の、自治体へのご案内方法についての打ち合わせだった。
 いろいろな視点からの意見交換を行った。現在は、産婦人科から絵本を受け取られた方が、お礼と感想を記載した葉書を、プレゼントしてくれた院長先生に送っている、と説明した。そして例外なく、院長先生は葉書専用のフォルダを購入し、大切に保管していると説明した。いわば生の声が届くため、先生も達成感を感じていらっしゃるようだと付け加えた。
 そういえば、東日本大震災の時に、ある福祉団体からの依頼で、子どもや親を津波で亡くされたご家庭に、天使版の文章をベースに被災者の皆さん向けの文章を作り、絵本を寄贈したことを説明した。そして絵本を受け取られた被災者の方から、やはり同様にお礼と感想を記載した葉書が、寄贈団体に送られたこと、そしてその葉書の画像データが弊社に転送されてきている、と説明した。
 すると皆さんが、そのような生の声は、自治体の担当者の方々がとても関心を持つ、という話題になった。そのデータを是非見たいと言われたので、帰社して探してみた。かなり手間取ったが、最終的にはなんとか見つけることができた。
 印象的な葉書を10枚選び、その中から何枚かを選んで送ろうと思い、もう一度読み直してみた。すると、どれも心から溢れる感情が綴られており、どれも捨てがたく、結局は全てを選んでしまった。
 あの頃から何年になるだろうか。もうじき訪れる3.11。
 最も頻繁に訪れた大船渡と周辺の気仙地域では、新聞社や将棋連盟の支部の皆さんだけでなく、一般市民の皆さんとの交流もさせていただいた。生のサンマを送ってくださったり、地元銘菓・カモメの玉子を送っていただいた。
 もう福祉団体からの予算は打ち切られたが、自腹を切ってなんとか気仙オリジナルの絵本寄贈を続けたいと考えた。地元の方にお願いして画も描いていただいたのだが、申し訳ないことに、当方の環境が整わず、まだお待ちいただいている。
 まだまだ避難所暮らしの方が多いと聞いている。せめて心の中に平安と希望を持っていただきたいと思うので、一日も早く気仙版の製作と寄贈を始めたいと、ずっと思い続けている。私にとっても、まだまだ震災の終わりは訪れていない。
 何年も前に福祉団体から転送されてきた、お礼葉書の文面を読み返し、被災された皆さんの、当時の心情が痛いほど伝わってきた。思い新たに、気仙版寄贈の実現に向けて、前進したいと思っている。
 せっかくの機会なので、以下にその10枚の葉書の文面をご紹介させていただく。
【2014年当時保存していた葉書データ・名前以外は原文のまま】
 「やさしい絵本ありがとうございました。私にとって、とても大切なものとなりました。お声をかけてくださったことに感謝いたします。本当にありがとうございました」
 「絵本ありがとうございました。息子○○○は、母、祖母を避難させ、避難先で津波にのまれてしまいました。これからの成長をたいへん楽しみにしていましたし、○○○にもっと色んな経験をさせてあげたかった。でも、仕方ありません。でも、悔やまれて悔やまれて毎日苦しい思いをしていました。絵本を読んで少しずつ元気に戻りたいです。」
 「絵本ありがとうございました。母○○○は、女手ひとつで自分を育ててくれました。これからのんびり過ごしてもらおうと思っていた矢先の今回の震災により他界してしまいましたが、母の言葉として、絵本を大切にします。ありがとうございました。」
 「津波は私たちから○○○を連れ去っただけでなく、○○○との思い出の物をも奪っていきました。『大切なわが子へ』は、新しい○○○との思い出の品になりました。毎日、仏前で読んでいきます。ありがとうございました。」
 「あたたかい絵と、じーんと心にひびく文に、涙が止まりませんでした。大切にします。ありがとうございました。」
 「大変感謝致しております。子供達から大人まで、命の大切さや生きていく道程に大切な意味合いを持つことを再認識できる、素晴らしい絵本を手にして感動しております。より多くの人達に読み聞かせ、伝えていきたいと存じます。ありがとうございました。」
 「一つ一つの言葉が、心にしみ入りました。いつも、お父さんお母さんがそばにいてくれていると感じさせてくれ、それは大きな心の支えになっていくと思います。読んだ人それぞれが、自分へのメッセーを受け取ることのできる本です。ありがとうございました。」
 「上品な表装に素敵な絵本、それなのに涙があふれてきて、なかなか最後のページまで読み進めることができないほど、愛がたくさんつまった内容に、ただ、ただ感動してしまいました。本当にありがとうございます。私自身が震災から一年、心の復興につながったように思います。そして津波被害をうけた地域の子どもたちに読んで上げたいと思います。」
 「この度は本当に素敵な絵本をありがとうございました。この震災で主人は人命救助に従事して心がこわれる寸前に、私たちのところ○○○(子)が宿りました。我が子にこの絵本を読み聞かせ、どれほど愛しているか、皆にあなたの命が力になっているか伝えていきたいと思っています。かんどうしました☆本当にありがとうございました」
 「この度は『大切なわが子へ』の絵本、ありがとうございました。絵本の中に我が子の名前が登場することをうれしく思います。また世界に本当に1冊しかない絵本を手にし、読み、震災当時の不安だった日々や、震災前の子どもが生まれてくる楽しみなど様々ことを思い出し、涙が出てきました。今回は本当に大切な1冊を作ってそしてプレゼントしていただきましたことに、感謝いたします。有難うございました。大切にします。みな様お元気で。」
 アハハ、いつの間にか深夜ブログの復活である。というか、どうしても、ちゃんと仕上げたかったためだ。
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-27 02:49 | 心の中のできごと | Comments(0)

不思議なことが起きてしまった〜絵本製作の楽屋話

Bill Evans Trio - Haunted Heart
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 仕事現場のトラブルの、退屈な話題である。

 製作する絵本はすべて、受注時からデータ入力が始まる。まず、Excelでデータ化する。属性項目は結構多いため、絵本製作と並行して4D(フォー・ディー)という、データベースソフトに書き出す。このソフトは、アメリカの航空会社が予約システムで利用しているそうだ。理論値ではあるが、億単位のデータを管理することができるそうだ。元々はフランスで開発されたソフトだ。

 最初に使い始めた頃は、4th Dimensionという名前で、ソフトもフロッピーディスクで売られていた。数十年前のことである。何度かセミナーに通い、なんとか絵本製作に関する検索システムを、自力で作った。

 その後、バージョンがどんどん更新されたが、数十年前のプログラムが今でもちゃんと動いてくれている。凄いことだと思うし、同時にとても助かっている。

 2時間ほど前、絵本を申し込まれた方から、まだ届かないという問い合わせメールが届いた。今年は年末年始の製本屋さんの休みがあったため、製本後の検品ラインが停滞している。受注と製作状況を確認しようと思い、まずは4Dでの検索を試みた。

 姓名で検索したが、出てこない。稀に名字無しで著者名を希望する方があるため、名前だけで検索したが、膨大な数が出て来た。これでは絞り込めない。そこで念のため、Excelデータを開いて探したところ、1月上旬に受注しており、製作済みであることが分かった。

 絵本そのものは、検品・発送待ちのラインで見つけたので、明日発送することにした。遅延の問題は解決である。

 しかし、Excelデータを4Dに読み込ませたはずなのに、存在しないというのは重大な問題だ。それだけ、私の仕事の精度が低いということになってしまう。つい1週間ほど前に最新データを更新したばかりだ。どのデータが抜け落ちたかを特定するのは、至難の業だ。現時点で、過去16年・5万3千冊以上の数になっているが、さてどのように失われたデータを特定したらいいのだろうか。

 憂鬱で厄介な仕事が、またひとつ増えてしまった。

 たまには愚痴をこぼしたくなることもある。やれやれである。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する
 

by hirune-neko | 2019-02-26 00:39 | 心の中のできごと | Comments(0)

午前2時12分・・・久しぶりに深夜のブログに逆戻りだ

Arthur Nestrovski - "Luiza" - Jobim, Violão
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 あまりにも韓国情勢が急テンポで悪化しているようなので、ボランティアでお手伝いしている、福祉団体向けの報告書を作成した。

 A4サイズで8ページだが、サイト内閲覧、サイトからPDFファイルでダウンロード、さらには紙に冊子印刷での提供ができるよう、作業をしたのだが、思ったより手間がかかってしまい、この時間になってしまった。

 さすがに今日はこれにて失礼させていただく。せっかく血圧が正常値まで上昇し、血糖値も昨日の朝は、最近の高めの数値と較べると。50も下がったというのに・・・今日はまったく歩けなかったし、やわやれである。でもまた、努力を再開しようと思っている。

 いつものネット散策コースである、ブログ・徒然なるままにを、チラッと覗いてみた。本文を読む余裕は無かったが、韓国情勢の先が見えない。以下に、いくつかの記事のタイトルだけを掲載し、閉店させていただく。

【ブログ・徒然なるままに】




by hirune-neko | 2019-02-25 02:31 | 心の中のできごと | Comments(0)

案件過多の生活にも、少しずつ耐性ができてきたようだ。

Bill Evans Trio - Seascape
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 一日の課題である連続5000歩のウォーキングは、夜遅い時間帯の時は用水路沿いにずっと歩き、第三京浜の少し手前で折り返していた。最近は、歩く時間帯も徐々に早くしているので、自宅からスーパーのOK、駅前のマルイ、イトーヨーカドー、そして自宅というコースに変わってきている。

 どうしても脳内エネルギーの消耗が激しいので、甘い物が欲しくなってしまう。今日、スーパーのOKでキャンデーを物色していたら、糖質コントロール・カロリーゼロ、と表示されたキャンデーを見つけた。購入して、早速口の中に入れている。

 昨日、長男から連絡があり、会社の人事異動があったそうだ。具体的な詳細は書けないが、著名な大企業に勤めており、このたび最年少の副部長になったそうだ。いつの間にかすっかり成長し、改めて子どもたち全員の成長ぶりを目の当たりにしている。

 とくに次男は、生まれてすぐに入院し、病室で見守る私の目の前で、何度も呼吸停止し、いうなれば何度も死んだような状態になった。肺炎も併発してしまい、一度は諦めたのだが、奇跡的に助かった。小さかった頃の無邪気な笑顔を、今でも憶えているが、すっかり絵本の製作技術をマスターし、頑固な気質の職人に成長している。

 子どもたち4人は、それぞれ異なる分野を開拓しているが、全員前向きな姿勢で取り組んでいる。親としては嬉しいものである。それぞれ道は違っても、明らかに私のDNAを受け継いでいると実感している。

 能力を超えた案件を抱えているため、管理手法や生活スタイルをあれこれ工夫している。全体に時間を前倒しにしているのと、単純作業の最中や歩いたり外出の時は、イヤフォンで読書課題を音声ファイルで聴くようにしている。ますます、時間に隙間が無くなっているが、仕事が一定の環境に到達したら、創作の時間を確保したいと思っている。その日が楽しみである。

 相変わらず、残された寿命というものが視野に入っていない。早世の家系に生まれたため、長生きできないという強迫観念で生きてきたが、92歳になった母を見送り、今は毎日96歳の義母に接している。すると不思議なことに、90歳まで生きながらえることが、そんなに特別なことではないように思えてくる。改めて、アンドリュー・マーシャルの伝記を読んでみたい、という気になってきた。

【アンドリュー・マーシャル】
c0115242_00451829.jpg
 アンドリュー・マーシャル(Andrew W. Marshall、1921年9月13日 - )は、アメリカ合衆国の国防官僚。国防総省総合評価局局長(初代)。
 アメリカ合衆国の国防総省にて総合評価局の局長を務め、ネットアセスメントの第一人者として知られている。局長としての在任期間は、1973年に始まり、2015年1月に退任するまで40年をこえ、90代になっても現役の国防官僚であった。ニクソン政権からオバマ政権に至るまで、党派を超えて歴代政権に仕えてきた。長年に渡って要職を務めるが、表舞台にはほとんど立たないことから、「伝説の軍略家」[3]、「伝説の戦略家」、「伝説の老軍師」[4]とも呼ばれている。また、スター・ウォーズシリーズの登場人物になぞらえて「国防総省のヨーダ」とも通称される。
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する


by hirune-neko | 2019-02-24 00:47 | 心の中のできごと | Comments(2)

眠い、とにかく眠〜い一日だった

Astor Piazzolla, Aconcagua, II. Moderato
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今こうしていても、頭の30%程度が起きていない感じだ。

 ・・・、で、気がついたら椅子に座ったまま、居眠りしている。こんなに眠かったことはない。一日中、眠気を感じずに過ごしていたときの方が、ひょっとして異常だったのではないだろうか。疲れを感じなくなると危険だと聞いたことがある。

 ここ何日かは、時間的な余裕がなく、歩けない日が続いていた。このままだとまずいと考え、歩きに出た。

 まだ午後7時前だったので、いつもの用水路沿いではなく、最近教えてもらったスーパーのOKに行った。2回目である。食料品を少し買い、リュックに詰めて、その足で駅前のマルイに向かった。

 マルイには、アウトドアショップのA&Fの店舗が入っている。昔から、輸入物のアウトドア商品を厳選し、扱っている。かつてわが社はカスタムナイフの本を出版したことがあり、日本のカスタムナイフ作家の展示会で、その本を並べて販売したことがある。そのとき、隣で机を並べていたのがA&Fであり、社長が自らが店番をされていた。今ではご子息が跡を継ぎ、ご自身は会長だと聞いている。

 数十年前に、スイス・アーミーナイフと呼ばれる、ヴィクトリノックス社製の小型ナイフを購入したのだが、行方不明になってしまっていた。そこで以前からサバイバル用に、同社の十徳ナイフをほしいと思っていた。散歩がてら、A&Fに寄って在庫を確認したら、中型のがあった。大きさは十分だし、値段も手頃なので購入した。ただし、赤色のは展示品しかなかったので、最後の在庫である黒を購入した。これで、スミス&ウエッソンのタクティカルペンと一緒に携行すれば、なんとなく安心感が増幅される。
c0115242_02185892.jpg

 昨日は北海道でまた大きな地震があったと聞いた。いろいろお世話になった人が多いので、札幌を皮切りに、伊達、室蘭と何人かの人たちに電話をした。

 札幌は圧倒的に母がお世話になった人たちが多い。ある高齢の女性に電話したら、留守電になったので、お見舞いメッセージを録音している最中に、受話器を取った。どうも様子がおかしかった。なんでも、難聴になってしまい電話で話すことができないという。留守電に吹き込まれた音声ならなんとか聞けるので、吹き込んでほしいと、一方的に言う。10年も経過すれば、人の様子も変わるものだ。

 母が大変お世話になった、古い付き合いの夫婦に電話した。奥さんが出たが、地盤がしっかりした地域なので、被害は無かったそうだ。ただ、ご主人の認知症が進んでしまっていると、声を曇らせた。

 不思議なもので、こうしてブログを書いていると、徐々に思考力が回復してくる。

 しかし本当に冗談抜きで、未処理案件をいくつも抱え込んでしまっている。単なる製作物なら、かける時間に比例して処理も進む。しかし、企画書とか提案書となると、考えている最中に電話やメールなどで何度も中断されると、なかなか前に進めない。

 提案書は、昨年末に作成して何カ所かの自治体に送ったが、改めて考えてみると、修正が必要だと思うようになり、改訂版を作るつもりだ。また、産婦人科向けの提案書も同様に、まだ骨格を考えている段階だ。それと、ファミリー・インテリジェンスサービスを提供するために、社外の専門家の協力を仰ぐことになるが、そのための企画書説明書も作成しなければならない。

 その三種の神器が完成すれば、あとは営業活動に軸足を移すことになる。まだ未完成ではあるが、最終的には成果が出るという確信がある。まあ、それぐらいでないと、自信を持って進めることはできないだろうとも思う。

 依然として、向かい風に向かっての行軍である。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-23 00:00 | 心の中のできごと | Comments(0)

海を見に行きたいと思い始めている

Un dia de noviembre by Leo Brouwer
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 まだ1週間も経過していないが、ブログに向かう時間が段々遅くなっている。早朝ブログなんて、夢のまた夢になりつつる。それでも、眠りにつく時間帯は早くなってきているので、脳内のコンディションはずっと改善してきた。永年の習慣というのは恐ろしいもので、短期間で変えられるものではないと痛感している。

 そういえば、仕事の出張と母の介護を除けば、最後の旅行がいつだったか思い出せないことに気づいた。純粋な旅行の記憶が無い。毎日毎日、ほとんど年中無休状態のように仕事とボランティアに明け暮れており、現実を離れる時間といえば、将棋とブログぐらいのものだろうか。

 葉山の海辺にあったデニーズが閉店したと聞いた。窓際の席に座ると、海の景色が視界いっぱいに拡がっていた。何を食べたかは思い出せないが、神経が寛いだのを憶えている。好きな店だったので、残念だ。

 冒頭の曲は、邦題が「11月のある日」というキューバ映画で使われている曲だ。興味はあるのだが、まだ観ていない。そういえば、最後に観た映画も時期も思い出せない。この映画のストーリーは、キューバ革命の頃が主題になっているようだが、以下のように紹介されている。

 「主人公の青年エステバンは人生を革命に捧げてきたが、ある日医師から『脳動脈瘤』と診断される。死を予感した彼は、現在と対話し過去を振り返る―
 母、亡き父、国を出たがっている兄、気さくな叔母、公園で知り合った美女ルシア、反バティスタ闘争の同士アリシアやエルサ… 彼は人生の意味を探す。新たな一歩を踏み出すために。」
*引用元 MARYSOL のキューバ映画修行


 そういえばつい最近、韓国軍部の上層部の人が訪日し、自衛隊だったか防衛省だったかの上層部と面会したという情報を目にした。日韓の軍事交流が次々と延期されている時期なので、なんの目的だろうと思っていた。すると、防衛大臣が、日韓軍事交流を再開すると発表し、疑問と批判の意見が出ていた。

 該当記事を探したのだが、見つけられなかった。

 私なりに、作品のシナリオ風にストーリーを組み立ててみた。

 韓国軍関係者、とくに退役者を中心に、現政権に対する反感と国家存亡に対する危機感が募っている。このままでは国際的信頼を失い、経済制裁などで韓国企業が破綻し、国家財政も危殆に瀕する。さらに、現政権が北主導での半島統一に踏み切るならば、韓国民にとっては悲惨な状況になってしまう・・・という危機感を共有するに至った。

 そこで、事前に日本の防衛省幹部を訪れ、極秘裏に協力を要請した。つまり、韓国で軍事政権を樹立し、現大統領を軍事裁判にかけるので、軍事面で日米の支援を仰ぎ、北の侵攻を食い止める協力を要請した。さらには、「未来志向」の安定政権を発足させるので、経済交流や人事交流を活発化させ、韓国存亡の危機を救ってほしい・・・このような密談があったという情景が目に浮かぶ。

 そして、日韓の国交断絶から有事を視野に入れていた安倍政権は、最悪の事態を回避するために、まずは防衛大臣に命じて、軍事交流の再開を発表するよう指示した。同時並行して、どのような手順で、嫌韓感情が高まっている国民が納得し、国家間の決めごとを履行する環境を構築するか、水面下で検討を急いでいる。

 同時期にトランプ大統領が、北の非核化を急がなくてもいいと述べたようで、批判意見が出ている。これは、北でも南と極秘裏に打ち合わせての、クーデターの動きが具体化しつつあるという、極秘情報を得ての判断だ。半島で南北が同時並行してクーデターを起こし、暫定的な軍事政権から、最終的には親日本・アメリカの政権が樹立され、赤化を食い止める安定国家が誕生する、というシナリオだ。

 国際政治ドラマ風にストーリーを描けば、そのような感じだろうか。もちろん私は、どの国の情報機関とも接点は無い。あるのはただ二つ。野良ネコを含む、世界中のネコたちと共有している、有機ネコネット、つまりネコ特有のテレパシーによる、情報共有ネットワークである。それともう一つは、人間の手によって作られ、運営されている通常のインターネット、この二つだけである。

 ただ私の場合は、パリに本部のある、世界昼寝ネコ一族大会議の議長の取り計らいで、極秘裏に収拾した重要機密事項にアクセスできる立場にある。昼寝ネコ一族は古代イスラエル時代から、世界平和を希求しているため、天から特殊能力を授かっている。つまり、日本風に言えば「壁にネコ耳あり、障子にネコ目あり」なのである。・・・あまり書いてしまうと、大会議議長秘書である、姪ネコのクレモンティーヌが突然現れて、「おじさん、機密事項守秘義務違反になったら、もうパリからお菓子やパンを送れなくなってしまうよ」と強迫されるので、このぐらいにさせていただく。

 知り過ぎた人生というのも、時には辛いものである。だから、せめて人間の皆さんたちに、少しでも危機を回避していただけるよう、お役に立ちたいと願っているのである。・・・そういえば、昼寝ネコのステッカーをお送りした皆さんは、何かいいことがあっただろうか。もし無ければ、今年中にいいことがあるよう、テレパシーでパワーをお送りするようにする。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-22 00:17 | 心の中のできごと | Comments(0)

1月18日・2月18日・3月18日・・・?

María de Buenos Aires - (06) Poema Valseado
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 単に日付けを並べてみただけだが、1月18日は、92歳で亡くなった母の誕生日。2月18日は、同居中の義母の誕生日で、一昨日、なんと96歳になってしまった。そして3月18日は、私の誕生日である。偶然にも、1月から3月まで同じ日が並んでしまった。

 義母は数年前に家で転んで骨折し、寝たきりになってしまったが、手術を受けて快復し、自力歩行ができるようになっている。要介護の等級の認定を毎年受けているのだが、今年は昨年に引き続いて等級が軽い方に改善している。このままだと、もしかして100歳まで生きるかもしれない、という感じだ。さすがに耳は遠くなっているが、受け答えはしっかりしており、思考力も十分だ。体はきゃしゃで食も細かったのだが、よくここまで生きられたものだと驚いている。

 今日はあれこれ立て込んでしまい、午前も昼下がりも夕方も時間が無く、とうとう夜のブログになってしまった。目の前に、いくつもの課題がぶら下がっており、焦らないよう、気落ちしないよう自分をコントロールしている。

 知人がある宗教団体に所属した。とても熱心に聖書を研究しているらしく、メールの返信には新約聖書からいくつもの聖句が並べられていた。よくは知らないが、独自の訳の聖書があるらしい。私はせいぜい、口語訳、欽定訳、共同訳程度の名前しか知らない。

 最近見聞きしたのだが・・・記憶を頼りに書くので不正確かも知れないが・・・新約聖書でイエスが、初めて奇跡を起こすシーンがある。婚礼の席で葡萄酒が無くなったと言ってきた母マリアのために、水瓶の水を良質な葡萄酒に変えた、というシーンだ。

 その時、ある聖書ではイエスはマリアに「女よ」と言った、と訳されている。別の聖書では「婦人よ」と訳されているそうだ。当時の風習では、女と婦人とではまったく意味合いが違ったそうだ。

 アダムとイブのシーンでも、「男から作られたので、女と呼ばれた」という表現がある。おそらく日本語では、合理的な意味合いを感じることができないと思う。知人がネットで調べた結果を公開しているので、以下に転記させていただく。

(以下、抜粋引用開始)
 「私の骨と私の肉から造られた、まさに私の一部です。そうだ、『男』から造ったのだから、『女』と呼ぶことにします。」(創世記 2:23 JCB)

●男はヘブル語で「イーシュ」(אישׁ)。女はヘブル語で「イッシャー」(שּׁה ָא )です。男と⼥を表わすヘブル語の中で、相⼿にあって⾃分にはない⽂字といえば、⼥の場合は「ヨッド」(י)で、男の場合は「へー」(ה)という⽂字です。男と⼥が⼀体となることで⼆つの⽂字が合わさって「ヤー」(יהּ)という⽂字がそこに存在するようになります。「ヤー」とは神聖四⽂字(יהוה)の略した形で、「主」という神の固有名詞です。
●しかし、その「ヤー」(יהּ)が抜け落ちると、そこには「エーシュ」(אשׁ)しか残りません。「エーシュ」(אשׁ)は「⽕」を意味することばになります。ということは、「ヤー」である主が「男」と「⼥」との間に存在しなければ、その関係はお互いを焼き尽くす⽕ともなりうることを物語っています。「⽕」は聖書においては、しばしば神のさばきと関連しています。
●これがヘブル語の「男」と「⼥」の霊的関係の意味です。⾃分にはないけれども、お互いに相⼿にあるものを⼤切に受け⼊れるとき、そこに主がおられ、主の祝福を受けた三位⼀体的関係にある結婚の幸いを与えられるということです。
(以上、抜粋引用終了)

 お読みになって、どう思われただろうか。最初の知人は、新約聖書からのいくつかの聖句を引用し、必死に自分の宗派の正しさを主張している。それはそれで結構なのだが、元々はヘブル語(ヘブライ語)だった文章を、いろいろな人たちが研究して翻訳した結果、微妙に表現の違う聖書が何種類もできてしまった。

 私個人としては、日本語の表現だけを根拠に、いろいろ断定してしまうことに不安を感じる。つまり、仔細に調べた内容を根拠に、絶対的な確信を構築してしまうという「学術的のみに偏った姿勢」に、少々危うさを感じている。

 決して宗教を否定するものではなく、逆に、神学的視点をも素者に入れなければ、世界情勢を俯瞰する上で見落としが発生するだろうと思っている。

 記号論理学は勉強していないが、伝統的形式論理学には、内包と外延という概念がある。半世紀ほど前に読んだきりなので、明確には憶えていないが、例えば誰かが「お昼はどんぶり物を食べようか」と言ったら、他の二人も同意した、という状況を想定してみたい。

 三人とも、どんぶり物を食べようという考えで同意した。それはお互いに共有した「内包」という認識だった。しかし実際に食堂に行ったとき、Aが注文したのはカツ丼だった。もう一人は天丼で、最後の一人はうな丼だった。このように、さらに一歩突き進めたときに、共通認識から異なる認識に枝分かれする。これを外延と呼ぶ・・・のだそうだ。

 ここまで言ってしまうと、議論というのはかなり脆弱な基盤に立脚していると思わざるを得ず、本当の意味での理解とか共有というのは、言葉や論理を超越した要素を必要とすると考えざるを得ない。その要素とは何か・・・。

 私なりの考えを述べると、かなりの文字数になってしまうので、結論だけにさせていただく。

 言葉、知識、論理性などは、より正確な理解のためには不可欠な要素だと思う。しかし、本当の意味での深い理解のためには、単に無機的な知識の量が絶対なのではなく、感覚や感性、さらには人格や慈愛などという、一見すると理論的な理解とは無縁に思える要素が不可欠だ、というのが私の個人的考えである。

 知人が懸命に聖書を読み、調べ、真理を探求しようとする努力には、敬意を表したいと思う。しかし、残念なことに、いくら聖書や他宗教の聖典・聖文をことごとく暗記するほど憶えたとしても、それだけで真理に到達することはできない、と考えている。

 急激に緊張度が高まっている東アジア情勢だが、政治学、経済学、地政学、軍事学、さらには化学、物理学などの専門家を総動員しても、その中枢に精神領域を欠いた状態では、いずれ衰退あるいは破綻すると思う。


 中国政府が巨大な天体望遠鏡を建造したと聞いた。直径だかが500メートルだそうだ。そして宇宙に存在するかもしれない、知的生物体かららしき信号をキャッチしたという。それに対し、ホーキング博士が、中国政府に対し直ちに中止するよう強く進言したらしい。つまり、得体の知れない宇宙の知的生物体を呼び寄せてしまうことになりかねず、危険だ、という論旨らしい。

 強大な国家は現在、宇宙空間を支配し、結果的に地球を支配しようとしているようだ。いわゆる宇宙の覇権争いである。あくまでも個人的な想像だが、もしかしたら、中国共産党政府は、宇宙の知的生物体との遭遇を目指し、彼等と手を組むことによって、NWO〜New World Order(新世界秩序)からさらに飛躍し、NCO〜New Cosmic Order(新宇宙秩序)の覇者たらんとしているのではないだろうか。

 大胆な預言をさせていただく。共産主義は宗教を否定しているので、神学的視点というものを持ち合わせていない。とにかく、無限に領土・覇権を拡張することに取り憑かれている。巨大な天体望遠鏡によって、知的生命体とのコンタクトに成功し、宇宙使節団を北京に迎え入れるようになるかもしれない。

 しかし、共産党政府の指導者が対面する相手は、決して暴虐や恐怖で地球や宇宙を支配するという持ちかけには応じない。宇宙使節団とは誰あろう、地球創造主の使命を帯びた天の軍勢であり、多くの無実の人間の命を奪い、血を流し、悪逆非道の圧政で国を支配してきた指導者たちに報いを与える目的で、地球を、いや北京を訪れる準備をしていたのである。

 ・・・決してSF映画にも、スパイ映画にもなりえない結末で、呆れられ嘲笑される内容であることは、重々承知している。

 しかし、それほどまでに地は悪に満ち溢れ、神学的な視点からは、地球の終焉の機が熟したのである。宇宙支配の野望は、墓穴を掘る結果に終わる、というのが私の真面目な預言である。

 ・・・どうも、早い時間からブログを書き始めると、まだまだ時間的な余裕があると思い込んでしまい、ブログ記事にしては、どんどん大作になってしまいそうなので、自重することにする。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-20 23:12 | 心の中のできごと | Comments(0)

信号のない交差点で、交通整理するお巡りさんみたいだ

9. Contra Milonga - Astor Piazzolla - Astor Piazzolla & Friends
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日も朝から、予測していなかった事態が連続し、対応に追われた。早朝のブログへは、まだまだ遠い道のりである。しかし、幸いなことに気力と集中力、そして思考力はなんとか維持しているので、安堵している。

 改めて、人間というのは扱いが難しい生き物だと実感している。機器類には感情がないので、故障しない限りは、本来の機能を果たしてくれる。しかし、過去の経験を通して、パソコンなどの精密機器にも、隠された意思や感情があると思うようになっている。そこで毎日、長時間にわたって仕事を手伝ってくれているiMacやプリンタには、それぞれ名前を付けて、電源のオン・オフの都度、声をかけるようにしている。長時間の激務に、よく耐えてくれている。

 その点、やはり人間は多様な側面を持っているなと、いつも思っている。その最たる部分は、思考や判断力である。同じ事象を見ても、どうしてこうも判断結果や対応方法が異なるのだろうか、と思うことしばしばである。

 ここ最近、日本国内で話題になっているのは、日韓関係である。国交断絶を公然と口に出す政治家や評論家が増えているようだ。しかし不思議なことに、ほとんど意見を表明しない政治家がいるかと思えば、日本側の責任を指摘し、韓国側の言動を擁護する政治家・評論家も少なくない。どうしてこのように、両極端に異なる主張が並存するのだろうか。それは取りも直さず、彼等がどのような土壌に根を下ろしているかによるのではないだろうか。

 どのような思想・信条の人たちと交わるか、どのような傾向の情報を発信するメディアから情報を得るかで、ほぼ傾向が決定的になるように思う。

 それと、目には見えないかもしれないが、その人個人の特性にも大きく左右されると思っている。つまり、その人が目先の利益に動かされるかどうか、独自の理念・哲学を持って生きているかどうか。社会的地位や名誉を追求するかどうか、などが考えられる。

 従って、事態がどのように推移・収束するかを予測するのも、なかなか難しく思われる。まるで観客の一員として競技場の席に座り、試合の展開を予測するような姿だろうか。

 しかし、ふたつ重要なことを提言したいと思っている。

 ひとつは、他者への依存度を下げる努力をすることだ。人間の常として、便利なものにはつい依存したくなってしまう。日常生活で必要なものはほとんど、コンビニに行けば24時間、いつでも入手することができる。水道の蛇口をひねれば、飲料に適した水が流れ出てくる。電気もガスも同様である。しかし、そのような状況は未来永劫、不変に続くと考えないことをお勧めしたい。いい例が、インターネット経由でおよそあらゆる物を安く提供し、迅速に、しかもほとんど送料無料で届けてくれるサービスである。私自身も利用しているが、グローバル化がどんどん進んでいるようで、目黒区の事務所と表示されている番号に電話すると、北京につながった。札幌の市外局番の事務所に電話したら、なんとフィリピンにつながった。中国との深い関係が取り沙汰されており、話題のNWO(新世界秩序)推進の中枢に位置する企業と目されている。トランプ大統領が進めていると言われる、国家反逆罪の対象企業だと指摘する人もいる。そのような時代環境なので、何度も申し上げるように、食料品や飲料水などを中心に、自給自足率を高めることが重要だと考えている。

 もうひとつは、もしかしたら現代人には希薄になっているかもしれない要素だ。心の領域、内面世界、精神世界と表現される、目に見えない領域に存在する要素をなんとかして覚醒させ、目に見える事象を超越した洞察力や直感力を養うことだ。捏造された情報や印象操作を目的とした情報に惑わされず、的確な判断ができるよう、心の領域、内面世界、精神世界を充実させることだ。しかし、こればかりは一朝一夕に成し遂げられるとは思わない。逆に、難易度が高すぎて達成が困難だとも思わない。良書を読み、いい音楽を聴き、容易に怒らず、妬まず、他者に対する親切心、慈愛の気持ちを育てる・・・まるで道徳か倫理のお話のように聞こえるかもしれないが、これら人格を高める努力は、決して期待を裏切らない結果をもたらすだろうと思う。古代、中世、近世、そして現在に至るまでの、永遠不滅の基本原則である。これまで、三千年の長きにわたって生き、いろいろな世界を見聞してきた私が確信を持って言うのだから、耳を傾けていただきたい。

 最後に、ちょっと不吉で不穏な動きをお伝えする。以前、小耳に挟んでいたのだが、インターネット上に流れてきたので、改めてご紹介する。もし、このような事態が発生したなら、日本にはどのような影響が及ぶだろうか・・・それを予測するより、何が起きてもいいように、自給度を上げることを優先して考えていただきたい。

【以下、インターネット上の情報の一部抜粋】
 「来月1日は、日本統治に抵抗した『三・一独立運動』の100周年だ。文大統領は、正恩氏と結託して、南北一体の『大規模な反日運動』を計画している。日本の左派勢力も巻き込んで、安倍晋三首相を罵倒し、日本を激しく攻撃するつもりだ。だが、その裏で驚愕情報がある。文大統領を引きずり下ろす『クーデターの動き』がある」
 米情報当局関係者はそう語った。問題は「クーデターの動き」だ。
 朝鮮日報(日本語版)は12日、《三・一節:文政権の安保政策に批判的な予備役将官数百人、大規模集会を計画》という記事を掲載した。
 元国防相や元海軍参謀総長など9人が共同代表を務める「大韓民国守護予備役将星団」(将星団)が先月発足し、元将官ら約500人が加入した。同団の関係者は、「三・一独立運動」の記念日にソウル都心で、文大統領を批判する「大規模集会を開く案を検討」というものだ。
 実は、将星団は1月30日付で「大韓民国国軍に告ぐ」という声明文を軍幹部に送っていた。そこには以下のように書かれている。
 《彼ら(文大統領や従北政治家)の亡国的行為を命懸けで拒否せよ》《韓半島全体を金日成主義国家へと導く大韓民国共産化の陰謀を直ちに中断させ、わが祖国大韓民国を死守せよ》《決死報国せよ》
 これは、決起文ではないか!
 旧知の韓国軍関係者は「軍内部でいま、文大統領への怒りが、すさまじい勢いで噴き出している。『文大統領は金正恩党委員長の犬だ』『このままでは世界から敵視される。韓国は潰れる』などだ」といい、明かした。
 「韓国軍OBらは『文大統領はおかしい。北朝鮮の完全非核化を無視している。大統領府やバカな上官の命令は聞くな!』と、現役幹部に迫っている。一部幹部らは『軍をあげた3・1の予備役将官のデモへの参加』だけでなく、『クーデターの是非』を真剣に議論している」
(引用元)zakzak
Xデー「三・一」元韓国軍首脳ら、ついに文大統領に“決起”か!? 過度な「従北・離米」姿勢に反発強まる http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190219/soc1902190006-n1.html

 まだまだ早朝のブログは無理そうだ。今日は夕方から着手し、それなりの時間がかかってしまった。でも、深夜にはほど遠い時間帯なので、まあ及第点としておこう。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-19 21:16 | インテリジェンス | Comments(0)

とりあえずは、午前ではなく昼下がりのブログである

"Barco quieto" - Julia Zenko - HDfull
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 午前ブログを目指したのだが、言うは易しで決して甘い物ではなかった。会社の営業時間なので当然だが、問い合わせや確認事項が重なり、ズタズタに中断されて文書を考えるどころではなかった。午後2時半近くになって、ようやく一段落している。

 この調子だと、始業前の、限りなく早朝に近い時間帯にしないと、なかなか難しそうだ。しかし、就寝時間を早めるには、それ以外に方法はないと思う。それほど、ブログが習慣化しており、毎日の定例事項になってしまっているということだ。

 ここ数週間の状況だが、福祉団体のために、韓国を中心とする東アジア情勢レポートをまとめようとしても、次々と状況が変化し、なかなか固定的にとらえるのが困難になっている。

 政治ブログの上位いくつかを読むと、一連の韓国政府の非礼きわまりない対応に対し、断固、毅然とした姿勢で臨み、国交断絶まで視野に入れた経済制裁をすべきだろいう強硬論が目立つ。

 一方で、政府要人の強気な発言とともに、韓国メディアによる日本攻撃の論調も目立ってきている。この時点まで、気になる記事を以下に羅列して紹介させていただく。

(以下、引用開始)
【徒然なるままに】
韓国教職員組合「学校内の親日残滓を清算する。親日派の校歌も変え、銅像は破壊する」 | 保守速報 http://mblg.tv/42411914/entry/9491/

【zakzak】
「日本は盗人猛々しい」 天皇謝罪要求の韓国国会議長が発言 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190218/soc1902180011-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

【正しい歴史認識、国益重視外交、核武装】
現実味帯びる韓国デフォルト危機!韓国紙「最悪の韓日関係、通貨スワップ再開など協力の余地ある」 http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7393.html

【zakzak】
「議長発言に言及なし」韓国コメントを日本政府が真っ向否定 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190218/soc1902180005-n1.html

【zakzak】
韓国“反日”加速! 『昭和天皇暗殺未遂事件』犯人の遺品を文化財登録 識者「テロリストを英雄にする国。あきれるしかない」 http://www.zakzak.co.jp/soc/news/190217/soc1902170001-n1.html
(以上、引用終了)


 個人的に懸念することは何点かある。

 これほど財政状況が悪化しているのに、日本に対してはスワップ再開をお願いするのではなく、韓国に協力できるいい機会だという表現で、実に上から目線である。プライドが高い民族だというのは、大変結構なことではあるが、前回の財政危機のとき、実質拠出額は日本が最高額だったのに、IMFには世話になったが、日本は何もしない、あるいは迷惑をかけられた、という表現が出て来るのは、大層疑問である。そのような実態を知った日本人が、国民感情としてどのように受けとめるかが心配なところである。

 一方で、多くの日本国民の間に嫌韓感情が高まっている、という世論調査の結果が出ているようだが、韓国政府あるいは要人と、善良な一般国民を一括りにして忌避するという土壌が醸成されることにも懸念を持っている。

 私自身は身近に、在日韓国系の人たちが何人かいる、という程度だが、あくまでも個人の信頼性や人格を基準に、付き合い方の深さを決めるようにしている。それは、相手が日本人であっても何人であっても同じことである。

 ただ、日本と韓国、あるいは韓国の国際的評価となると、それほど単純ではなく、北朝鮮や中国との関係など目に見えない要素があるため、慎重にならざるを得ないと考えている。朴槿恵前大統領は失脚し、収監されているそうだが、証拠となった携帯デバイスは、謀略にょって捏造されたものだったらしい。つまり、現大統領の仕組んだ罠だということになりそうだ。実態が暴かれると、またぞろ歴代韓国大統領の、悲劇的結末が再現されるのだろうか。悪しき連鎖である。

 今日は昼下がりのブログとして、これにて終了させていただく。習慣化しているので、夜になってまたブログに向かってしまわないか心配している。そうなっては元も子もないので、心を鬼にして、あくまでも昼下がりから午前、そして早朝のブログを目指したいと思う。

 細く長く、しぶとく情報発信を続けて行きたいと思っている。

 追記:昼下がりのブログとしてアップする作業中に、受注データの集計に不整合が見つかったとの連絡が入った。基礎資料は私が作っているので確認したところ、同じ病院名の一群に他のクリニックの絵本が1冊混じっていた。病院名が赤く塗りつぶされていたため(名前に旧字体があるという意味)、一緒に処理してしまった私のミスだった。白内障のせいなので、今後は赤い色をもっと薄くするよう依頼した。
 同時に、札幌のクリニックから電話があり、患者さんが一カ月健診で来ているが、絵本が届いてないという。調べたら、明日到着ですでに発送しており、健診日は明後日を指定されていた。調査結果を報告したら、患者さんが都合で検診日を変更していたという。そこまでは対応できかねる。

 そんなこんなで、すでに午後4時40分になってしまった。午前のブログが昼下がりのブログになる予定だったのだが、いつの間にか夕方のブログになってしまった。

 でもまあ、深夜のブログからは一歩前進だろう。めでたしめでたしの進歩である。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-02-18 17:03 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 15:15
昼寝ネコ様 クスリ..
by ちはや at 08:51
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 00:57
昼寝ネコ様 興味深..
by ちはや at 22:51
いちファンさん あ..
by hirune-neko at 18:45
記事ランキング
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ