昼寝ネコの雑記帳

2019年 01月 02日 ( 2 )

迎春 歌詠み始め・・・なんちゃって

Michel Legrand - Theme from "Summer of '42"
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 
 正月二日目。柄にもなく短歌を作ってみた。

 助手席に座りし女性のうら若き 言葉かけしも黙して恥じぬ

【かなり想像力を働かせた美しい解釈】
 正月早々、隣りに若い女性を乗せてドライブに出かけた。ほのかな香水の香りに包まれたその女性は、内気な恥ずかしがり屋で、話しかけても返事ができないほど無口だった。

【現実はこんな状況だった】
 正月早々だったが、たまのデイサービスで外出するぐらいで、いつも部屋にこもりきりの義母。たまには外の景色を眺めた方がいいということになり、気分転換にドライブに連れて行くとにした。車椅子生活が長いため、後部座席より、リクライニングシートの方が楽だと判断し、助手席に座ってもらった。およそ75年ほど前には、まだうら若き女性だった義母も、来月96歳の誕生日を迎える。
 やがて多摩川沿いの道路に出たので、「ここは多摩川だよ」と説明したのだが、かなり耳が遠くなっており、黙したまま返事が返ってこない。


 義母はすっかり小食になり、風邪で食欲を無くした数ヶ月前には、体重が30キロを切ってしまった。よくぞ、ここまで生きながらえてきたものだと、感慨深い。

 今の私には、三十一文字の短歌がせいぜいである。短編作品は、それなりの時間をかけて想像を巡らせないと、とても作れない。昨年はおそらく、ひとつも書けていないのではないだろうか。

 優先度の高い案件が錯綜してるので、しばらくはお預けである。

 今日、北海道の方から絵本製作の申し込みがあり、アルバムページ用の画像3点が届いた。開くと、そのうちの1枚は、ネコだけのアップの写真だった。受信報告の返信メールに、次のように書き添えた。

 「ご出産おめでとうございます。一瞬、双子のご出産で、ネコちゃんも一緒に生まれてきたのかと勘違いしてしまいました。私は大のネコ好きですが、とても利発で性格の良さそうなネコちゃんですね。お子さんを優しく見守って、良き遊び相手にもなってくれそうですね。」

 返信があった。

 「ありがとうございます。お手数をお掛けして申し訳ありません。記念にネコも載せてもらえたらと思い1枚だけいれてしまいました。宜しくお願い致します。」

 お馬鹿な私は、またそれに返信してしまった。

 「早速のご返信を有難うございました。ごついでのときに、ネコちゃんの名前を教えていただいていいでしょうか。とても興味が湧いてしまいました。」

 奇特な方で、ちゃんと返信してくれた。

 「ありがとうございます。ネコの名前は『あお』です。男の子でもうすぐ2歳になります。我が家のアイドルです。」

 そう言って、改めてわざわざ、そのあおちゃんの画像を送ってくれた。なるほど、可愛がるのもうなずける容貌だった。嬉しいネコ画像だったので、無断で紹介させていただく。

c0115242_23322164.jpg

 そして、以下のようにお礼のメールを送った。絵本の本文に、あおちゃんのことも書き添えてあげようと思っている。

 「あおちゃんですね。絵本の文章の著者の名前は昼寝ネコです。あおちゃんに、よろしくお伝えください。」

 仕事中に何をふざけた会話をしているのか、と私自身も思っている。しかし、事務的なやりとりを超えて、たまにはこんなコミュニケーションがあってもいいのではないだろうか。

 さて、今日はいつもより数時間早く、ブログを書き上げられそうだ。今日は、うら若き女性を助手席に乗せてドライブしたせいか、少し緊張して体調が思わしくなかった。その後、二子玉川のライズと高島屋まで息抜きに行き、合計で1万歩以上を歩いた。

 正月休みも明日までで、いよいよ新年度の業務開始である。冗談抜きで正念場であり、内外情勢からも目が離せない、課題の多い一年になりそうだ。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2019-01-02 23:35 | 心の中のできごと | Comments(0)

あらら、もうこんな時間だ・・・元旦から疾走中の巻

João Gilberto - Rosa Morena
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 
 Happy New Year!・・・年が改まり、どのような気持ちで元旦をお過ごしだろうか。

 個人的には、今年はかなり緊迫した年になるという妙な確信があるため、元旦初日から急かされるような気分である。

 そのせいか、製作物の作成やサイトの更新に夢中になってしまい、気がついたら深夜1時半を回ってしまっていた。やれやれである。

 当たり前かもしれないが、珍しく電話が1本もかかってこなかった。インターネット経由の製作依頼フォームは、何本も着信したので全て処理をし終えた。

 明後日は、子どもたち家族のほとんどが集合する。その翌日からは仕事始めなので、実質的に仕事に集中できるのは明日だけである。文字通り、ほとんど年中無休のような生活だと思う。

 でもまあ、仕事が趣味であるかのように、楽しんでやっているので、精神的にはなんのストレスもない。

 そんな次第なので、せっかくお越しくださったのに、何も内容が無くて大変申し訳ないのだが、店じまいして休ませていただく。

 繰り返しになるが、食料品・飲料水を中心とする、非常時に備えた備蓄は今後も引き続き、お勧めさせていただくつもりだ。

 せめて音楽だけは、深刻さの無いボサノバを聴いていたい。・・・果たしてブラジル人の人たちは、深刻に思い悩まない国民性なのだろうか。皆目分からない。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2019-01-02 01:59 | 心の中のできごと | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 13:24
おはようございます。 ..
by causal at 09:14
千波矢さん 新年明..
by hirune-neko at 12:07
昼寝ネコ様 平成3..
by 千波矢 at 02:48
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 21:52
記事ランキング
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ