昼寝ネコの雑記帳

おいらは逃亡者状態だ

c0115242_12432010.jpg

今日は土曜日。朝から仕事です。

知らないうちに仕事が増え続け、未消化のまま次々と自己増殖している感じです。パソコンは高性能のものに入れ替えましたし、近々「パラレル・デスクトップ・フォー・マック」というソフトを購入予定で、そうするとMAC上でWINDOWSも動くということになります。嘘のような本当の話です。ですから、処理能力は格段と高まっているのですが、それはあくまでパソコンの能力なんです。私の能力がパソコンに比例して高まるわけはないんです。そこに人生の葛藤と苦悩が生まれるんです。睡眠時間なんて、際限なく削れるものではありませんし、頭を酷使すれば脳細胞が糖分を要求しますが、カロリー制限中の厳しい生活。散歩はしたいけれど、時間と気力がない。ああ、どうすりゃいいんでしょうか。このままでは仕事に殺されそうです。でも、その緊迫感を楽しんでいる私でもあります。

そんなとき、思い浮かぶ情景があります。海なんです。フランスのドーヴィルという街は行ったことがありませんが、海岸沿いの別荘地だそうです。ジャン・ルイ・トランティニアンが、砂浜を車で走った、そして犬が伴走した・・・というかなりいい加減な記憶なのですが、映画「男と女」の一シーンです。それと、ミシェル・ルグランの甘美なメロディが印象的な「思い出の夏」。海辺で独り暮らす女性教師に寄せる、生徒の儚い慕情。ちょうどベトナム戦争の時代で、確か恋人が戦死した痛手を負っているという設定だったように思います。これもいい加減な記憶です。

かなり速いスピードの時間経過に馴らされた現代人。緊張感を強いられて、ストレスも倍加。知らないところで心が悲鳴を上げているに違いありません。そんなときに、ふと立ち止まって妄想する場所が、その人の原風景なのではないかと思うんです。
私の原風景はシベリアだと、すっと思っていました。どうやら、そうではないようです。日和見といわれても構いません。暖かい海岸沿いのリゾート地で椅子に寝そべり、冷たいレモネードを飲みながら、こしあん大福をパクリ。ああ、至上の楽園ですね。

今日の画は、おなじみカト〜ヌ・笠井さんが描いてくれたものです。近刊「昼寝ネコの雑記帳」の章に「本の世界」というのがあるんです。この画は、昼寝ネコがアルベール・カミュの作品を読みながら、頭の中ではドラえもんの「どこでもドア」でどこに行こうかと考えているうちに、眠りこけてしまった場面だと思います。アップでお見せできないのが残念です。表紙は確かにカミュなんですが、中身はドラえもんなのがバレバレなんです。そこまですることないのに。
[PR]
by hirune-neko | 2007-02-17 12:54 | 心の中のできごと | Comments(4)
Commented by ケ・セラ・ソラ at 2007-02-18 00:47 x
何をおっしゃいます・・ドラエもんは名作です。一年ほど前近所の小学生に一巻から借りて読み始めました。読破は無理でしたがいずれ制覇したいです。まさに子供のバイブルですね
Commented by hirune-neko at 2007-02-18 01:00
>ケ・セラ・ソラさん

そうですか。確かにあの様々な自由な発想は、たいしたものですね。
ずっとインターネットによるマーケティングを調べていたのですが、奥が深そうに見えて、ため息をついています。ふう
Commented by バオバブ at 2007-02-18 22:39 x
ふと立ち止まって妄想する場所...
とは異なるかも知れませんが、最近やってみたい事は大地にごろ〜んと寝っころがって、空を見たいなぁ〜と思うのです。
それも輝く草原のどこまでも広がる緑の海の中。
やっぱり地球って丸いんだぁ〜と思えるようなそんな場所。
くぅ〜良いですね、たまりません!
そして、思うのです。
『おお〜い雲よぅ〜おまえは何処へ行くんだぁぁぁ〜』
などどいろいろあれこれ妄想したりして...
そして何時の間にか眠りこけちゃったりして...

暫くしてはたと目覚めると自分はにゃんこだったって事に気付き、
『あ〜人間って大変なんだにゃん、おいらはネコでよ〜かった!』
などど呟きながら、
『昼寝ネコのおいちゃん、頑張ってにゃ〜ん!』
とエ〜ルをおくるのでありました。

ストレスを感じている時は、
ぜひ大地に寝っころがり空を見ましょう。
なぁ〜んて、大人になると中々できない事ですよね、これが!


Commented by hirune-neko at 2007-02-19 01:45
>バオバブさん

今日は、「子ども銀行ひょっこりひょうたん島支店」というのが
実際に存在するかどうか、日銀や世界銀行に問い合わせて、
時間がかかっていたんです。そうこうするうちに、夜の8時前に
異常な睡魔に襲われて、寝入ってしまいました。滅多にないことです。

大地に寝っ転がって空を見上げる、だなんて、都会にあっては
贅沢なことですね。でも、視点が変わるかもしれませんね。

いつもエ〜ルを送ってくださり、ありがとうございます。
<< 再度、見本の製本に挑戦 まだまだ、知らなかったことがた... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
千波矢さん 大変心..
by hirune-neko at 09:50
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ