人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

メールアカウントが全て接続不能になってしまった

Suite remembrance: Remembrance
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 何ヶ月か前にもメールの送受信ができなくなったことがあった。その時は、主要なアカウントをなんとか再設定することができた。しかし今日は、アップルのサポートに全部で4回は電話しただろうか。OSの上書きインストールまで行ったが、結局修復はできなかった。今でも、一度削除して再設定した2つのアカウント以外は、すべて接続不能の状態である。

 メールアカウントが40種類もあると聞いて、サポートの方が初めて聞いたと言って驚いた。前にもそんなことを言われた記憶がある。しかし、すべてのメールアカウントをフル稼働させているわけではない。必要性を感じてアカウントを設定したものの、ほとんど使っていないものもある。この際だから、少し時間をかけてメールアカウントとドメインの整理をしなくてはいけないと思った。

 現在使用中のiMacは、おそらくもうじき5年にはなるのではないだろうか。最近、時々動作不良が発生するようになったので、そろそろ寿命かなという予感はしていた。さすがにここまで深刻な症状になると、大変申し訳ないが引退していただくしかないと考えた。

 私は比較的機器類に対して感情移入してしまう方だ。このiMacにはアリスという名前をつけている。朝起動するときはいつも、おはようと声をかけ、夜電源をオフにするときは、おやすみアリス、また明日ね、と声をかけている。

 Apple StoreでiMacの仕様と価格を調べた。私にはパソコンや携帯機器が不可欠なので、購入するしか道は無い。こうしてみると、やはり使用期間が4年を過ぎると、型が古くなったり激務に耐えられなくなったりなどで、現役を退いてもらうしかなくなるようだ。

 そんなことを考えながら、ふと思った。いっそのこと、私自身も買い換えてはどうだろうかと考えた。そしてすぐに思い浮かんだのは、「お前と同じようなネコ人間は欠陥だらけの不良品なので、店頭には並んではいないよ」、と言う自虐的な発想だった。

 人生とは長い年月をかけて、経験を積んで初めて理解できることが多いと思う。誰の人生にも、大変だと感じる時期はあるのではないだろうか。しかし、大変な時期はできるだけ若いときに経験した方がいいと思う。気力を振り絞って耐えながら前進する力がまだあるからだ。順風満帆の追い風の人生を送り、晩年になってから大変な状況になってしまったのでは、立ち上がる気力もなかなか出ないのではないだろうか。

 人生で遭遇する苦難を、どのように捉えるかでその人の生き方も変わってくると思う。私自身は、過去に人並みだが、苦難や労苦を経験していると思う。しかし今になって振り返ってみると、あの時に放り投げず、じっと踏ん張って乗り越える努力をしてきて良かったと思っている。

 その最たる理由は、心身ともに重荷を負っているその時期に、ひたすら乗り越えようと真摯に努力をするときに、色々と学び、鍛えられ、精神的に強くなり、そして最後には、同じように苦難の渦中にある人たちに対し、慈愛の気持ちを抱くことができるようになると思うからだ。

 もし国の統治者や、政治家そして官僚の皆さんの大部分が、国を思い国民の労苦を共有し、励まし合って共に成長しようという志の方々ばかりであれば、その国は栄えると思う。

 反対に、自分の個人的な名誉欲や権力欲に翻弄され、人を押しのけ、人を犠牲にしてまでも自分の欲を満たしたいと考える性格の人たちが、国を統治し国家の予算を配分するような国であれば、やがては他国に支配され、奴隷化する国となるのではないだろうか。

 改めて思うが、私は日本という国が好きである。もちろん、多少能天気でお人好しのところも多々ある国民性だと言えなくはないが、それはそれで良いのではないだろうか。一部の人たちが、社会事象をシビアに洞察し、正しい世論を形成していってくれれば、少なくともそれはそれで良いのではないだろうか。

 しかし、日本は民主国家なので、どのような考え方の政権が誕生するかは、選挙に依存している。最近韓国で行われた総選挙は、詳しくは知らないが、オンラインで投票集計が行われたそうだ。そしてそのシステムは、中国製だったと聞いている。疑ぐり深い私は、そこに不正な集計操作があったのかもしれないと疑ってしまう。IT技術の発達は大変結構だが、不正に悪用されてしまう危険性も無視できないのではないだろうか。

 ひたひたと東アジアに臨界点が迫っていると感じる。それに呼応するかのように、この後そう遠くない将来に、第二波、第三波の新たなウィルス感染問題、豪雨と洪水とダムの決壊、とくに致命的な三峡ダムの決壊。バッタやイナゴの異常発生による畑の被害、そして大飢饉という、まるで天からくだされる罰としか思えないような、悲惨な状況が訪れると予感している。

 別に私に予知能力があるわけではないが、主としてインターネットから断片的に収集される情報の数々を目にしていると、脳内には近未来のイメージが浮かんでしまう。

 しかし、日本に対してはかなり楽観的に捉えている。確かに、お花畑と揶揄される側面もあるが、基本的に日本人は清廉潔白な国民性を持っており、正義感と使命感も強い。したがって、いざ何ごとかがあると、あっという間に大半の国民が一致団結し、外敵を排除する力が瞬時に湧き起こるだろうと思っている。

 今日の私は、もうこの時間ですっかりエネルギーを失ってしまった。かろうじて多少の思考力は残っているものの、背中を床につけたまま立ち上がる気力を失ってしまっている。

 本当に、年齢相応に虚弱化しているのを自覚している。でも、加齢という名の引力に抗って、常に前を向いて歩き続けたいと思っている。

 そうそう、最近発症していた低血圧症状だが、確認したらフランスキクイオには、血管を拡張させる効能があるそうだ。栽培している方から、中断するよう言われて食べるのを止め、まだ数日しか経っていないが、順調に正常値の範囲内で落ち着きつつある。もし、フランスキクイモを食していらしゃる方で、血圧が下がっているという自覚症状がおありならば、ご注意いただきたい。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2020-07-09 23:56 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by ちはや at 2020-07-10 15:41 x
昼寝ネコ様

こんにちは、ブログへのコメントをありがとうございました。

『平安と平和のメッセージ』を確かに受け取りました。
装飾のないストレートなメッセージが胸に刺さりました。
多くの方が「拍手」を押してくださって感動を分かち合ってくださったようです。

いつも大切なことを教えてくださってありがとうございます。
これからもよろしくご指導ください。


*****

『iMac』君は働き者だったのですね、お疲れ様でした。
メール機能は回復されましたでしょうか?

下記情報がありましたのでお知らせします。

■6月28日に公開された逮捕者リスト : 日本や世界や宇宙の動向
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52054594.html

ちはや拝
Commented by hirune-neko at 2020-07-11 11:58
ちはやさん

まる二日間、パソコンのトラブル対応に追われ、せっかくいただいた
コメントに気がつきませんでした。大変失礼しました。

この記事が、たくさんの方に共感を持っていただいたとは
嬉しい限りです。いつも、くたびれ果てた1日の終わりにブログを
書いていますので、連続性も脈絡もない内容になっていますが
私の場合は政治ブログでもなく、エッセイでもなく、文字通り
日々の雑感ですので、かろうじて継続することができています。

これからもよろしくお願いします。昼寝ネコ
<< 悲惨な二日目がなんとか終わった まだまだ健全な生活には、ついて... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん  コメ..
by hirune-neko at 10:37
昼寝ネコ様 お早う..
by ちはや at 06:45
ちはやさん  ..
by hirune-neko at 12:36
昼寝ネコ様 ② ..
by ちはや at 11:32
昼寝ネコ様 ① ..
by ちはや at 11:30
記事ランキング
以前の記事
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ