昼寝ネコの雑記帳

カテゴリ:創作への道( 305 )

さらにもう一歩前進・・・まだ懲りずに多言語出版

Astor Piazzolla " Tristeza De Un Doble A "

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日は朝からちょっとしたアクシデントに見舞われた。同居している95歳の義母の銀行口座を確認したところ、厚生年金は振り込まれているものの、遺族年金が入金していない。あちこちに電話したのだが要領を得ず、最終的にやっとつながった年金ダイヤルで、以前の古い口座に振り込まれていることが判明した。年金ダイヤルの担当者の方が、本人確認をしたいというので、ベッドの中の義母と電話を代わった。名前や生年月日、住所などを訊かれたが、意外なことに義母はすらすらと答えた。頭はまだまだしっかりしているようだ。それにしても、やれやれの午前中だった。

 夕方から外出したが、途中から雨が降り出し、ファミリーマートでビニール傘を買う羽目になった。結局合計で1万歩以上を歩くことになった。体力を消耗したせいなのか、雨に濡れたせいなのか分からないが、またクシャミが止まらなくなってしまった。やれやれである。

 帰宅したら、私の短編作品「彼方から甦る記憶」を英訳してくれている、ニュージーランド人女性からメールが届いていた。文章全体の主語を「I」に統一して修正し、さらにアメリカの作家(氏名・年齢・性別不詳)が、細かく手直ししてくれた文章が出来上がったのでファイルを送る、という内容だった。

 残念なことに、翻訳された英文のクォリティの善し悪しは判断できない。しかし、オリジナルの日本語文章を作成した者として、整合性の無い訳と思われる部分は指摘できると思う。いずれにしても、文章としては、おそらくかなり作品レベルになっているのではないかと思っている。

 じっくり読んで、指摘したい部分をメールで送り、確認をお願いしようと思っている。

 以下は、推敲して修正してもらった第3稿である。前回掲載した第1稿よりは違和感が少なくなっていると感じている。以下に、その第3稿を紹介させていただくので、興味がおありになる方は、ご一読をお願いしたい。

 多言語出版だなんて、最終的に一体何を目指しているのか私自身にも判然としない部分である。しかし、チャレンジするようにという促しを心に感じるので、いつかその意味が理解できる日が来るのだろうと思っている、実に呑気な話ではある。

 少々長い文章だが、多言語出版に向けての第一歩の記録として、掲載させていただく。(オリジナル日本文:創作イメージ「彼方から甦る記憶」 2013/10/12創作  https://hiruneneko.exblog.jp/20831208/



英訳原稿:第3稿
Translation for Mr. Hirune-Neko –Short Stories-

彼方から甦る記憶 A Memory from Long, Long Ago

In the early morning, I awoke from a shallow sleep, and as I opened my eyes, a small sigh escaped me at the thought of another day starting. Recently I had begun to feel that every day was just a dull, monotonous repetition of the one before and I wondered how long this would continue.

Several years ago I had already passed the average life span for a woman. Other than official letters from the city office, there were never any personal letters delivered, never anything in the mail box other than the occasional catalogue. Other than wrong numbers, the phone never rang, and it had been a long time since a card had arrived on my birthday.

In the distance the faint sounds of the city could be heard. Even my morning walks had become rare, and I could feel the distance between the world and I widening. There was no one to pay any attention to a useless old lady.

After retiring from primary school, I had thought about moving outside the city. But I was involved in volunteer work so there was transportation to take in to consideration, and before I realized it, I was still living in the centre of town.

More and more I was remembering things that had happened a long time ago. Even as a child, I had no memories of my father. What I remembered was how tired my mother looked after working long hours…then I was studying education at the university…and how happy my mother had looked when I landed a job at a private primary school in the city. That moment must have been the reward for the hard work of raising me alone, I thought.

Few chances for love, and then a marriage that was cut short by my husband`s death. My mother never showed her worry for me with words, only by her expression. Even as she was drawing her last breath, she gripped my hand tightly and looked at me with tears in her eyes but never said a word as she passed away. I wondered what she had been trying to tell me. Sometimes I think about that even now, but I still don`t know. Maybe I can`t understand my mother`s feelings because I have no children of my own.

Forcing my tired body to move, I went down to the mail box by the entrance and was surprised to see a letter there. It had “Invitation” written on the envelope. Going back up in the elevator I turned the envelope over to see the sender, but didn`t recognize the name. Opening it I saw that it was an invitation to an award party. I knew well the name of the award that was given by the country to people who had excelled in the field of education. Why would such an invitation come to me, so many years after retiring? Someone must have made a guest list from an old list of names, and my name got mixed in by mistake, I decided.

There was a single handwritten card in the envelope too. It said, “I really hope you can attend”, and was signed by the awardee who was also going to be giving a lecture after the presentation. It certainly wasn`t the name of someone I had taught. However, strangely enough, I felt compelled to accept the invitation.

* * * * * *
The early autumn day was sunny. It was the first time to go out somewhere in a long time, and it felt good.

The ceremony was being held in a concert hall in the city. When I showed my invitation at the reception, the person there showed me to my seat – right in the middle of the very front row! Even though I can still see well and I don`t use a hearing aid…

The speaker went up on the stand. He looked like a true educator, with a kind expression. “Intellectual Training and Character in Modern Education” was the title of the lecture, but he didn`t seem to be an elite scholar. Rather I could feel something that suggested he had struggled in his life. The big hall had maybe 2000 seats or more, and when I turned round, it seemed that most of them were occupied.

Towards the end of the lecture, there were several seconds of silence. It may have been my imagination but it seemed he was looking to see if I was present, before starting to talk again.

“When I was a child, my mother and I were very poor. Because my mother was often sick, I wasn`t able to attend school. But I wanted to know what kind of a place school was, and sometimes went to the local primary school grounds. I would peep in the windows of the classrooms. I could see the children around my age looking at the teacher and listening to the lessons.

One day as I was watching a class from outside the window, the teacher`s eyes met mine. I froze and couldn`t move, but rather than getting angry, the teacher smiled at me. Then she directed the students in the back to open the window. It was a cold day at the beginning of winter, so the students looked dubious, but thanks to that I was able to not only watch the lesson, but listen to it too.

As you might expect, I found it hard to go to the school after that, but I really wanted to listen to that teacher`s class again, so a few days later I was back under the window. It was a very cold day, but at the teacher`s directions the window was opened a little. Gradually, while talking to the students, the teacher moved to the back of the classroom. And, when she got to the open window, she smiled at me, and unnoticed by the students, slipped out to me a paper bag she had prepared ready.

When I got home and opened the bag, inside I found several textbooks, as well as some chocolate, candies, and homemade cookies. There was a card as well. This is what it said:
`Tribulation worketh patience; and patience, experience; and experience, hope. (From the Bible)
From your teacher, Hannah Wenz`”.

As I was listening, I slowly lowered my face. I wasn`t able to see the people for my tears. During the talk I had been thinking, “Maybe…?” Now I was sure. That little boy under the window had grown up to be a great educator. I had no way of knowing how he had accomplished it. I could easily imagine how not giving up due to troubles would have taken extraordinary effort.

“I`d like to introduce you to a true educator – my teacher, Hannah Wenz”.

I heard my name and came back to myself. As I was guided to the stand to loud applause, he stood and came to meet me. We couldn`t hold our emotions back and hugged each other hard.

“These are the textbooks that were in that paper bag”. With an arm around my shoulder, he held up several tattered and worn textbooks to show the audience.
“The chocolate and cookies only remain in my memory”. Laughter from the audience.

Thinking it was too bright for my age, I now regretted choosing a plain dress over a brighter one.

Beyond my tears, I felt I could see a rare smile from my mother.


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-10-16 00:12 | 創作への道 | Comments(0)

多言語出版Part2〜最初の関門で日本語の奥深さを再認識した

Bill Evans - The Peacocks

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 一昨日、短編作品の英訳第1稿をブログで紹介させていただいた。私自身はバイリンガルでもないし、英語を深く勉強した訳でもない。したがって、十分に読解はできない。しかし、オリジナルの日本文は自分で作ったので、それがどのように英語に訳されているかは、なんとなく理解できるという程度だ。

 一番気になったのは、英訳文の主語が「I」と「She」の混在で訳されている点だった。作者の意図としては、孤独な老女の内面に去来する様々な心情を、独白の形で文章化し、読者に直接その心象風景と対峙してほしかった。したがって「私は・・・」という表現で、主体者を特定せず、主語の無い文章を多用することにより、自然に主人公である老女の内面世界を訪れてほしかった。

 しかし、文章には必ず主語が含まれているラテン語系の人たちにとっては、無理矢理でも主語を付け加える必要性を感じてしまうのだろう。老女の独白、感情の吐露全てに「She」という主語を追加して翻訳した。勿論、中には明確に主人公が意思を表現している部分があり、そこでは「I」が使用されている。
 そこで今日、私は翻訳者に以下の内容のメールを送った。本件に関するやりとりをご紹介するので英語あるいは多言語出版に興味のある方は、是非参考にしていただきたい。


【昼寝ネコ→翻訳者】
翻訳してくださった文章を何度か読みました。

ひとつ意見を伺いたい点があります。
日本語の文章には、主語が無い場合が多いのですが、
英語や諸外国の言語には、主語が明確に存在します。

今回翻訳していただいた作品は、主人公の老女の
独白というスタイルで書かれていますので、
大部分で主語が省略されています。
英訳文では、「she」を主語にしてほとんどの
文章が作られており、一部「I」が主語になっています。

翻訳される上で、難しいポイントだったのでは
ないかと思っています。
その点についてのご意見をお尋ねしたいと思います。
また、アメリカの作家の方がどのような意見をお持ちか
興味がありますので、いつでも結構ですので
教えてください。

 同日、翻訳者から以下の内容で返信があった。

【翻訳者→昼寝ネコ】
 はい、昼寝ネコさんにそれについて聞こうと思っていました。(作家の)友達もそれが良くないと言いました。ですから、昼寝ネコさんの感覚に合わせます。「ハンナさん(主人公の老女)」が自分で語ってて"I"なのか、第三者が語ってて"she"なのか、きめないといけないですね。日本語はその辺をあいまいに書けますから読んでいる人によって違うかもしれません。どちらがいいですか?英語ではあいまいにはできないのが残念です。*( )内補足説明は昼寝ネコによる。

 この返信を読み、さすが作家志望の友だちは、いい感覚をしていると安堵した。そこで、ストレートに以下のメールを送信した。少々長いが、そのまま転記させていただく。

【昼寝ネコ→翻訳者】
確認を有難うございました。

ご質問の件に関し、私の意見をお伝えします。

主語が「I」の場合は、読者を主人公の
内面世界に引き込むことができます。

主語が「She」の場合は、読者と主人公の間に
「客観的に捉える」という距離ができてしまいます。

作者の意図としては、主人公の女性の内面に
閉じ込められた葛藤や倦怠感、過去の暗く重い記憶
などに、読者が直接対峙してほしいと希望しています。

もし必要であれば、なるべくI/my/me/mineという言葉を
文章中に含め、読者が誰の心理状態を描写しているかを
理解しやすい表現に修正することもできます。
同時に、全ての文章を、私は~と思う、私は~と感じた、
などのように単調な同じパターンの文型にするのではなく
バリエーションを持たせ、なんとか表現に工夫を加えた
日本語表現を考えてみたいと思います。
以下の例文を参考にしていただき、翻訳修正の可能性について
アメリカの作家の方と一緒に、検討していただけないでしょうか。

以下にいくつかの修正文を例示してみます。

(例1
・オリジナル文章
朝を迎え、浅い眠りから目覚めると
また新しい一日が始まったのかと、軽いため息が出る。
・修正文章
朝を迎え、浅い眠りから目覚めると、
私の新しい一日は、いつものように
軽いため息とともに始まる。

(例2
・オリジナル文章
いつまでこの単調な繰り返しの日々が続くのか・・・
最近はそう感じるようになっていた。
・修正文章
いつの頃からか、私の心の中には、繰り返しの
単調な日々がもたらす、けだるさが拡がっていた。

(例3
・オリジナル文章
数年前には、すでに女性の平均寿命を超えてしまっていた。
・修正文章
数年前に、私の年齢はすでに女性の平均寿命を超えてしまっていた。

お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご検討
くださいますよう、宜しくお願いします。
(転記修了)


 今日の以上のやりとりをしながら、改めて日本語は世界で最も難解な言語だ、という評価は正しいと思った次第だ。ほとんどの言語には主語が不可欠のようだ。しかし、日本語には主語の無い文章は日常的にたくさん存在する。

 自己の主張、相手の特定などを避け「角の立たない」表現や「婉曲的な表現」によって、阿吽の呼吸で人間関係を維持するための知恵なのだろう。勿論、英語にも婉曲表現が存在する。しかし、日本語の行間に存在する意味の幅と深さには、日本人独特の感性と国民性が湛えられているのではないだろうか。

 日本語の「行間を読む」と、英語の「Read between the lines」の構造は酷似していると思うのだが、その深さと幅に至っては、やはり国が異なれば、それぞれに異なるのではないだろうかと思った次第だ。日本的なメンタリティを、異国の読者が同じ感性で共感するとは思えない。おそらくは、起承転結の意外性でストーリー展開を追う作品の方が、遙かに理解されやすいだろうと感じている。
 
 そして結論になるが、私は人間の持つ心の様々な表情に興味を持っている。感動、平安、癒し、悲哀、失望・絶望、憎悪、葛藤、焦燥、落胆・・・あらゆる感情体験を乗り越えて、収束する方向を予知し、進むべき道を暗示したいと思っている。

 国籍は違っても、人間である以上は共有し合える領域が存在すると思っている。正義感だったり信念だったり、寛容さ、慈愛、思いやり、正直さ、誠実さ、勇気かもしれない。国境を越え、地平線や水平線をも越えて、読者の心に届くメッセージを、短編作品の形でお届けできれば、それにまさる喜びは無い。

 読了語に、勇気や励ましを心の中で感得し、そのまま育ててくだされば、それが私の本望である。

 そんな訳で、私の多言語出版の試みは、まだスタートラインに立ったばかりではあるが、おそらく多言語出版の鍵は、まずはクオリティの高い英訳文の作成だという確信がある。その意味で、日本語に堪能な女性と、その友人の作家というネイティブの協力者を得ることができて、いいスタートを切れたのではないだろうか。

 進展があったら、その都度ご報告させていただきたい。あれこれに興味が尽きず、本当に困った人間だと自分でも思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-10-04 23:50 | 創作への道 | Comments(0)

多言語出版への現実的な第一歩を踏み出した

Astor Piazzolla " Tristeza De Un Doble A "

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 2作品の翻訳をお願いしていた方から、短い方の作品の英訳が終わったと連絡があった。相前後して、翻訳原稿がWordファイルで送られて来た。ニュージーランド出身の彼女からのメールには、以下のように記載されていた。そのまま転記するが、とても外国人の書いた文章とは思えないのではないだろうか。

 最初の話の翻訳を別のメールで送りました。同時にアメリカにいる作家の友達にも送って、『翻訳より話し、ストリー的なことスタイルのことを見てもらっています。
 昼寝ネコさん(実際は人間名)も是非訂正してください。言葉の翻訳はわたしができますが、作家ではありませんからね。

 2つ目のサンタクローズの話は半分ぐらいできています。出来上がったら送りますね。よろしくお願いします。」

 彼女は日本の大学院で修士号を取得しているそうだ。勿論、日本語でだ。日本語から英語へは正確に訳せるとは思っている。しかし、文学的微妙な表現は果たしてどうなのか、という一抹の不安はあった。しかし、メールに書かれているように、アメリカにいる作家に推敲をお願いしてくれているという。とても有難い配慮だ。

 届いたばかりの英訳原稿を、そのまま以下に掲載させていただく。これがネイティブの作家の手によって、どのような変貌を遂げるか、楽しみである。

 時間がおありになる方は、まずオリジナルの日本語作品をお読みになり、その後、下記の英訳文をお読みいただくと、興味深いのではないだろうか。さて、この先、果たして多言語出版が実現するかどうか、引き続き可能性を追求したいと思っている。

 ざっと目を通してみたが、日本語では主語の無い文がざらにある。主語が無くても、誰の心理を描写しているか、誰が語っているかが推察できるからだ。英語の場合は、基本的に主語の無い文章はほとんど無いのではないだろうか。主語の無い命令文には、最初に「You」が省略されているのだし。・・・この作品の場合、主語の無い文章の主語は「私」である。しかし翻訳者は主人公が女性なので、「彼女」という主語を挿入し、主人公を客観視している。改めて、日本語が世界の言語で一番難解だという説は、その通りだと思っている。


創作イメージ「彼方から甦る記憶」・オリジナル日本語
 2013年10月12日の作品

【英語への翻訳文第1稿】
彼方から甦る記憶〜A Memory from Long, Long Ago


In the early morning, she awoke from a shallow sleep, and as she opened her eyes, a small sigh escaped her at the thought of another day starting. Recently she had begun to feel that every day was just a dull, monotonous repetition of the one before and she wondered how long this would continue.

Several years back she had already passed the average life span for a woman. Other than official letters from the city office, there were never any personal letters delivered, never anything in the mail box other than the occasional catalogue. Other than wrong numbers, the phone never rang, and it had been a long time since a card had arrived on her birthday.

In the distance the faint sounds of the city could be heard. Even her morning walks had become rare, and she could feel the distance between her and the world widening. There was no one to pay any attention to a useless old lady.

After retiring from primary school, she had thought about moving outside the city. But she was involved in volunteer work so there was transportation to take in to consideration, and before she noticed it, she was still living in the centre of town.

More and more she was remembering things that had happened a long time ago. Even as a child, she had no memories of her father. What she remembered was how tired her mother looked after working long hours…studying education at the university…and how happy her mother had looked when she landed a job at a private primary school in the city. That moment must have been the reward for the hard work of raising me alone, she thought.

Few chances for love, and then a marriage that was cut short by her husband`s death. My mother never showed her worry for me with words, only by her expression. Even as she was drawing her last breath, she gripped my hand tightly and looked at me with tears in her eyes but never said a word as she passed away. I wondered what she had been trying to tell me. Sometimes I think about that even now, but I still don`t know. Maybe I can`t understand my mother`s feelings because I have no children of my own.

Forcing her tired body to move, she went down to the mail box by the entrance and was surprised to see a letter there. It had “Invitation” written on the envelope. Going back up in the elevator she turned the envelope over to see the sender, but didn`t recognize the name.

Opening it she saw that it was an invitation to an award party. She knew well the name of the award that was given by the country to people who had excelled in the field of education. Why would such an invitation come to me, so many years after retiring? Someone must have made a guest list from an old list of names, and my name got mixed in by mistake, she decided.

There was a single handwritten card in the envelope too. It said “I really hope you can attend”, and was signed by the awardee who was also going to be giving a lecture after the presentation. It certainly wasn`t the name of someone she had taught. However, strangely enough, she felt compelled to accept the invitation.

The early autumn day was sunny. It was the first time to go out somewhere in a long time, and it felt good.

The ceremony was being held in a concert hall in the city. When she showed her invitation at the reception, the person there showed her to her seat – right in the middle of the very front row! Even though I can still see well and I don`t use a hearing aid…

The speaker went up on the stand. He looked like a true educator, with a kind expression. “Intellectual Training and Character in Modern Education” was the title of the lecture, but he didn`t seem to be an elite scholar. Rather she could feel something that suggested he had struggled in his life. The big hall had maybe 2000 seats or more, and when she turned round, it seemed that most of them were full.

Towards the end of the lecture, there were several seconds of silence. It may have been her imagination but it seemed he was looking to see if she was present, before starting to talk again.

“When I was a child, my mother and I were very poor. Because my mother was often sick, I wasn`t able to attend school. But I wanted to know what kind of a place school was, and sometimes went to the local primary school grounds. I would peep in the windows of the classrooms. I could see the children around my age looking at the teacher and listening to the lessons.

One day as I was watching a class from outside the window, the teacher`s eyes met mine. I froze and couldn`t move, but rather than getting angry, the teacher smiled at me. Then she directed the students in the back to open the window. It was a cold day at the beginning of winter, so the students looked dubious, but thanks to that I was able to not only watch the lesson, but listen to it too.

As you might expect, I found it hard to go to the school after that, but I really wanted to listen to that teacher`s class again, so a few days later I was back under the window. It was a very cold day, but at the teacher`s directions the window was opened a little. Gradually, while talking to the students, the teacher moved to the back of the classroom. And, when she got to the open window, she smiled at me, and unnoticed by the students, slipped out to me a paper bag she had prepared ready.

When I got home and opened the bag, inside I found several textbooks, as well as some chocolate, candies, and homemade cookies. There was a card as well. This is what it said:

`Tribulation worketh patience; and patience, experience; and experience, hope. (From the Bible)
From your teacher, Hannah Wenz`”.

As I was listening, I slowly lowered my face. I wasn`t able to see the people for my tears. During the talk I had been thinking “maybe…?”, and now I was sure. That little boy under the window had grown up to be a great educator. I had no way of knowing how he had accomplished it. I could easily imagine how not giving up due to troubles would have taken extraordinary effort.

“I`d like to introduce you to a true educator – my teacher, Hannah Wenz”.

I heard my name and came back to myself. As I was guided to the stand to loud applause, he stood and came to meet me. We couldn`t hold our emotions back and hugged each other hard.

“These are the textbooks that were in that paper bag”. With an arm around my shoulder, he held up several tattered and worn textbooks to show the audience.

“The chocolate and cookies only remain in my memory”. Laughter from the audience.

Thinking it was too bright for my age, I now regretted choosing a plain dress over a brighter one.

Beyond my tears, I felt I could see a rare smile from my mother.

 ここまでお読みくださり、大変お疲れ様である。心よりお礼申し上げる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-10-02 23:58 | 創作への道 | Comments(0)

久しぶりの外食は超高級レストランだった

Remembering the Rain -bill evans

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 月末はいつもひと区切りである。勝手に命名した「月越しの祭り」を、独り無言で祝うことがある。

 今年は夏からずっとハードな生活だったので、仕事以外では久しく外食していなかった。それで、今日は慰労を兼ねて外食することにした。

 選んだのは、イトーヨーカドーの3階にある「サイゼリア」というレストランだった。キノコのスープと、品切れのシェフサラダの代用のワカメサラダ、それとハンバーグステーキだったが、値段の割にはそこそこだった。超高級ではないものの、気分転換になった。

 今日は午前中から原始的に一件ずつ振込作業をした、先月は数字を見間違えて、6円少なく振り込んでしまった相手があり、今月の振込金額にその分を加算して振り込んだ。何度も確認しながらの作業なので、集中した反動で脳内血液量が低下し、頭が重くなってしまった感じだった。今度こそは、一括振込のやり方をマスターしようと、毎月、月末の度に思っている。

 食後、ふらつく頭と足で、なんとか合計8000歩を歩こうと、リュックサックを背負いながら歩いた。いつもそうなのだが、およそ20分程度を歩くと、脳内の圧迫感が消える。やはり歩くのは健康に寄与するというのは本当だと思う。歩くのはかなり習慣化してきたので、少し筋肉トレーニングをメニューに加えたら、さらにいいのだろうと思っているが、まだ思っているだけである。

 今日は改めて、自分がもしかしたらひょっとして、病的なのではないだろうかと思うことがあった。

 何年か前に、自分の書いた短編作品を多言語出版したいと思ったことがある。取り憑かれたように、多言語出版専用サイトまで作り上げたのだが、その後はそれどころではなくなり、放置状態だった。ところが、ふた月ほど前に世界中から短編作品を公募しているコンテストがあると聞き、すでに3作品を応募した。その中の2編を、ニュージーランド出身で日本語に堪能な女性に英訳してもらっていることは、先日ブログに書いている。

 コストとリスクを考えれば、紙の本の出版ではなく、Amazonが世界中で展開しているKindle本・電子書籍が最適だろう。つまり、海外の出版社を探して交渉し、何カ国語かで出版するのではなく、ここ日本で日本の出版社として、Kindle本を多言語出版するという構想を、突然身近に感じてしまった。

 伏線はあった。Facebook友だちで、昨年だったか他界してしまった日本人男性は、カルロス・ガルデルの熱狂的なファンで、ピアソラの大ファンでもあった。彼は、音楽的な強い影響を受けて南米に移住してしまい、晩年はコロンビアのボゴタで人生の最期を迎えた。最近、その彼のお嬢さんが私の記事にイイネの足跡を残してくれた。すぐにメッセージを送り、多言語出版の構想を説明し、意見をお願いした。すると、南米のスペイン語とヨーロッパのスペイン語の違いについて、説明してくれた。コロンビア生まれなのだが、子どもの頃から日本人学校に通っていたようで、いわゆるバイリンガルである。仕事も日本企業のために、日本語〜スペイン語の翻訳をしているという。

 翻訳のクォリティは別として、英語とスペイン語に関しては、心強い味方を確保できた気になってしまっている。しかし果たして、日本の出版社が世界に向けて、多言語でのKindle本の出版ができるのだろうか、という疑問に行き当たった。

 そこでAmazonに電話して質問してみた。すると、そのような案件は電話質問を受け付けていないので、kindle direct publishingという部署に、メールで問い合わせてほしいと言われた。早速、メールで質問を送ったが、まだ回答は無い。

 さて、もし可能性が開けたとして、多言語出版とは何カ国語になるのだろうか。インターネットが普及し、購買層がそれなりに存在している必要があるので、リサーチが必要だろうと思う。ただ、そのときに閃いたのは、「7」という数字だった。

 つまり、日本語、英語、スペイン語と、さらにもう4カ国語だ。

 現在の仕事とはなんの関係も無いのに、いきなり多言語でKindle出版するところに飛躍してしまっている。病的な妄想・閃きであることは重々承知している。しかし、その時に、濃い霧の彼方に仄かに見えたのは、現在日本国内だけで販売しているグリーティング絵本「大切なわが子へ」の多言語出版である。また妄想飛躍が始まったと思われるだろう。

 何年も前のことになるが、つくばの産婦人科クリニックの院長から相談があった。フランス人夫婦が出産し、絵本をプレゼントするのだが、日本語を理解しないので、概要だけでもフランス語で作ってくれないか、という依頼だった。そこで私はすぐに、フランス在住のある日本人女性に相談した。

 その女性が、仏訳した絵本の本文をフランス人男性に読ませたところ、その男性は感動して涙を流したという。同じようなケースで、英訳文を作ったことがあったが、文章のせいか、あるいは読んだ人の感性のせいか、反応が鈍かったケースもある。

 これまでのいろいろな経験が、一本の糸として紡がれ、名入り絵本の多言語出版が視野に飛び込んできたという訳だ。

 日本の製本職人の手による、工芸品レベルのオーダーメイド絵本である。技術的には、右閉じ・右開き、左綴じ・左開きという複数仕様のカバー、表紙、製本に対応しなければならないが、決して夢物語ではないような気がしている。

 こんな感じで、ちょっとしたことからでも、具体的なイメージが浮かんでしまう。本当に、もしかしたら私は病的な要素を持っているのではないかと、しばし考え込んでしまった。しかし、良く考えてみたら、創作ストーリーだって、ちょっとしたイメージ、一枚の画、一枚の画像、ひとつのメロディーからストーリーをイメージするのだから、そう考えたら、仕事上であれこれイメージが浮かんでも、自分にとってはごく自然なことだと居直ったりもしている。

 ・・・今日は、こんな展開になるとは思っていなかった。短い文章で終わらせるつもりだった。これも、何かの閃き・促しなのだろうと思う。

 おめでたいと思う反面、自分らしいとも思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-29 01:17 | 創作への道 | Comments(2)

年齢不相応に、夢は果てしなく広がっているようだ

Stan Getz & João Gilberto - Para Machuchar Meu Coração

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 夜の時間帯に歩いていると、無灯火の自転車や黒っぽい洋服の人が、すぐ目の前まで来て、やっと気づくことが多くなっている。少々危険だなと思い始めている。昼間はなかなか時間を確保できず、ついつい夜のウォーキングになってしまっている。

 それでも、8000歩を歩く習慣は・・・週に5〜6日ではあるものの、もう一ヶ月以上は続いているのではないだろうか。ほんの少しではあるものの、身体に芯ができてきたように感じるし、気力が途切れないで、前向きに集中して取り組めるようになってきている。

 今日は遅延中の製作作業と、すっと取り組んできたが、もう深夜なのでここまでにしておこうと思う。脳内クールダウンの時間にしよう。

 既視感ならぬ、予知夢が見えるような感覚になることは絶えずある。とてもではないが、恥ずかしくて書けない内容が多い。予知夢というよりは、私的な願望、妄想と表現した方が正確かもしれない。

 現在、福岡に住むニュージーランド出身の女性が、私の短編作品2種類を英語に翻訳してくれている。日本の大学で修士号を取得したというだけあり、日本語で送られてくる文章は、日本人そのものである。大変な語学力である。果たして、どのような英語作品になって仕上がるだろうか。翻訳が出来上がったら、このブログで公開したいと思っている。

 世界中から短編作品を募り、コンテストを行っている団体がある。そこには翻訳中の2作品と、もう1作をすでにエントリー投稿した。締切は今年の12月末だというので、最終発表は来春なのだろうかと思っている。

 1作目の舞台はアメリカ東部の都市で時代は現代。2作目は、北欧の北極圏に近い小さな町で時代は何世紀も前だ。3作目は、東欧の東の外れの小さな国で、紀元後数百年である。そういえば、どういう訳か、日本を舞台にした作品は極端に少ない。

 翻訳をお願いしている相手には、外国人として私の作品をどう評価するか、率直に意見を訊きたいとお願いしている。当然、日本人とはメンタリティが異なるので、どのような受け止め方をされるか、とても興味がある。

 もし仮に絶賛してくれるようなら、次のステップは、まず日本で日本語の短編作品集を出版する。こればかりは、どこぞの出版社の編集者に会って交渉する必要はなく、私が自分で予算を確保すればゴーサインである。

 次のステップは、日本で出版した書籍に英訳文を添付して、興味を持ってくれそうな出版社に送ってみたい。アメリカ、イギリスの出版社をリサーチする必要がある。仮に、どこかの出版社が英語で出版してくれたら・・・できれば紙の書籍と電子書籍の両方で出版してくれるといいなと思っている。編集者にお願いして、主要な新聞社や雑誌社に書評掲載のお願いをすることにもなる。

 そこまでが実現したら、いよいよ最終ステップは、多言語出版構想である。日本語からいきなり多言語は難しいと思うのだが、オリジナルの英語からであれば翻訳者は見つけやすいと思うし、出版に興味を持つ編集者の絶対数も増えると予測している。

 こんな感じなので、予知夢というよりはもうすでに妄想、妄言の世界である。

 しかし、奇跡が起きるかもしれないではないか。翻訳者が非常に能力が高く、オリジナルの私の作品を見事な文章に変貌させ、読者の心を掴んでしまうということもあり得るのではないだろうか。

 自分の内面世界から創出した短編作品に、世界中のたくさんの人たちが、感動と安らぎを感じてくれるのを目の当たりにしたら、それは最高に嬉しいことだ。

 千里の道も一歩からである。まずは、英訳された文章を、現在英国滞在中のJD氏に読んでもらい・・・彼も日本語に堪能な人間なので、私の日本語の作品と英訳文の両方を読んでもらい・・・海外出版の可能性について率直な意見を訊いてみよう。

 でも、身近にはそれなりに適任者が存在するのだから、もしかしたら夢が実現するかもしれないと、淡い期待感を持っている。自分の年齢は努めて意識しないようにしているが、おめでたい高齢者だと自覚はしている。

 石破茂さんだって夢を追っているのだから、私も負けずに頑張ろうと思う。石破さんが総理になる可能性と、私の短編作品集が多言語出版化される可能性は、果たしてどちらが高いだろうか。しかし、メディアスクラムの絶大な支援があれば、ひたすら対立候補のあら探しをし、非難しているだけでも、ひょっとした弾みで総理になれるかもしれない。

 しかし、私の場合は、どれだけ他の著名作家を批判し、こき下ろしたとしても、それだけで多言語出版にこぎつけられる可能性はゼロである。ヒイヒイ言いながら、地面に這いつくばって主人公を探し出し、文章を磨き上げなければ、一歩も前進することはできない。それを承知で、敢えてチャレンジしてみたいと思っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-13 01:28 | 創作への道 | Comments(2)

創作「ハイドン・チェロ協奏曲〜下町の失恋物語」

Haydn, Cello Concert Nr 2 D Dur Mstislaw Rostropowitsch, Academy of St Martin

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 明後日の会合で使用する資料をA3用紙で31部両面印刷し、二つ折りにする作業を始めた。音楽を聴きながらしようと思い、YouTubeを開いたら、いつものように過去の視聴履歴を元に、推奨作品が並んでいた。最初の画像は、なんとなくいつもと雰囲気が違うなと思いつつ、小さな字で判読できなかったので、とにかく聴いてみることにした。

 するとなんと、ハイドンのチェロ協奏曲だった。お利口なYouTubeは、音楽的偏食傾向が強い私を、なんとか矯正しようというプログラムを働かせたのか、いきなりハイドンを薦めてきたようだ。

 最後まで聴いて確認したら、チェロ奏者はロストロポーヴィッチだった。ハイドンを聴く機会なんて年に一度も無いのだが、それなりに引き込まれてとうとう最後まで聴いてしまった。

 耳でハイドンを聴き、手は紙の二つ折りという単純作業だったため、脳内がまったく休眠状態だった。すると突然、脳内にある情景が浮かんだ。自分でも病的だと思うのだが、せっかく登場してくれた主人公なので、ちゃんと文章として書き残そうと思った次第だ。題して「ハイドン・チェロ協奏曲〜下町の失恋物語」である。


創作「ハイドン・チェロ協奏曲〜下町の失恋物語」

 剛太(ごうた)が、北海道から東京下町の公立中学に転校してきたのは。一年半ほど前だった。中学3年生にしては大柄で、スポーツ万能だった。短距離も長距離も、陸上選手より速く、バスケもサッカーも顧問の先生が驚くほどで、選手達からは畏敬の目で見られていた。「北海道では、みんなこんなもんだよ」というのが口癖だった。

 そんな彼にも弱点があった。勉強がからっきしだめだったのだ。英語の授業で先生から英文を読むように言われても、「先生、オレ小学校の時からローマ字が読めないんだよ」と言う始末で、クラスメイトの笑いを誘った。数学の授業では、「先生、分母って上だっけ?下だっけ?」という感じなので、毎学期の成績は超低空飛行だった。

 東京に住んでからそれなりの時間が経つのに、今でも北海道弁丸出しなので、ときどき意思の疎通に支障をきたすことがあったものの、素朴で粗野なキャラクターは人気を呼び、生徒や先生からは「ゴウ」という愛称で呼ばれていた。

 そんなある日、始業前の朝礼時に、担任の男性教師が一人の女子転校生を教団に立たせ、紹介した。
 「お父さんの仕事の関係で、小さい頃からフランスに住んでいたんだけど、このたび日本に転勤になって帰国したそうなんだ。日本語だけでなく、フランス語も英語も話せるそうだよ、すごいね。みんな、仲良くしてやってね」

 担任がそう言うと、転校生は「宜しくお願いします」と、はっきりした声で挨拶をした。担任に自己紹介をするよう促された彼女は、主に趣味について語った。とくに音楽が好きで、小さい頃からハイドンをよく聴いていると言った。

 剛太の目は、最初から女子転校生に釘付けになっていた。同級生と同じ制服を身につけていたのだが、今までに見たことのない洗練された雰囲気に圧倒されていた。

 昼休みになると、クラスメイトが物珍しそうに彼女の周りに集まり、フランスでの生活について、いろいろ質問した。そんな彼女の表情を、剛太はずっと凝視していた。すると誰かが大きな声で剛太に声をかけた。
 「おい、ゴウ。彼女、フランスでバスケとサッカーの選手だったんだってよ。お前もこっちに来て、あいさつしろよ」

 促されるまま、剛太は女子転校生の前に立った。
 「オレ、剛太。みんなはゴウって呼んでるんだ」
 「ヨロシク。剛太君?スポーツ万能なんですってね?」
 「いやあ、そんな・・・」
 「音楽なんかは聴くの?」
 緊張した剛太は、何も考えられず、ありのままに口に出した。
 「そうだね・・・」
 と言って並べたのは、何人もの昭和の演歌歌手の名前だった。怪訝そうな表情の彼女の表情を目にし、そういえば彼女が自己紹介で「はいどん」と言っていたことを思い出した。
 「お前、はいどんが好きなんだって?」
 「あら、剛太君もハイドンが好きなの?」
 「いや、オレはね、どんぶり物では天丼が一番好きだよ。フランスのはいどんって、どんなどんぶりなのさ?」

 女子転校生の表情が凍りついたことは言うまでもない。その時ちょうこ、午後の始業ベルが鳴り響き、生徒達はみな、席に戻った。

 放課後、吹奏楽部の女子生徒が剛太の所にやってきて、ためらいがちにそっと囁いた。「ハイドン」はフランスのどんぶり物なのではなく、クラシック音楽の作曲家の名前であることを。それを聞いた瞬間、剛太の視線は空中を浮遊した。

 それ以来、剛太はすっかり無口になってしまった。女子転校生がまるで別世界から訪れた存在のように思え、二人の間には、まるで大きな宇宙空間が拡がっているかのようにすら感じられた。

 ある日、剛太はCDショップ行き店員に相談した。「ハイドン」のCDを買いたいのだが、何か推薦してほしいと伝えた。「ハイドン」という名前以外に、カテゴリーも何も言及できない顧客に対し、店員はチェロの名手・ロストロポーヴィッチが演奏している、チェロ協奏曲はどうかと薦めた。

 それ以来、学校から帰った剛太は、自室に引きこもってロストロポーヴィッチが演奏するハイドンを、繰り返し繰り返し何度も何度も聴くようになった。無意識のうちに、ハイドンを聴いてさえいれば、少しずつ女子転校生との距離が縮まるのではないか、という淡い期待を抱いていた。

 数週間後の朝礼で、担任教師からの言葉を聞き、クラス中に小さなどよめきが湧き起こった。女子転校生の新居が決まったが、東京西部の武蔵野地域なので転校することになり、今日でお別れになるという。その瞬間、剛太は何も考えられず、放心状態になってしまった。

 その日の授業が終わり、女子転校生は列を作ったクラスメイトひとりひとりと、お別れの挨拶を交わした。やがて、何を伝えるか決めかねていた剛太の順番がやってきた。剛太は彼女を真剣に見つめ「ハイドンっていいね」と言うのが精一杯だった。彼女は少し微笑み「アデュー」と答えた。

 剛太は帰宅すると、パソコンを開いて「アデュー」という言葉の意味を検索した。検索結果をいくつもいくつも開いてみた。どうやら、「アデュー」という言葉の意味は、「またお会いしましょう」というよりは、決定的なお別れという意味のようだった。

 その日、剛太はいつものように自室に引きこもった。部屋から流れてきたのは繰り返し繰り返し、何度も同じ曲だった。今日ばかりは、ロストロポーヴィチのハイドンではなく、坂本冬美が歌う「また君に恋してる」だった。

 ・・・剛太君、早く立ち直ってね!笑

坂本冬美 - また君に恋してる


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-07 22:21 | 創作への道 | Comments(0)

人生を旅に例えるなら、人はいつでも常に旅人である

Bill Evans Trio - Young and Foolish

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 地震のお見舞いに、北海道内の何人かに電話してみた。携帯はつながったものの、固定電話はつながらなかった。道内全域が停電と聞いていたが、昼過ぎには回復した所もあったようだ。信号も停止し、都市機能がすっかりマヒしたようだ。早期の機能回復を祈念したい。

 毎週木曜日は、製本所まで往復する日だ。個数は少ないのだが、紙なので包みが重い。私には少々負担が大きくなっている。名入り絵本は1冊ずつ、手作業の製本である。文字通り、製本職人による工芸品である。それゆえに、営業活動を活発化して受注数が増えると、機械的な製本ではないので、いずれは製本能力の上限に達してしまうことになる。

 今どき、手作業で製本を引き受ける製本職人は、そんなに多くはないようなので、どのように手を確保するかも課題となる。もちろん、1冊ずつ名前が違う絵本なので、社内での製作と印刷工程も手作業である。考えてみれば、ずいぶん原始的で素朴な絵本である。文字通り、オンリー・ユーの絵本と言っていい。

 出産は、赤ちゃんにとっては人生のスタートである。普通の人生を考えると、やがて幼稚園に入園し小学校、中学校、高校、大学を経て就職するのだろう。いつかは結婚し、自分の子どもを迎えることになる。そして孫の顔を見、もしかしたらひ孫の顔も見るだろう。やがては、誰しもが迎える晩年・・・その晩年に、自分の人生を振り返るときに、人は何を思うのだろうか。

 約16年前に、「大切なわが子へ」というタイトルの名入り絵本を世に送り出した。人生を旅に例えると、これは旅の出発点に立つ新生児への、励ましの旅券である。生涯にわたって、肌身離さず携行してもらいたい、親の愛情の証明書のようなものである。

 人生の荒波を航行し、いつしか旅程の終着地点である晩年に辿り着いた方々が、自分の人生を振り返ってみて、いい人生だったと実感できるなら、それこそ真の意味で人生を全うしたことになると思う。そんな時期に、自分の血を引く子どもたちみんなから「大切なお父さんへ」あるいは「大切なお母さんへ」というタイトルの絵本をプレゼントされたら、どのように感じるだろうか。

 ページを開くと、自分の名前が目に飛び込んでくる。そしてすっかり忘れていたかつての労苦が記されており、苦難の中でも自分たちに愛情を注ぎ、大切に育ててくれたことへの子どもたちからの感謝の気持ちが、何ページにもわたって綴られている。・・・このような、文字通り世界に一冊しか存在しない絵本を手にしたら、旅の途中で味わった苦痛や哀しみの全てが、この日を迎えるための訓練の機会だったと思えるのではないだろうか。

 全ての人たちが同じ旅程を歩むわけではない。旅の途中で挫折する人もいるだろうし、耐えがたい人生のままで終わる人もいるだろう。新生児の全てに両親が揃っているわけではなく、母親独りで産み育てなければならないケースもある。胎内で、あるいは分娩中に天使になってしまう場合もある。先天性の障がいを持って生まれてくる子どももいる。

 しかし、どんな子どもも心を持って生まれてくる。どのような状況で生まれてきても、その心に愛と思いやり、慈悲が届くような文章を書きたいと思い続けてきた。

 今の私は、人生という旅の出発点から終着地点に至るまでの、決して平坦ではない旅程の随所で、旅人の心を励まし、勇気づけ、前向きで建設的に生き続けようという気力を与えられるような、そんな文章の絵本を創り続けようと思っている。

 人の心に届く言葉が必要なときはいつも、まずは私自身の心に、その言葉が与えられるよう願っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-07 01:17 | 創作への道 | Comments(0)

とうとう禁断の道に踏み込んでしまった

Kurt Moll: Mozart - Die Zauberflöte, 'O Isis und Osiris'

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 ある国際的な団体が、世界中から短編作品を募るコンクールがあるというので、応募しようかなと思っていることを、以前このブログに書いた記憶がある。日本在住のアメリカ人男性が、日本人の作品公募の窓口になっていたため、質問のメールを送ってみた。ついでにもののはずみで、短編作品集を英語などの多言語で出版することに興味があると書き添えてしまった。

 するとすぐに返信メールが届いた。作品の応募そのものは日本語でのままいいが、もし英訳を希望するなら翻訳者を紹介する、と書かれていた。日本のある大学で、修士号を取得している女性だという説明を受けた。へえ、大したものだと思った。しかし正直に言うと、あまり気が進まなかった。なぜなら、部妙なニュアンスの表現まで、ちゃんとした英語に訳せるのだろうかと、疑問に思ったからだ。でもまあ、せっかくなので紹介を受けた、その翻訳者のアドレス宛てにメールを送ってみた、もちろん、普通に日本語でだ。

 今日までに、その女性翻訳者とは何度もメールのやりとりをした。彼女の日本語は普通に漢字混じりで、文法的に不自然なところはひとつもない。もし第三者に見せても、日本人が書いた文章だと思うだろう。翻訳は馴れているようだが、文学作品は初めてだという。正直で謙遜な人だ。

 何年前のことだったか忘れたが、自分の書いた短編作品を英語だけでなく、主要な多言語で出版してみたいと思うようになった。確かそのためのサイトを作った記憶があるので、確認したら開店休業状態ではあるものの、ちゃんとおとなしく待機してくれていた。

 サイトの名前は「多言語出版コミュニティ MLCC, Multi Language Creators Community」となっている。それなりにコンテンツを詰め込んでいるので、かなり本気だったようだ。あくまでも推測なのだが、Kindle版の電子書籍を製作するノウハウさえ身につけば、あとは多言語の原稿を入手するだけで、自分で出版・流通できると考えたようだ。なんというか、恐ろしいというか、おめでたいというか、やはり自分が妄想家であると改めて自覚した次第だ。

 その後は仕事や老母の遠距離介護に忙殺され、多言語出版熱は醒めてしまっていた。ところが、この度の一連の流れで、またもや多言語出版症候群が再発してしまったようだ。恐ろしいことだ。

 翻訳料、締め切り日などの諸条件に合意したが、予算の関係で応募予定作品3点のうち、2点の翻訳をお願いすることにした。ひとつの作品の舞台はアメリカ東部の都会であり、孤独に暮らす高齢の女性が主人公だ。もうひとつは、北欧の北極圏に近い小さな町に住む少年が主人公だ。別に純和風という訳ではないので、果たして国際的に通用するかどうか、試してみたいという気持ちが強い。

 今回知り合った皆さんにも助言をいただき、海外の出版社や新聞社が興味を持ってくれるかどうか、リサーチしてみたいと思っている。

 いやあ、我ながら一体何を考えているのか・・・いや、実際には具体的な組み立てをちゃんと考えているのだが、それにしても身の程知らずというか、なんというか・・・。しかし、永年の希望であり夢でもあり、一度はチャレンジしてみたいという気力が甦っている。

 どこからも、誰からも、見向きもされないかもしれない。しかし、どこかの出版社の好奇心の強い編集者が、紀元前1000年に古代イスラエルで生まれたと思い込んでいる異色の短編作家、しかも東洋の不思議の国・日本在住、というミステリアスな部分に興味を持ってくれないだろうか。淡い期待である。

 まあ、妄想は誰にも迷惑をかけないし、お金がかかるわけでもないので、質素な趣味だと言ってもいいのではないだろうか。

【参考資料】
c0115242_00521663.jpg
・サイト 多言語出版コミュニティ 
 MLCC, Multi Language Creators Community


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-03 00:54 | 創作への道 | Comments(0)

創作短編「晩年で失い、そして得たもの」


Astor Piazzolla - Viaje de Bodas

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 男は、中堅規模の企業のオーナー経営者で、ときどき事務所内を巡回し、現場の雰囲気を確認するのが日課になっていた。20数年前に、数人規模で始めた仕事だったが、当時と比較すると社員数も100人を超えている。そんな光景を目にすることで、ある種の自信と安堵感に浸るのも目的のひとつだった。細部にわたるまで、自らが手がけ工夫を重ねてきたので、非効率な流れになっていないかを確認し、必要であれば手を貸そうという考えもあった。

 最近、途中入社した中年女性の動きに注目したが、人間関係も円滑そうだし、テキパキとした仕事ぶりに感心した。周りの人たちに向ける笑顔や表情も、好感を持てるものだった。そんなことが何度か続いたある日、彼は人事部に指示して、その女性の経歴書の写しを手にし、目を通した。さらには、面接を担当した人間に、その時の様子を聞くことにした。

 面接担当者によれば、彼女は自営業の夫を手伝い、小規模企業の経営を支えていたらしい。ところが夫に深刻な病が見つかり、短期間のうちに他界してしまったという。亡夫の技術力でなんとか成り立っていた会社だったので、すぐに存続を諦め、会社を閉鎖したと説明を受けた。子どもたちは皆、結婚して独立していたため、彼女は自分自身の生活のために、職を得たという背景が理解できた。

 経営者である彼自身には離婚歴があった。会社を創業し、なかなか思うように業績が上がらず、資金繰りにも窮していた時期に、彼の妻は耐えきれず実家に帰り、そのまま離婚となってしまった。その後、妻と二人の子どもたちとは音信不通になってしまっている。そんな経験があったせいか、彼は中途採用したその女性が、最後まで夫と共に戦線を離脱しなかったことを知り、興味を持つようになった。

 男は、それまで以上に彼女に対して注意を向けるようになり、仕事にかこつけては彼女の同僚や上司達に対し、彼女についてのあれこれを質問した。自分でも、一体何をしようとしているのか、内心では苦笑しながらだった。しかし、今では、年間売り上げも30億円を超える企業に成長したため、以前と比べると仕事一色ではなくなり、自分自身の人生についても考える視点を持つようになっているのだと自覚していた。

 医療測定器に不可欠な、独創的な商品を開発したものの、中国製の安価な類似商品にシェアを奪われ、辛酸を舐めた年月のことがつい最近のことのように思い出された。やがて、その中国製品がいくつものアメリカの特許を侵害していることが判明し、局面が一気に変化した。その結果、海外からの引き合いも増え、売り上げも急上昇することになった。積年の苦労が報われた瞬間だった。そして今は、経営者としてだけでなく、人間個人としても大きな分岐点にさしかかっていると認識していた。

 最近、離婚した元妻の代理人という弁護士から連絡があった。事業が軌道に乗ったようなので、この際、別れたままの家族との関係を修復する気はないか、子どもの養育費について話し合うことはできないか、という内容だった。弁護士によれば、別れた妻子にも相続権があるので、それを侵害するようなことはしてほしくない、など、彼にとっては決して愉快な申し出ではなかった。

   *   *   *   *   *

 社内の彼女を見ていると、身なりがいつも質素で地味であることに気づいた。その理由については、彼なりに思い巡らし想像もしていた。何度か逡巡した挙げ句、金曜日の午後になって彼は衝動的な行動に出た。彼女に仕事を中断して同行するよう求めたのだ。行き先は、銀座の著名な婦人服の店だった。

 不思議がり、躊躇する彼女に対し、彼は仕事場を華やかな雰囲気にしたいので、協力してほしい、という訳の分からない理由を述べ、結局は3着のワンピースを買い与えた。

 精算を済ませると、「仕事について確認したいことがある」という名目で、彼は銀座通りに面したビルの地下にあるフランス料理のレストランに彼女を誘った。経営者からの業務命令のように受け取った彼女は、素直に後に従った。
 
 最初は、仕事に関する話題に終始した。そのうち彼は、彼女の反応を注意深く観察しながら、少しずつ自分の個人的な話題を口にしてみた。時々、小さく頷きながら耳を傾ける彼女の寛容な表情を目にして安心感が拡がり、これからも時々、会って話をしたいと伝えた。彼女は困惑した表情を見せず、笑顔で「有難うございます」とだけ答えた。

   *   *   *   *   *

 週末のほとんどの時間を、彼は、彼女とのこれからの展開をあれこれ思い巡らせることに費やした。人生の締めくくりをどのようにすべきか、離婚した元妻や子どもたちの相続問題に、どのように対応すべきかなど、考えることは多かった。

 月曜日は、朝一番で取引先との打ち合わせがあったので、午後から出社した。部屋に入ると、デスクの上に宅配会社から届いた荷物が置かれていた。差出人の名前を確認すると、彼女からだった。何か不吉な予感を感じつつ、開封した。

 中には、先日銀座で買い与えたワンピース3着が入っていた。何が起きているのか判断がつかなかった。間に封書が入っているのが目に入ったので、開封しようとした。そのとき、ドアがノックされ、人事担当者が現れた。報告したいことがあるという。先を促すと、今朝、彼女から電話があり、体調が悪いため、念のために病院で検査を受けたという。検査の結果、厄介な病気であることが分かり、速やかに入院するよう勧められたので、急で申し訳ないが、本日付で退職させていただきたいという内容だった。すでに辞表は速達で届き保管しているという。

 報告を終えると、担当者はすぐに退室した。彼は混乱したまま、封書を開封した。A4サイズの用紙に、このように書かれていた。

 「先日は、ご親切にも高額な洋服を買い与えてくださり、改めてお礼を申し上げます。
 その後、レストランでは、これまでの人生でご苦労された、いろいろなことについてお話ししてくださり、有難うございました。お仕事だけでなく、私生活の面でも、いくつもの大きな課題を乗り越えて来られたお姿に、感銘を受けました。また、私に対して雇用関係を超えた領域までの信頼感をお持ちくださり、とても恐縮しています。経営者としての大切なお立場で、心身のご負担が大きい毎日と想像しております。

 またこの度は、いろいろなお申し出をいただき、身に余る光栄だと感じています。しかしながら、私自身の感じ方や生き方をお伝えさせていただくべき状況だと思いましたので、大変に身勝手な選択をさせていただきますことを、お許しください。

 私事で恐縮ですが、亡くなった主人と一緒に小さな会社を切り盛りしていた当時のことを思い出しています。売り上げが足りず、資金繰りに四苦八苦する毎月でした。金融機関からの支援を受けられず、知人や友人に頭を下げて金策のお願いすることを繰り返していました。そのような時でも、いつもより多少売り上げが多いと、主人は駅前のデパートの婦人服売り場を隅々まで回り、私のためにバーゲン品を探してくれました。あるとき、嬉しそうな顔で帰ってくると、ギフト用にきれいにラッピングされた包みを私に差し出しました。半額セールで、しかもタイムセールでさらに30%引きだったので買うことができたと、まるで子どものように嬉しそうに言いました。自分自身の物は何も買わず、女性は数が必要だからと言って、資金繰りが大変な時でも、何度もバーゲン品を買ってくれたのを、今でも鮮明に憶えています。

 この度の高額なワンピースは、会社の制服として買い与えてくださったのではなく、個人的なご厚意からだと受け取らせていただきました。道半ばで他界した主人が示してくれた、私に対する深い愛情を考えますと、このような形で高額なワンピースを3着も頂戴することには、正直に申し上げて大きな抵抗感を感じています。これまで、私自身に生きる力と希望を与えてくれたのは、他界してもなお主人が私のことを心配し、いつも見守ってくれていると感じているからです。不思議なことですが、いつかきっと主人とはまた会えるという強い思いも持っています。大変失礼な対応であることは重々承知していますが、私の感じていること、そして生き方をご理解いただければ、とても有難く思います。従いまして、頂戴したワンピースには一度も袖を通さず、このままお返しさせていただきます。

 これから先、社内で私を目にされることがあると、厭な思いをされると思いますので、会社に辞表をお送りしました。理由は、厄介な病気であることが発見され、早急に入院するよう勧められたから、ということにしました。

 短い期間でしたが、大変お世話になりました。今後ますます社業が発展し、ご自身も壮健でお過ごしになれますよう、心より祈念しております。

 改めて、私ごときにお示しくださったご厚意に感謝し、また、身勝手な選択を心よりお詫び申し上げます。」


 彼は大きな溜息をついた。貴重な可能性を失ったという喪失感を感じていた。しかし同時に、気高く崇高な生き方と人格が実在することを目の当たりにすることもできた。自分の心の中で、失ったものと得たものが、切なく交錯するのを感じた。

 いつもの社内見回りの時間になった。彼女が存在しない事務所を正視できるだろうかと考えた。同時に、自分自身の中にも感傷的な空間が残っているのだと、妙に懐かしく感じた。

【創作メモ】
 まずは最後までお読みくださり、お礼を申し上げる。昨日のウォーキング中に思い浮かんだイメージを、なんとかまとめることができてほっとしているところだ。久しぶりの創作だったが、改めて自分に最も合っている仕事だと思う。出来不出来はともかく、何かを感じ取っていただき、疑似体験としてくださる方が一人でもいらっっしゃれば、それで私は満足である。・・・「男の身勝手な願望の女性像だ」という女性からの反論が聞こえるようにも思う。しかし、この主人公の女性の切なる生き方は尊重していただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-08-19 22:23 | 創作への道 | Comments(0)

なんとか足先の激痛としびれは治まったようだ

The Elegance of Pachelbel - Serenade

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 ブログ読者の鶴と亀さんから、1曲の音楽を推薦していただいた。標題のパッヘルベルのセレナーデである。初めて聴く曲だったが、心を洗われる神聖な曲想だと思う。佳き作品との出会いは至福の思いである。鶴と亀さんには、改めてお礼申し上げたい。

 昨晩は、右足先に断続的な激痛が走り、久しぶりに不安な時間を過ごした。床についても、忘れた頃に激痛が襲い、思わず声を上げてしまう。なんとか眠りについたものの、足のしびれが朝になっても残っていた。

 昼食は、次男夫婦と三男家族が参加してくれて、バイキングでの会食となった。長男と長女は都合で参加できなかった。帰宅したが体調が悪く、起きているのが辛くなってしまったので、数時間仮眠した。目が覚めて、なんとしても8000歩は歩こうと決意し、外出した。なんとか激痛が治まり、しびれも改善されてほっとしている。

 歩いている最中に、あるストーリーが思い浮かんだ。書き始めると、また遅い時間までかかりそうなので、ためらいがある。そんなに長いストーリーではなく、ちょっとした心理描写である。


 ある中堅規模の企業のオーナー経営者は、ときどき事務所内を巡回し、現場の雰囲気を確認するのが習慣となっていた。最近途中入社した中年女性の仕事ぶりに感心し、その笑顔や表情に好感を持っていた。そんなことが何度か続き、彼は人事部に指示して、その女性の経歴書の写しを手にし、目を通した。

 彼女は自営業の夫を手伝い、小規模企業の経営を支えていた。ところが夫に深刻な病が見つかり、短期間のうちに故人となってしまった。亡夫の技術力でなんとか成り立っていた会社だったので、存続を諦め、会社を閉鎖した。子どもたちは皆、結婚して独立していたため、彼女は自分自身の生活のために、職を得たと記されていた。

 彼自身には離婚歴があった。会社を創業し、なかなか思うように業績が上がらず、資金繰りにも窮していた時期に、妻は耐えきれず実家に帰り、そのまま離婚となってしまった。そんな経緯があったせいか、彼は中途採用した彼女に対して興味を持つようになった。今では、年間売り上げも10億円を超える企業に成長したため、以前と比べると仕事一色ではなく、自分の人生のことも考えるようになっていた。

 彼女を見ていると、身なりはいつも質素で地味だった。ある日、彼は意を決して彼女に仕事を中断して同行するよう求めた。行き先は、銀座の著名な婦人服の店だった。

 ・・・本当は最後まで書きたいところなのだが、まだ体調が完全ではないので、調子に乗って書き続けてしまい、体調を崩すと本末転倒になってしまうと思い至った。大変申し訳ないのだが、改めて完結させるので今日はここまでとさせていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


[PR]
by hirune-neko | 2018-08-19 00:12 | 創作への道 | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
六甲山さん コメン..
by hirune-neko at 11:05
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ