昼寝ネコの雑記帳

2018年 03月 07日 ( 1 )

ようやく、今日のひと区切りがついた


Stacey Kent - There's a Lull in My Life
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 今日も仕事の頭休めに、政治ブログをいくつか閲覧した。あくまでも第六感でしかないが、地殻変動が静かに進んでいる印象を受けた。以下に、少々気になった記のいくつかをランダムに紹介させていただく。

1.【辛淑玉がドイツに亡命「在日の迫害はヘイトから物理的テロへと移りつつある。MXは故郷を奪った」
(辛淑玉さんの手記の一部引用開始)
 「日本で進行している在日に対する迫害は現在、言論やメディアによるヘイトの段階から、特定のターゲットに対する物理的なテロの段階へと移りつつあります。2月23日には、朝鮮総連に対する極右の銃撃事件が発生しました。
 私がドイツに逃れたのは、極右テロからの自衛であり、事実上の「亡命」です。旧大日本帝国は祖父の地を奪い、MXは私のふるさとを奪いました。帰れるところはないのです。」
(辛淑玉さんの手記の一部引用終了)
*詳細は引用元のブログ「正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現」をご覧いただきたい。http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7004.html

2.【広がる赤旗撲滅の輪】政党機関紙の庁舎内勧誘禁止、議会が陳情を了承、藤沢市
 「藤沢市議会でも陳情が趣旨了承。報道によると総務常任委員会が舞台。共産党機関紙「しんぶん赤旗」を含む政党機関紙の市庁舎内での購読勧誘・配達・集金を行わないよう求める陳情について、賛成多数で趣旨了承したとのこと。」
*詳細は引用元のブログ「行橋市 市議会議員 小坪しんや」をご覧いただきたい。https://samurai20.jp/2018/03/akahata-43/

3.【しばき隊は過去の出来事 今は殆ど見かけないのは何故?】
 「この人達はもう過去の人になりつつあると思う。行動する保守運動の東京の現場での活動映像をみても、殆ど映っていない。まだカウンターと称して妨害する輩はいるが、このしばき隊と関係ある訳ではない。あれほど動員して大騒ぎした割には急速にしぼんでしまった。組織としての動きは全く見られない。最初から組織ではなく烏合の衆であったと言うべきか?」
*詳細は引用元のブログ「せと弘幸BLOG 日本よ何処へ」をご覧いただきたい。http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/

4.【安倍総理「テレビ局に新規参入を促す。テレビ局はこれから大競争時代で淘汰される」。反日・在日局は戦々恐々。】
 「安倍首相、電波の割当制度を見直し新規参入促す『大改革行う
安倍晋三首相は2日、東京都内で開かれたBSフジのパーティープライムニュースの集いに出席。既存のテレビ局を優遇している電波の割当制度を見直し、新規参入を促す制度改革への意欲を重ねて示した。
 『電波、通信の大改革を行いたい。大競争時代に入り、ネットや地上波(テレビ)が競合していくと述べ、同時に(テレビ局は)生き抜いていけるコンテンツを提供することが求められる。あまり狭い日本だけ見ずに世界を目指してほしいとも語った。(平成3033日 サンスポ)」
*詳細は引用元のブログ「さくらの花びらの 日本人よ誇りを持とう」をご覧いただきたい。https://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/35077080.html

5.【トランプ氏、文氏“無視”で北朝鮮攻撃へ 米情報当局関係者「内部に反正恩一派つくることに成功」】
 「CIAが脱北者などの協力で、北朝鮮内部に反正恩一派をつくることに成功した。正恩氏のそばに一派の人間がいる。米国は、正恩氏の正確な居場所を把握している。経済制裁で朝鮮人民軍全体が飢え、一部幹部らは正恩氏を恨み、クーデターを条件に命乞いを始めた。正恩氏は護衛を倍にしたが、狂乱状態になっている」
*詳細は引用元の記事「ZAKZAK」をご覧いただきたい。 https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180306/soc1803060003-n1.html


 ここからは私個人の感想だが、これらの情報に、何か共通の地下水脈があるとかいうつもりは毛頭無い。ただ敢えて言えば、国内外の地下深くで静かに地殻変動が進んでいると感じた次第だ。

 日本では長年に渡り、新聞、ラジオ、テレビ、雑誌が情報源として君臨し、日本国民に情報を提供してきた。日本国民の判断力に大きな影響を与えてきた。朝日新聞に記事が載ったとか、NHKで放送されたということがステータスであり、ちゃんと取材して事実を報道しているという絶対的信頼感に支えられて、情報を提供してきた。逆に反政府活動はメディアに支えられ、過激で違法な実力行使もメディアが報道をスルーすることで、無罪放免されてきた。

 そのような堅固なメディアスクラムにほころびが出始めたのは、いつ頃からだろうか。歴然としているのは、インターネットから主体的に情報を取得する人たちと、旧来通りマスメディアのみから情報を得ている人たちとでは、「情報力」および「洞察力・判断力」の領域で歴然とした差がついてしまったことだろう。

 何度か述べたが、選挙で過半数を得ることで合法的かつ確実に政権を手にし国の進む方向を決定づけることができる。そのためには、できるだけ多くの有権者に対し、恣意的な印象操作や世論誘導を行うことが明らかに効果的だった。「効果的だった」と、敢えて過去形で表現させていただく。

 しかもここ数年は、インターネットを起点として、一般国民が思いも寄らない行動に出るようになった。集団通報、官邸メール、外患罪集団告発、懲戒請求などである。次第次第に「事実を知る人」が増大し、国家の安全を脅かす個人や集団に対する監視の目が格段と厳しくなっているのは事実だろう。

 安倍総理の談話は電波オークションにつながり、既得権に安住してきたテレビ局にとっては存続に関わる事態だろう。また、これからはさらに新聞の押し紙問題が厳しく取り上げられ、全国紙の報道および経営姿勢が、一般国民の厳重な監視下に置かれるだろう。

 世界中どこでも行われているプロパガンダ活動、工作活動であるが、日本の場合はどうやら公安警察がかなり実態を把握しているものの、法の不整備のためスパイ活動を摘発することが難しいようだ。いわゆるスパイ防止法の制定が叫ばれるゆえんだ。しかしすでに、長年の工作活動によって築いてきた足場が崩壊し始めており、スパイ・工作員と目される人が、日本国外に脱出・亡命し始めていると推測している。

 現時点で大きい懸念のひとつは、米朝の開戦である。上記の文を再掲するが、

 「CIAが脱北者などの協力で、北朝鮮内部に反正恩一派をつくることに成功した。正恩氏のそばに一派の人間がいる。米国は、正恩氏の正確な居場所を把握している。」

 他の記事も参考にすると、米朝有事に備えて、中国人民解放軍は中朝国境で北朝鮮への侵攻訓練を実施しているという。国家経済の苦境もあり、中国は北朝鮮を見捨ててアメリカと協調する選択をしていると考える方が自然だろう。すると、従北姿勢の文在寅大統領と韓国の将来は絶望的に思える。国家として存続することができるのだろうか。米中を中軸に、場合によっては日本やロシアも参画して朝鮮半島の新統治体制を始める密約が固まっているのかもしれない。大変興味深い領域である。

 いずれにしても私たちにとって、食料、飲料水、燃料、電源、信頼できる情報源、インターネット環境をしっかり備蓄・確保することが、喫緊の課題だという考えに変わりはない。今からでも備蓄に着手されることを強くお勧めする。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-03-07 02:37 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 14:44
swingle sing..
by causal at 10:57
causalさん ..
by hirune-neko at 15:44
>高津駅前のレンタルショ..
by causal at 08:55
おはようございます。 ..
by causal at 08:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ