昼寝ネコの雑記帳

<   2018年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

引き続きTWENTY-FOURとなぜかAmazonの話題


Eliane Elias - I'm not alone

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 すっかりTWENTY-FOURに傾倒してしまったが、ちょっと解説させていただきたい。

 TWENTY-FOURはアメリカのテレビドラマとして製作され、当初はシーズン1〜8までだった。1シーズンは全24話で構成されており、1話は約40分である。Amazonのプライムメンバーであれば、無料で閲覧することができる。

 知らないうちに、シーズン9が製作され、Live Another Dayというタイトルがつけられている、シーズン9は半分の12話で構成されており、重要な役割を演じているCTU(Counter Intelligence Unit)のメンバー、クロエ役の女優が来日したときに、このシーズン9がロンドンで製作されたことを知った。政府機関の職員だったクロエが、反政府の人間になっているそうで、興味深い。これもAmazonのプライムメンバーであれば、無料である。

 今日、改めて確認したところ、シーズン10が製作されており、Legacyというタイトルがついていた。残念なことに無料ではなく、レンタルは200円で購入は600円となっている。

 昨日の続きで、今日はシーズン8の22話から最後の24話までを閲覧することができた。似たようなアメリカのテレビドラマである、政府関連の情報機関が舞台のCovert AffairsとNIKITAをすべて視聴したが、今日最後まで視聴したTWENTY-FOURのシリーズ8は、おそらく最高の出来映えだと思う。

 アメリカ大統領、ロシア大統領、架空の中東国家の大統領とその夫人が登場し、国際政治のリアルな展開、国際的陰謀、テロの手法などが巧みに描かれている。正義、公正、理念の重要性が軸となって終結する。アメリカ大統領のスピーチ、大統領補佐官の言動のどれをとっても、重みのある内容で、おそらくは何人もの専門家や経験者に対して緻密な取材を経て作られたシナリオだと思う。人間同士の絆・信頼感なども効果的に絡ませていた。改めてプロの技術の凄さに脱帽した次第だ。

 疑似体験ではあるものの、アメリカという国の奥深さ、政府や民間機関の中枢で働く人たちのタフさと有能さを体感することができた。

 この作品とはなんの脈絡もないのだが、今日はAmazonについて考えるところがあった。少し前に、アメリカのトランプ大統領が、莫大な利益を上げているにも拘わらず税金を払っていないAmazonを非難しているという記事を読んでいた。あまり気に留めていなかった。

 詳しく書くとかなりの長文になってしまいそうだ。私は、電子出版をAmazonのKindle版だけを対象にしようと考えていた。一見すると、Amazonの販売力やシステム、プログラムの卓越さは群を抜いていると思う。しかし、既存の流通経路を飛び越えてネット通販ビジネスを拡大するAmazonの手法に対し、その将来性に疑問を持つようになっている。年商10兆円を超えるといわれる天下のAmazonの将来性を疑う、などというと世間知らずだと馬鹿にされるのは承知している。

 私の祖母は、若くして夫を亡くした。夫は30歳代で北海道室蘭に今もある日本製鋼所の工場長を務めていたが、あまりにも仕事熱心のため過労で倒れ、帰らぬ人となった。38歳の若さだったと聞いている。真冬にソリに乗せてもらい、部下に押してもらって出社するほどの無理を重ねたと、母から聞いたことがある。

 祖父が亡くなったあと、祖母は5人の子どもを育てるために、野菜、果物、総菜を売る店を始めた。そのとき母は長女だったので中学で学業を断念し、リヤカーを引いて坂道を往復し、仕入れを手伝ったと聞いている。私自身、小さな頃から年末やお盆などの繁忙期になると、店の手伝いに行ったものだ。

 もちろん、当時は通信販売という仕組みがなく、商品はすべて店舗に並んでいた。Amazonは日本に支店や営業所を持たないため、課税されない仕組みだという。利益はすべてアメリカ本社が吸い上げ、しかも大部分はタックスヘイブンの国に租税回避されているようだ。アメリカでは少しの税金を払っているらしいが、少しといっても200億円になるらしい。

 IT技術を駆使し、インターナショナルに商品調達と販売を行い、ビジネスを拡大している。合法的な仕組みだとしても、ここまで一気に国際的な規模でネット通販が拡大することを予測した人がいただろうか。今でも憶えている。娘の送迎の待ち時間を、築地に車を停めてカーラジオのニュースを聞いていた。そのとき、Amazonが電子書籍を日本でも販売すると報じるの耳にし、直感的に出版業界が大激変すると感じた。激変したのは、出版業界だけではなかった。今ではAmazonの取り扱いアイテムはほぼ全ジャンルに拡大され、おそらくは売っていない物はほとんどないのではないだろうか。しかも、受注から配達までの時間がとても速い。大変見事なビジネススキームだと思う。

 別の視点から見ると、Amazonはまるでブルドーザーのように、弱小な店舗だけでなく中小企業が長い年月をかけて構築してきた販路を、踏みつぶして巨大化しているように思える。ビジネスという戦場で、武器や兵力が虚弱なために淘汰され撤退するのは、確かに合法で公正な競争の結果だと諦めるべきなのかもしれない。

 こんなことをいうと、感傷的で非現実的だといわれるだろうと思う。しかし、私は子どもの頃から祖母や母の、朝早くから夜遅くまで必死に働く姿を見ているので、同じように様々な事情で店舗や企業を良心的に運営している中小規模の経営者や従業員の皆さんが、抵抗する術を持たず、あっという間にブルドーザーに踏みつぶされる情景をイメージすると、何かが間違っていると感じてしまう。長期的に、国民や国家の安寧と発展を考えるときに、何か手段を講じる必要があるのではないかと、漠然とではあるものの、そのように感じる。

 森友、加計、日報問題のみを針小棒大に取り上げる、視野狭窄の政治家の皆さんが選挙で敗退することを願っている。

 自分の売り上げや利益だけしか視野に入れないのであれば、電子書籍の出版は、Amazonの販路だけに限定しても、かなりの将来にわたって安泰かもしれない。しかし私自身は、日本が他国の植民地化あるいは政治的、経済的な属国にはなってほしくないと考えている。

 しかし、私ごときに一体何ができるだろうか。結果がどうなるかは気にせずに、ただひたすら、正しいと感じることを積み重ねていきたいと思うだけである。

【参考資料】
「Amazonに激怒のG20。法人税を払わぬ巨大企業を追い詰める包囲網」
(一部転載開始)
 莫大な利益を上げ続けるAmazonが日本で税金を支払っていない事実は、先日掲載の「なぜAmazonは日本で法人税を払わずに済むのか? 元国税職員が解説」でもお伝えしましたが、「被害」を受けているのは我が国だけではないようです。今回のメルマガ『大村大次郎の本音で役に立つ税金情報』では著者で元国税調査官の大村さんが、日本と同じくAmazonが納税を行っていないG20が、同社に対して打ち出した厳しい姿勢を紹介しています。
(転載終了始)
*続きはこちらで⇒http://www.mag2.com/p/news/356044


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-20 03:08 | 心の中のできごと | Comments(0)

久しぶりのオフタイム TWENTY-FOUR依存症再発


Jan Lundgren Trio feat.Stacey Kent - My Foolish Heart

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 読者のcausalさんから、スウェーデン出身のジャズピアニストと、Stacey Kentが協演した演奏を教えていただいた。聴きなれた声と、派手さはないが繊細なピアノタッチで、寛ぎのひとときをいただいている。causalさんにお礼申し上げる。

 頭休めに、Amazonのプライムビデオを開いてみた。TWENTY-FOURがシーズン8の途中で観るのを中断しているのを思い出し、軽い気持ちで再生した。すると、さすがプロの創り上げた作品だけあって、止まらなくなってしまった。1シーズンが24エピソードなので、40分×24エピソード=960分。つまり1シーズン全てを一気に観るとなると、ぶっ通しで16時間になってしまう。数日間の休みの最中でなければ、一気に観るのは至難の業だ。しかもこのシリーズはシーズン1〜9まであるので、全て観るには百数十時間もかかってしまう。かくいう私は、今日はシーズン8の途中から、なんだかんだでエピソード20まで観てしまった。完全にTWENTY-FOUR依存症である。

 しかし、回が進むにつれて、ホワイトハウスの内情やCIAの内部の様子がリアルに登場する。シーズン8では、中東の小国やロシアとの国際政治の裏舞台が、とてもリアルに描かれているように見える。ある種の貴重な疑似体験をさせてもらっている。国際的な陰謀や外交の駆け引きを観ていると、最近話題になっている日本の反日・売国議員と呼ばれている国会議員の皆さんが主導している騒ぎが、とてもかわいらしく、ほほえましく思えてしまう。不思議なものだ。

 考えてみると、少なくともこの30数年間は映画も本も、刑事・警察、ハードボイルド、戦争、スパイなどのカテゴリーの作品だけに集中してきている。おそらくそのせいで、目に見える表層だけで物事を判断せず、事象の裏で展開しているであろう陰謀や謀略を洞察するような感覚が育ってしまったようだ。

 国際政治や歴史などのアカデミックな本を読むことも大事だと思うが、映画や小説はある意味で現実世界の構造を知ることのできる、貴重な教科書であり情報源だと思う。私が書きたいと思っている世界は、ユニークで話題に上るようなストーリー性のある作品ではなく、人間の心の中に投影される様々なシーン、心に感じる痛みや悲しみ、平安や感動など、目には見えにくい感覚領域の情景である。そこに照明を当てたいと思っている。

 こうして静かな時間の流れを感じていても、改めて時は容赦なく絶え間なく流れ、過ぎ去っているのだと実感している。しかし、焦らず、先を急がず、あくまでも自分らしいベクトルを維持し続けたいと思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-19 02:08 | 心の中のできごと | Comments(0)

今頃になって、ようやくマイナンバー


Shirley Horne - Once I Loved

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 どの省庁からだったか忘れたが、マイナンバー登録申請に関する郵便物が送られてきたのは、もう1年半以上も前だったような気がする。

 マネーロンダリングや脱税、違法な口座開設など様々な金融・経済犯罪を防止するというのが建前のようだ。では、本音はどこにあるのだろうか。試しに、ブログ・余命三年時事日記で検索してみたら、なんと300記事以上がリスト化されて出てきた。今では、ブログ・余命三年時事日記には、ちょっとした時事データベースの機能が備わっている。しかし、300件以上では全てに目を通すのは不可能だ。

 余命記事に「国民総背番号制度」ごいう表現がある。これは、アメリカではSocial Security Numberと同じ位置づけの番号だと理解している。つまり、国民一人ひとりに固有の番号を付与して管理するものだ。もう今から30年以上も前になるだろうか。当時の住友銀行の支店長と相談し、アメリカの不動産開発に投資したことがある。規模は正確には憶えていないが、日本風にいえば、数千坪数エーカー)の敷地に何十棟もの二軒連結の戸建て住宅を建て売りした。プロジェクトとしては成功裡に終了した。見通しが立った頃、ロスで現地駐在員をしてくれていた女性の世話で、コンドミニアムを購入した。頻繁にアメリカに行っていたため、調子に乗って購入した。現地の韓国人夫婦がローンの手配をしてくれ、順調に登記を終えた。お世話になった。その際に、日本人である私にもアメリカのSocial Security Numberが発行されていたのを、後に知った。

 住友銀行の支店長がマイアミの不動産開発会社の社長と知り合いだったため、そのツテでマイアミのベイエリアに建設した高層コンドミニアムの、ペントハウス2ユニットを購入した。隣はマリオットホテルだった。何事もほどほどにして、調子に乗るものではない。今度は、仕事でロンドンに行った際、現地の法律事務所で弁護士として働いていた旧知のN弁護士の紹介で、ロンドン郊外に住まいを購入しようとした。しかしその矢先に、アメリカが深刻な景気後退になり、あっという間に日本でもバブル崩壊といわれる激動の時代を迎えた。不動産投資への比重を高めていた私にとって、アメリカから日本に波及した景気後退は、完全な致命傷となってしまった。苦難の行軍の始まりだった。今の私は、資金のあるなしに拘わらず、不動産投資には決して手を出さないという考えになっている。

 さて、話を元に戻すが、マイナンバーが経済・金融犯罪防止の有効手段だという建前以外に、実際にはどのような確執があったのだろうか。本当は丹念にブログ・余命三年時事日記の記事を読むのが一番なのだが、何せ膨大な量になってしまうので、以下にほんの一部を紹介させていただく。少々長文になってしまうが、これでも一部の引用である。

【余命三年時事日記からの転載】
「339 マイナンバーリスクアラカルト」
(前文省略)
 もともと国民総背番号制度とあるように、国民の資産、納税をはじめとする一元管理が目的であったが、現在では在日外国人も含めることによって在日の脱税や不正に対する防止の大きなツールとなっている。経験的に言えることだが、福祉関係のお手伝いをしていた頃、手続きに際して、本人も記憶にないという銀行口座のリストがプリントされていて驚愕したことがある。マイナンバー制度がなくても、少なくとも日本人の資産関係はほとんどが把握されている状況であることがわかる事例だ。ところが通名を自在に使っていた在日の口座状況は全くといっていいほど闇の中であった。通名の一本化による金融口座の一元化はまさに在日が対象であると言ってもいい制度である。
 架空口座がバレるだけではない。流れとつながりがそっくり把握される。一応、口座関係のチェックは2018年から、それも任意ということになっているが、脱税や不正事案での捜査に壁はない。テロ3法とタイアップして威力のある法となっている。

(中略)

注目すべきは、法適用初年度、2014年申告分、つまり2015年納税分から日韓国税で情報の相互提供がはじまっているという点である。また9月からは米韓において銀行口座の相互情報交換制度が発足している。昨年の段階では日本も参加に前向きで特に障害はなかったから近日中に協定化の可能性がある。
 この「国外財産調書法」の運用に際していろいろな問題が発生した。大きなものは国籍と住民登録の問題である。7月8日以前は韓国、北朝鮮の区分けがいい加減で国籍の特定ができなかった。また居住実態についても通名問題があって把握しきれていなかった。
 パスポートとか商売上、韓国籍という南北使い分けが自由自在にまかりとおっていたのである。ところが7月9日以降、これが激変する。外国人登録法廃止とそれに伴うカード化と住民登録により国籍が確定され通名の一本化措置により居住が特定されたのである。
 従前、北朝鮮籍は国籍は韓国籍となるが一悶着ありそうだと記述したのはこの関係である。韓国の法改正により、成年男子37才までに兵役を終了していない者は国籍離脱ができなくなった。
(以下省略)
以下は引用元の記事のURLである。


 お読みになって本筋を把握していただけただろうか。安倍総理の戦略のほんの一部なのだろうと思うが、日本が他国の支配下になりつつあることに危機感を持ち、さらには政権転覆によって日本が合法的に他国の属国として組み込まれてしまうことを懸念する安倍総理が、徐々に外堀を埋めているのだと解釈している。

 日本では憲法で表現の自由が保障されている。したがってどれだけ安倍総理を罵倒しようが非難しようが一向に構わない。しかし、もし国会議員や所属政党が他国政府や他国の情報機関と内通し、日本を他国の属国にしようと画策しているとしたら、それも自由なのだろうか。いや、国家に対するれっきとした反逆罪だろう。他国政府や情報機関の指示により、森友、加計、日報問題その他、国政の本質とかけ離れた領域の事案を針小棒大に取り上げて、なんとしても安倍政権を転覆させようという、印象操作や世論誘導を行っているとしたら、それに加担しているマスメディアも同罪である。

 そのような一連の懸念から、事態の本質を見抜いた余命初代のかず先生から、現余命ブログ主に至るまで、命がけで情報開示を行ってきたというのが実態だろう。読者への忍耐強く地道な啓蒙活動が奏功し、集団通報、官邸メール、外患罪集団告発、さらには弁護士に対する懲戒請求という流れができてしまった。いわゆる反日・売国と総称される政治家やマスメディアにとっては、ますます安倍総理が危険人物になってしまっているのだろう。

 ああそれなのにそれなのに、私はなんて呑気なのだろうか。マイナンバー登録申請関係の郵便物を、しまい込みすぎて見当たらなくなってしまった。やむを得ず今日、区役所に再発行の手続きに行ってきた。すると、マイナンバー記載の住民票を請求できるというではないか。手に取ると、なるほどちゃんと数字が並んでいる。後は、改めて写真入りのマイナンバーカードを申請すればいい、ということが分かった。

 有事の際を含め、マイナンバーカードを保持することの重要性は、理解しているつもりだった。しかし、ずるずると何もしていなかった。文字通り平和ぼけである。

 今のこの一見すると平和に見える状態は、そんんなに長くは続かないと思っている。安倍政権は着実に、国家転覆を企図している勢力の駆逐を目指していると思う。頼みの綱だったメディアスクラムも、インターネットから情報を得る人たちの増大で、力を失いつつある。存続を危ぶむ声すらある。そのような危機感があって、さらには他国政府からの強力な要請もあり、なんとしても邪魔な存在である安倍政権を転覆したいという焦りが、森友、加計、日報問題その他なんでもいいから、とにかく安倍総理を引きずり下ろすことだけに血道を上げる政治家の、原動力となっているように思えて仕方がない。もはや、有権者に選ばれ国益を追求するべき政治家としての本文を、放棄して本性を露呈させているとしか思えないのである。

 日本の左翼政治家は頭が悪いと、アメリカのネットで評価されているらしい。ケント・ギルバート氏ではないが、そのような政治家は国会議員を辞して、市民運動家になるべきだ、とも揶揄されている。

 個人的には、現今の社会事象を冷静・客観的に見ながら、緊急事態・非常事態に備えて、自分や家族を守るには何が必要かを、現実的な視点から考え実行に移すべき時期にさしかかっていると思う。これまでに、何度も何度も繰り返しお勧めしているが、外出が危険になったり、スーパーやコンビニの棚から食料品や飲料水が消えてしまう状況を想定し、必要と思われる物資が何かを考えるべきだろう。無差別テロが頻発すれば、水道やガス、電気が使用不能になる可能性も高まると思うべきではないだろうか。そのように、自衛する賢明な国民が増えることは、それだけ自治体や最終的には政府の負担を軽減することにつながる。

 政治論争も有益だと思うが、あくまでも現実的で具体的な危機状況を想定して視野に入れ備えることで、まずは個人的な生活基盤を確保することだと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-18 01:41 | インテリジェンス | Comments(0)

濃霧に覆われた分水嶺を彷徨う旅人のように

Shirley Horn - Here's To Life (Verve Records 1992)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 誰でも人生を振り向けば、分岐点だったと思える時期があったと思う。ある意味では、毎日が分岐点かもしれない。そして、重大な選択を迫られるとき、まるで濃霧に視界を遮られ、明確な判断ができない旅人のように、運命そのものの分岐点となることもあるだろう。分水嶺に到達し、これまでの苦しく辛かった上り斜面から、一転して下りに転ずる劇的な変化もあるかもしれない。

 朱に交われば赤くなるといわれる。人間は誰しも、何かを共有する仲間に囲まれていれば安心感を感じる。ある団体に帰属していれば、あたかも運命共同体のように、自分が保護されるように感じる。しかし、それには時として自己主張を放棄し、ある程度の思考停止に甘んじる方が楽なことが多い。

 しかし残念なことに、一見すると強固に見える組織や団体も、時間経過や社会全体の変化とともに脆弱化し、衰退してしまうリスクをはらんでいる。つまり、運命共同体であるが故に自分だけが逃れるのは困難であり、沈没船の乗客のように一蓮托生で海の底に沈んでしまうことになる可能性が高まる。

 一方、孤立を怖れず、自分の意思・主張・哲学・理念を、妥協せずに貫こうとする人間は、人知れず波にのまれ、助けを得られずに消え去ってしまうかもしれない。しかし、ある種の崇高な生き方は本人の心に刻まれ、後悔することはないだろうと想像している。

 自分の人生で、最も価値のあるものは何かと考え続ける人間の結論は、どのような内容だろうか。とても興味深く思う。誰にとっても価値のあるものは多いと思う。健康や体力、資産や財力、社会的地位・名声、仕事上の業績など、いろいろあると思う。政治活動やボランティアなどの活動かもしれない。文字通り人それぞれなので、議論して決めるテーマではないだろう。

 私自身は、公の場で何か声高に主張できるようなことは何も持っていない。ただ強いて何かひとつを挙げるとすれば、私心を捨てるということを大事にしたいと思っているようだ。誰かに接したときに、私心のない人だと感じるのはとても心地いいものだ。私心がないというのは、人間的に高潔な人格を有していることであり、弱者に対しても慈愛の気持ちを持てることであり、金銭や名声のために自分の理念を売り渡さないということでもある。

 もうかなり以前のことになるが、始めてドイツ語の歌を習った。歌曲でシューベルトの冬の旅の1曲だった。先生はウィーンに留学されていた方で、おかげで初めてのドイツ語も、ある程度は読めるようになった。次いで、モーツァルトのオペラ魔笛から、ザラストラのアリアを習った。始めてバス歌手のクルト・モールを知り、食わず嫌いだったモーツァルトの良さを感じることができた。今でも、クラシック音楽の持つ「深さ」は芸術だと思っている。世俗から隔絶された領域で、人生を崇高な視点から眺望し、芸術的な解釈を行っていると、そのように感じる。

 今日、最初はDiana Krallの歌を選んだのだが、以前のようにしっくりこない。久しぶりにShirley Hornを聴こうと思って見つけた動画がある。ステージから離れた場所からの撮影なので表情が見えない。声質も異なる。拡大しみたらびっくりしてしまった。どんな高齢者にだって若いときがあったのは当然だ。しかし、このShirley Hornは若いというのは別にして、歌そのものに味わいが感じられない。もし最初にこの動画を観たら、Shirley Hornという歌手には魅力を感じず、そのまま通り過ぎてしまっただろうと思う。晩年の歌には、長い人生を生きた間に培われた達観、洞察がほどよい苦みを伴って表現されている。ほっとして聴けるゆえんである。

 私には画を描く才能がない。小学校低学年の通信簿は、図画・工作が2だった。音楽を聴くのは好きだが、歌ったり演奏する才能がない。営業が下手くそで商売の才覚がない。人間関係でも如才なく誰とでも上手に接することができず、つまり、何かしら形而上学的な領域を共有できる相手でないと、発展的な人間関係を築くことが難しい。すなわち、単に利害や得失だけで付き合うことができない。

 こんなに不器用で処世論を振りかざす青臭い高齢者にも拘わらず、そして周りの「理解者」の皆さんに迷惑をかけながらも、相変わらず濃い霧の中を、自分の直感力を頼りながら、まだまだ流浪の旅を続けようとしている。おめでたい、阿呆、世間知らず、身の程知らず、などなどたくさんの石つぶてを投げつけられても、なんとか分水嶺を越えようとしている。もしかしたらやはり、私は地球人ではないのかもしれない。宇宙人、海底人、地底人・・・さて、どれなのだろうか。

 歩き、ジムに通い、心を鬼にして甘い物を遠ざけ、夜は早く寝るようにして、アンドリュー・マーシャルのように、90歳過ぎまで現役で自分の領域を追求したい。・・・ブログにこのような決意の文章を書ける気力が出てきているのは、何よりも嬉しいことだ。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-04-17 01:26 | 心の中のできごと | Comments(0)

なんとか一日が終わろうとしている


(1/2) Weiss - Lute Sonata(Suite) No.25 in g minor / Robert Barto, baroque lute

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 帰宅してメールをチェックしたら、昨日ブログ記事でご案内した「昼寝ネコのステッカー」を希望される方からのメールが着信していた。鳥取県にお住まいのKさんで、ブログ・余命三年時事日記の記事がご縁となり、今でもほとんど毎日読んでくださっていると書かれていた。読者の方からの生の声をいただくことは、とても励みになる。この場を借りてお礼申し上げる。明日、発送させていただく。

 今日は腹痛とクシャミ、鼻水に悩まされた。悪戦苦闘の末、なんとか落ち着いてきた。

 今日、私より年長のご夫婦とお会いした。駐車場まで同行しながら、短い会話を交わした。ご主人が、最近は記憶力が低下してきたと仰ったので、詰め将棋をお勧めしたところ、即座に藤井颯太六段(?)の名前が出た。一瞬怪訝な表情になった私を見て、ご夫妻は以前ボランティア活動で瀬戸にお住まいであり、藤井颯太六段(?)が瀬戸出身なので親近感を持っている、と説明してくれた。なるほど、そういうことだったのか。たまたま私の師匠も、現在瀬戸在住であることを説明した。

 花粉症を除けば、平安でのどかな一日だった。相変わらず、脳内ではあれこれの妄想が駆け巡っているものの、鋭気を養うことができた。今晩は心穏やかに、このまま静かに床につきたいと思う。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-04-15 23:27 | 心の中のできごと | Comments(0)

さて、日本語ではどう訳すのだろうか


Diana Krall - You Go To My Head

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 いつも不思議に思いつつ、面倒で調べていない。このYou Go To My Headという曲は、結構いろいろな歌手が歌っているのを知っているのだが、果たしてどのような意味なのだろうか。

 You Go To My Head・・・まさか「あなた、頭にくるわね」ではないと思うのだが、さて実際にはどのようなニュアンスなのだろうか。辞書を調べず曲想だけから感覚的に訳すと、「あなた、頭にくるわね」ではなく「あなたのことが思い出されます」なのではないだろうか。もう少し感情を込めると「あなたとの思い出が脳裏から離れません」とでもなるのだろうか。

 今頃になって、学生の頃に付き合った数人の女性に感想を訊いたら「アンタのことなんか思い出したくもなかったよ」と言われるに決まっている。それでいいんだよ、と自虐的に納得している。

 ちょっと珍しい新聞記事を目にした。その記事に関連した明治神宮の公式サイトの記述と比較して興味深く思った。かねてから明治神宮と交流のあった、アメリカに本部があるキリスト教会の上層部の人が明治神宮を訪ね、正式な参拝をしたという内容だった。つまり、クリスチャンが神道の儀式を受け、巫女による神楽「倭舞(やまとまい)を観賞した、とされている。これらの記事を紹介している方の論調では、どうやらこのキリスト教団は、神道をイスラエルの伝統につながる宗教として認知している、ということになる。双方にとってこのような正式な交流は初めてだという。

 折しも、アメリカが英仏との共同作戦でシリアに爆撃を加えた、という報道を目にした。ある宗教研究家によると、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教、神道は同根だとされている。いわゆる一神教と多神教のいずれが正しいかは、人間社会の論争によって決するのではなく、一神教に共通の「救い主の降臨による福千年」が実際に、目に見える形で訪れればはっきりするのではないだろうか。

 今日は改めて、評論家の存在価値について考えていた。スポーツ評論家、文芸評論家、音楽評論家、映画評論家、宗教評論家、政治評論家などなど、評論家と名の付く職業は多い。それなりに仔細を研究し、専門知識を有し、実態を的確に評価してその情報を発信する。

 ただ間違いなく言えることは、文芸評論家自身が必ずしも優れた文芸作品を書けるわけではない。すべての経営学の教授が起業し、事業で成功できるわけではない。では、政治評論家の場合はどうだろうか。ある政治家の失言や誤った判断を指摘し、批判することはできるだろうと思う。それはそれで貴重な情報発信だと思う。しかしでは、その政治評論家に批判相手の政治家の代わりが務まるだろうか。まずは困難を極めるだろうと思う。従って、評論家の評論の限界を視野に入れて、その評論を読む必要がある。学術的な知識と実務的な知識は別物だと思う。

 では、政治評論家から評論家の文字を削除した場合を考えてみたい。つまり、政治家の能力はどのように発揮されるべきなのだろうか。政治家とて人間である。ちょっとした失言や判断ミスは皆無という訳にはいかないだろう。そのときに、その失言や判断ミスをあげつらい、大騒ぎする政治家が目立つ。マスメデイアも同様であるが、政治家の本来の使命を放棄して、内閣総辞職を要求し、大臣の罷免を迫り、根拠のはっきりしない情報をもとに国会を空転させている政党・政治家が目立つように見える。

 最近、ケント・ギルバート氏が、そのような野党政治家は、政治家を辞めて市民運動家になるべきだと主張しているのを読んだ。率直にいうなら、私もほぼ同感である。省庁のセクハラ問題には罷免を要求するが、自党の議員の同様のケースでの場合は、和解が済んでいるからと言い、それ以上の追求を拒む。まさにダブルスタンダードではないだろうか。

 日本の国益を考えた上で政権批判をするのは正常な行動だと思う。しかし、いわゆる反日左翼政党といわれる政党所属の議員の皆さん、そして同じく反日メディアと呼ばれる新聞社やテレビ局の皆さんは、おそらくインターネットを介在した情報浸透の速さと深さ、さらにはそれに伴う一般国民の洞察力の深化を軽視しすぎているように思えてならない。

 記憶は定かではないが、アメリカのテスラ社やFacebookが、脳とインターネットを直接リンクさせた技術を開発中のようだ。脳内でイメージした内容を自動的に文章化するなど、とんでもない技術が誕生しそうだ。そのうち、脳と同期する語学チップが販売され、世界数十カ国語を自由に操れる時代が来るのかもしれない。

 現代人の知能は、そのような情報環境の発達に伴い、確実に高まっているそうだ。これからの時代は、目に見えない変化を察知し、将来を予測する能力がない人間は淘汰されるとも断言していた。

 さて、私自身は仕事のスピードをアップし、できるだけ早く現役引退したいと考えている。世の中の激動とはできるだけ距離を置き、まるで地下生活者のように静かに過ごしたいものだ。100%断絶するのは不可能だと思うので、会社には顧問か相談役として籍を残して助言し、残りの時間は創作活動に没頭したいというのが、最終的な理想の生活である。おそらくは自分で原稿を書き、電子書籍化の作業も自分で行う。編集、カバーデザインやイラスト・画像は協力者にお願いすることになるが、まだ元気なうちはコストダウンを重視して、製作作業は自分で行いたいと思っている。

 相変わらず、主人公の生い立ちをイメージするため、北欧、東欧、西アジアの国々を取材で訪れたいと、夢みたいなことを考えている。・・・考えているだけならば、現実の苦しみや痛みを伴わないので、そのままの方が至福なのかもしれない。

 単行本「昼寝ネコの雑記帳」は、まだ1冊しか出版していない。すでに品切れであり、古書ルートでも見当たらないので、年内に重版し、さらにはKindle版で初めての電子書籍にチャレンジしてみたい。その勢いで、ずっと昔の団伊玖磨さんに倣い、続・またもや・まだまだ・・・のように、際限なく出版できるようになるといいな、なんて思っている。なんでも思っているだけが一番いいのかもしれない。

 そういえば、私の日本語をニュージーランド出身の知人が英訳し、その知人の英語を私が和訳するという形で協力関係にあったD氏が、年初まで慶応大学で英語を教えていたのだが、先月から家族で英国・オックスフォードに移転した。1年間の予定で、何やらオックスフォード大学で研究するらしい。もともと村上春樹の研究家で、村上作品を日本語で読むほど日本語に堪能な人間だ。私の作品には興味を示さないようだが、いつか彼に英訳をお願いし、英語でのKindle版出版にチャレンジしてみようかな、なんて脳天気なことを考えている。その前に、村上作品を読んでみなくては。

 今後の出版販売をどのように促進しようかと話したら、次男が助言してくれた。理由は思い出せないが、昼寝ネコのステッカーを作ったまま、何も活用しないで保存してある。それをオマケにつけたら売れるよ、なんてからかわれてしまった。確かに大量に保存されていた。カトリ〜ヌ・笠井さんのイラストを中心に、上部には「1951年からずっと見果てぬ夢を見ています」と英語で表示され、左には「おいらの名前は昼寝ネコ。ムニャムニャ・・・ダンゴが大好き」という寝言がフランス語で書かれている。

 以下にそのステッカーの画像を掲示する。お札代わりに目立たないところに貼っておけば、ひょっとしたら家内安全、商売繁盛、無病息災という御利益があるかもしれない。人生に行き詰まってしまい、頼るものが何もなくなってしまった、という境遇の方には、無料でお送りさせていただくので、メールで請求していただきたい。送付先の郵便番号、ご住所、ご氏名をお送りいただければ、普通郵便でお送りさせていただく。もし明らかにこのステッカーのおかげで、宝くじが当たったとか、ビットコインや株で莫大な利益を得たという際には、5%を振り込んでいただければとても嬉しい。

 不思議なもので、たった今、私が館長を務める「ピアソラ音の出る図書館に会員登録があった。横文字なので確認したら、なんとフランスにお住まいの方だった。国籍は不明である。・・・う〜ん、いよいよ昼寝ネコもインターナショナルに活動する展開になってきたのだろう、と勝手に思い込んでいる。おそらくは、長生きするのではないだろうか。
c0115242_01502512.jpg
 【ステッカーの送付請求先メールアドレス】
 hirune-neko@crossroads.co.jp


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。



[PR]
by hirune-neko | 2018-04-15 01:53 | 創作への道 | Comments(0)

13日の金曜日もなんのその・・・2駅乗り越してしまった


Marcos Valle & Stacey Kent La Petite Valse

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 朝のミーティングを終え、ビルを出てすぐに紹介者の方に報告メールを送った。携帯へのショートメッセージである。五反田駅まで歩き、池上線に乗った。ほどなく、紹介者の方から返信のショートメッセージが着信した。私より年長者の方なのだが、対応が速く、携帯機器を使いこなす。助言をいただいたので返信しようとしたのだが、電車の中なのでさすがにいつものように、音声変換で文書を作成できず、iPhoneの小さなキーで文章を作成した。そんなに長い文章ではなかったのだが集中し、それなりに時間がかかったようだ。送信を終えてほどなく、電車が停止したので駅名を確認した。えっ!?洗足池?あらら乗り越してしまった。飛び下りて反対側のホームに行き、電車を待った。

 旗の台で乗り換えたが、4人掛けの対面座席でお母さんと2歳ぐらいの女の子の前に座った。マスクをした私の顔を、ときどきチラッと見る。不審者に見えるのだろうか。やがて二子玉川駅に近づくと、お母さんが荷物を手に取り、立ち上がろうとした。試しに女の子に手を振ってみた。女の子は笑顔で手を振った。そのやりとりを見たお母さんも笑顔になり、「さよなら」という言葉を女の子に教えて下車した。最近は小さな子どもを見かけると、かわいくて仕方がない。ほっぺを撫でたい衝動に駆られるのだが、知らない老人(本当はこの表現を使いたくないが適切な言葉が見つからない)が、いきなり手を伸ばしてきたら、親子ともどもびっくりして警戒心が高まるだろう。

 夜のウォーキング中、道ばたで夫婦らしき男女と、お父さんに抱っこされた小さな子どもの横を通りかかった。そのまま通り過ぎればいいものを、思わず立ち止まってしまった。不審そうな目を向けるお父さん。「お父さんに抱っこされてるの?いいね。お父さんに”いいこいいこ”してあげなさい」それを聞いたお父さんは笑顔になった。

 空のベビーカーを押すお母さんの横を、ヨチヨチ歩きの子どもが歩いていた。思わず声をかけてしまった。「一人で歩いてるの?いいこだね」お母さんは声を上げて笑ってくれた。

 しかし、神奈川県警から「最近、小さな子どもに声をかける高齢者(本当はこの表現も使いたくない)の男性がいるので、注意するように」という警戒注意報が出されているという話は、一向に聞かない。

 子どもは無垢で無邪気である。どんな色に染まるかは親次第である。子どもを子ども色に染められる染料を、できれば無料で提供したいと思う。・・・やっぱり私も、老成という言葉が似合う年齢になってきたのだろうか。道ばたで、小さな捨てネコが甘えた鳴き声をあげながら、足許に駆け寄ってこないかなと、そんな妄想願望もまだ健在である。困ったものだ。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-04-14 00:39 | 心の中のできごと | Comments(2)

明日は朝が早いので・・・私にとってではあるが


Stacey Kent - To Say Goodbye (Official Video)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 明日は朝一番で都内の企業訪問がある。絵本販売提携のお願いに行く。

 提案書その他の資料は作り終えたが、朝の打ち合わせなので早めに寝ようとしている。気力と集中力を維持した状態で臨みたい。

 ときどき自問することがある。私は営業折衝が得意なのか、それとも不得意なのか。営業が上手な人は、まるで魔術でも使うかのように、いつの間にか相手の心理をコントロールし、その気にさせるのだろうか。もしそうだとすると、私は営業が不得意な部類に入ると思う。どうしても、本質を外さず正面から切り込んでしまう。それで共鳴していただき、契約に至ったケースはいくつもある。

 どんな相手でも、上手にその気にさせるセールスのプロは存在するのだろうけれど、私は私らしく、自分の個性に合った方法で折衝したいと思う。というか、それしかできない。

 企業活動の基本線は、売ることであり、売り上げを伸ばすことなのは承知している。しかし、売上金額至上主義には違和感がある。青臭い書生が理屈を振りかざしていると思われるかもしれないが、いかに私企業といえども、社会性や公益性を視野に入れて商品開発を行い、同時に時代の変化を見通した活動を継続すべきだと思っている。

 そうはいっても、相手企業にとってのメリットを創出し、販売提携をお願いしなくてはならないので、そこそこ大人になって奮闘してこようと思う。

 そのような状況なので、今晩は短稿で失礼する。将棋のレッスンも2週連続でお休みしてしまった。心身ともに、少しでも長く壮健でいられるよう願っている。

 今晩はこれにて、To Say Goodbyeで失礼させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-12 23:47 | 心の中のできごと | Comments(0)

最近はリアルな夢を見ることが多くなった


Bill Evans - "All Mine (Minha)"

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 リアルな夢から覚めたときは、不思議な気分に包まれる。たった今見たシーンは、現実のものだという印象が強いため、夢だったのだと自分自身で納得するまで、少し時間がかかってしまう。
 亡くなった人とは、たとえ夢の中であっても口を聞かないといわれるが、最近の夢には約2年前に亡くなっている母が、何度か登場した。そして何やら会話をしている。夢の中で「まだ納骨もしないで、いつまでほっとくんだ」、とか「相変わらず忙しそうだけど、まだ仕事が一段落しないのか」というような愚痴をいわれた記憶はない。親なのだから、その程度の思いやりはあってしかるべきだと思う。

 今日は、なんとしても8千歩を歩こうと思った。外出時にはすでに3千歩を歩いていたので、第三京浜までは行かなくていいと計算し、数百メートル手前でUターンした。途中、暗がりの中から子ネコの鳴き声が聞こえないものかと期待した。最初に出会ったシロのように、ニャーという声をあげて近寄ってきたら、ためらわずにポケットに入れて連れ帰ろうと思ったのだが、とうとう出会いはなかった。

 ひょんなことから、そういえば北海道・室蘭市の市議会で、名入れグリーティング絵本のことを、質問の形で紹介していただいたことを思い出した。市議会のサイトで検索したら、平成26年と28年の議会で議員の先生たちが言及してくれていた。当時は画像で閲覧することができたのだが、今日確認したらちゃんと文章に書き起こされており、読むことができた。
 なかなか営業に時間と労力を割くことができない状態が続いている。すでに市長さんと市役所の部長さんには何度かお会いしている。そもそもの紹介者である、前議長さんに電話して、近況の報告をした。

 どこでどのようなきっかけが生まれ、事態が進展するかはなかなか予測ができない。現在は産婦人科、企業、自治体にターゲットを絞っているので、少しずつでも前傾姿勢で営業のプレッシャーをかけ続けたいと思っている。

 今日ではアップル社は世界的企業として成長しているが、創業者のスティーブ・ジョブズが事業を始めた初期の頃は、倉庫に事務所があり資金がないのに発注したり、かなり大変な状況だったようだ。知人が、病院向けの機器をアメリカのメーカーの代理店として、日本で営業を始めている。高額な商品のため、何カ所かの病院と契約ができただけで、あっというまに1億円の売り上げになったそうだ。その知人は周りの人たちに、1億を稼ぐのはチョロいものだと豪語しているらしい。

 わが社の主力商品の絵本は、税別本体価格が3600円である。15年間値上げをしていないのだが、私も音を上げてはいない。(笑)アルバムページなどのオプションがあるため、1冊平均4000円が販売単価だとすると、年商1億円になるためには、年間2万5千冊を売る必要がある。
 15年前に誕生した絵本で、ゼロからの営業スタートだったが、採用してくれる産婦人科が徐々に増え、累計で5万冊は売った計算だ。ということは、これまでに2億円を売り上げた計算になる。

 絵本と一緒に、切手を貼った葉書を同封している。受け取ったお礼と感想の言葉を書き、プレゼントしてくれた院長先生に返送される仕組みになっている。どの院長先生も例外なく、葉書のスクラップブックに入れて、大切に保管している。感動と感謝の気持ちが綴られており、院長先生やスタッフの皆さんが達成感を感じてくれているようだ。一度採用したら、廃業しない限りずっと使っていただいている。有難いことだ。

 高額な機器を、次々と新しい病院に営業攻勢をかけ、毎年コンスタントに1億円を販売するには普通の営業手法では、なかなか難しいと思う。その点、わが社のグリーティング絵本の場合は、一度採用していただくと、ほぼ永続的に一定数を受注できるので、その点はとても恵まれていると思う。

 今年は後半にかけて、全国の産婦人科や自治体を訪れることになると予想している。たとえ移動中でも、iPhone、iPad、iPad Pro、MacBook Proを携帯し・・・かなりの重量になるのだが・・・evernoteとdropboxという強力なクラウドサービスを利用するので、仕事には大きな支障はないと思う。かえって、機内や新幹線の中、そしてホテルの部屋では、集中できる有益な時間を確保できるのではないだろうか。

 一方で懸念しているのは、行く先々で美味しそうな地方銘菓が目に留まり、ついつい買い込んで食べ過ぎてしまうことだ。血糖値が跳ね上がり、血圧まで急上昇してしまったら元も子もない。それと、常飲している酸素水と電子水をどのように携行するかが課題になりそうだ。

 何をどのようにしても、悩みの尽きない人生である。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-12 01:18 | 心の中のできごと | Comments(2)

脳内が失語症状態の一日だった


Sleeping - Astor Piazzolla

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨晩はすっかり目が冴えてしまい、朝方の5時近くまで眠れなかった。午前中、倉庫に絵本の本体が入荷する予定だったが、いつもより1時間半以上早くに到着の連絡があり、寝不足状態のまま倉庫に向かった。

 そんな次第で、脳内は絶不調のまま過ごし、何度もウツラウツラしながら、ようやく夜になった。時々見るリアルな夢よりも、ずっとふわふわした夢の中のような現実で一日が終わった。

 そのようなコンディションなので、珍しく書くことが何も思い浮かばない。困ったものだ。歌を忘れたカナリア、言葉を忘れたブロガー・・・という感じだ。もう今日はこのまま寝ることしか頭にはないようだ。

 そういえば、大変間抜けな話を思い出した。アップルストアに、かな文字の表示がないUSキーボード注文した。届いてから、どうも勝手が違うなと感じながら、そのまま数日間使用した。あるとき、文章の作成中にアスタリスクキーが見つからず、キーボードを手にとって目の前に持ってきた。すると驚いたことに、平仮名の表示があるではないか。USキーボードを注文したのに、届いたのはJISキーボードだった。そんなことにも気がつかず、数日間使用していた自分に対して、もっと驚いてしまった。かなり視力が落ちていることを自覚した。新しいUSキーボードは昨日到着し、JISキーボードは今日返品引き取りに来てくれた。あとは、購入代金の返金を待つばかりである。

 そういえば、気がついたら花粉症の症状がほとんど治まっている。これはありがたいことだ。

 自分の生活を客観視してみると、やりたいことの総量に対し、絶対的に時間が足りないことがわかる。このような状況では、どのような解決方法があるのだろうか。睡眠時間を削ることは、正しい方法ではないようだ。となると、残された方法は集中力を高め、さらに持続力を高めるしかないのではないだろうか。ということはつまり、仕事の手と頭を休め、妄想世界に入り浸っている時間を、限りなくゼロに近づけるしかない、ということになるではないか。それでは、自分の生き方を真っ向から否定することになってしまう。これは、私のような人間にとってはとても大きな葛藤である。深刻な悩みである。自分らしくあるために、自分らしさを捨てる。これが本当の、絶対矛盾の自己同一なのではないだろうか。

 しかし考えてみれば、葛藤や苦難のない人生は、人間を成長させないのではないだろうか。それでなくとも、落ちこぼれ・はみ出し人間の私なので、普通の人よりは苦労を多く与えられる運命なのだろうと、諦めている。しかし同時に、じと踏ん張って耐え、努力していればいいこともあるだろうと、期待もしている。達観したものである。

 改めて、自分が3千年を生きてきた宇宙人だと思うようにしたい。世間からどう思われようが気にせず、宇宙人は宇宙人らしく、宇宙規範で生きていこうではないか、と居直っている。しかし、いくらなんでも、鳩山由紀夫氏とは同類に思われたくない。彼は太陽系内の宇宙人であり、私は銀河系の彼方の宇宙人なのだから。地球は地球人だけのものであり、同様に日本は日本人だけのものである。これは全宇宙つ通底する常識である。スターウォーズのヨーダだってレイア姫だって、そのように明言している・・・はずだ。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-04-10 23:52 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 19:56
こんにちは。 池上線の..
by causal at 12:07
暇工作さん 情報を..
by hirune-neko at 20:05
最近Twitterで見た..
by 暇工作 at 14:17
causalさん ..
by hirune-neko at 21:40
記事ランキング
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ