人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2019年 07月 11日 ( 2 )

よるべなきものを、みそなわしてください

Bill Evans - Time remembered (with Symphony Orchestra)
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 
 今日、旧約聖書の箴言に目を通していたとき、見馴れた言葉ではあるが、意味を明確に理解していないと感じる言葉があった。「よるべなき」と「みそなわす」である。使われ方としては、「よるべなきものを、みそなわしてください」のような感じである。

 読むのを中断し、それぞれを検索して調べてみた。

 「よるべなき」は、本当に困ったときに、頼ったり相談できる相手が誰もいないような、いわば孤立無援の人のことだそうだ。そして、「みそなわす」は、「見る」の尊敬語、すなわち「ご覧になる」という意味だそうだ。

 つまり、「よるべなきものを、みそなわしてください」は、苦難の中にあっても、誰にも相談できず頼れる人もない者をご覧になり、手を差し伸べてください、という意味に解釈できる。聖書の中の言葉なので、神に対する嘆願ということになるのだろう。

 少しでも疑問に思った言葉があれば、すぐに調べるという習慣は、維持したいと改めて思った。理解が深まるからだ。


 昨日の夜、少し無理をしたせいか、鼻水とクシャミが出始め、今日は鼻水が垂れ流し状態で、クシャミも連続という悲惨な状態だった。ここ数日は寝る時間が久しぶりに遅くなってしまっていたので、それに対する警告だと思うようにした。

 そのような体調なので、ネット対局場での将棋のレッスンもお休みさせていただいた。書きたいことはあったのだが、体調快復のため、今日は短稿で失礼させていただく。


 ・・・韓国が軍事転用可能な物資を、核兵器製造国に横流ししていたことが明るみに出つつあるようだ。もし仮に、国際法で韓国がテロ支援国家と認定された場合、どのような扱いになるのだろうか。調べたいと思ったのだが、さすがに今日は止めにしておく。もしご存じの方がいらっしゃったら、コメント欄でそっと教えていただきたい。

 では、これにて失礼させていただく。ひと晩寝たら、快復すると思う。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-07-11 23:59 | 心の中のできごと | Comments(0)

自分でも、よく壊れないと思う

Diana Krall - Where or When (Jazz)
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 決戦突入の直前なのだが、ようやくデスク周りの整理整頓に手を付けた。なんでも積み上げてしまっているので、収拾がつかなくなっている。どこに何があるか把握できないという、悲劇的な状況になっている。ホームセンターと無印良品、100円ショップに何度も足を運び、主にプラスチックやアクリス製のトレイを組み立て、両面テープで固定して機能性を高めている。自画自賛になってしまうが、なかなか機能的ですっきりしてきた。必要なものにすぐ手が届くというのは、すこぶる快適な環境なので、それを目指している。

 何度も書いているが、自社製品の絵本の営業は、全国の自治体と産婦人科にターゲットを絞っている。単純に絵本を売り込むのではなく、絵本に付加価値がプラスさわるよう工夫している最中だ。提携企業も選定し、共同作戦で進められるよう戦略を練っている。脳内では、かなり具体的な像を結んできているので、そろそろ書面に落とし込みたいと考えている。

 今日はスカイプによる英語レッスンの6回目だった。まだまだ思うように適切な単語が出てこない。言いたいことを英語で表現する習慣が途切れて、かれこれ30年にはなるのではないだろうか。フリートーキングのレッスンなので、たどたどしく英語で表現すると、適切な表現に直してくれる。勿論、一度聞いただけで使えるようにはならないが、復習を繰り返すことで徐々に英語らしい表現ができるよう,期待している。

 ケンタッキー・フライドチキンは、60歳を過ぎてから創業したらしい。驚きである。私自身はとっくに還暦を過ぎているが、年々忙しさが加速しているのを実感している。とは言っても、ターゲットを徐々に絞り込んでいるし、パソコンや携帯デバイスが手足となってくれているので、負担そのものはそんなに重いとは感じていない。

 より迅速・確実に情報を記録し、iCloudに保存して、どこでも携帯デバイスで確認できるよう、保存ファイルの作成をあれこれ試したが、PDF、wordと変遷し、Pagesに行き着いた。Appleのサポートの方にかなり長時間質問したが、アップル製品を使用している場合は、Pagesが最も機能的で便利だと思う。心強い味方がまた増えて、嬉しく思っている。

 長男が昨日、フランクフルトに発ったのを知った。旅程を質問したら、短期間でフランクフルト〜でデュッセルドルフ〜パリ〜フランクフルトだそうだ。どの子どもも、やはり私の血を引いているなと、改めて思っている。

 さて、整理整頓が、とりあえず目下の課題なので、もう少し作業を続けたいと思う。私自身が、なんとか壊れずに山を越えられるよう願っている。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-07-11 00:43 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
昼寝ネコ様 Kor..
by ちはや at 00:14
名無しネコさん い..
by hirune-neko at 01:32
日本国内における10月実..
by 名無しネコ at 00:06
毎日、精力的な記事を楽し..
by 名無しネコ at 23:51
記事ランキング
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ