昼寝ネコの雑記帳

生き方を変えようともがいているのだが・・・

c0115242_22443344.jpg

   (これもカトリ〜ヌ・笠井さんの作品のネコちゃんです)

昨夜、病気がちの知人がお通夜に行くというので、送迎を申し出た。
札幌市内の道路は、いずこも例外なく150センチほどの高さに
雪が防波堤のように積み上げられている。
信号の無い交差点では、よほど慎重にしないと
右から来る車を確認できないので危険きわまりない。
北海道での生活も、延べで3ヶ月を過ぎた。
寒さと雪かきと、凍結路の運転にはまだ完全に慣れていないが、
でも、もともとが寒冷地仕様の人間であることを再認識している。

昨晩から寒気があり頭が重い。
朝から午後まで所用で外出し、帰宅したが大事をとって
布団にもぐり込む。体温計で計ったが熱はないようだ。
遅い夕食をとり、再び眠りにつく。
おかげでなんとか復調したようだ。

近所のIさんのご子息が、昨夜後楽園で総合格闘技の
試合に出た、残念ながら負けたそうだが、
ホームページで見るとなかなか若武者的な風貌であり、
時代が江戸なら、武芸家として十分通用する才能を
持っているのではないかと感じた。
今日、同年配のO氏と話す機会があった。
今年は仕事の年始で北見まで車で行ったそうだ。
片道6時間だという。馴れた人の所要時間だと思う。
以前、フォアグラ肝臓さんが、雪女が出没しそうなのは
北見峠か金華峠だと書き込んでいたので、訊いてみた。
金華峠は知らないというから、フォアグラ肝臓さんは
かなり道東の地理に明るい方なのだろう。
で、その氏は今度の土曜日、ワカサギ釣りを主催するという。
朝7時半に近所のスーパーに集合して出発らしい。
私など、はなから誘いがない・・・元アウトドア人間も
今ではすっかりインドア人間になってしまった。

さて、毎週日曜日は仕事がオフであるせいもあり、
鏡に対面するように、自分の生き方を吟味している。
「生き方を変える」ということは、誰しもが考えることだろう。
残された寿命がどれぐらいあるのかを知らされていないので、
綿密な計画を立てるのは難しいのだが、それでも
毎日の課題をひとつずつこなしていくしかないし、
それとて、自分の本質に合った生き方を模索しながら
習慣を取捨選択して、自分を精錬するという考えを
維持することが大事なのではないだろうかと
毎週のように考えている。
身に染みついた様々な習慣を、ひとつずつ吟味し
捨てるべきものは捨てる・・・これがなかなか難しい。
最近、珍しくテレビドラマを観ている。
金曜の夜、新シリーズの「京都案内人」とかいう番組だ。
新聞社が舞台で、主役は橋爪功さん演じる記者兼コラムニスト。
彼の、なんというか・・・世俗を捨てた視点と、
現実から超然とした生き方がなんとも愉快だ。
京都の旧い下宿屋に独り住まいで、脇役も
芸達者が揃っている・・・ああ、あそこに一緒に
下宿したいなと、そう思わせる雰囲気だ。
まあ、生き方を変えるといっても、この歳であるし
さまざまな現実的な条件も徐々に制約を受けているのに、
それでもまだ、現実に立ち向かおうとしている自分が
やはりドンキホーテ的でアホな昼寝ネコなのだなと
これはもう諦めるしかない。
でも、今度こそはホクレンに行っても、決して
「玉ドーナツ」(丸いこしあんドーナツ6個入りで105円)
は、断腸の思いで決して買うまい・・・買っても
母に買ったことにして、少しお裾分けしてもらおう、
とか、相変わらず非哲学的な葛藤が頭を占めている。
でもまあ、そう思うだけでもちょっとは進展しているのだ、
そう考えて、安堵のうちに今日を終わろうじゃないか。

「人気blogランキング」
クリックのご協力をお願いします。

人気blogランキング

昼寝ネコの文章がグリーティング絵本になりました
[PR]
by hirune-neko | 2008-01-27 22:47 | 心の中のできごと | Comments(4)
Commented by バオバブ at 2008-01-27 23:57 x
何故か胸がし〜〜〜〜〜〜〜〜ん。

ワカサギ釣り、わたくし興味津々。
にゃんこ先生、ネコの着ぐるみをきて釣り人になってみたらどうでしょうか?  う〜ん実に哲学的なネコのお姿ですよ。
絵になる,,,カトリ〜ヌに教えよう〜と!
Commented by hirune-neko at 2008-01-28 00:13
バオバブさん

ネコの着ぐるみを着て釣りをしたら
北海道新聞の記者様が取材に来るといけないから
遠慮しておきましょう。釣ったワカサギの
お土産が届くのを心待ちにしています。
このネコの画は、なかなか知的で上品ですね。
カトリ〜ヌ・笠井さんによろしくお伝え下さい。
Commented by メタセコイア at 2008-01-29 09:24 x
「生き方を変える」ことを考えて2年前、35歳で大学院に進学し、先週修士論文をまとめ終わりました。
論文執筆の合間に昼寝ネコさんのブログを読むと頭が柔らかくなり、
いつも息抜きになっていました。
また、昼寝ネコさんの創作に対する情熱のようなものが伝わってきて、「同時代に昼寝ネコさんのような人も生きているんだ」
と思うと励まされたこともあります。
謹んでお礼申し上げます。

ちなみに論文のタイトルは
『昼寝ネコ一族の現代における役割と課題』です。

そんなわけないか(笑)。
Commented by hirune-neko at 2008-01-29 11:13
>メタセコイアさん

>ちなみに論文のタイトルは
『昼寝ネコ一族の現代における役割と課題』です。

!!?・・・ぎょえっ。
一瞬本気にしてしまいましたよ。
びっくりしました。
でも、少しでもお役に立っていたのなら、
嬉しくもあり、光栄でもあります。
私もかなり前から大学院で学びたいと
ずっと考えていました・・・もう過去形です。
でも、結局ジャンルが絞りきれなくて、
仕事も忙しいし、そのままです。
メタセコイアさんの文体からすると、
社会科学か人文科学系統ではないですか?
興味がありますので、支障のない範囲で
教えてくださいね。
<< 幸せの在る風景 いまどき、べこ餅専門店が残って... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 13:00
「仕込み tv エキスト..
by 通りすがり at 12:21
羽賀さん 貴重な情..
by hirune-neko at 23:17
貴方が貼り付けている動画..
by 羽賀 at 21:02
羽賀さん コメント..
by hirune-neko at 15:55
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ