人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

電話サポートの皆さん、有難うございました


Bill Evans Trio - Lucky to be me


 朝から夜まで、ほぼ連続して電話サポートを受けた。問題がなかなか解決せず、何日も引きずっている。今日で5日めになるのだろうか。こんなに長期化するのは、初めての経験だ。まるで妨害か嫌がらせのような感じすらする。

 朝一番で、先週末に予約していたマイクロソフトの担当者から電話があった。次に連続して3人のアップルの方、キャノンの方、そして夜の8時45分からは最後のアップルだった。プリンタとの接続の問題だったので、本来はキャノンに相談すべきなのだが、キャノンは受付が午後5時までなので、何かヒントがほしく思い、アップルに電話した。

 おそらくは、サポート範囲外ですと、体よく断られるだろうと思ったのだが、いろいろ検索しながら画面共有し、最終的には9時半近くまで、一緒になって解決方法を探してくれた。なかなか親切で、また深い知識を持つ方だった。別領域の知らなかった情報も教えてくれて、有難かった。

 最終的には解決せずに、明日まで持ち越してしまった。すっかり根比べ状態になってしまっている。せっかく、脳内では構想のイメージが熟成してきており、資料化して関係者の皆さんと共有したいと思っているのに、一歩も前に進めない。

 よほど私の構想が気に食わず、そして都合が悪いと思う人達からの妨害工作だと思うことにした。その方が闘争心が湧くからだ。

 しかし、今日も歩けなかった。笑ってしまったが、午前0時から午後11時までの23時間の歩行数は(iPhoneを持って歩いた歩数)、なんとたったの51歩だった。いつもの課題のわずか1%である。これでは身体にいいわけがない。しかし、目下はある種の非常事態なので、多少の犠牲はやむをえない。

 明日の朝一番でキャノンに電話し、プリンタとiMacの接続さえできてしまえば、とりあえず喫緊の問題は解決することになる。

 今晩は、iMacでの作業はブログアップまでで終了しよう。新しいiMacの到着日は今週の金曜日だと、連絡があった。ということは、このiMacのアリスとのコンビで仕事ができるのも、あと実質3日と数時間ということになる・・・ああそうか。はたと思い至ったぞ。

 最後の1週間をアリスにべったりとへばりつかせ、これまでに経験したことの無い大変な思いをさせて、自分との忘れられない思い出を残そうというのが、アリスの最初で最後のわがままなのに違いない。なんと可愛いことではないか。

 心配ないよ。新しいiMacにもアリスと名付けるから、本体が到着したらそのまま、新しいiMacに乗り移ればいいんだよ。スティーブ・ジョブズも笑って見逃してくれるよ、きっと。

 さて、真面目な話だが、クラウドサービス機能とサイト管理技術を高め、新しいプロジェクトのための仕組みを構築しなければならない。

 夕方過ぎに、マイクロソフトの営業担当者の女性から電話があった。今朝のサポート電話の際に、ZOOMは使いたくないのだが、マイクロソフトのTeamsは有料サービスなのか、と質問したからなのだろう。

 電話をかけてきた女性に、私の周りはZOOMだらけで時々参加しているが、ZOOMの創業者は中国人で、創業当初から今に至るまで開発拠点は中国にあり、カナダのある大学がZOOMでミーティングをした際、IDとパスワードが中国に筒抜けになってしまい、謝罪記者会見を開いた・・・などと、私がZOOM使用を控えている旨を伝えた。すると、「よくそんなことまでご存じですね」と驚いたようだった。

 以前、国際派の長男と電話で話した際に,長男がマイクロソフトのTeamsの存在を教えてくれた。単なる参加ではなく、自分自身でオンラインミーティングを主催できる程度のノウハウは取得したいと思っていたので、いい機会だった。現在使用中のオフィス365に、月額数百円を加算するとTeams機能が付いているそうだし、クラウド保存容量がなんと25TBも使えると聞き、こちらが驚いてしまった。

 浦島太郎になってしまわないよう、ある意味では変化の激しい最先端の情報にも、アンテナを向け続けなくてはならないと痛感している。こんな毎日では、加齢などという言い訳ができそうもない。・・・そういえば、ずっと気になっているのだが、頭頂の毛髪量が減ってきているのは自覚している。しかし、人に聞いても白髪が見当たらないと言われる。へえ、そうなんだ。では、この調子で頑張って加齢に抗っていれば、知的で気品のある華麗なじじいになっていくのかもしれない。不思議な気分である。

 最後にひと言。今日、絵本を採用してくださっている、ある産婦人科の看護師を統括されている女性の方と電話で話す機会があった。そのとき、「ブログをときどき読んでますよ」と言われ、一瞬、言葉をのみ込んでしまった。あらあら、じゃあちゃんとまともなブログ記事をアップしなくては、と思ったのだが、やはり長年の習性は変えがたく、気がつけばいつもの流れである。

 まあ、それでいいのではないだろうか。

 H看護師さん、笑って読み飛ばしてただきたい。・・・あら、読み飛ばそうにも、ここが最後の文章だった。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する
 



by hirune-neko | 2020-07-14 00:18 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< アリスが重度の認知症と機能障害... ついに長い冬眠から覚めたジュディ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん  コメ..
by hirune-neko at 10:37
昼寝ネコ様 お早う..
by ちはや at 06:45
ちはやさん  ..
by hirune-neko at 12:36
昼寝ネコ様 ② ..
by ちはや at 11:32
昼寝ネコ様 ① ..
by ちはや at 11:30
記事ランキング
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ