昼寝ネコの雑記帳

2018年 04月 01日 ( 1 )

あと1時間で4月1日である


Eliane Elias Photograph (Fotografia)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 明日は、ある公的な場所でお話をする予定がある。真面目な会合ではあるが、せっかくのエイプリル・フールの日なので、冒頭で以下のようなお話をしようかと考えている。

(エイプリル・フール用のお話なので、決して真に受けないでいただきたい)

 「皆さんの前で、こうしてお話しできるのも、今日で最後になってしまいました。おそらく、うすうす感づいている方もいらっしゃると思いますが、実は私は地球人ではありません。遠い銀河宇宙の彼方から、特別の使命を受けて、これまで地球人として生きてきました。このたび、全宇宙規模で大がかりな人事異動があり、私は地球を離れて別の惑星に移るよう指示がありました。三日後には光子宇宙船が迎えに来ますので、今日は許可をいただいて皆さんにお別れのご挨拶をさせていただきます。」

 ん〜、これではどうも、最初からバレバレになるかもしれない。もう少しリアリティのあるお話を考えた方がいいかもしれない。どうもこの手の話は苦手のようだ。

 今日の夕方過ぎに、念願の二子玉川・ライズにある109シネマに行き、会員本登録を終えて会員カードをもらってきた。田園都市線・大井町線の二子玉川駅を下り、高川高島屋とは反対方向に歩く。思ったよりは近かったが、それでもかなり歩いた。

 駅から続く幅広の通路の両側に、いろいろな店舗が並んでいる。帰りがけにDIYショップを覗いてみたが、食指を動かされるものはなかった。次男から蔦屋(つたや)家電があると聞いていたが、かなり店舗面積が広いのに驚いた。しかし、家電という名であるものの、ほとんどが書籍売り場となっていた。店内には何カ所かのソファがあり、喫茶スペースもあった。旧来の書店の感覚とは大きく異なり、棚と棚の間隔もとても大きい贅沢でモダンなレイアウトだった。月額家賃を想像し、客数を数えて、果たして採算が取れているのだろうかと、人ごとながら心配しながら店を出た。

 普段、ショッピングなんて縁がない私なので、歩きながら店舗の看板を見ても一体、何を売っている店なのかさっぱり分からなかった。完全に時代に取り残されていることを実感した。

 そんなこんなんで、今日一日で9千歩以上を歩いた。久々の8千歩超えである。せっかく外出したので、どこかのカフェでiPad読書でもしたかったのだが、花粉症が重篤な状態になってしまい、クシャミの連発で鼻水も止まらず、散々のコンデジションで帰宅した。

 どうやら早めに床についた方が良さそうなので、ここまでにさせていただく。あとはウツラウツラと眠りに落ちながら、明日のエイプリルフール用のお話を考えることにしたい。・・・金正恩氏から北朝鮮への招待状が届いた、トランプ大統領からネット将棋対戦の申し込みがあった・・・。まあ、どれも鼻で笑われておしまいの話ではある。

 そういえば今日、元サーファーの男性が集荷に来てくれた折、東南アジア諸国の日常生活に関するレクチャーを受けた。これまでずっと、いつか南米、東欧、北欧に取材旅行に行きたいと考えていたのだが、どうやら東南アジアにも興味を持ち始めているようだ。彼には放浪癖があるようだが、私自身、自分のことをずっと無国籍人間と感じているので、話が合うようだ。・・・しかし、海外旅行なんていう機会が訪れることがあるのだろうか。夢のまた夢のような気がする。

 あと15分で4月1日である。

 イタチの最後っ屁みたいな話になるが、歩きながらYouTube動画の音声だけを聴いた。フランス語に関する動画だ。英語の70%が外国語の影響を受けており、さらにその50%はフランス語だそうだ。従って英語を単独で学ぶより、フランス語も一緒に並行して勉強することを勧めていた。さらに辿ると、ラテン語に行き着くという。本当に自分の単細胞さに呆れているのだが、そのフランス語とラテン語に、少しは時間を割いてみようかと思ってしまった。これは、4月1日直前の話ではあるが、本物の実話である。興味がおありだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=Zbqm6u-ED0g&t=58s
英語とフランス語を同時に覚えてしまう勉強法!【Lesson 54】


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-04-01 00:00 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
六甲山さん コメン..
by hirune-neko at 11:05
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ