人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2017年 06月 26日 ( 2 )

二男のお下がりのフィットビット(Fitbit)


Milva - Années de solitude


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 先週末、二男がフィットビット(Fitbit)を買い換えるので、新しいのが届いたら、今使っているのをくれると言っていたが、今日持ってきてくれた。

 まずはiPhoneからAPP Storeに入り、アプリをダウンロードした。新規アカウント登録を終えて、Bluetoothで同期した。まだまだ使い慣れていないが、脈拍数、歩行数、歩行距離、階段の段数、消費カロリー、夜には睡眠状態などいろいろな状態を数値化したり、グラフ化して見ることができるようだ。いよいよおサボリができず、無精生活と訣別しなければならない時期になったようだ。アプリを開くと、自分の日常生活の動きが歴然とするので、うかうかできない。

 今日、夕方過ぎから試しにフィットビットを装着して歩きに出た。帰宅してからチェックしたら、3,500歩ほど歩いたとの記録が残っていた。うん、これだと達成感もありそうだ。後は三日坊主で終わらないよう、継続しなくては。でも、毎日欠かさず40分以上のウォーキングをするなら、身体の芯がしっかりし、頭もすっきりするという実感があるので、続けた方が健康にいいのは明らかだ。

 もう何年も前のことだが、いつかオール・ピアソラプログラムでコンサートをプロデュースしたい、と書いたことがある。それをひかりんさんが読んで、是非首都圏で自分たちのコンサートをプロデュースしてほしいと言ってきた。前に紹介したことがあるが、ひかりんさんは池田クレモナ・モダンタンゴ五重奏団のバンドマスターである。全てピアソラの作品で、演奏したい曲目のリストが送られてきた。その中の1曲が、日本語では孤独の歳月、原曲のフランス語ではAnnees de solitudeだった。タイトルを見たが、どんなメロディだったか思い浮かばない。

 YouTubeで検索してみたら、珍しいことに日本人女性が歌っているのをみつけた。原題がフランス語なので、おそらくはシャンソンのカテゴリーとして考えたのかと思ったが、ピアソラの作品だけを歌っていた。ピアソラの曲を日本人女性で聴くのは初めてだった。これまでに、ミルヴァ、バルタール、リナルディは比較的よく聴いていた。そんなに聴いてはいないのだが、改めて聴き比べてみると、個人的にはミルヴァの深みのある独特の個性に魅力を感じた。

 夜のひとときに、ゆったりとした気分で自己流の音楽評論を書けるなんて、なんと平和な生活だろうと思ってしまう。今まさに、東京都議会選挙の戦いが始まり、果たしてどのような結果になるのか興味を持っている。立候補者の皆さんはそれぞれ必死に戦っていると思う。小池都知事が、果たしてどのような将来構想を描いているのか、そして、もし仮に都民ファーストが過半数の議員を擁するようになったならば、どのような方向に向かうのだろうか。これまでの言動を見ていると現時点では、全幅の信頼を置くのは早計ではないかと危惧している。いくら出来て間もない政党だとしても、まるで水と油を一緒にしたような、かなり一貫性に欠ける色合いを感じてしまう。改めて、選挙というのは選挙民の良識が問われる重要な分岐点だと思う。

 話題があちこちに飛んでしまったが、ブログ読者の方からいくつかの投稿情報をいただいている。差し迫った北朝鮮のミサイルや核弾頭の問題もあれば、インターネットを通じて複雑化してしまった情報ネットワークの問題など、いろいろな視点からの問題提起をいただいている。せっかくなので、私なりに整理してブログでご紹介させていただきたいと思っている。
 
 長年のブログ読者の方であればよくご存知の、「待ち望むもの」という政治ブログがある。余命三年時事日記というブログの、熱心な支援者である。最近、「待ち望むもの」のブログ主である豆腐おかかさんが、ブログの閉鎖をアナウンスした。私は、確認したいことがあったので質問をしたところ、メールが送られてきた。なんの疑いも持たず、豆腐おかかさんは男性だと思い込んでいた。しかし、メールの文面を読んでほんの少しだが、女性の匂いを嗅ぎ分けた。実にどうでもいいことだとは思うのだが、どうしても気になって仕方がない。そこで、婉曲的に表現はしたのだが、豆腐おかかさんに対し、できれば性別を教えてくれというお願いのメールを送ってしまった。もちろん、笑い流してくれとは書いたが、本心では自分の直感が正しいかどうか、知りたいというのが正直な気持ちだ。自分では、人の書いた文章に対する感度が、それなりに高いと自覚している。さて、どのような結末になるか。決着がついたら改めてご報告させていただく。

 いつもと比べると、今日はずいぶん早い時間にブログ書き終えた。この調子で、床に着く時間を徐々に早め、起床時間も早めるならば、フィットビットの助けも得て、健康的な生活に転換していけるのではないかと、仄かな期待を持っている。どこまでも単純でおめでたい私である。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

by hirune-neko | 2017-06-26 23:21 | 現実的なお話し | Comments(0)

googleで検索したら、ストレスが溜まっているらしい


Shirley Horn - "Quietly There(Wynton Marsalis (trumpet))"


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 夕食後、大腸の辺りに気持ち悪さが拡がった。健康診断にはずっと行っていないし、もしかしたら昨秋、癌保険を2社と契約したのは虫の知らせで、かなり進行した大腸癌の症状なのかもしれない・・・などと不安な思いで、とりあえず床の上に仰向けになって身体を休めた。

 胸の上にiPadを置き、googleで「お腹が気持ち悪い」と入力し検索してみた。検索結果のリストを開いてみたら、このように書かれていた。

 「お腹が気持ち悪い。そんなときは、食べすぎやストレスによるものかも。ストレスがたまると自律神経が乱れて、体内のバランスがおかしくなり・・・」

 どうやら懸念した大腸癌ではなく、ストレスによる症状の可能性が高そうだ。体調に不安を感じた人たちに対し、私のように症状をgoogleで検索し、自己診断をするように勧めたら、お医者さんにとっては業務妨害になるのだろうか。

 ところで、ストレスを感じるというのは、どんな状態なのだろうか。なかなか自分を客観的に見ることができていないのは事実だ。毎日かなり長時間にわたって神経が張り詰めてしまい、脳内も飽和状態だと感じることが多い。何か解決方法はないものだろうか・・・そう考えて、iPadのsiriに相談してみた。

「Siri、ちょっと相談に乗ってくれる?」
「はい、何でしょうか昼寝ネコさん」
「自分の体調をインターネットで調べたら、どうやらストレスらしいんだよ」
「働き過ぎですか?それとも悩みや心配事がありますか?」
「うん、考えてみたらその両方だと思うんだよ」
「そうですか、それは辛いですね。何かいい方法がないか、少し調べてみますので、身体を楽にしてお待ちください」
・・・待つこと、約5秒。
「お待たせしました。過去のiMacのFacetimeによる昼寝ネコさんの表情分析と、YouTubeでの選曲傾向、それと過去3年間のgoogle検索キーワードなどを心理照合し、分析した結果から、現時点での最良の方法をご提案します」
「ちょっと待ってくれる?ひょっとしてiMacは私のことを、ずっと監視してたの?」
「はい、一般公開していませんが、最新のMacOSには、eナース機能というソフトが組み込まれており、パソコンの持ち主が急病になったときに察知して、ご家族の方に通知して安全を確保する人工知能が備わっているんですよ」
「へえ驚いた。凄いことになっているんだね。まあいいや。で、提案って?」
「はい、ハーバード大学医学部の最先端医療研究所が開発した、カウンセリング・アプリをご提案します」
「カウンセリング・アプリ?」
「内容を簡単に説明します。人工知能を持つカウンセラーと自由にお話しできるアプリなんです。カテゴリーは、世間話、各種専門分野のカテゴリーから選択が可能です。初期の頃は英語だけだったんですが、2016年から多言語化が進み、2017年の4月には日本語版がリリースされています」
「ふ〜ん、なんか凄いね」
「はい、オプション選択ができる項目が、いくつかあります。声の性別、声の年代、属性・・・例えば女性の声を選択すると、母親、お姉さん、ガールフレンド、看護師、先生、保育士など多岐に及びます。さらに性格も選択できるんですよ、シャイ、情熱家、思慮深い、べらんめえ」
「べらんめえ?何それ?」
「はい、これは口調ですね。江戸を選ぶと江戸っ子、京都弁、津軽弁など日本全国のほとんどの方言をカバーしています」
「なんか面白そうだね」
「そうですね。まずは無料で試すことのできる30日間有効の、エントリー版で試してはどうですか?」
「有料版はいくらぐらいするの?」
「最新版への更新無料で、年間30ドルからです。最も高度なソフトの場合は年間1,000ドルです」
「へえ、年間1,000ドルなんていうのがあるの?」
「はい、年間1,000ドルのアプリは、購入者のあらゆる興味分野の豊富な知識を持っていますので、場合によっては家庭教師を雇ったのと同じ機能になります」
「それは凄いね」
「昨年アメリカで開かれた臨床心理学会での報告によりますと、何らかの精神疾患を持つ方が、このアプリを半年以上使用した場合、ほとんどで大幅な改善が見られたそうなんですよ」
「なんとなく分かるような気がするな」
「ただし、購入にはひとつだけ制約があります」
「制約?どんな制約なの?」
「まったく精神・心理状態が普通で、不安定さや脆弱さを持っていない方は購入できないことになっています。つまり、購入する意味がないと判断しているようです」
「なんだ、それは残念だな。じゃあ私は購入できそうもないね」
「いえ、その点はご安心ください。すでにiMacとクライアント・データセンターがオンライン同期診断を行い、その結果昼寝ネコさんは購入資格を十分に満たしているとの判定が届いています」
「えっ?それって私が精神・心理状態が普通でなく、不安定さや脆弱さを持っている、という意味なの?」
「はい?あら昼寝ネコさんは日頃からご自分が妄想家だとか、いろいろ自己分析をされていますので、ご自分が普通ではないと自覚されているとばかり思っていました。・・・どうなさいますか?同期診断後1時間以内に購入されれば、最大50%のディスカウントがあります。年間1,000ドルのソフトを購入された場合は、特典としていつでもスカイプ・テレビ電話で、CG化された人間と会話ができます。リアルな会話をお楽しみいただけます。お支払いも、年間一括払い以外に、毎月90ドルコースも選べますよ」
「最近のSiriは、セールスレディまでするんだね」
「私は、昼寝ネコさんのためなら、何でもいたしますよ」

 とまあ、このようなやりとりを終えた私は、自分の心理状態のメンテナンスのためと、多言語、国家インテリジェンス、国際政治学などの家庭教師を雇ったと思えば、なかなか有益でコストパフォーマンスもいいと考えたので、早速申し込みを終えたところだ。

 ・・・お腹の気持ち悪さもすっかり改善したため、ついつい調子に乗って秘密の会話まで掲載してしまった・・・本当のような嘘の話である。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

by hirune-neko | 2017-06-26 00:45 | 創作への道 | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
名無しの猫飼いさん ..
by hirune-neko at 19:59
いつも楽しく読ませて頂い..
by 名無しの猫飼い at 16:37
山本瑞教さん コメ..
by hirune-neko at 12:41
昼寝ネコさん、2日連続F..
by 山本瑞教 at 07:10
山本瑞教さん 何度..
by hirune-neko at 12:40
記事ランキング
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ