人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2019年 08月 10日 ( 1 )

今日も夕方まで、コップ一杯の水だけで絶食状態だった


Bill Evans-Midnight Mood

 ギリギリの直前だったが、昨日になって取引先の産婦人科に対し、夏季休業のスケジュールをファックスで送信した。わが社の夏季休業は今日の金曜日から来週の金曜日までである。本来は今日からの1週間を、のんびりと過ごし心身を休められるはずなのだが、全く正反対だった。読書計画が数日分遅れてしまったので、朝から追いつき仕事場に行った。一緒に仕事をしている次男夫婦は、今日からベトナムに行き事務所にはいない。次男の留守中は、私がすべての受注データを処理することになっている。

 朝の9時台から早速立て続けに、絵本を受け取られた方や、これから申し込みをされる方から問い合わせの電話が入った。これまで、長年にわたって私が処理していた納品書・請求書の作成、さらには納品書作成の基礎資料となる、製作状況データなどを少しずつ、在宅で手伝ってくださる方々に委任するようにしている。それぞれの皆さんはそれなりにスキルがあり、あっという間に代行してくれるので助かっている。Dropboxの機能をフル活用し、情報を共有できるようになっている。
昨晩は、あまりにも疲労困憊してしまったため、布団の中でiPad Proを胸の上に立てかけ、音声入力で文章を作成した。誤字や脱字が発生しないよう注意したつもりだったが、何カ所も発生してしまった。今日もかなり消耗したので、昨晩同様のスタイルで、ブログ記事をまとめている。大変に無精なスタイルで、失礼極まりないとは思うものの、どんな格好で書いているかを画像でアップするわけではないので、ご容赦いただきたい。


 私はあまり、子供たちのことをブログで紹介しないようにしている。特に、娘は私のブログで書かれるのをを嫌がっている。調子に乗って娘のことを書いてしまうと、即刻家内に電話が入り、削除命令が出てしまう。どうも私は、娘には頭が上がらないようだ。

 しかし今日は、1つのエピソードを紹介したいと思う。

 娘は日本舞踊の名取である。しかし、小さい頃からクラシックバレエも習っていた。正確には憶えていないが、かれこれ30年ほど前のことだろうか。私は頻繁に渡米し、ロサンゼルスを起点として、アメリカ国内を飛び回っていた時期がある。ロサンゼルスである日、タワーレコードに入った。当時は今と違って、インターネットもそんなに普及せず、ましてやYouTubeなどという動画の宝庫もなかったはずだ。

 もともと大のジャズファンなので、タワーレコードでは何枚かのCDを購入した。その時にふと、世界的に著名なバレエダンサーのビデオが、日本ではあまり見かけないと思ったので、娘のために購入することにした。娘の影響でバリシニコフとかプリセツカヤなど、何人かの著名なバレエダンサーの名前は記憶にあった。さすがにアメリカの店なので、かなりたくさんの種類が売られていた。正確な数は覚えていないが、ビデオテープを20本近く購入したのではないだろうか。会計をしようと思い、レジカウンターの上に積み上げたら、店員の男性が目を丸くしていたのを憶えている。

 つい先ほど、家内から聞いたのだが、娘は著名なバレエダンサーのビデオの山を見て、目を輝かせたそうだ。それからは、学校から帰ってくるとわき目もふらず、バレエビデオの鑑賞に夢中になったそうだ。おそらくその頃に、踊りに対する感性が養われたのではないかと、家内が言っていた。ある日、バレエスタジオの先生が、あまり一般的には知られていないバレエ作品を踊ることになった。それまでに観たことがなく、どのような振り付けなのか皆目わからずに、困っていたそうだ。その時娘が、それは家にありますよ、と言うと先生がとてもびっくりされた、という話を思い出した。

 娘の検閲の目が光っているので、具体的な事は一切書けない。しかし、長年にわたって追求してきた独自のスタイルのメソッドが、最近になって認められ、注目されてきているらしい。・ ・ ・明日の日中には、娘からの削除命令が出るかもしれないので、これぐらいにしておく。父親なんだから、娘にとって良きことがあったら、記録に残したいと思うのは人情なのだが、なかなか自由にいかない窮屈さがある。

 2日連続して絶食時間が長かったため、あまり無理をしないようにしたいと思う。誤字・脱字が気にならなければ、音声入力というのは本当に楽である。文字通り口述筆記で、思い浮かんだことを声に出して言えばいいだけのことである。したがって、延々と話し続けてしまう危険性もあり、そうなると脳内がだんだん冴えてしまって眠れなくなると、元も子もない。そのため、自重して今日はこの程度にさせていただく。

 どうやら、iPad ProでYouTube動画のURLを設定し、掲載する事はできるようになったようだ。しかし、行頭の全角空けについてはまだ自信がない。見た目で見当をつけてスペースを作ったが、果たしてどういう結果になるかは明日にならないとわからない。

 それでは、1回だけ文字校正をして、そのままアップさせていただく。
更新を通知する


by hirune-neko | 2019-08-10 01:56 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ