人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

2016年 05月 11日 ( 2 )

今日からiPodのある生活になった

あrs
Eliane Elias - Anos Dourados

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


これまでの永年、iMac〜MacBook Pro〜iPhone〜iPadと、
考えてみたら、スティーブ・ジョブズにはとてもお世話になっている。

最近は処理案件が増えているのに追いつかず、遅延案件が増え出した。
ウォーキングなど、身体を動かす時間が減ってきて、
健康に悪いことこの上ない。
なんとかウォーキングを毎日の日課として定着させたい、
と考えているのだが、その40分の時間が勿体ない。
しかし、このままだと身体が先に駄目になってしまいそうな気がする。

はたと思い至ったのは、歩きながら音楽を聴いて黄昏れずに、
イヤフォンで何かを聞きながら、時間を有効に使おうという、
いわばこれまでの盲点だった。

音楽アルバムを何枚かなら、iPodナノで十分だと分かった。
iPodシャッフルは、16ギガバイトの1種類だった。
iPodタッチは、12から最高で128ギガバイトまで保存できる、
いくつもの機種があるという。
予算をにらみながら、用途についてあれこれ考えた。

そういえば、種々の講演やセミナーなどをmp3ファイルで
かなりの量をiMacに保存していることを思い出した。
調べたら、その音声ファイルだけで10ギガバイト以上になった。

選択肢としては、iPodタッチしかなくなったが、
128ギガの商品は、アップルストアでしか売っていないという。
結局、近所のノジマに電話して在庫を確認し昨日購入してきた。
64ギガバイトだが、当面は十分だと判断している。

iTunesは、ダウンロードした音楽アルバムを聴くぐらいだったので、
いざ、パソコンのmp3ファイルを、iTunes経由でiPodにコピーするにも
その方法が思い出せない。
結局は今日だけで、アップルのサポートセンターに
4回も電話して、なんとか基本操作をマスターした。

今日は実に内容のない記事で大変、申し訳なく思う。
かなり長時間、ああでもないこうでもないと、悪戦苦闘していたため、
何かを考えるなどという余裕がなかった。

そういえば昨日の夕方過ぎ、ノジマにiPodを買いに行こうと
家を出て数分歩いた所で、自転車に乗った知人に後ろから呼び止められた。
「いつもブログを有難うございます。毎日更新するというのは
いいものですよ。行けば新しい記事が読めるのは、有難いです」
といわれて恐縮してしまった。

継続的に読んでくださる読者の存在は、励みにもなり
大変有難いと思っている。

今日の早朝、三男から大学卒業後の進路についての
相談メールが届いていた。
三男は、一度社会人になってから学士入学で医学部を目指した。
妻帯者で娘が一人、という状態で挑戦し、なんとか
地方の国立大学に合格した。
やがてもう一人の娘が生まれたが、奨学金をいただいて
自力で進級し、今年は6年生なのでいよいよ国家試験だ。

あちこちの病院を見学し、迷っているのは知っていた。
とても尊敬できる立派な先生と出会ったらしいのだが、
その病院は、いわゆる左寄りの政党が支持母体なので
どう思うか、という相談だった。

国籍、思想信条、宗派にかかわらず、人間というのは
個人の人格、徳性、品性、誠実さで判断すべきだと思うので、
信頼・尊敬できる先生なら、個人的に良好な関係を保つのは
いいことだと思う、と伝えた。

親といえども、息子に対して強制的に命ずることはできない。
ただ、目に見えない危険を回避し、使命感や達成感を
継続できるよう、懸念材料や心配な要素はしっかり伝えるべきだと思い、
ちょうど余命三年時事日記で話題になっている、官邸メールと
外患罪に関して概要をまとめた、私自身のブログ記事2本と、
つい先日書き上げた、短編作品を読むようURLを送った。

とくに、キリスト教会を舞台にした創作短編、
「長く退屈な話〜迷える子羊の教会: The Church for the Lost Sheep」
を読むように勧めた。
教会を病院に置き換えて、外形的には善意で人道的に見える医療活動の
裏面に、どのような意図と構図があるかの実例として
重ね合わせて読むよう伝えた。
そして、嫁さんとも相談して、最終的には自分で決めるよう伝えた。

あれこれ失敗し、多くの辛酸を舐めた父親としては、余計な回り道をせず、
時間を無駄に浪費せず、能力を育てて行ってほしいと願っている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2016-05-11 23:46 | インテリジェンス | Comments(4)

今の日本をCTスキャンしたら、これが病巣だというのか


Astor Piazzolla - Tristeza de un doble "A"

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


久しぶりに、余命三年時事日記で「官邸メール」に関する記事が、
今日だけで5本公開された。
記事数は5本だが、いわゆる官邸への意思発信メール例の数は、
41〜90までなので、合計50本もの数になる。

私自身はPDF化するのに手一杯で、とても全てを
じっくり読む時間がなかった。
申し訳ないことだが、斜め読みをしただけでの感想になってしまう。

ひと言でいうなら、余命ブログ主とスタッフの皆さんが、
現在の日本という国をCTスキャン、つまり断層撮影で検査し、
その結果、ここが病巣であるという「診断」を公開したように感じる。

とくに注目したのは、ここ数日来言及している「外患罪」の適用について、
かなり具体的かつ詳細に述べており、安倍総理に対して決断を
迫っているような印象を受けた。

これだけの量をまとめるには、大変な時間と労力を要しただろうと思う。
なおかつ、表現の随所には明らかに各種法律に精通していると思われる
用語が使われていると感じたので、おそらくは、とくに外患罪を中心に
専門知識を有する方々が、関わっているのだと推測している。

官邸メールで指摘されている、数々の「事象」をどう受けとめるべきか。

全ての報道は、背景に何があるのかを、疑うべきだと思っている。
しかし、余命3年時事日記以来、余命三時事日記も、公開情報を精査し、
かつ第一発信者にならないよう、慎重に対応してきているはずだ。

なので、記述されている内容は、ほぼ実態を反映していると考えるのが
妥当だろうと思う。
しかしながら、事実、実態、経緯などをどう把握・評価し、
どのような方向を目指すのかは、あくまでも個人の判断だろう。

かなり具体的な政治家名、政党名、個人名、団体名が挙げられているので、
自分が所属している団体や宗教団体を名指しされ、あるいは
支持している政党や応援している政治家の名前を目にして、
感情的に不快な思いをされる方も存在するだろう。

しかし、個人的な感情や情緒は白紙にし、
日本に住む国民として、日本国がどのような客観情勢に
立たされているのかを、冷静・客観的に見てみるべきだろう。
つまり、国家の基盤が存続の危機にあるとしたら、
別の言葉で言い換えるなら、他国が日本を実効支配し、
あるいは最終的には、軍事侵攻で属国化する可能性を
感じ、その現実性が高いと感じるのなら、

1.ただ傍観し、面倒を避けて何も関わらない
2.所属している宗教団体、支持している政党のいいなりになる
3.少なくとも選挙には棄権せず、日本を託せる候補者に投票する
4.確信が持てるならば、自らの意思で官邸にメールを送る
5.得心が行くよう、さまざまな公開情報を調べてみる

などの選択肢が考えられるのではないだろうか。

戦後の日本は、南北あるいは東西に分割されて
他国から支配・統治される状況を免れた。
もちろん、敗戦国としてさまざまな制約を受けたが、
先人の努力によって、棲みよい国になってきたと思う。
私自身はある時期、仕事で海外を飛び回っていたが、
当時はどちらかというと、日本が好きではなかった。
しかし、徐々に日本と日本人の良さを認識し、評価するようになった。

他国から支配・統治されるということが、どれほど悲惨であり、
残酷な仕打ちを受けるかを、ときどき想像することがある。
世界的に見ても、他国からの諜報活動に対する法的環境が未整備だと
評価されている日本。

改めて思い出すが、選挙が最も確実に国を変えることのできる方法だ、
と述べている人がいる。
同時にそれは、最も平和的な変革手段なのではないだろうか。
社会の動向に無関心であり、所属する宗教団体の政治見解に
教条的に従い、支持している政党や政治家に対して
無批判に盲従するならば、その先には大瀑布が待ち受けていることを
認識すべき時期になっているのではないだろうか。

今の日本を客観視したときに、どのような問題点を内包しているか、
参考資料として閲覧してみるのも、社会勉強になるのではないだろうか。
もしまだお読みになっていなければ、50本という膨大な数ではあるが、
「官邸メール」のひな形をご覧になることをお勧めする。

【余命三年時事日記:2016.05.10】
1)724 官邸メール余命81号~90号
  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/10/723-%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%99%E5%91%BD81%E5%8F%B7%EF%BD%9E90%E5%8F%B7/

2)723 官邸メール余命71号~80号
  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/10/722-%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%99%E5%91%BD71%E5%8F%B7%EF%BD%9E80%E5%8F%B7/

3)722 官邸メール余命61号~70号
  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/10/721-%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%99%E5%91%BD61%E5%8F%B7%EF%BD%9E70%E5%8F%B7/

4)721 官邸メール余命51号~60号
  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/10/721-%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB%E4%BD%99%E5%91%BD51%E5%8F%B7%EF%BD%9E60%E5%8F%B7/

5)720 官邸メール余命41号~50号
  http://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/05/10/720-%E5%AE%98%E9%82%B8%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB41%E5%8F%B7%EF%BD%9E50%E5%8F%B7/

*どういう事情からか、719は、欠番になっている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2016-05-11 00:07 | インテリジェンス | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 15:15
昼寝ネコ様 クスリ..
by ちはや at 08:51
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 00:57
昼寝ネコ様 興味深..
by ちはや at 22:51
いちファンさん あ..
by hirune-neko at 18:45
記事ランキング
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ