人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

カテゴリ:インテリジェンス( 456 )

そうか、そういうことだったのか・・・

Stolen Child - Loreena McKennitt With Lyrics
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 ここ数日の公開情報を、見出しだけ追っていたのだが、いかに鈍感な私にでも見えてきたことがある。今日は日本から韓国への輸出制限が発動されたことに絞って、妄想話をさせていただく。町内のご隠居さんが将棋を指しながら、時事評論家気取りで話す戯言だと思って、聞き流していただきたい。

 引用する公開情報はすべて、ブログ・徒然なるままに、で紹介されていたタイトルを参考にさせていただいた。無断引用はであるが、お許しいただきたい。
徒然なるままに:http://mblg.tv/42411914/
 ブログ・徒然なるままには、タイトルを流し読みしただけでも、国内外の主要な動きを把握できるという労作である。まるで、現代のインターネット「かわら版」である。


 近所のご隠居さんと私が、いつものように将棋を指しているシーンを想像しながらお読みいただきたい。余裕たっぷりのご隠居さんは、私が必死になって次の手を考えているのを尻目に、あれこれの時事談義を始めるので、集中できない私にとっては、いい迷惑である。

ご隠居:おやおや最近は序盤から、しっかり時間をかけて考えるようになったね。腕が上がった証拠だよ。まあ、下手な考え休むに似たり、ともいうがね。ガハハ・・・

昼寝ネコ:ん〜(必死で考えている)

ご隠居:しかしなんだね、とうとう韓国も、いつしか遠くに去りにけり、の国になってきたようだね。家内の友だちなんて、もう還暦になるというのに、今でも韓流ファンでさ、秋口には韓国旅行を予定しているらしいんだよ。それまでに渡航自粛にならないといいけどね。しかしなんだね、日本政府もずいぶん強気に転じたもんだね。輸出管理上の措置と言ってるが、実質的には韓国のIT製品製造業界にとっては致命的で、調達できないと困る物資のトップ3がモロに対象になっているそうじゃないか。綿密にリサーチしてたらしいね。日本政府も、強気に出ることもあるんだなって、驚いたよ。・・・おや、ここでいきなり角道を開けるなんて、随分強気な手だね・・・ん〜。

昼寝ネコ:いえいえ、成立するどうか分かりません。

ご隠居:これでどうだね。売られたケンカは、買わないわけにはいかんだろう。・・・韓国政府やマスコミだけでなく、一般大衆までもが、「日本政府が徴用工賠償判決に対して反発し、経済制裁してきた」といって、反感を強めているようだねぇ。しかしね、経済制裁という攻撃的な事案ではなく、これまで優遇されていたホワイト国のリス路から外して、輸出手続きを普通の状態に戻すというだけの話なんだよね。それなのに、韓国政府は特使を日本に送って制裁解除を要請したり、外交部のトップが渡米し、日本政府が不当な貿易規制をあひたから回避を仲介してほしいと、頼みに行ったらしいね。しかしだね、アタシが思うに、安倍ちゃんは事前にトランプ大統領に何も相談せず、独断で走り出すようなタマではないさ。綿密に打ち合わせて、了解を得て動き出しているのは間違いないね。

昼寝ネコ:ご隠居の番ですよ。

ご隠居:おおそうか、失礼したね。・・・フムフム、そういう手があったか。ん〜、なかなか考えた手ですな。うっかり見逃すと、とんでもないことになるところだった。・・・よし、これでどうだ!・・・これはあくまでもアタシの想像だがね、アメリカの情報当局は韓国と北朝鮮、さらにはイランや中国との秘密裡の関係を、かなり把握していると見てるんだよ。国家安全保障局の大規模通信傍受システムで、韓・朝・中・イラン間の膨大な量のメールや電話の会話記録を収集・分析し、裏で何をしているかをすっかり把握していると見るね。さらにはCIAが韓国政府や主要企業内に協力者を確保し、機密情報を得ていると思うんだよね。その結果、フッ化水素など軍事転用が可能な物資が、韓国で行方不明になっていたことを把握したのではないかと思うねえ。で、その機密情報がトランプ大統領の指示で、秘密裡に安倍総理に開示されたと思うんだよ。軍事偵察衛星の画像など,確たる証拠を見せられたため、安倍総理も韓国をホワイト国リストから外し、当然の帰結として輸出手続きをそれまでの優遇から、普通に戻しただけで、制裁でもなんでもないのに大騒ぎしている。それほど韓国にとっては致命的な背景があるということなんだろうね。自民党の萩生田光一さんが、「(韓国の化学物質の)行き先が分からない」と、公然と言ってるそうだが、明らかに軍事転用物質が、日本から輸出したはずの韓国から、北朝鮮やイランに渡っていたということなんだろうね。さらに中国の核ミサイル開発技術が北朝鮮に供与され、中国は労せずして日本に核の恐怖といいうプレッシャーをかけつづけることができる。その裏情報を日米両政府が共有するようになったということなんだろうね。オバマやクリントン政権では、絶対に成り立たない本当の意味での安全保障関係が、安倍ちゃんとトランプ大統領によって構築されたと言っていいんじゃないのかね?

昼寝ネコ:あの〜・・・。

ご隠居:ん?アタシの番?・・・あら?

昼寝ネコ:詰んでると思うんですけど。

ご隠居:・・・あらら?ホントだね。こりゃ参った、いや参りました。投了です。いやあ、随分強くなりましたねえ。

昼寝ネコ:いえいえ、まだまだご隠居の足許にも及びませんよ。ご隠居が政治談義を止めて、本気になって盤面に集中したら、私なんてとてもかないませんよ。

ご隠居:そうかいそうかい、そう言ってくれると嬉しいよ。でもね、日韓関係はこれまでになく、後戻りのできない深刻な状況になっているのは間違いないんだから、昼寝ネコさんも詰め将棋ばかりやってないで、毎日朝晩の2回ぐらいは、ブログ・徒然なるままににお邪魔して、せめてタイトルだけでも流し読みするようお勧めするよ。敵国の走狗もどきの反日テレビや新聞に時間を割くよりも、ずっと実体を知ることができるよ。


 ・・・ご隠居が政治談義に夢中になっているときは、なんとか勝てるようにはなった。しかし、本気で集中されると、まだまだ足許にも及ばない。それほどご隠居の棋力は侮れない。せっかくのご隠居の助言なので、「いえ、私は徒然なるままにを、何年も前から毎日5度は訪問して内外情勢の把握に努めています」とは言えなかった。おうじき100歳になるご隠居なので、せめて花を持たせる配慮はすべきだと思ったからだ。・・・私は、なんて敬老精神溢れる人格者なのだろうか。
 
 今日は休む間もなく作業に追われ、かなり消耗したが、なんとか連続で5500歩を歩いた。そして簡単にブログを仕上げ、早めに休むつもりだった。しかし、選曲している最中に、上記のような将棋の対局シーンが思い浮かんでしまった。そして、書き始めると止まらないという重篤な病が発症し、とうとうこんな文字量になってしまった。

 でも、文章を書くことが最も自分に適した仕事だと、改めて再認識している。言葉が思い浮かび、脳細胞がそれを消化し、指がキーボードを叩ける限りは、最後の最後まで書き続けたいと希望している。

 あくまでも使命感に基づく自己満足であり、人からの評価や賞賛とは距離を保ち、ただひたすら細く長い道を孤独に歩き続けたい。・・・ちょっと格好をつけすぎたかもしれない。

 でも、ノーベル文学賞だったら有難く頂戴しようと思っている。(笑)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する


by hirune-neko | 2019-07-10 00:55 | インテリジェンス | Comments(2)

ご心配をいただいた・・・死地の入口からの生還

Bill Evans - Elegia
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 何人もの方から、ご心配、ご助言、ご忠告をいただき、この場を借りてお礼申し上げる。最悪の状態だった朝から、24時間が経過した今朝の状態を、簡単にご報告させていただく。

 足首から下のしびれは、何事も無かったかのように、ほぼ消えた。痛みはゼロではないが、経度の痛みで、しかも断続的ではなくなったので、朝まで熟睡することができた。昨晩は、私にしてはとても早い、11時台に布団に入った。現在は午後11時を回っているが、痛みは全く出ない。平安そのものである。かなり深刻な状態だと認識していたし、またある種の覚悟もしていたので、実に不可思議である。

 昨日は、夜中から朝にかけて、痛みをこらえながら、必死に足首のストレッチ、スクワットを行った。夕方から夜までに、痛みに立ち向かって累計で6千歩を歩いただろうか。さすがに両足切断という恐怖感を感じ、意識が一気に覚醒したようだ。

 ライフスタイルを改め、なるべく早く寝ること、連続で少なくとも5千歩は歩くこと・・・本当は8千歩が必要だと言われているが・・・常食気味になっていた炭水化物製品を断つこと、冷蔵庫の中のアイスをつまみ食いしないこと、無糖であっても炭酸水は控えること、などを中心に、基本ルールを考えて励行しようと決めた。今日はまだ一日目だが、とりあえずは三日坊主にならないよう、引き続き継続するように努力したいと思う。

 私が死地に至る入口で立ち尽くし、個人的な課題と格闘していても、世の中は相変わらずめまぐるしく動いているようだ。・・・そんなことは当たり前だが・・・とくに、韓国に関する懸念情報が圧倒的に増えているように感じる。普段から貴重な情報源として、毎日何度もお邪魔しているブログ「徒然なるままに」にも、興味深い記事が溢れていた。ここ数日の、韓国関連記事のタイトルだけでも羅列してみたい。興味がおありになる方は、ご一読いただきたい。なんと、この三日間で26記事も紹介されている。韓国は今や、注目度の高い話題の豊富な国のようだ。

 いつもながら、ブログ主のちはやさんの使命感、正義感とご努力には脱帽である。


【ブログ「徒然なるままに」から転載】
⇒トップページ http://mblg.tv/42411914/

■【マスコミ悲報】経済同友会・日本商工会議所「韓国への制裁を支持する」 | もえるあじあ(・∀・) 2019/07/03 23:29

■自民・世耕経産相「EUは現在でも韓国を非ホワイト国としています」 保守速報 2019/07/03 23:16

■【中国】北京市当局、サムスン・現代・起亜の広告板を120以上撤去  保守速報 2019/07/03 23:00

■【韓国】 日本製品不買運動リスト・・トヨタ、ホンダ、ソニー、パナソニック、キヤノン、デサント、ユニクロ、アサヒ、キリン、サッポロなど  保守速報 2019/07/03 22:58

■米国は韓国へのフッ化水素禁輸を事実上容認か! 米国「日本の半導体工場を拡張した。韓国もういらない」 終わったな… News U.S. 2019/07/03 17:47

■【韓国紙】「やはり日本は怖い」  保守速報 2019/07/03 13:55

■韓国元高位官僚「日本報復カード100件、いまその1つが出てきたばかり」 保守速報 2019/07/03 13:53

■韓国発狂 日本製品不買 日本旅行中止 日本への関税報復を求める請願 保守速報 2019/07/03 13:50

■文大統領の“真っ赤な”ウソ?から生まれた韓国軍の迷走 - zakzak
2019/07/03 13:34

■「地獄の島」は誤解 軍艦島の元島民らが韓国側に反論 - 産経ニュース 2019/07/03 08:12

■日本政府が対韓制裁関税・ビザ発給厳格化を検討していると判明 輸出規制は5月には決定されていた:U-1 NEWS 2019/07/02 20:32

■【速報】韓国政府、日本への報復リスト作成開始 | 保守速報 2019/07/02 20:22

■【韓国ホワイト除外は核兵器開発支援国への国際制裁】韓国紙「経産省の措置に続き法務省が出てくる見方。在日韓国人50万人と企業の駐在員、留学生などの滞在資格・出入国審査が厳格になると予測」 もえるあじあ(・∀・) 2019/07/02 20:01

■【パワーありすぎワロタw】韓国がホワイト除外になると→戦略物資の事業所への就職不可、先端科学分野全てから追放。例えばJAXAの韓国人研修員も帰国 もえるあじあ(・∀・) 2019/07/02 18:26

■【効きすぎワロタw】韓国人学者、国連で「徴用工差別は全くの嘘」「日韓マスコミと研究者は歴史歪曲するな」と証言する事を表明www | もえるあじあ(・∀・) 2019/07/02 18:20

■【拡散】韓国をホワイト国リストから削除するためのパブリックコメントに協力しよう! News U.S. 2019/07/02 13:41

■半導体「3~4カ月」限界 韓国紙、日本規制強化で - 産経ニュース
2019/07/02 13:27

■日本政府「韓国への禁輸措置を他品目にも広げる」 マジで終わったな… News U.S. 2019/07/02 08:14

■韓国へのフッ化水素規制は事実上の禁輸措置だった!? 90日経っても輸出許可が下りることはない?どういうこと?
News U.S. 2019/07/02 08:08

■米朝“電撃会談”全舞台裏 金正恩氏の窮地を救ったトランプ氏 孤立する韓国・文政権 - zakzak 2019/07/02 07:59

日本「対韓制裁」発動で韓国ハイテク壊滅!? 輸出規制強化でサムスン、LGなど大打撃か 専門家「日本は臨戦態勢に入った」 - zakzak 2019/07/01 19:51

韓国はWTO提訴計画、日本が半導体材料の輸出規制を強化- 記事詳細 Infoseekニュース 2019/07/01 19:46

韓国への輸出管理見直し 半導体製造品目など ホワイト国から初の除外 徴用工問題で対抗措置 - 産経ニュース 2019/07/01 19:43

■【速報】フッ化水素輸出規制で韓国パニック状態! 韓国政府「何も聞いていない」! 終わったな… News U.S. 2019/07/01 08:18

韓国はもう日本を敵国扱いしてる!? 日本は「丁寧な無視」だけでホントにいいの?  News U.S. 2019/07/01 08:04

■【速報】韓国へのフッ化水素輸出を7月から規制!? ホワイト国リストからも除外?百の報復措置が発動される?
News U.S. 2019/07/01 07:58

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-07-04 00:48 | インテリジェンス | Comments(0)

時間密度は少しずつ上昇しつつあるようだ


Stolen Child - Loreena McKennitt With Lyrics
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 午後9時の時点で、歩行数はたったの642歩。歩けない日が続くと、足先に痛みが出るようになる。危険信号だ。なんとか歩かなくては、と意を決し外に出た。雨は降っていなかった。

 いつものようにイヤフォンで音楽を聴き始めた。しかしすぐに思い直した。せっかく毎週、スカイプで英語のレッスンを受け、録音した音声ファイルをiCloud Driveに保存しているのだから、歩きながら復習しようと考えた。我ながら半歩程度は成長したと思う。

 読書課題にも朝のうちに取り組み、なるべく仕事の始業時間前には終えようと努力している。まだまだ軌道に乗ってはいないが、少しずつ改善している。
 

 英語のレッスン中は気づかなかったが、自分の話す英語を聴いて驚いてしまった。まるでネイティブのように流暢な英語で驚いたのではない。まるで失語症か認知症ではないかと思うぐらい、言葉が出てこない時間が長いのだ。あ〜、とか、う〜とか言うばかりで、言葉が出ない。話し始めても、適切な前置詞を選べず、つまり、inなのかonなのかtoなのかがが分からない。しかし、先生は辛抱強く修正してくれる。

 無理もないと思う。海外に行かなくなって、かれこれ30年近くになるのではないだろうか。完全に英語感覚が錆び付いているのを実感した。なかなか有能な先生で、レッスン中に不適切な表現をすると、正しい言い方をメモし、レッスン修了後にメールで送ってくれる。

 以前も一度ご紹介したかと思うが、どんな内容かを、ご参考まで改めて以下に最新のメモをご紹介する。

【英語の先生からの添削メモ】
  1. ころばぬさきのつえ(Better safe than sorry)
  2. そなえあればうれいなし (Better safe than sorry)
  3. “file a claim” used in more formal situations than “complain”
  4. 主観的 = subjective
  5. 客観的 = objective
  6. 運営する = manage, administer
  7. 管理する = manage
  8. ⼤⾂ = Cabinet Minister
  9. The general authorities have been, the general authority has been
  10. 有益 = benefit, profit, use (noun), beneficial, profitable, useful (adjective)
  11. 公開 = opening to the public, making available to the public
  12. To do something secretly = underground, under the table
  13. Understandable for him
  14. Pitiable is the adjective form of pity
  15. Put the name on each page
  16. The child died because its umbilical cord wrapped around its neck.
  17. ⼟⾊ = earth color, ashen
  18. 時代 = era/period
  19. 妄想 = wild idea, delusion, fantasy
  20. I hope that the will of the Lord will be revealed


 次回からは、公的な政府レベルの情報機関ではなく、企業や団体のための、民間レベルの情報機関の創設とその機能について、英語による表現を学ぶ予定だ。一体なんのために?・・・さあ、一体なんのためだろうか。依然として具体性はない。まだまだ妄想世界の中でしか存在していない、情報機関である。

 ちなみに、情報機関はIntelligence Agencyで、情報部員はIntelligence Agentだそうだ。

 改めて、一体私は何を考えているのだろうか。やはり、病的な妄想家なのかもしれない。いや、きっとそうなだろうと思う。(笑)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-07-02 00:21 | インテリジェンス | Comments(0)

少々長い記事になるが「Facebook」の話題である

Loreena McKennitt Breaking the Silence
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 いつものように、ブログ・徒然なるままにを開いた。目に飛び込んできたのは、ザッカーバーグの名前だった。Facebookの創始者といわれる人物である。記載されていたタイトルは、こうだった。

■フェースブックの内部告発者が暴くザッカーバーグの正体 : 日本や世界や宇宙の動向 2019/06/16 16:54

 元記事である「日本や世界や宇宙の動向」を開くと、冒頭には以下の記述がある。

 「フェースブックのザッカーバーグもまたユダヤ系ですが、最近、フェースブックを含むテックジャイアンツのスタッフらが反乱を起こし内部告発しています。以下の記事はフェースブックの内部告発者が暴露したザッカーバーグの正体です。とても長い記事でしたので詳細は省きました。フェースブックを日常的に使っているユーザーはご注意を!」

 続けてYouTube動画の「Facebook Insider CONFESSES ALL」(Facebookの内部関係者が全てを告発)が掲示されている。英語のナレーションで約40分の長さである。膨大な量なので、ブログ主は要約を箇条書きにして紹介掲載している。


 その前に、私自身がブログで、Facebookとザッカーバーグについて過去に言及した記事の一部をご紹介する。テックジャイアンツと呼ばれる企業群の一角を占め、中国共産党政府と連携して情報面からの世界支配を画策する、いわゆる新世界秩序・NWO(New World Order)の推進企業の1社である。

 今日の記事は、かなりの長文になってしまうが、カウンター・インテリジェンスの視点からは、一般市民にとっても重要な情報だと思うので、記録として残しておきたいと思う。以前ご紹介した、スノーデンの告発記事とも通底している。

■紹介記事1(昼寝ネコの雑記帳)
 「ある記事で、facebookの創業者はザッカーバーグというITの天才だが、全世界に拡大して登録人数が膨大になった頃、いつの間にか副社長の二人は、国家安全保障局だったかのトップが就任していると読んだことがある。さらには、アメリカの国家安全保障会議の機関がfacebookやSkypeを、とくに外国人のものはしっかりと傍受していると習った。」2015-02-07(今日はここまでにしよう)

■紹介記事2(昼寝ネコの雑記帳)
 「先日の映画『ボーン・ウルティメイタム』で、アメリカ国家安全保障局(NSA)が運営する大規模通信傍受システム、『エシュロン』のリアルな仕組みを目にしたため、正確な情報を得たいと思い、インターネット検索してみた。

 数年前、有料定期購読しているメールマガジンで、『Facebookの正体』というタイトルの記事を目にした。Facebookをハーバード大学在籍中に創設したザッカーバーグは、いわゆる天才肌の有能な学生だったようだ。しかし、登録会員数が爆発的に増大するに連れて、副社長にアメリカ政府の要職を務めた二人が就任しているという。

 インテリジェンスについて学んでいる授業で、エシュロンによる外国人の通信傍受の範囲にはgoogleもfacebookも含むと知った。もう少し詳しく知りたかったので、『NSA facebook』で複合検索した。

 その結果、NSAが傍受している、つまり通信履歴の提出を求めているといわれる企業のリストが掲載されていた。
 記事のタイトルは『国家安全保障局(NSA)がFacebookやGoogleのメール、チャット情報を監視か』で、以下の企業名と提出開始時期がリストアップされている。
・Microsoft …2007年9月
・Yahoo … 2008年3月
・Google … 2009年1月
・Facebook … 2009年6月
・PalTalk … 2009年12月
・YouTube … 2010年9月
・Skype … 2011年2月
・AOL … 2011年3月
・Apple … 2012年10月

 恥ずかしながら、ハフィントンポスト(The Haffington Post)なるデジタル新聞の存在を知らなかった。アメリカの「リベラル」なデジタル新聞を発行している企業で、朝日新聞と提携している。つまり、朝日新聞の編集方針でデジタル版記事を日本語で提供できることになる。

 朝日新聞本社の住所で検索すると、同一住所の、つまり朝日新聞社内に支局を置いている海外新聞社は、ネットでは以下のリストが掲載されてている。
・朝日新聞東京本社 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 (AFP、NYT)
・東亜日報 〒104-0045 東京都中央区築地5-3-2
・ニューヨークタイムズ東京支局 〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2

 世界的に、紙媒体の新聞は退潮の傾向にある。なのでデジタル版に進出するのは経営判断として当然だろう。同時に、他国のどの新聞社・報道機関と提携しているかを知れば、ある程度の報道姿勢が推測できる。」2015/12/28(今年最後の積み残しだった年賀状の作成を終えた)

■紹介記事3(昼寝ネコの雑記帳)
 「今日目にした記事で、Facebookの創設者であるザッカーバーグが、CEOとして健在であることを知った。そのFacebookが、ロシアそして中国との親密さを増していると受け取れる記事を読んだ。

 もう何年も前のことだが、気になる記事を目にした。Facebookの副社長二人が、・・・正式名称は自信がないが・・・アメリカ政府の国家安全保障局の局長だった人物だと、確かそのような内容だった。一般的には、家族や友人・知人同士の交流ツールとして使われているが、要注意だなと思って注視している。

 個人情報だけでなく、交流している人的ネットワークを把握され、悪用される危険性は高まっていると思っている。なりすましによる犯罪事件が発生してもおかしくない。いつでもFacebookアカウントを削除できるようにしておこうとも考えている。」2018-06-30(愚か者につける薬はないものだろうか・・・愚痴である)


 前置きが大変長くなってしまった。以下に、ブログ・日本や世界や宇宙の動向で要約されていた、内部告発オリジナル記事・動画の内容をご紹介させていただく。慎重さ、用心深さが必要な時代になっていることを、実感していただけるのではないだろうか。


【「フェースブックの内部告発者が暴くザッカーバーグの正体」要約】

 フェースブックの共同創業者兼会長兼CEOのマーク・ザッカーバーグの正体をフェースブックの内部告発者がAIMアメリカン・インテリジェンス・メディアを通して暴露しました。以下がその概要です。(長い記事ですので箇条書きにして短くまとめます。)


フェースブックの内部告発者によると:
ザッカーバーグもフェースブックのスタッフも全員が初めからユーザーを騙していた。フェースブックは、ユーザーの私生活をスパイしながら政府主導の洗脳やマインドコントロールの実験を行っている。フェースブックは基本的にCIAや軍のサバー兵器である。

現在、ザッカーバーグはフェースブックをコントロールできなくなっている。彼はフェースブックを所有したこともないし経営したこともない。
彼の頭は空っぽである。彼は、今の彼を作り上げた政府のハンドラーのオウムにすぎない。彼はマクドナルドでさえ経営できないのだから世界最強のグローバル企業など経営できるわけがない。
ザッカーバーグは子供のころからCIAのトレーニング・プログラムを受けてきた。彼の親戚の一部はこのプログラムの開発者。彼はなりたくてフェースブックのCEOになったのではない。彼はフェースブックを使って自分がなりたいと言ったなら大統領にだってなれると信じている。マインドコントロール下にある彼は現実性に欠けている。

フェースブックはグーグルと同様に軍事兵器(サイバー兵器)である。

ザッカーバーグは単なるカモである。しかし彼は、高校時代にDARPAによるTIA洗脳プログラムを受けたために冷酷で薄情で冷血で非人間的なカモとなった。彼は、コンピュータの天才(AIのサイバー神)として世界的に有名になったが、本当は無知なパペットだった。

ザッカーバーグは道徳心も良心も恥じらいもない。彼はクレイグ・リストに載っ
ている女性を追いかけ彼女らとランデブーしていた。

ザッカーバーグも彼の兄弟も従弟もみな洗脳プログラムを受けてきたため彼と同じ性質である。彼は完全に洗脳されており、支配者らの命令通りに動いている。彼は自分がどのような地位や職を与えられるかは全く分からなかった。

ザッカーバーグはハーバード大学に在籍させられたが、在籍中に巨大な地位を与えられたために大学を中退した。彼は後に大富豪となり絶大な権力を得た。
ザッカーバーグは催淫でありナルシストである。
ザッカーバーグは誰にとっても決して信頼できる男ではない。彼は女性よりも男性を好んだ。実際に、彼は女性は全員大嫌いだった。彼は自分では認めないが特に少年たちには虐待的(性的虐待)である。

ザッカーバーグは洗脳を受けてきたせいか、常にパニック発作を起こし頻繁に泣き崩れる。彼は母親が観ている前で彼等に拷問をかけられたと言っていた。母親はそれを許していた。彼はベッド・パートナーに、邪悪な連中から受けた耐えられないほどの苦痛と彼等の恐ろしい計画について語った。彼は悪夢のせいで殆ど眠ることができなかった。
ザッカーバーグは大富豪になったがそれでも恐怖心を隠すために麻薬を常習していた。フェースブックをどうやって立ち上げたかなどの質問に彼は答えられずパニックになる。彼がフェースブックを立ち上げたわけではない。彼はプログラミングにも開発にも会社の立ち上げにも社名を考えることも一切タッチしていない。彼の存在は虚構であり嘘で塗り固められている。彼を作り出したのは政府であり軍のハンドラーらである。
ハーバード大学のハッキング・システムにも彼は関わっていない。彼は単に国外の大規模プロジェクトのブローカーである。ハーバード大学長、ペイパル・マフィア、国家ベンチャー投資協会、In-Q-Tel、DARPA、NSA、CIA、DIA、そして米国の最悪の盗人たち(ジェイムズ・チャンドラー、ヒラリー・クリントン、デイビッド・カポス、ロバート・モラー、テックジャイアンツのグループはみなグルである。
グーグルの元CEOのエリック・シュミットはシリコンバレーの天才らの申し子だった。彼は、訴訟を免除される複数の企業を経営していた。なぜ訴訟が免除されるかというと、これらの企業は軍が兵器として使っており多くの邪悪なバンカーによって資金が提供されているからである。邪悪なバンカーとは、Fidelity Investment、Vanguard、T. Rowe Price、BlackRock、JPMorgan、HSBC、Accel Partners、Kleiner PerkinsそしてSilicon Valleyのベンチャーキャピタリストである。
ザッカーバーグはフェースブックの各ユーザーに被害を与える様々な種類の犯罪に関与した。大統領選でヒラリーはフェースブックを使って票数を操作しヒラリーの票数を増やした。2016年の大統領選でテックジャイアンツは多大な影響を与えた。
トランプが関与したとされるロシア疑惑は全てねつ造である。

ザッカーバーグだけでなくフェースブックのスタッフ全員が様々な犯罪に関与してきた。
フェースブックは米軍、英軍が支配しており関係者らは様々な犯罪に関与している。
犯罪に関与してきたザッカーバーグは軍のハンドラー(フェースブック立ち上げ当時からインサイダー取引をやってきた連中)によって保護されている。

納税者の血税が外国人が所有しカモが経営している民間企業に流れている。

ザッカーバーグは自分が何をやっているか全くわかっていない。彼は詐欺師である。
フェースブックを創設した目的は軍がマインドコントロールのサイバー兵器として使うためである。電子兵器によってユーザーの行動を監視、操作することでソーシャルメディア・プラットフォームがどのくらい敵(保守派、愛国者、クリスチャン、他)を制圧できるかを実験するためにフェースブックが作り上げられた。ザッカーバーグは全米の大学生にフェースブックを利用させ彼等全員をマインドコントロールさせたいと思っている。
グーグル、Gメール、フェースブック、その他のソーシャルメディアのフリー・プラットフォームはユーザーを騙しながらマインドコントロールの実験を行ってきた。フェースブックを創設した目的はこのような意図があったからである。
DARPAが作り出したインターネットを利用している人はみなサイバーテロリストとして見られている。そしてインターネットは軍がユーザーを監視し狙い武装解除させリモートコントロールするためのツールである。
ザッカーバーグは彼の支配者の言葉の一つ一つを信じている。彼は彼の支配者の命令通りに動いている。

ザッカーバーグは整理整頓が全くできず頭が混乱しているため、学校の宿題も勉強もできず、会社のプロジェクト作業も何もできなかった。そのため、彼がめちゃくちゃにしてしまったプロジェクトを誰かが整理しなければならなかった。彼の取り巻き(魂が抜けている人間)はハンドラーが彼を支配しやすいように手助けしていた。

もはやザッカーバーグとフェースブックをもとの状態に戻すことはできない。

元々のフェースブックの幹部らとフェースブックの関係者らは秘密を洩らさないよう巨額の賄賂をもらった。CIAはフェースブックの関係者らと秘密協定を結んだが、フェースブックの関係者らはザッカーバーグに背を向け始めている。

フェースブックの理事会は彼を解雇したい。彼のイギリスの支配者らは、リチャード・アレン男爵を米国に送り込み彼を操らせようとしたが失敗した。イギリスの副首相まで米国に送り込み、彼を黙らせようとしたが失敗した。フェースブックが大損害を被った彼のバカな行動は誰にも止められない。

彼はハーバード大学を中退したと言われているが実際は彼があまりにも無能なため退学させられた。

彼はフェースブックは民主党のグローバリズム・アジェンダのツールであることを暴露してしまった。

彼は何年も前から米国内に友人は一人もいなくなっている。彼は米国が大嫌いであり、彼は米国民なのに納税を逃れていることを誇りにしている。彼は米国民を動物とみている。フェースブックのCEOになったザッカーバーグは、自分は誰よりも位が高く(人間を超えた存在)特別な人間であると信じている。

どのソーシャル・メディアも米国民及び世界の人々の敵である。

彼は政府のプログラミング下にあったため、試験や面接を受けずに自動的にハーバード大学に入った。ハーバード大学は彼を欲しかった。彼はハーバード大学の命令通りに動いていた。

ハーバード大学が政府と連携してソーシャ・メディアのフェースブックを作った本当の目的は世界中の人々を支配し操作するためである。

以下省略/引用終了


 以上で本日の記事を終わらせていただく。明らかに情報戦争が繰り広げられている現在、主要メディアを支配下に治めてのプロパガンダ活動も、活況を呈している。安易に便利さに惹かれて、情報戦争の犠牲者にならないためにも、私たち一人一人が賢明な選択をすべきときだと、自覚する必要があるのではないだろうか。

【基本資料】
日本や世界や宇宙の動向
 「フェースブックの内部告発者が暴くザッカーバーグの正体」

徒然なるままに
 フェースブックの内部告発者が暴くザッカーバーグの正体 : 日本や世界や宇宙の動向 2019/06/16 16:54

■YouTube動画の紹介(英文)⇒要コピペ
https://www.youtube.com/watch?time_continue=1014&v=2bFMT21mY3E
Facebook Insider CONFESSES ALL

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-06-17 00:31 | インテリジェンス | Comments(4)

ボニージャックス+大庭照子 昭和の心・日本の心

ちいさい秋みつけた/ボニージャックス 《1962年版》
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 中野で行われたコンサートに行ってきた。午後2時開演で、休憩時間をはさみ2時間のステージだった。

 私のような音楽的偏食人間でも、ボニージャックス、ダークダックス、スリーグレイセスの名前は良く知っている。

 今日のステージは、ボニージャックスがゲストに大庭照子さんを迎えてのコンサートだった。1曲終わる毎に、次の曲の紹介をする。説明の言葉が出てこなくなり、観客の笑いを誘うシーンが何度かあった。ほとんどが、昭和の重要な出来事に合わせて背景事情も聞くことができた。

 ボニージャックスは結成から60周年を迎えたそうだ。オリジナルメンバーは80歳を超えていることになり、文字通り昭和の生き証人である。

 第1部と第2部には、ゲストで大庭照子さんが登場した。クラシックの声楽家を目指していたが、途中からシャンソン歌手に転向し、今では童謡の普及にも力を入れている方だ。なかなかトークもしっかりしており、ボニージャックスから、どちらが主催者だか分からなくなった、という言葉も出るほどだった。
 
 ボニージャックスは男声コーラスで、聴いた感じではテノール二人とバリトン、バスのようだ。とてもきれいなハーモニーで年輪を感じた。今日は文部省唱歌など、日本の、しかも昭和の歌のメドレーだった。他のジャンルも聴いてみたくなった。

 スィングル・シンガーズ、ダブル・シックス・オブ・パリス、マンハッタン・トランスファーなどは、いずれも混声合唱だが、男声コーラスもなかなかいい感じだった。

 歌の説明の最中に、かつての国内の大災害に触れ、「何かあると、日本はひとつの家族にまとまります」という言葉が何度も出てきた。印象的だった。日本の良さ、日本の歴史的伝統、日本人の気概というものを、改めて見直すいい機会だった。

 
 ゲストの大庭照子さんのことは、過去に一度ご紹介させていただいたことがある。

珍しく、横浜関内までコンサートに出かけた】
 (2019年2月4日)

 大庭照子さんは、日本国際童謡館の髙田真理理事長と二人三脚で、とても精力的に活動されている。引きこもり同然の私にとっては、頭の下がる思いだ。大庭照子さんと日本国際童謡館の活動予定などを、以下にご紹介させていただく。

 改めて、子どもたちには、和の心の原点とも感じる童謡の世界に足を踏み入れてほしいものだと感じている。人間は、年齢と共に現実世界や財力・地位・名声などが視野を占領するようになるのが一般的だ。勿論、それらはあるにこしたことはない。しかし、人間にとって最も大切な基本的な資質は、何歳になっても、またどのような境遇になっても、心のひだに刻まれている感性や慈愛であることに気づく人は、そんなに多くはないような気がする。旧約時代から約3千年を生きてきた・・・と妄想している私にとっての確信である。

 現代、すなわち終わりの時い生きる人たちは、善き言葉、善き思い、善き感性に対する飢餓感が募って来ているように感じる。私自身はこれからも、微力ながら、善きこと、善き知らせをお伝えできればと考えている。


【日本国際童謡館の活動予定】

・阿蘇からの風 熊本地震復興祈念 
 童話の日記念コンサート
 出演 大庭照子 髙田真理
 2019年6月12日(水)開場13:30 開演14:00
 会場 めぐろパーシモンホール小ホール
 入場料(一般)2,500円 サポート会員2,000円
 主催 NPO法人日本国際童謡館
 問い合わせ先 NPO法人日本国際童謡館
  電話・045-562-1950 メール・info@doyokan.net

・阿蘇からの風 童話の日コンサート
 2019年7月1日(月)開場13:30 開演14:00
 出演 大庭照子 髙田真理
 ゲスト Fairy Flower 親子デュオ・大澤ファミリー
     かなりやとうばん 高峯紀子 馬場千年
 会場 関内ホール小ホール
 入場料(一般)2,000円 サポート会員1,000円
 主催 NPO法人日本国際童謡館
 問い合わせ先 NPO法人日本国際童謡館
  電話・045-562-1950 メール・info@doyokan.net

・阿蘇からの風 津久井やまゆり園に思いをよせて
  大庭照子「哀しみを力に」をうたう
 2019年7月12日(月)開場13:30 開演14:00
 出演 大庭照子 髙田真理
 特別ゲスト 浅野史郎/元・宮城県知事
 会場 横浜市栄公会堂
 入場料無料・整理券必要
 主催 NPO法人日本国際童謡館
 問い合わせ先 NPO法人日本国際童謡館
  電話・045-562-1950 メール・info@doyokan.net

・童謡サミット in Hawaii
 常夏のハワイであなたの童謡を披露しませんか
 2020年4月9日(水)〜4月14日{火}
 旅行代金 193,000円(別途費用は要問い合わせ)
 宿泊 シェラトン・プリンセス・カイウラニ・ホテル
 主催 NPO法人日本国際童謡館
 旅行問い合わせ先 (株)日放ツーリスト
  03-3481-7666・電話 担当 井手、對比地

・NPO法人日本国際童謡館のご案内
 将来展望
  -童謡歌唱コンクールおよび赤い鳥フェスタ復活
  -熊本県山都町に童謡館復活
  -両国国技館での童謡フェスティバル開催
 所在 221-0061 神奈川県横浜市
    港北区日吉2-4-16-502
 電話・045-562-1950 FAX 045-562-1951
     メール・info@doyokan.net
 

【小さな木の実】Wikipediaから抜粋

 「小さな木の実」(ちいさなこのみ)は、日本の歌。作詞は海野洋司、原曲の作曲者はジョルジュ・ビゼー、編曲は石川皓也による。1971年、NHKの番組『みんなのうた』で、大庭照子の歌により発表された。

・歌詞
 少年を主人公にして、その父親との関係を表現した歌詞となっている。秋の日に少年は、かつて父親と一緒に拾った木の実を手に持って、草原を走り抜ける。その時少年は、父親が昔語ってくれた言葉を思い出す。 
 歌詞は海野洋司が1969年に作成した「草原の秋」と題する詩が元になっている。海野は長男が生まれたのを記念してこの詩を作成した。しかしこの詩は作成されたときには発表されることはなく、「小さな木の実」として書きなおされるまで海野の引き出しの中に入れられたままとなっていた

・曲
 ビゼーによる歌劇「美しきパースの娘」の中の「セレナード」を元に、石川皓也が作り変えたものである。8小節のメロディーを4つ組み合わせて32小節の曲となっている。元々の「セレナード」は、その8小節の最後の小節が4つすべて同じメロディーになっている。このことに違和感を覚えた石川は、この箇所のメロディーに変化をつけ、さらに他の箇所にも手を加え、最終的に32小節中11小節を変更して、「小さな木の実」のメロディーとした。

・背景
 大庭は1968年に歌手としてデビューしたが、歌う場所はクラブやキャバレー、レストランなどに限られていた。大庭は、これは自分の思う歌手への道とは異なっていると感じ、1971年に所属事務所を辞めた。
 大庭は、自分はあまりテレビで歌うには向いていないと感じていたため、顔の出ない『みんなのうた』が自分に合っていると思った。そして出演を目指して、事務所時代のマネージャーからのつてをたどって、NHKの番組ディレクターである若林尚司のもとを何度も訪れた。その結果、大庭は1971年、「詩人が死んだとき」でみんなのうた出演を果たした。
 「詩人が死んだとき」の評判は上々で、その月に放送されたみんなのうたの中では最も反響が大きかった[6]。しかし「詩人が死んだとき」は大庭以前に越路吹雪や中原美紗緒によって歌われていたため、大庭はこの曲を自分自身の歌にすることは出来ないと思った。そして、自分がオリジナルとなるような歌との出会いを求め、NHKへの来訪を続けた。
一方、若林は「詩人が死んだとき」の評判を受けて、今度も大庭を起用してヒット曲を生み出そうと、新曲の構想を練った。

小さな木の実 - 大庭照子

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-06-12 03:34 | インテリジェンス | Comments(0)

何日続くか分からないが、少しだけ優等生気分である

"Barco quieto" - Julia Zenko - HDfull
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日は事情があり、始業時間前から行動を開始した。私にとっては、いつもより数時間ほど早く一日が始まった。それなりに忙しかったのだが、一日がとても長く感じている。心なしか頭が冴え、なんの脈絡もなくいろいろな閃きがあったので、行動に移した。悶々として入口でウロウロしていた自治体攻略作戦も、割と具体的なイメージが浮かんだ。

 現在、午後7時30分である。ブログの書き始めも、いつもより5時間程度は早いのではないだろうか。この調子で、早寝の習慣が身につくと、健康状態が改善され、100歳まで生きられるのではないだろうか。(笑)

 まだたった一日のことではあるが、戦略的な思考の感度が高まったような印象がある。実に単細胞の私でる。

 既存の常識的なセオリーを外れるものの、良く考えるなら、かなり先の状況の変化を見越しているかのような行動に出た。詳細は明かせないが、既存の組織論でいうと、明らかにタブーの情報漏洩である。もちろん、私自身の私的な利益や目的のためではない。公益を重視しての行動である。


 ・・・ここでブログを一時中断させていただく。デスク周りに積み上がっている紙類を整理するため、プラスチック製のケースを買いに行きたいのだが、無印良品の閉店まで30分となったため、外出させていただく。


 ・・・帰宅した。最終的に、イトーヨーカドーで、希望のサイズの物を見つけたので、5個購入してきた。以前は地下1階の売り場にあったのだが、今は2階の女性用下着売り場の奥に陳列されている。


 私には予知能力などの持ち合わせはない。しかし、ますます追いつめられつつある韓国と北朝鮮。さらには、後ろ盾として控えていたかに見えた中国自体も、基幹産業や国家財政に黄色信号が灯っているようだ。

 窮鼠猫を噛む、ではないが、追いつめられた国々が秘密裡に、日本国内で破壊工作を行い、日本国内を混乱に陥れるという選択をする懸念はないだろうか。それとも潔く、座して死を待つだろうか。

 何度も書いているように、私はスパイ映画ばかり観ている人間であり、ロマンチックな恋愛映画なんて、ここ数十年観た記憶が無い。そんな私なので、世の中の緊張度が増すと、どうしても映画のシナリオのように、これからの展開をあれこれ想像してしまう。

 何年も前のことなので記憶が薄れてはいるが、日本人の大学の先生が、偶然、中国人民解放軍による日本侵攻作戦の計画書なるものを見つけたそうだ。中国のみならず、日本を射程に入れたミサイルを多数保有する北朝鮮、竹島を不法に占拠している韓国のいずれも、国家破綻の瀬戸際まで追いつめられたら、どのような行動に出るだろうか。

 あれこれ想像したシナリオは描けるが、それよりも、混乱した日本国内情勢を想定した自己防御の戦略を考えるべきだというのが、私のお勧めする思考法である。

 敵国の工作員が鉄道や高速道路を分断破壊し、物流網を機能不全にするのは想定すべきことだろう。そうなると、スーパーやコンビニの棚からは食料品と飲料水が、あっという間に消えてしまう。次は卓上コンロなどの燃料、そして乾電池類である。スペースと予算の許す限り、食料品と飲料水は最優先で備蓄するようお勧めする。

 しかし、食品テロの危険性は常に懸念している。私は、日本を敵視している国や企業が生産加工している食品は、その意味で普段から避けるようにしている。同様の理由で、そのような国で生産加工された食品を輸入し、店頭販売しているスーパーには、足を踏み入れないようにしている。

 当然、発電所や送電線も狙われるだろう。停電を想定し、さらにはガスの供給も止まることを想定すべきだ。水道に関していえば、貯水・水源施設への毒物投与が懸念される。

 停電すれば、携帯電話などの端末に充電ができなくなる。インターネットからの最新情報も取得できなくなってしまう。懐中電灯なら、繰り返し充電できる乾電池を相当量、充電して持っていればいいだろう。しかし、携帯電話やiPadなどの端末は電池では作動しない。USB充電池が必需品となる。少し大型の充電バッテリーを確保し、常時フル充電しておけば、一定期間の情報収集はできるだろう。

 もう一点、情報源を普段から選定する習慣を身につけることだ。敵国の侵攻や支配は、常識的に考えていきなり武力には訴えない。ますは、報道機関を籠絡して実質的な支配下に置く。そして自国に不利な情報は発信させず、逆に、誤った情報で恣意的な方向に誘導し、警戒心を抱かせず油断させる。それが、プロパガンダ活動の基本であり目的であることを理解すれば、日本国民を誤誘導していると思われるマスメディアは、視野に入れないことだ。


 いつどこで、何が起きるかを予測するのは困難である。しかし、様々な混乱を冷静に想像し自分に必要な備え、備蓄を行うことが最も重要なことだと考えているし、周りの皆さんにもお勧めしたい。

 何年もかけて、あれこれ考えているファミリー・インテリジェンスの基本軸でもある。

 あらら、今日はいつの間にかすっかりテンションが上がってしまった。私たちが営業に力を入れている名入り絵本には、絵本を受け取られたご家庭のために有益な情報を提供する、このファミリー・インテリジェンスサービスが付加価値としてセットになる。何年も何年も、このファミリー・インテリジェンスという概念の具体化に取り組んできたが、ようやく舞台上に登場させようとしている。苦節10年近くになるのではないだろうか。

 さて、まだ昨日の読書課題が達成できていない、これから二日分に取り組むことになる。気力は十分である。

 午後11時を回ったが、私としてはまだ早い方で、かろうじて夜更かしをしない=優等生のまま一日を終えられそうである。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する
 

by hirune-neko | 2019-05-27 23:28 | インテリジェンス | Comments(0)

ようやく映画「スノーデン」を見終えた

Gary's Theme - Bill Evans
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今ひとつ集中力に欠け、脳内疲労を感じたので、無理せずに仕事を中断した。まずは将棋ソフトのぴよ将棋の初段と対戦した。何度か負けているが、今日はじっくり考えたので、なんとか勝つことができた。

 いつもなら、対戦後は頭の中がすっきりするのだが、今日はどうも不調から抜け出せなかった。そこで、Amazonのプライムビデオでいつでも観られるようにしている映画から、「スノーデン」を選び、観ることにした。

 スノーデンの名前を初めて知ったのは、もう4〜5年前だろか。

 ずっと独学で「インテリジェンス」を勉強していたが、独学に限界を感じていたある日、防衛研究所の主任研究員だった方に、それまで購入していた(読んだのではなく積ん読状態だった)、書籍のリストを送り、助言をお願いした。返信メールには、国家安全保障に偏りすぎている、という意見と一緒に、何冊かの書籍の推薦リストが掲載されていた。その中の1冊が、「暴露:スノーデンが私に託したファイル」だった。せっかくなので、購入したが読んでいなかった。

 当時、その主任研究員の方が、防衛大学と青山学院大学大学院(修士課程)の両方で、「インテリジェンス」を教えていると聞き、青学で学ばせてもらった。その授業で、改めてスノーデンの取った行動について詳しく学んだ。

 アメリカでは、NSA(国家安全保障局)が運用する、エシュロン(大規模通信傍受システム)が、世界中だけでなく、法律で禁じられていた自国民の盗聴も行っていた。それを知ったスノーデンが、正義感から政府の行っている内容を暴露・公開した・・・ざっと、そのような内容だった。

 スノーデンはその後、ロシア政府に保護され、3年間の居住を認められたそうだが、今現在の動向までは把握していない。
 
 その後しばらくして、Amazonのプライムビデオで、「スノーデン」という映画のタイトルを見つけた。最初の少しを観たが、エンターテイメント性に欠ける、と感じたのか、中断したままになっていた。

 ただ、NSAやかエシュロンの名前が頻繁に出て来るので、今日は改めてちゃんと観ようという気になった。映画の概要については、以下のように書かれている。

 「2004年、9.11後の対テロ戦争を進める祖国アメリカに貢献したいと考えて軍に志願入隊したスノーデンが、足に大怪我を負って除隊を余儀なくされる。失意のさなかCIAに採用された彼は、持ち前のずば抜けたコンピュータの知識を教官に認められ、2007年にスイス・ジュネーヴへ派遣された。そこで目の当たりにしたのは、アメリカ政府が対テロ諜報活動の名のもと、世界中のメール、チャット、SNSを監視し、膨大な情報を収集している実態だった。やがてNSAのスタッフとして東京の横田基地、ハワイのCIA工作センターへと赴任し、民主主義と個人の自由を揺るがす政府への不信をいっそう募らせたスノーデンは、恋人のリンゼイをハワイの自宅に残し、命がけの告発に踏みきるのだった…。」

 面白さだけを求めたら、ちょっと退屈かもしれないが、監督はオリバー・ストーンである。スノーデン役の男優は、名前すら知らなかったが、内面の葛藤をよく表現し、好演していたと思う。他の出演者も、さすがにプロの俳優で、政治家、軍人、ジャーナリストになりきっていたと思う。

 調べたら、スノーデン関連の書籍は6冊ほど刊行されているようだ。まだどれも読んでいないのでコメントは控えるが、ただ、テーマがテーマだけに共謀罪やスパイ防止法に反対の人たちは、それぞれの立場で都合良く、スノーデンの告発を、利用しているのではないだろうか。

 映画を見終えて感じたことがある。仕事も人生も目先の価値だけを視野に入れ、追い求める方が分かりやすい。しかし、私たちは複雑に異なるベクトルの歯車に囲まれている。昨今は、集客や売り上げ増大などをテーマにした、様々な手法が紹介されている。

 完全に言い訳になってしまうが、私自身は、目に見えにくくはあるものの、社会の変化や価値観の変動を感知し、その延長線上に、経年による劣化が起きにくい構造物を構築したいと願っている。そのため、要所要所ではなるべく深く考えて、判断しようとしている。将棋に求められる「読みの深さ」と、相通ずる部分だと思う。それが、何かと時間がかかっている唯一の理由である。

 以下はスノーデン関連の参考資料である。現在確認できた単行本6冊と、最後に日本語による映画の予告編をご紹介する。

【スノーデン関連書籍】
c0115242_00051404.jpg
  1. 暴露:スノーデンが私に託したファイル
  グレン・グリーンウォルド, 田口俊樹他 | 2014/5/14

  1. スノーデン 監視大国 日本を語る (集英社新書)
  エドワード・スノーデン , 国谷 裕子他 | 2018/8/17

  1. スノーデン 日本への警告 (集英社新書)
  エドワード・スノーデン , 青木 理他 | 2017/4/14

  1. スノーデンファイル 地球上で最も追われている男の真実
  ルーク・ハーディング Luke Harding、 三木俊哉 | 2014/5/16

  1. スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録
小笠原 みどり | 2016/12/2

  1. スノーデンが語る「共謀罪」後の日本――大量監視社会に抗するために (岩波ブックレット)

【映画・スノーデンの予告編】
スノーデン(字幕版)(予告編)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-05-21 00:09 | インテリジェンス | Comments(0)

緊張が高まる予測記事をご紹介する

Reflections in D • Bill Evans
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 朝鮮半島情勢の緊張度が高まっており、確実に飽和点に近づいているという意見に、異論を挟む人は少ないのではないだろうか。

 いろいろな立場の人たちが、それぞれの視点で分析し予測を述べている。私自身は、公開情報を読んで判断する立場なので、参考にさせていただいている。

 朝鮮半島を挟んで、少なくとも日・米・露・中各国が、水面下で様々な戦略を練っていることだろう。授業で習った言葉を思い出す。誰も、一国の統治者の頭の中を覗き見ることはできない、という表現だった。

 しかし、いろいろな視点からの分析情報を集め、参考にすることは有益だと思っている。

 今日、メールで配信されてきたMAG2NEWSのタイトルを一瞥して、ぎょっとした。以下の内容だった。

【韓国で「クーデター」の声も。朝鮮半島を襲う「End Games」の結末】

 私自身、自分のブログ記事で過去に何度か、韓国および北朝鮮のクーデターに関する可能性を述べたことがある。しかし、改めてこのような記事を目にすると、朝鮮半島両国内での異変が、現実のものとなるような気がする。

 少々長い文章ではあるが、島田久仁彦(国際交渉人)さんが書かれた、この記事を参考資料としてお読みになり、朝鮮半島情勢理解の一助とされてはいかがだろうか。

【記事の転載開始】
c0115242_00484225.jpg
韓国で「クーデター」の声も。朝鮮半島を襲う「End Games」の結末
MAG2NEWS
https://www.mag2.com/p/news/394614?utm_medium=email&utm_source=mag_W000000125_tue&utm_campaign=mag_9999_0423

 物別れに終わった第2回米朝首脳会談以降、在韓米軍では編成の大転換が静かに進んでいるようです。その意味を「朝鮮半島を舞台にしたEnd games」だと読み解くのは、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者であり、数々の国際舞台で交渉人を務めた島田久仁彦さんです。島田さんは軍事面だけでなく、経済面でも始まった「韓国からの撤退」は、噂される「クーデター」への備えでもあると指摘。北朝鮮も含む朝鮮半島の動向を注視しています。

■アメリカと周辺国が仕掛ける朝鮮半島を襲う“End Games”

 国際的な時事問題を見る際、面白いことにどこの大陸のニュースでも、必ずアメリカが何らかの形で絡んでいます。それは、世界全ての大陸に展開し、そしてすべての海に軍事的な拠点を持つアメリカ軍のグローバルパワーとしての証なのですが、最近、その展開にも変化の兆しが見えてきました。

 例えば、あまり日本では報道されないリビアでのトリポリの暫定政府とベンガジの軍事勢力との直接対決のニュースでは、直接その“闘い”に関連しているわけではないですが、【アフリカに駐留するアメリカ軍関係者】の存在が明らかになりました。

 このケースでは「事態は非常に危険を極めているので、リビアおよび周辺からの撤退を始めた」という内容ですが、「彼らは一体、リビアで何をしているのか?」という疑問を抱きました。結局は、ISISが北アフリカ地域で展開する企みに対する“重し”だそうですが、確実に米軍の世界展開のバランスが変わってきている一例です。

 そして、そのバランスの変化が最近、静かに進められているのが、朝鮮半島での米軍に関わる事態の変化です。在韓米軍の存在は広く知られていますが(とはいえ、実は、ソウルの地図には基地の存在は記されていませんが)、アメリカの対北朝鮮戦略の変化と、アジア太平洋地域におけるプレゼンスに占める沖縄米軍基地の戦略的重要性が高まっていることなどを受け、在韓米軍の“中身(構成)”が変えられてきています。その一例は、最新鋭の無人偵察機が沖縄および日本の基地に移動していることでしょうか。そして戦略を担う本部機能も厚木に移されています。

 なぜ、今、このような大転換が行われているのでしょうか。関係者に理由を聞いても、うまく答えを濁すのですが、ニュアンス的には「アメリカの韓国離れ」、「朝鮮半島の重要性のグレードダウン」というように読みとけます。同時にある友人の表現を借りれば、朝鮮半島を舞台にしたEnd gamesということです。

 End Gamesとはどのような内容を指すのでしょうか?1つ目は、すでに述べている米国の韓国離れです。それは第1回目の米朝首脳会談後から進んでいたようですが、加速し、不可逆的になったのが第2回目の米朝首脳会談直後からのようです。

 第2回米朝首脳会談が物別れに終わった理由は、いろいろな形で語られていますが、大きな要因の1つが、韓国の文政権のアメリカと国際社会への『裏切り行為』だとされています。その内容は、国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を無視する形で北朝鮮に対して瀬どり行為をしていたことに始まり、文大統領がはしゃぎ過ぎて、米国からの再三のストップ要請にも関わらず、独自に海外を回り、ローマ法王にまで訪朝を促すなど、完全に欧米諸国をあきれさせたことにあります。

 第2回米朝首脳会談の“成功”を信じて、いろいろと水面下で北朝鮮に“空約束”をしていたようですが、会談が“失敗”に終わったことを受け、完全に国際社会では四面楚歌の状況になりました。それを受けて、韓国国内でもバッシングが激化し、今や政権内部でも「現政権に対するクーデターやむなし!」という声が上がってきているようです。
今回のアジア太平洋地域での米軍展開の大転換の背景には、この“クーデター”に巻き込まれたくないとの思いもあるのでしょう。実際に駐韓米国大使が、トランプ大統領に進言し、軍の再編成と韓国からの撤退開始を勧めているようです。

 2つ目は、韓国をターゲットとした経済的なEnd Gameです。こちらについては、「不穏な動きを感じて…」ということで、アメリカのビジネスが最近、次々と韓国から撤退するか、規模を大幅に縮小していること(ほとんどが撤退前の処理のための部隊が残っているのみ)から読み解けます。

 そして同じ動きが日本、中国、ロシアのビジネスにも見られるようになってきました。次々と韓国企業とのパートナーシップを切り、投資を引き上げる動きに出ています。日本の報道では、徴用工問題を始めとする日本に対する挑発を受けて、ついに!といった感じで伝えられていますが、ロシア企業も、どこにでも進出していくといわれる中国の資本も相次いで韓国離れを進めています。

 その煽りでしょうか。世界に誇る(!?)韓国企業サムソンの業績も大幅に悪化しているようです。また韓国離れは、中国、アメリカ、ロシア、そして欧州各国の国内・域内市場でも進んでいるようで、事態は深刻だと思われます。

 その影響を受けて、韓国ウォンに対する“攻撃”も活発化しています。「攻撃」というとアクティブなイメージを与えてしまうかもしれませんが、どちらかというと、「一切のコミットメントを絶つ」というように表現したほうが実情にあうかもしれません。

 日本の報道でも伝えられる円とウォンの緊急時のスワップ協定も延長されないことになりましたが、同じことは、米ドルや中国元との間でも起きているようです。“離れ”というよりは、もしかしたら“ネガティブな包囲網”でしょうか。

 国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁委員会のあるメンバーの表現を借りれば、「対韓国の経済制裁」と言えるのではないかとさえ思います。それは、「恐らく、瀬どり行為をはじめとする対北朝鮮経済制裁違反に対する報復・戒め」との見方もできるでしょう。

 ソウルの情報筋によると、「その元凶は文政権であり、そのために国内でクーデターの声が公然と出てきているのではないか」とのことでした。実際にこの「クーデター」に関する声が届いているのでしょうか。ここ数週間、韓国各地での治安部隊の活動が活発化していると言われており、それがどのような方向に発展するのか、とても気をもんでいるところです。

 そして3つ目は、やはり北朝鮮をターゲットとしたEnd Gameです。こちらは軍事面と国の存亡という両面で語られています。

 軍事面については、以前より何度か触れている「アメリカによる北朝鮮攻撃」の可能性です。これについては、ロシアゲートを巡る疑惑が一応米国内で“一段落”したこともあり、時期的には少し遅れたかもしれません。とはいえ、全くなくなってはいません。

 これは、1つ目のポイントにも、そして2つ目のポイントにも繋がるのですが、基本的に、朝鮮半島から一旦“アメリカ”は撤退し、負の影響を最小限に抑えたいとの思惑が透けて見えます。

 アメリカが北朝鮮を攻撃することを計画する際に、必ず語られるのは「北朝鮮から同盟国韓国への報復攻撃」の脅威でしたが、トランプ政権下ではすでにその“脅威”は意思決定の場から外されているようで、今後の北朝鮮の出方次第では、踏みとどまることはない、との意思があるように見えます。

 それが可能になるのは、同じく以前から語られていた「中国の参戦の可能性(北朝鮮側に立っての参戦)」がほぼゼロであると思われるからです。その理由については、これまでに何度も書いていますので、ここでは再び述べませんが、アメリカが軍事作戦に出るためのハードルは、過去に例をみないほど、低くなっているといえます。

 そしてもう1つは、決して終わることのない経済制裁が北朝鮮経済にとどめを刺す可能性です。すでにお話したとおり、どうも韓国による裏切り行為はあるようなのですが、北朝鮮の後ろ盾となっている中国もロシアも対北朝鮮の経済制裁については、国際社会と足並みを揃え、過去のケースとは一線を画す結果になってきています。

 もちろん、北朝鮮の状況が悪化していると伝えられる度、人道的な見地から「人道支援を実施するべきではないか」との声は必ず挙がるかと思いますが、それをもしかつての様に北朝鮮が拒むようなことがあれば、それこそ本当にend gameになってしまいます。

 そして、これまで軍事的な面でも協力しており、経済制裁下の共通の立場へのシンパシーからイランからの支援がある、と言われてきましたが、そのイランも、トランプ大統領から標的にされたことで、恐らく自国の経済を防衛することに必死で、北朝鮮にまで手は届かないでしょう。

 多面的にKorean Peninsulaへの締め付け、End gameが進められている様子が垣間見られたかもしれません。

 では、日本は? メディアや一部のグループからは「近々北朝鮮からSOSが寄せられた際、見放さないことで拉致被害者の問題が好転するのではないか」との論調が挙がっていますが、残念ながら、仮に助けたとしても期待するような結果はもたらされないと見ています。

 しかし、その“期待の表れ”なのか、金正恩氏への秋波なのでしょうか。日本政府は今年3月、昨年まで11年間続けた国連人権理事会での対北朝鮮非難決議案の共同提出を見送り、拉致問題を巡る北朝鮮との対話実現へ一定の融和姿勢も示しています。 ですが、それが本当に正しい道なのか、様々な状況、特に周辺国および国際社会が進んでいる方向に鑑み、対処方針を再考してみることも必要ではないでしょうか。

 今は、対北朝鮮制裁については国際社会と歩調を合わせて厳格に実施し、拉致被害者の問題については声を挙げ続け、その上で、すでに動き出しているEnd gamesの帰結に備えておくべきではないかと私は考えてみます。
皆さんはどうお考えになるでしょうか?

■島田久仁彦(国際交渉人)
 世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。
【記事の転載終了】


 長文をお読みになり、お疲れと思うが、改めて食料品、医薬品、予備電源などの備蓄をお勧めする。ご自宅の敷地内に露出した「地面」がおありになるか、何個かのプランターを設置するスペースをお持ちの方は、野菜の種子も備蓄されることをお勧めする。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-04-24 01:00 | インテリジェンス | Comments(2)

余命三年時事日記が再開された

Celos - A. Piazzolla
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 昨日、知人から余命ブログ(余命三年時事日記)が再開されたという知らせが届いた。毎日数回訪問していたが、いつも空振りで、長い沈黙だった。

 私自身は、初代かず先生存命中に、このブログを知った。当時は「余命3年時事日記」だったが、亡くなられて余名2代目から「余命三年時事日記」と改称されたように記憶している。

 余命初代の記述の随所に、トラブルを避けるための表現上の苦心が綴られていた。つままり、記事内容を疎ましく思う勢力の目に留まらないよう、気をつけていたようだ。

 一般のメディアが報じない、希少性の高い情報が発信され、読者に対して保存するよう勧めていた。私は素直にその助言に従い、2012年08月16日の最初の記事から、PDFファイルとして加工・保存するようになった。
 しかし、札幌に独り住まいだった老母の遠距離介護が始まったが、次第に健康状態が悪化し、短期間で他界したため、その後始末もかさなって、2016年11月4日の記事を最後に、加工が滞っている。
 その後、昨年の6月に、evernoteに記事をひとつずつクリップし、いずれ加工しようと思ったのだが、まだまだ追いついていない。

 今般再開された余命ブログを閲覧したが、最新記事が並ぶだけで、過去記事が見当たらなかった。手間のかかることだと思うので、今後過去記事を再度掲載する予定があるかどうか、質問メールを送った。

 余命ブログ再開を知らせてくれた知人に、その話をしたところ、ミラーサイトで全記事を閲覧できると、そのURLを送ってくれた。私はミラーサイトには訪れたことがないので、盲点だった。まだまだ自分の仕事に追われ
、全余命記事の資料化に追いつけるメドは立っていないが、いずれ完成させたいと思っている。

 記念すべき、余命初代の最初の記事を、以下に掲載させていただく。オリジナルをそのままコピーしたはずなのだが、ちょっと不安な部分があることをお断りする。

【余命初代 かず先生の最初の記事】
(余命3年時事日記より 余命3年と宣告されて...)

 余命3年と宣告されて1年が過ぎた。ほぼ同時期に同様の病に倒れた友人3名は闘病むなしく余命3年を全うできずに世を去った。小生も残る時間はいくらもないと思うが約70年の人生経験を一人でも多くの次世代に伝えるべく我が一族郎党32名の声と情報を併せて発信することとした。よってブログの更新が止まったときはそういうことかとご理解いただきたく思う。

 情報ソースのかなりの部分は小生と父母の実経験による。残る部分の大半も一族の信頼できる情報による。ここに、ねつ造や虚偽の恐れはない。

 ここで小生の一族郎党について触れておきたいと思う。但しプライバシーに関することなのでこの部分は数字等に多少偽りがあることをお許しいただきたい。

 父は満州生まれ満州育ちで、ロシア語の会話はもちろん読み書き自在である。母は数年前に亡くなったが生まれソウル育ちで朝鮮語と中国語ができた。叔父姪は、カナダに在住である。

 は、、、自営業さまざまであるが政治家だけはいない。それと以下18人の達だ。記事のテーマは多岐にわたり分けが難しいので思いついたものから送稿する。

 尚、万一の煩わしさを避けるためコメント類は受け付けない設定にしてあります。お許しください。以下次回。 2012-08-16 09:50


 2012年当時は、ひっそりと目立たないように情報発信していたが、現在ではすっかり話題になっている、弁護士への懲戒請求に絡み、NHKが特集番組を組むなど、すっかりその存在が公になってしまっている。

 いろいろ調べたのだろうが、NHK報道部の記者が、突然弊社に来訪し「昼寝ネコさんですか?」と質問され、驚いた。番組「クローズアップ現代」放送の前のことだ。もし私が余命ブログを否定的に評価し、懲戒請求に加わったが後悔・反省し、当該弁護士と和解した・・・という状況だったら、おそらくは追加の取材を行い、番組に登場させようと考えていたのだろう。

 しかし、彼等の期待に反し、私は余命ブログが資料性の高いブログであるとの評価を述べた。ヘイトデモに関する質問も受けたが、明確に持論を述べた。

 今日は、情報戦争にサイバー戦争が加わっており、国内外の実態の把握は、ある意味では自己責任である。一方で、多くの個人ブログや種々のサイトでは、ほとんどのマスメディアが報じない「事実・真実」を、使命感を持って発信している。

 旧約聖書の物語を思い出す。誰もが怖れる無敵の巨人ゴリアテを倒したのは、ゴリアテに単身で対峙した、まだ年若いダビデだった。日本ではメディアスクラム、アメリカではメインストリート・メディアと呼ばれる大メディア軍団が結束し、情報支配を企てている実態がある。

 映像や音声を全国に配信する設備を持たず、輪転機や宅配配送網を持たず、ただひたすら使命感に頼って、インターネット上で事実を拡散し続けようとする、多くの個人の皆さんの地道な努力が、もうじき大きな地殻変動を引き起こし、地滑りによって現代の巨人ゴリアテが、足下から地面に崩れ落ちる日が訪れる日が来るだろう。そのような予兆を感じている。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する
 

by hirune-neko | 2019-03-19 00:51 | インテリジェンス | Comments(0)

いよいよ明日は3月1日・・・韓国に注目したい

Que tristeza Julia Zenko 2001 cancion
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 何日か前に、3月1に向けて、退役軍人を中心とする軍人が、反文在寅大統領を合い言葉に、結束しようとする動きがある、という情報をご紹介した。軍事クーデターの動きを連想させるものだった。

 それに呼応するかのように、文在寅大統領が自分に不利な内部告発をした人物を逮捕したり、精神病院に拘束したりしているという動きも、漏れ聞こえてくる。もし私が韓国人であり、韓国居住者だったとして、内部告発するだけの勇気と実行力があるだろうか、と自問してみた。韓国人の中にも正義感を持つ人物が存在し、文字通り身命を賭して告発していることになる。日本国内と較べ、韓国内でそのような行動に出るなら、どのような扱いを受けるかは、火を見るより明らかだろう。

 そんな人達の勇気と行動に敬意を表したいと思う。できうることなら、労をねぎらってあげたいと思う。

 インターネット上の書き込みを読むと、韓国人に対する忌避感や嫌悪感が多く見られる。確かに、容共で反日の人達の行動が目につく。しかし、身近に在日2世や3世の知人を持つ者としては、溜息の出る事象である。

 ブログ読者の方の中に、もし在日韓国あるいは朝鮮系の方がいらっしゃったとしても、私は国籍で人間を評価判断せず、あくまでも人間性を見て付き合い方を決めるので、ご安心いただきたい。ただ、残念なことだが、過去から現在に至るまで、日本の国家転覆、政権転覆、実効支配を目指し、その先頭に立ち、種々の工作活動と政治活動を行ってきた人達には、通名の在日韓国・朝鮮系の人達が多いのは事実だと思う。

 余命ブログの中で、しばしば「一括処理」という言葉が使われた。確かに、個々の状況を勘案して個別に対応するのは、至難の業だろうと思う。従って、国籍による政令なり法令による対応を、現政権は目指しているのだろうと考えている。政治家という職業は、つくづく自分には向いていないと思っている。

 在日のどの国籍の方であっても、孤立無援の限界状況に陥ることになったら、ハンドルネームでもいいので、よければ連絡をいただきたい。できることは限られると思うが、一緒になって打開策を考えたいと思う。

 さて、午前0時を過ぎて、いよいよ3月1日になってしまった。政権浮揚と延命を目指す文在寅大統領は、ますます反日行動を加速させそうだ。従北路線をひた走り、国際的な孤立が顕著になり、日本からの経済制裁も視野に入りつつあることに危機感を持つ人達も多いだろう。

 日本政府も、従前の政権とは異なり、かなり毅然とした姿勢で臨みつつあるようだ。さて、どのような展開になるだろうか。ついに外務省も訪韓者に対する警告を発しつつあるようだ。目が離せない。

 次男の嫁さんが、仕事で3月に出張を予定している。三男はバスケ中にアキレス腱を切ってしまうし、親としては一生涯、子や孫の心配からは逃れられそうもない、やれやれである。

【参考資料】
外務省が韓国渡航警告 「三・一運動」で日本人への危害懸念、ソウルで大規模式典や集会
 *zakzak 

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-03-01 00:58 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 15:15
昼寝ネコ様 クスリ..
by ちはや at 08:51
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 00:57
昼寝ネコ様 興味深..
by ちはや at 22:51
いちファンさん あ..
by hirune-neko at 18:45
記事ランキング
以前の記事