昼寝ネコの雑記帳

2018年 07月 02日 ( 2 )

出不精なりに、いろいろな人の人生を思い巡らせている

Bill Evans - Haunted Heart

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 たった今、話題にしていた人の名前が出てこない。口にしようと思っても、その言葉が出てこない。詰め将棋を解いていても、途中でそれまでの手順が思い出せなくなる。・・・最近は、そのような状況を経験することが増えてきた。

 肩の凝りで血行が悪くなり脳に酸素が行き渡らなくなっているせいなのか、途切れなく何かをしているので脳内疲労が蓄積しているせいなのか、あるいは単にアルツハイマーなのか、さっぱり原因が分からない。

 ただひとつ思い当たるのは、ひとつのことだけに集中し、最後まで継続して終えることができず、電話やメールなどでズタズタに中断されてしまう日常なので、脳内ストレスや疲労が溜まっているのではないだろうか。

 それでなくても、あらゆることを細分化して分類整理しようとしているので、絶えず多チャンネルのラジオ放送を、次々と聴いているような感じだ。神経にいいわけがないと思う。

 しかし、このような環境で工夫しながら努力していれば、なにがしかの能力が育つのではないかと期待している。

 これまでの人生で、いろいろな人の生き様や内面を、冷静に観察してきたように思う。お子さんたちがみな成人し、父親としての責任を果たした人生の晩年で自殺した男性のことを考えていた。自殺であることを知る人は少ないらしい。何が彼をそこまで追いつめたのか。あくまでも想像の域を出ないが、彼の犯した過ちと自責の念により、視野狭窄に陥って追いつめられた精神的な状況が見えるような気がする。

 私は人の過ちに対しては寛大な方ではないかと思う。不思議なことだが、間違った行為があっても、後悔して軌道修正すれば、人はやり直すことができるし、そうすることによって人間的な深みと幅ができるのではないかと、そんな風に鷹揚に考えている。

 自分自身の人生を振り返ってみると、大中小様々な間違いがあった。かなり若い頃から、すでに終わったことを後悔して、ずっと思い悩んでもなんの解決にもならない、というある種の居直り精神が醸成されてしまったようだ。

 今日、改めて気づいたことがある。私には知識欲があるし、向学心もあると思っている。しかし、知識の量を増やすことが最終目標になってしまうと、その人は自分の知識を誇り、自慢し、果てはある種の高慢さに侵されてしまう。

 大切なポイントは、どのような目標・目的のために、その知識が必要なのか、ではないだろうか。視野狭窄に陥らず、大局観と広い視野を持つ。私利私欲に振り回されるのではなく、人の痛みを理解し、できることならその痛みを分かち合う気持ちを持つ。そのような人が増えれば、世の中はもっと住みよくなるのではないかと想像している。

 なんの対価も求めず、少しでも多くの人たちが参考にして、正しい判断をしてほしい。そんな気持ちが伝わってくるブログがある。かなりの時間と労力を使って、他者のために自己犠牲を惜しまないブログがある。ともすれば、相手を非難中傷し罵倒するような論調のブログが散見される中、自己の感情を抑制し客観的に公開情報を発信し続けている、奇特なブログ主が存在する。一日に更新される、それなりの数のタイトルだけを閲覧しても、その日に起きている重要事項を知ることができる。頭の下がるボランティア精神である。

 是非、そのブログをブックマークし、毎日のニュース代わりに活用されてはいかがだろうか。お勧めさせていただきたい。少しでも多くの皆さんからのアクセスが増えれば、ブログ主には皆さんの役に立っている、という達成感を感じてもらえるのではないだろうか。皆さんからも、そのような形でささやかなエールを送っていただきたい。

 前回に引き続き、再度のご紹介である。

【奇特な公開情報発信ブログ】
「徒然なるままに」by ちはや

 以下は、本日付だけの「徒然なるままに」の紹介記事タイトルである。

(転載開始)
1. 迫るオレンジ色の煙 医薬品原料製造工場で爆発 - 産経WEST 2018/07/02 19:44

2. 「リムパック 2018」に参加する各国海軍艦艇がパールハーバーに入港 : 軍事・ミリタリー速報☆彡 2018/07/02 19:26

3. 9月を乗り越えるには、ニダーさんの財産が必要です。 | 鏡花風月 2018/07/02 17:37

4. 【国防最前線】自衛隊の構造を蝕む予算と人員不足 今のままでは国民の期待に応えられない - zakzak 2018/07/02 17:23

5. トランプ氏が「中国覇権拡大阻止」本格化 米、台北事務所警護に海兵隊派遣を要請 - zakzak 2018/07/02 17:22

6. 【野口裕之の軍事情勢】トイレで洗濯&定員超で永遠に閉まらぬエレベーター…中国人は - 産経ニュース 2018/07/02 17:08

7. 【関西の議論】琵琶湖から天然ガス、戦中戦後に湧出の記録…近畿の水がめは天然資源の宝庫だった - 産経WEST 2018/07/02 17:07

8. 【絢子さま ご婚約内定】「うれしく身の引き締まる思い」絢子さま、守谷さんとご会見 - 産経ニュース 2018/07/02 16:58

9. 【あれ?】徳島:獣医師不足が深刻。年齢上限引き上げ、待遇改善、試験実施日を増やすなど四苦八苦 | もえるあじあ(・∀・) 2018/07/02 16:51

10. ( ´_ゝ`)野田聖子「大臣のまま総裁選に出馬。首相からダメ出しがくるまでやる」 | もえるあじあ(・∀・) 2018/07/02 16:46

11. 韓国ウォンの暴落開始で『証券市場が惨憺たる有様』大規模な資金流出が始まった : U-1速報 2018/07/02 16:34

12. 高須院長を挑発したパヨクが『即座に切り返されて』周囲は騒然。実に巧妙な答えだと話題に : U-1速報 2018/07/02 16:31

13. 【憲法改正】「止めているのは立憲民主党の辻元・国対委員長だ」 自民の中谷・元防衛相が批判 | 保守速報 2018/07/02 16:24

14. 【皇室】天皇陛下が体調不良。しばらくご安静に | 保守速報 2018/07/02 16:17

15. 2591 神原元弁護士集団訴訟調査票質問コーナー3 | 余命三年時事日記 2018/07/02 15:45

16. 【安倍政権考】籠池氏妻 …朝日が触れない財務省交渉記録の中身 - 産経ニュース 2018/07/02 07:12

17. 【自民党総裁選】安倍晋三首相の“番頭役”始動 菅義偉長官が秋田入り 地方と無派閥固め着々 - 産経ニュース 2018/07/02 07:10

18. 北朝鮮が『米国に”致命的な証拠”を掴まれて』破滅確定な状況に突入。米朝合意を守る気はなかった : U-1速報 2018/07/02 03:46

19. 【東京都「改正迷惑防止条例」】大丈夫ニダー♪ それって本当なんですかね~♪ | 鏡花風月 2018/07/02 03:31

20. 沖縄県知事選が想定外の事態に。日米安保にも打撃か?暗礁に乗り上げる普天間移設 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員 2018/07/02 01:54

21. 【森友問題】竹田恒泰氏、昭恵夫人より先に名誉校長を頼まれていた「僕が断ったからそっちに…」@そこまで言って委員会 : 正義の見方 2018/07/02 01:44

22. 【北朝鮮】金正恩氏「経済制裁で大きな苦痛。制裁の早期解除に努めてほしい」中国の習主席に協力要請 : 正義の見方 2018/07/02 01:40

23. CIAなど米諜報員の裏切り増加、中国に高額で情報を売る│NEWSポストセブン 2018/07/02 01:32
(転載終了)

「徒然なるままに」by ちはや

 ・・・ちはやさん、いつもお疲れ様である。私も毎日閲覧させていただいているが、なかなかできることではないので、敬服している。しかし、睡眠時間はしっかり確保していただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-07-02 23:56 | 心の中のできごと | Comments(2)

出ずっぱりの一日が、ようやく終わった

SIlvius Leopold Weiss - Sonata 48 - F sharp minor - Allemande: Andante

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 普段は机の前に座っている時間が圧倒的に長い。今日は珍しく、朝から出ずっぱりの一日だった。おまけに夕方過ぎから、車で新横浜まで往復したので、さすがに脳内から睡魔が浸透し出している。

 今日、生まれて初めてブラジル人男性と会った。日本に来てまだ数日だというものの、たどたどしくはあるが日本語を話す。挨拶をし、私はボサノヴァが好きでよく聴きますよ、といったが反応は鈍かった。ポルトガル語で話せるのは、これだけですと前置きし、「ケッテ・キエロ・イケノ・コイオ」というと、笑顔が拡がった。

 果たしてこの歌詞はどの曲だったかが思い出せず、帰宅して心当たりの「Woman on Top」を全曲聴いてみたが、とうとう見つけられなかった。これは映画のタイトルで、今は故人となっている高場将美先生から教えてもらったものだ。

 日曜日はさすがに電話がかかってこないので、神経的には楽だ。のんびりとリュートの演奏を聴いている。普段は電話やメールで仕事が頻繁に中断されるので、ひとつのことを継続的に考えることが難しい。ある意味でストレスである。その点、日曜日は別の意味で、仕事とは異なる領域の思考ができる。

 先日来、韓国議会が在日韓国人の皆さんを強制送還する、という記事が頭から離れない。ブログ読者の方がわざわざ、関連情報を調べて送ってくれている。有難いことだ。

 兵役法に基づき、徴兵義務を逃れて日本に居住している人を対象にするのは理解できる。特別永住権は朝鮮戦争の時に、難民として渡日したとされるが、韓国政府はその人たちの住民登録をすることで国籍を認定する方針だそうだ。そうなると、日本政府としては特別永住権の更新を拒絶し、本国へ送還するという。

 帰化していても、韓国籍のままであり、韓国政府が国籍離脱を確認できないとなると、日本政府による帰化取り消しになる、とも書かれている。では、帰化2世や3世はどのような扱いになるのだろうか。

 まだ調べ始めたばかりなので、私自身も確証を得るところまでは行っていない。最終的には入国管理事務所に問い合わせようかと思っている。

 昨日、文在寅大統領の重病説を目にした。公式行事をキャンセルして1週間になるらしい。何が起きているのかは、私の知るところではない。しかし、なんとなくではあるが、異変の前兆を感じている。

 私が関わっている福祉団体のトップが、アメリカ人から韓国人に交替した。日韓有事が宣言されると韓国人トップは、韓国に強制送還されることになるだろう。さすがに福祉団体なので、誰も有事事態を想定した発想を持っていないようだ。余計なこととは思いつつ、日韓有事を前提とする情勢の変化について、一部の日本人役員に事前対応策を研究するよう進言した。どうやらその必要性を認めたようだ。

 妄想もここに極まれりと思われるだろうが、個人や家庭を益する目的で、民間情報機関を作りたいと考え始めてから、かなりの年数が経過した。なかなか進展しないが、改めて、購入していたKindle本をようやく読み始めている。

 「情報機関を作る〜国際テロから日本を守れ」 吉野準著・・・の冒頭では、いきなりHumint情報の重要性が力説されている。いわゆるヒュミント情報(Human Intelligence)である。授業で習ったときは、OSINT情報(OpenSource Intelligence)・オシント情報は、世界の主要情報機関が80%以上の高いパーセンテージで力を入れて収集していると聞いたし、実際に他のサイトでも同様の記述がある。

 勿論、Humint情報(Human Intelligence)とOSINT情報(OpenSource Intelligence)の両方を、バランス良く収集できれば、それにこしたことはないと思っている。少しずつではあるが、独自の発想の情報機関の基盤を整備しつつある。

 何歳になっても、青春時代であり、書生論は終わりそうもない。しかし、それはそれでいいのではないだろうか。・・・と、居直っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-07-02 01:08 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ムベさん コメン..
by hirune-neko at 17:49
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 13:39
お婆さんがどれ程心強く思..
by ムベ at 13:35
昼寝ネコ様 お早う..
by 千波矢 at 07:14
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 19:53
記事ランキング
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ