人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

全てを疑えといわれても・・・困りますよね

身近な情報源といえば、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・・・そんなものでしょうか。これらは、発行部数や実売部数・・・雑誌の場合は公称部数などという訳のわからない基準まであります・・・それと視聴率などで格付けされることがあります。でも、いずれも広告収入なしでは成り立たなくなっているのではないでしょうか。そこに、難しい言葉でいえば「陥穽(かんせい)」が潜んでいます。企業の規模にもよりますが、年間数十億円とか数百億円の広告予算を保つ企業や各種団体に、不祥事が発生したと仮定してみてください。誰だってスキャンダルは嫌います。「あの件を報道するの?そんなことしたら、お宅に払っている広告予算がどうなるか、わかりますよね?お互いに大人になりましょうや」という無言の、いや婉曲的ではあっても、有言の圧力がかかることは自明の理です。で、おそらく、ジャーナリスト精神が旺盛な記者や編集者と、営業、広告、財務各部署の担当者の間で壮絶なバトルが繰り広げられると思いませんか?バトルがあればまだ健全な企業であることの証拠でしょうね。あの企業のご機嫌を損ねたら、ボーナスはないと思ってね・・・ならまだいいですが、明日からあんたの机はないと思ってね・・・推測の域を出ませんが、そのような、いやもっと複雑で怪奇な取引や妥協やらが渦巻いている・・・それが実社会だと思うのですがいかがでしょうか。

昼寝ネコは・・・もちろん仮想世界の中でではありますが・・・数千年を生きてきたように錯覚しているわけです。すると目先の利益がなんであるか、さらに目先の利益を追うとやがてどんな状態になるかが、いくぶん見えるような気がするんです。世知に長けた人たちは、それはそれは人間を籠絡する術を熟知していますから、大概の人は将棋でいえば「雪隠詰め(せっちんづめ)」ということになります。将棋ならまだいいですよ。待ったをしたり、最悪の場合は将棋盤をひっくり返して「あっ、いけねえ。足が引っかかっちゃったよ、ごめんごめんもう一番」と、こんな程度で済まされるかもしれません。落語の「殿様将棋」というのはまさにそれですね。でもね、一回しかない・・・と思われる貴重な人生で「雪隠詰め」されてしまっては、悔やんでも悔やみきれないのではないでしょうか。そうならないためには、標題のように「全てを疑ってかかる」しかないのではないでしょうか。大手マスコミの報道を疑ってみて、命がけで正しい情報を伝えようとしているジャーナリストたちの情報発信にも耳を傾ける・・・そうするうちに徐々に世界の実態が見えてくるように思えてなりません。

昼寝ネコは、これでも精一杯考えているんですよ。実は今日、契約がひとつ確定しましたので自分へのご褒美に、内緒で亀屋万年堂に行ったんです。でもね、こしあん大福は作っていなくて目下、大福の新商品を試作中なんだそうです。グヘッ、せっかく監視人がいないチャンスだったのに、残念至極・・・いえね、そういうことばかり書くから、いい加減な奴だとお思いかもしれませんが、実際には・・・やはりズボラなんでしょうね。話題がずず〜っと逸れますけど、セブンイレブンが冷蔵ケースで大福を何種類か売っているのをご存知ですか?生クリーム大福っていうんですよ。個人的には豆大福・・・中がこしあんでひんやりしていて、「お口の中の、ひんやり避暑地」っていうキャッチコピーが思い浮かぶほどなんですよ。一度お試しあれ。昼寝ネコ推薦の夏向け和菓子です。

さて、話しを無理矢理もとに戻します。・・・ああ、でももうこんな時間になってしまいました。午前2時40分です。明日に差し支えるので、やはりバタンキューにします。米語スラングでは、こういいます。I'm gonna hit the hay!フランス語ではなんていうか?おフランス人は、そんなお下品な表現はなさらないんです。はい・・・ではおやすみなさい。

「人気blogランキング」クリックのご協力をお願いします。
人気blogランキングへ

昼寝ネコの文章がグリーティング絵本になりました

グリーティング絵本のコミュニティーもできています(mixiです)
by hirune-neko | 2007-07-04 02:20 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< 先が見えなくて不安なとき・・・... 「昼寝ネコの雑記帳」読後感想文 >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 15:15
昼寝ネコ様 クスリ..
by ちはや at 08:51
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 00:57
昼寝ネコ様 興味深..
by ちはや at 22:51
いちファンさん あ..
by hirune-neko at 18:45
記事ランキング
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ