昼寝ネコの雑記帳

summer of 2007・・・思い出のない夏

c0115242_2131276.jpg

     (画は、まだまだカトリ〜ヌ・笠井さんです)

ああ、消耗した夏でした。
今年の夏は、かき氷を食べないで終わりそうです。
まるまる休める日は、一日もありませんでした。
お墓参りにも行けませんでした。
ご先祖様、もう少し待っててください。
そういえば、海にも行っていません。
鎌倉から江ノ電に沿った道を走ると、
途中の商店街に肉屋さんがあり、そこの揚げたての
コロッケを食べるのが楽しみでした。
逗子の高台には、ひと区画が少なくとも500坪はありそうな
セレブ御用達の別荘地らしきところがあります。
入り口には管理事務所があるのですが、
来訪者を装って、怖じ気づかないで、
敷地内を一周したのも楽しい思い出です。
海岸沿いの道路は渋滞することが多いけれど、
潮の香りをかぎながら、水平線を見やるのはいい気分です。
ああそういえば、何度か行った海沿いのイタリアンレストランは、
もう廃業してしまったようです。
思い出がひとつ消え去ったような、寂しい気持ちです。
小さな漁港には、小さな食堂が並び、
目の前の海で獲れた魚介類が定食で出されます。
葉山御用邸の手前には、ちょっと高級なレストランがあり、
そういえば、ラ・マレ・ド・茶屋という
海に突き出したようなレストランは、まだあるのでしょうか。
マリーナと名がつく場所は何カ所かあり、
本気で船が欲しいと思ったこともありました。

湘南の思い出は、どれもが強い日射しに照らされています。
でもそういえば、少し暗い思い出もあります。
江ノ電・鎌倉高校前駅の近くに、
「パブロヴァ・バレエスタジオ」がありました。
夜に訪れると、まるで廃墟の洋館のようで
無人の館に見えました。
当時の主は、ロシアから亡命してきたバレエダンサーで
すでに亡くなっているエリアナ・パブロヴァの妹さん。
ナデジダ・パブロヴァでした。
ひょんなことから、彼女の入院先の病室を訪れるようになり、
亡命前のこと、ご両親のことをあれこれお聞きしましが、
その後、ほどなくして亡くなり、
お茶の水のニコライ堂で行われた葬儀に参列しました。

夏が徐々にその勢力を失って行くこの時期には、
人生だけでなく、何事にも始めと終わりがあることを
改めて思い知らされます。
同時に、この年になってもまだ
夏の終わりには感傷的になるようで、
映画「summer of '42(おもいでの夏)」の
ミシェル・ルグランの曲を、しんみりと聴いています。
・・・ちょっと、麦わら帽子は雰囲気に合いませんが、
なにせ暑いものですから・・・。

よろしければ「人気blogランキング」クリックのご協力をお願いします。
人気blogランキング

昼寝ネコの文章がグリーティング絵本になりました

グリーティング絵本のコミュニティーもできています(mixiです)
[PR]
by hirune-neko | 2007-09-02 21:32 | Comments(8)
Commented by バオバブ at 2007-09-02 23:28 x
夏の思いで...
縁側で西瓜を食べ、そのままごろ〜んと廊下でお昼寝、蝉の声、風鈴の音色、ブタの蚊取り線香、青い空に浮かぶ雲に、
『お〜〜〜〜〜いおまえは何処へ行くんだぁ〜』...

こんな懐かしい夢のようなひとときの幸せ。
う〜今年も忘れてました。
にゃんこ先生同様、夏の終わりは、わたくしもしんみり致します。
お疲れさまでございました。
Commented by hirune-neko at 2007-09-03 00:19
>バオバブさん

そうですか。バオバブさんにもそんなのどかな思い出が・・・
ねっ、夏の終わりって、しんみりするでしょう?
暑さに奪われていた正気が我に返り、
現実に引き戻される感じがします。
私の仕事も、いよいよ中盤に入ります。
恐らく、少しずつですが、寅さんのように
あちらこちらの地方に、行商に行くようになる気がしています。
北海道、東北、北陸、中部、関西、九州・・・なんか全国ですね。
中部、九州を除き、すでに、
コンタクトが始まっていますので、
東奔西走という感じになるのではないでしょうか。
でも、海外出張に比べれば、短時間の移動ですし、
時差もなく、言葉の問題もありませんので、
疲労度は全然違うと思います。
営業が実を結ぶ日が早く来るよう願っています。
Commented by うめ at 2007-09-03 00:46 x
ザワザワとした夏は苦手なのですが、朝晩が涼しくなると、ちょっと寂しくもなりますね。
毎年、夏に忘れ物をしたような気分になります。充分に夏を楽しんでいないからでしょうか?
Commented by hirune-neko at 2007-09-03 01:38
>うめさん

そうですね、同感です。
暑さに気を奪われているうちに、何かを忘れてしまったような
そんな気がします、私も。
今年もあと3ヶ月もすれば、街中にクリスマスのイルミネーション。
ホワイト・クリスマスの歌が流れる季節になりますね。
それもまた、一年の終わりが近づきちょっと寂しいですね。
Commented by waiwai at 2007-09-04 06:06 x
夏が終わろうとしているこの時季、いつもなら気分が落ち込んで、
私にとっては一番苦手なシーズンです。
でも何故か、今年はその落ち込みがありません。
なんでだろう・・・あ、そうか、この夏はかなり遊べたからかな。(^^ゞ
いつもはたいがい出勤する、会社の夏休み。今年は、ほぼ休めました。
・・・こうやって、だんだんお払い箱になっていくのかも。(^^;
Commented by hirune-neko at 2007-09-04 11:50
>waiwaiさん

休めなければ辛いし、休めれば不安がよぎるし・・・
人生はままならないですね。
今年の夏は、あまり無理せずに体力と気力を温存しました。
その分、出遅れていますが、そろそろ前傾姿勢です。
Commented by 天然木 at 2007-09-04 13:23 x
relabana.exblog.jp
ごらんになってください。この方の影響を受けて
ライカが欲しくなりました。

Commented by hirune-neko at 2007-09-04 13:55
>天然木さん

見てきました。私の本を紹介してくださってるんですね。
それと、写真はとても繊細で、いい感覚ですね。
なるほど、ライカね。分かりますよ。
印税がいっぱい入ったら、
お礼にプレゼントしますよ。
ところで、ライカって
値段が相当高いのではなかったでしょうか。
デジカメじゃなくて、フィルムのがいいんですか?
<< 昼寝ネコの、ブロードウェイ営業雑記帳 チベット高原の昼寝ネコ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 07:10
鶴と亀さん コメン..
by hirune-neko at 17:45
causalさん ..
by hirune-neko at 13:11
こんにちは。 「思い出..
by causal at 11:40
千波矢さん コメ..
by hirune-neko at 18:11
記事ランキング
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ