人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2019年 04月 28日 ( 1 )

朝鮮半島情勢に関するレポートを作成した

John Barry - Midnight Cowboy • TopPop
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 半日がかりで作成したレポートの一部を、以下に紹介させていただく。

 過去に何度か書いたが、ボランティアで国際組織の福祉団体に関わっている。昨年から、トップが韓国人男性になったが、今秋、韓国・ソウルで催し物を計画し、そこに多数の若い日本人男女を参加させようとしている。

 旧知の信頼できる人物からの依頼で、私自身も関わるようになっている。レポートは彼が発行人で、私が編集・製作担当となっている。従って、まずは私が作成し、発行人である彼の許諾を得てから配信することになっている。

 発行日を明日にして、試作を終えた。A4判で全12ページなので、文字量が多いため、以下に一部を転記して紹介させていただく。韓国人のトップの方が読まれたら、激怒して怒鳴り飛ばされるかもしれないし、お払い箱になる可能性もある。それはそれでいいではないか、という考えだ。

(転載開始)
【東アジア情勢レポート】
Open Source Information of East Asia Region

■編集担当者からの補足説明
 朝鮮半島情勢が、不穏な状況になりつつあるというのは、多くの識者の共通認識になっています。  

 日本の国家安全への影響は当然のこととして、仕事や旅行などで韓国に居住・滞在している日本人に及ぶ影響を、改めて検証する必要があると考えます。  

 少し過去の話題になりますが、現在は休戦中とされている朝鮮戦争の再開が懸念された時期がありました。その時に、在韓外国人の避難・救出問題が浮上しました。当時、韓国政府は米軍による在韓米国人の救出に関し、アメリカ政府との協議に応じることを表明しました。しかし、在韓邦人の救出のため、自衛隊の出動に関する協議には応じないと明言しました。

 その当時の関係記事を掲載します。少し以前の記事ではありますが、当時と比較しての状況には変化がないと見なすべきだと思われます。従って、朝鮮戦争の再開や、韓国内でのクーデターや内乱が発生しますと、日本人の救出手段がなく、捕虜・人質となり、無事に帰国できる可能性が非常に低くなることが予測されます。現在はそのような、各種非常事態の発生を想定すべき状況になりつつあると考えます。

(以下、タイトルのみで記事本文は省略)
●朝鮮半島有事でも、日本人5万人が 退避できない「痛い理由」

●韓国で「クーデター」の声も・・・朝鮮半島を襲う「End Games」の結末

●【赤化韓国】韓国の歴代政権が“求心力”高めるため植えつけた「歪んだ復讐心」 慰安婦像、徴用工像を道端に設置

●便器より汚いカップも?ソウルのカフェで驚きの調査結果 =韓国ネットユーザーも衝撃

●「助けて! プーチン」が袖にされた金正恩の哀れ 具体的提案のない社交辞令に終始した・・・“やる気”のないプーチン
 ■JBPRESS 2019.4.27 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56246

●金正恩、ロシア訪問の収穫は「亡命ルート」の確認か
c0115242_01112982.jpg
ロシア・ウラジオストクの市街地

■編集後記
【朝鮮半島情勢の流動性と予測の難しさ】  

 韓国および北朝鮮の両国内では、失政と、それに伴う経済環境の悪化に対する不満が鬱積しているようです。そのことから、両国では反政府運動、クーデターの動きが顕在化しています。とくに、北朝鮮では、CIAではなくFBIが反政府勢力に加担して、政権転覆を狙っているという情報もあります。  一方、韓国政府は国際的に孤立を深めており、財閥の経営悪化、国民の韓国籍離脱増大など、末期的状況だとも言われています。日本国内でも。政府自体が韓国に対する種々の制裁を検討し、徐々に実行に移されています。

 元々、反日教育・政策によって政権浮揚を行ってきたと言われる政府ですので、韓国在住邦人や、この時期に訪韓する日本人を標的とする。種々の拉致・テロ、犯罪行為を懸念すべきタイミングだと考えます。
(転載終了)

 さっと、こんな感じである。来月の今頃には、出入り差し止めになっているかもしれない。そうなったら、改めてご報告させていただく。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-04-28 01:14 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
昼寝ネコ様 Kor..
by ちはや at 00:14
名無しネコさん い..
by hirune-neko at 01:32
日本国内における10月実..
by 名無しネコ at 00:06
毎日、精力的な記事を楽し..
by 名無しネコ at 23:51
記事ランキング
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ