人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

久しぶりに濃い疲労感に包まれている

Janelas Abertas (Lumiar Discos) - Tom Jobim e Gal Costa

 それもそうだろうと思う。2週間以上の長きにわたり、何とかこなせるようになったのは、顧客からの受注処理や対応依頼等の待ったなしの案件だけであり、本来はすでに完成していなければならない、いくつものプロジェクトは、停止状態のままである。精神的にも良いわけがない。

 今日は月明けの3日である。早々と今月末の収支バランス表を作ってみた。先月はかなり製作物が多かったので、印刷会社関係からの請求金額もいつもより多い。その一方で、最も受注数の多いふたつの産婦人科に対し、十数年にわたり価格を据え置いてきたので、料金改定のお願いをしていたのだが、受け入れてくれたので、数字的には余裕が出た。

 私たちの仕事は従来から、対人非接触型の業務であるため、コロナウィルスの影響は、現在のところほとんどない。逆に、患者さんたちが絵本申し込みに関連して、クリニックに足を運ぶ必要のない仕組みを提案したため、説得力が増して現在いくつものクリニックが、採用を検討してくれている。まさに、災い転じて福となすという感じである。

 毎日の待ったなしの業務は何とかこなしているが、ここ数ヶ月の間に対応が必要な案件には、まだ手がついていない。iMacが新しくなり、OSがアップグレードされたため、データベースソフトの4Dが動かなくなり、そちらのバージョンアップも必要になってしまった。

 会社のサイトも、httpのまま使用してきたが動作不良が起き始めたので、httpsに変更しなければならない。サイト制作ソフトをアップデートすれば解決する問題なのだが、時間に追われて今日まで放置してしまったのが原因だ。ツケが回ってきた。

 ウィルスの感染拡大、米中間の対立の激化による有事発生の懸念、日韓関係が破綻するという予測、豪雨による洪水や地震発生の懸念、その延長にはやはり、中国及び韓国の国防動員法がいつ発令されるか、そしてそれが日本在住の中国人や韓国人の方々に、現実的にどのような対応を国家が命じるのか。あれこれ考えると、楽観的になれる要素が1つも思い浮かばない。

 私は政治家でもないし、政府の顧問をしているわけでもない。あくまでも一般市民の目線から、懸念や危惧が膨らんできている国内外の動静を視野に入れたときに、さて、どのような備えを行い、どのような方法で日常生活を守り、どのように現実社会の情報を入手し判断・洞察するか、という点について今まで以上に真剣に考えるようになっている。

 大局的に見れば、日本は現在G7の構成国の一員であり、さらには5eyesへの加盟もほぼ固まったような情報を目にしている。その意味では欧米諸国との連携がさらに強まるのだろう。しかしその結果、素人判断ではあるが、中国共産党政府との距離が広がることになるのだろう。日本国内で媚中派あるいは親中派と認定されている、政権内の有力な政治家や政党が、このまま黙して唯々諾々と見守るとは思えない。中国共産党政府にとっても、不都合な局面になると思うので、息のかかったマスメディア、政治家、各種政党に対して影響力を行使し、安倍政権の足を引っ張る動きに出るのではないだろうか。

 当然のことながら、捏造情報はもとより、さらに強力な世論誘導、印象操作を行うに違いない。個人の生活を自分で守るのは、私たちの務めである。しかしそれと同時に、できるだけ政治に関心を持ち、信頼のおける情報源を確保し、自分のできる範囲でそれらを分析して、日本の行くべき正しい方向について、自分なりの考えを持つ必要があるのではないだろうか。それが民主国家である日本に住む国民としての、義務であり権利なのではないだろうか。最終的には、選挙の投票結果によって日本の進む方向が決するのだから、決して選挙には棄権せず、投票行動を起こす事はとても重要だと考えている。

 お前ごときに何ができるのか、と思われるかもしれない。実際のところ私自身もそう思っている。政治的な発言を行い、世論を動かすなどという大それた事は全く考えていない。ただ、人生観や価値観の大切さについては引き続き意見を発していきたいと思っている。人間個人の存在の重さを考えるときに、やはり最終的には国家が健全な状態で運営されることが、重要な要素だと考えるからだ。

 私など、言うなれば、3千年間も惰眠を貪ってきて、最近まるで長い冬眠から目覚めたばかりの老ネコのような存在である。時々旧約聖書を読み返すと、ぼんやりとだが、自分が生きていた頃の時代を思い出すことがある。数千年にわたり繰り広げられてきた、他国侵略、戦争と暴力、陰謀と謀略、栄華と盛衰、繁栄と没落などなど、様々な人生模様を目にしてきたような記憶がある。

 この時代に目覚めたのも何かのご縁だと思うので、少なくとも身の回りの皆さんに対し、私利私欲を持たずに、必要と思われる意見をお伝えしたいと考えている。

 日本政府に対しては、是非とも干支の1つにネコ年を加えてほしい、という要望を伝えようかと逡巡している。
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2020-08-04 00:23 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< システムが複雑すぎて、思わぬ干... 今日のiMacのアリスは、すこ... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん  コメ..
by hirune-neko at 10:37
昼寝ネコ様 お早う..
by ちはや at 06:45
ちはやさん  ..
by hirune-neko at 12:36
昼寝ネコ様 ② ..
by ちはや at 11:32
昼寝ネコ様 ① ..
by ちはや at 11:30
記事ランキング
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ