人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2018年 06月 20日 ( 1 )

公開情報あれこれ〜徒党を組む人々と沈黙の羊たちの対峙

Astor Piazzolla " Tristeza De Un Doble A "

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 少し前の情報も含むが、最近の公開情報で気になっているいくつかをまとめてみたい。皆さんはほとんどの概要をご存知だと思うので、簡単に箇条書きにしてみた。

 改めて思ったのは、ブログ主の皆さんの視点が実に多様であり、インターネット上に公開されている情報から、普段はなかなか目に見えない状況が浮かび上がってくるのではないだろうかと思った。

  1. 自由社会の危機(2)今、どれだけ自由社会が危機に陥ってしまっているのか?せと弘幸BLOG「日本よ何処へ」http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53284334.html
  2. 東日本JR労組の大量脱退と列車妨害事件 革マル派の犯行説が広がっています。せと弘幸BLOG「日本よ何処へ」http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/53284432.html
  3. 【衆院議運委】野党の速記妨害を注意… 委員長「厳に慎んでいただくよう各会派に徹底して」Share News Japan https://snjpn.net/archives/55847
  4. 「軍歌」と批判が殺到したRADWIMPS『HINOMARU』炎上騒動についてアメリカ人に意見を聞いてみた Rocket News24 https://rocketnews24.com/2018/06/12/1076168/
  5. 野党モリ・カケ追求で内閣支持率回復 北朝鮮との交渉を公開せよと「テレ朝」後藤謙次 http://ponko69.blog118.fc2.com/blog-entry-4884.html
  6. 関西生コン支部(武建一)の企業恐喝映像 和歌山県 広域生コンクリート協同組合提供 http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2018-04-05.html
c0115242_00160667.jpg
上記記事1より転載
c0115242_00163480.jpg
上記記事3より転載


 ざっと目についた記事に目を通していたとき、かなり以前読んだ記憶が甦ってきた。

 記憶が不確かなので正確さに欠けると思うが、辿ってみた。確か、在日外国人の中でも、とりわけ韓国・朝鮮系の人たちに対する特権が手厚いと書かれていたように思う。さらには、それらの特権を取得した手法だが、拒否した自治体には徒党を組んで押しかけ、あるいは大量のファックスを送信して業務を妨害した、という記述があったように思う。

 おそらく、余命三年時事日記で読んだと思うのだが、余命ブログ内で「在日特権」で検索すると、なんと365本もリスト化されて出て来た。これでは探しようがない。

 どうも理解できないことがある。私は時々、日本人を「もの言わぬ沈黙の羊」と表現することがある。不平不満があっても、理不尽なことがあっても、じっと耐えてこらえる。そのように感じてる。一方で、軍隊の全滅指数とかいう定義があり、全軍の何割が壊滅したら士気を喪失して敗走するか、という統計があるという。弱い軍隊は2割程度の壊滅で全滅する。よって対戦するときは2割の壊滅を目指す作戦をとる、と書かれていたように思う。

 しからば日本軍は何割が全滅指数だったか。お読みになった方も多いと思うが、なんと、日本軍の場合は最後の一人になっても降伏せずに戦ったと記憶している。米軍指揮官が、日本軍の驚異的な戦闘士気に怖れをなし、戦後、降伏した日本には軍隊を持たせない政策になったのだろうか。

 その「もの言わぬ沈黙の羊」気質は、いわゆる武士の心得なのではないだろうか。何で読んだか思い出せないが、いざ刀を抜くといずれかが死ぬことになるので、武士は無駄な殺生を避けるため、あくまでも礼節を重んじ、ぎりぎりまで忍耐したそうだ。

 つまり、羊たちのように一見すると反抗せず、文句を言わず、ひ弱に見える日本人の正体は、実は内部に怒りを蓄積し、静かに耐えてているだけの「戦闘民族」だと書かれていたように記憶している。

 自分たちに不都合な情報発信を声高に封じ込め、自分たちの意に添わない言動に対しては、徒党を組んで押しかけ、つきまとい、横車を押す。そのような手法が、これまではまかり通って来たのだろう。なぜなら、ほとんどのマス家ディアは、その実態を報じなかったためである。

 潮流に変化が出始めたのは、明らかにンターネットの出現とその普及である。さらには、勇気をもって実態の開示に努め、身命を賭して情報発信する人たちが増え続けていることが、変化の流れの加速度を増している。

 上記の記事にもあるように、これまで数に寄り頼って活動してきた労働組合も、【今年の春闘でストライキ権行使を一時予告したJR東日本の最大労働組合「東日本旅客鉄道労働組合(JR東労組)」では、組織の3分の2にあたる組合員約3万2千人が脱退する事態を招いた。】、とあるように、離反が加速しているようだ。しかも、数百件に及ぶ列車走行妨害という危険な事件が、組合内部の人間によるのではないかという疑いを持たれているようだ。

 これまで、長年通用してきた手法かもしれないが、徒党を組んで恫喝し、マスメディアを味方につけて隠蔽し、世論を恣意的に誘導するという図式は、通用しなくなりつつあるのではないだろうか、と感じた次第だ。

 ものをいわず、無理に声を上げなくてもいいので、社会の動向を的確に把握し、選挙には棄権しないで投票する。そのように努める人たちが増えることは、民間人による国家防衛の基本になるのではないだろうか。

 そのように意識する皆さんの、時間と労力の負担軽減をお手伝いしたい、というのが私たちの本意である。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

by hirune-neko | 2018-06-20 00:26 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
昼寝ネコ様 Kor..
by ちはや at 00:14
名無しネコさん い..
by hirune-neko at 01:32
日本国内における10月実..
by 名無しネコ at 00:06
毎日、精力的な記事を楽し..
by 名無しネコ at 23:51
記事ランキング
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ