人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2018年 10月 15日 ( 1 )

非常時に備えた具体的な備蓄をお勧めしている

J.S.Bach BWV 853 - Patricia Hase

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 講談社から「破局に備える」という書籍が出版されたのは、1980年なのでかれこれ38年も前のことになる。著者はハワード・J・ラフ、 訳者は堺屋太一だ。かなり以前、一度紹介したが改めて思い出している。

 ハワード・J・ラフは、アメリカで資産家を対象とした、資産運用のコンサルタントをしていた人物だ。従って、資産を何に投資すべきかを研究するのが専門なのに、この書籍の最期の方で、「一年分の食糧備蓄が最も資産価値が高い」と結んでいる。その考えには、私も共感している。

 国全体かあるいは局地的に、破局に至る原因はあれこれ考えられる。ざっと思い浮かぶだけでも、

・地震、津波、洪水、山火事などの自然災害
・伝染病の広域拡大
・他国との武力衝突による戦争状態
・日本国内に潜伏している外国工作員によるテロ攻撃
・国家経済の破綻

 個人的な意見だが、破局の「原因」をあれこれ研究して予測するよりも、具体的に何が破綻したらどのような状況になるか、という現実的な「結果」を賢明に予測し、それに備えることを優先すべきだと考えている。少し考えるだけでも、いろいろな状況が想定できる。

・公共インフラの破綻で、電気・ガス・水道が停止する
・公共交通機関が停止する
・高速道路などの交通網が寸断され物流が停止する
・外出が危険な状態になる
・固定電話、携帯電話の順に利用不能となる
・近隣のスーパーやコンビニの棚から商品が消える
・救急車、消防車、パトカーの出動が困難になる
・外出中の家族の安否確認が困難になる

 上記のすべてを同時に解決する方法は、残念ながら思い浮かばない。厄介なのは、非常事態が発生する時間帯によっては、家族がバラバラに行動してるか、家族揃っているかの状況が異なることだろう。従って、まずは基本的に家族全員が揃っている状態を想定して、独自の備蓄計画を立案し、予算とスペースに合わせて実現に着手することだろうと思う。大まかには、以下の要素を考えている。

・飲料水:一人当たり、一日に少なくとも1リットルで計算する
・食料品:常温で長期保存ができるもの(缶詰、乾物、フリーズドライ)
・燃 料:調理が必要な場合を想定し、卓上コンロ、七輪と木炭や豆炭
・照 明:懐中電灯、再充電可能な電池を一定数量
     充電器、手動充電式照明器具
・通 信:携帯電話、携帯デバイス、USB充電ができる
     大型バッテリー、ラジオ
・防寒着:寒い時期に備えた薄手で保温機能の高い衣服、ブランケット
・非常用:寝袋、テント、シャベル

 以上を一定期間分、屋内に備蓄できるだけでもかなり心強いと思う。広範囲で大規模な破綻があった場合は、国や自治体を当てにすることが困難になるため、やはり自己防衛努力が最善と考える。

 ここまでは、自然災害や事故など敵性要素のない事態を想定している。しかし、最も厄介なのは、他国からの侵略による武力衝突が起こったり、政府が有事宣言をした場合だと思っている。外患罪や戦時国際法、交戦相手国の国防動員法などの基本知識もあった方がいいと思う。

 現在、日本国内には、とくに徳亜三国と呼ばれる国の工作員がスリーパーとして多数が潜伏していると言われている。とくに、戦争相手国に居住している自国民を軍属とみなし、戦闘行為を行うよう命じる、いわゆる国防動員法を制定している国と戦争状態になった場合、敵性要素が顕在化して危険度が増す。いわゆる無差別テロや破壊工作に巻き込まれない注意が必要となる。

 さらには、昨日のブログ記事で触れたが、アメリカではトランプ大統領が国家反逆罪で、オバマ元大統領やヒラリー・クリントン、元CIA長官を含む大量逮捕・軍事裁判に向けて動き出しているという情報が公開されている。それも、FBIに対する信頼が無いのか、ペンタゴンに命じて軍部が動くというシナリオのようだ。その中には、「米テックジャイアンツ」と総称されるらしい、Facebook、Twitter、YouTube、Googleなども対象になっていると言われている。

 つまり、敵対する国と内通している政治家や政府高官、企業という意味では、ここ日本国内でも同じ図式が明らかに存在しているので、非常事態の際の情報操作に惑わされない自己防衛策が重要となる。つまり、敵国を利するプロパガンダ報道を行っているメディアを峻別し、信頼に足るメディアや個人ブログサイトを、普段からリスト化しておくことだ。

 経験上、インターネットは固定電話や携帯電話よりも機能維持の可能性が高いと判断している。従って、既述のように少し大型の充電用バッテリーを所持していれば、停電が続いたとしても、ある程度の期間は充電しながら、携帯デバイスでインターネット閲覧が可能となる。そこで、信頼できるブログサイトから「正しい情報」を収集することが、的確な判断をする上での有益なツールとなるだろう。

 ときどきブログ記事で、無料会員制「みるとす」に言及している。もともとは、赤ちゃんの名入り絵本を製作する過程で生まれた発想である。子育て中の家庭が、家族の絆を強めていただき、無事・安全・健康・平安に過ごしていただくために、必要と思われる情報提供支援を行う、というのが起点となっている。

 私は従前より、国家インテリジェンスに興味を持ち、独学で学んでいる。既述のように数年前、防衛研究所主任研究員の方が講師だった「インテリジェンス」の講座を、大学院に入学して学ぶ機会を得た。国家情報機関による諜報活動の歴史と実態の基本を、アカデミックな知識として得ることができた。

 結果的に、日本に向けられた目に見えない種々の諜報・工作活動、さらには武力衝突やテロなどの現実的危険性を認識するようになり、家庭・個人レベルでの自己防御策としての備蓄をお勧めすることにしている。

 残念ながら種々時間的制約があり、「みるとす」の正式会員募集までは、もう少し時間が必要な状況だ。お待ちいただいている皆さんには大変申し訳ないが、しばらくご辛抱いただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

by hirune-neko | 2018-10-15 01:12 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ