人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

ミュージシャンの来歴にまで興味を持ってしまった

Loreena McKennitt- Caravanserai.flv
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 高校生の頃から、音楽的には偏食傾向が強かったようだ。1960年代の後半なので、ビートルズやモンキーズが全盛だったと思う。しかし、どういう訳か興味が湧かなかった。学校を抜け出して、ジャズ喫茶に通うのが日課になってしまったので、もっぱらジャズばかり聴いていた。

 ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスに傾倒し、大学の後半にはシャルル・アズナヴールを聴いた。やがてパコ・デ・ルシア、という感じだったが、40代にピアソラと出会い、すっかり虜になってしまった。

 ここ数年は、ダイアナ・クラール、ステイシー・ケント、エリアヌ・エリアスやシャーリー・ホーンなどの女性ヴォーカリストも、アルバムをダウンロードして聴いている。

 しかし、誰一人として音楽的な来歴などを調べたことはない。ところが、最近知ったロリーナ・マッケニット(Loreena McKennitt)に対しては、音楽という枠を越えた背景世界に興味を持ってしまった。

 最初の出会いは、映画で使われたTango to Evoraで、印象深い曲想だった。Apple・ミュージックに登録しているので、アルバムはダウンロードし放題なのをいいことに、ロリーナ・マッケニットのアルバム12枚をダウンロードし、1枚ずつ聴いている。

 徐々に理解できたのは、Tango to Evoraは唯一といっていいほど、現代的な作品であり、その他ほとんどは時空を超越した曲想で、時代も国籍も不明・・・というより、旧約時代の中東から現代にタムスリップして来たのでは、と感じている。

 そこで今日、ロリーナ・マッケニット(Loreena McKennitt)について調べてみた。さすがに、自分のブログで熱狂的に推挙している日本人の絶対数は少なかった。

 とても詳細な記述を見つけたので、長文になるが記録として以下に残しておきたい。
c0115242_00045996.jpg

【ロリーナ・マッケニット(Loreena McKennitt)】
■引用元:バイオグラフィー BIOGRAPHY

 あの壮大な2枚組『ライヴ・イン・パリ・アンド・トロント』からもう4年が、一番新しいオリジナル・アルバム『ブック・オブ・シークレッツ』からとなると、もう6年が経ってしまった。デビュー以降2~3年に1枚のペースで作品を届けてくれていた彼女だから、もうそろそろ次を、と本当は思いたいところだけれど、その願いはまだ届きそうにない。

 かねてからロリーナを聴いてきた方ならご存じかもしれない。彼女は1998年に婚約者を水難事故で失ってから、一切の音楽活動をやめてしまっている。いや、正確に言えば、『ライヴ・イン・パリ・アンド・トロント』は1999年9月の発売だから、それにかかるさまざまな行程には、事故後も関わっていたのかもしれないが、創作物として新しいものを世に送り出すというまでには、まだ至っていない。あるいは、もう2度とそれはないのかもしれない。本人にもわからないだろう。『ブック・オブ・シークレッツ』のレコーディングを見学させてもらった時に感じた、まるで音楽以外の雑念を振り払うかのように集中しサウンドを構築してゆく完璧主義者的な彼女のこだわりが、その事故によって乱れたのは、想像に難くない。これからのことは、神のみぞ知ること。彼女の次なるステージを信じて、今はただ、これまでの名作の数々を聴き続けるしかない。

 ロリーナは、カナダはマニトバ州モーデンの生まれ。その姓からもわかるように、ケルトの血を受け継いでいる。アシュリー・マックアイザックやナタリー・マクマスターらを輩出したノヴァ・スコシアを筆頭に、ケルト文化が根強く残っているカナダの大西洋岸だが、マニトバでもパブなどを中心にケルトの伝統音楽は受け継がれていたようで、その少女期の音楽体験が、以後の彼女の音楽人生に大きな影響を与えている。やがて彼女自身も、モーデン付近のフォーク・クラブやホールで歌うようになった。

 1980年代初頭になると、オンタリオ州ストラトフォードに移住。そこは大規模なシェイクスピアのフェスティバルが開かれる町で、移住はフェスティバルに役者、作曲家、歌手として参加するためだった。82年に『THE TEMPEST』、85年に『THE TWOGENTLEMEN OF VERONA』などを手がけている。さらにその後トロントへ出てバスキングも経験。地道な活動が実を結び、やがて彼女は海外で開かれる万国博にカナダ代表として出演、演奏したり、フォーク・フェスティバルで歌うようになる。そして、小規模ながら自分がメインのライヴを開くまでになった。

 1985年、ソロ・ミュージシャンとしての本格的なスタートを決心したロリーナは、自身のレーベル“クインラン・ロード”を設立。同年にファースト・アルバム『エレメンタル』を発表する。その後の輝かしいキャリアの幕開けを飾ったデビュー作だが、その手法はまだまだシンプル。ただひたすらにケルトの大地を見つめる。「ブラックスミス」「シー・ムーヴド・スルー・ザ・フェアー」「キャリックファーガス」など7曲がトラッド、残る2曲はウィリアム・バトラー・イェイツとウィリアム・ブレイクの詩にロリーナが曲をつけた。シェイクスピアをきっかけに身に付けたのだろうこの手法が、際立って素晴しい。

 1987年の第2作『ドライヴ・ザ・コールド・ウィンター・アウェイ』は、アイルランド、スコットランド、イングランドのキャロル集。なんといっても1曲目、18世紀イングランド産のトラッド「クリスマスを讃えて」の美しさが、何度聴いても心を揺り動かす。スタジオを使わず教会やホールで録音したことで神秘的な残響が漂う音空間が生まれ、シンプルな編曲により、彼女自身によるハープの音色も、より堪能できる。数々のキャロルに混じって収録された3曲のオリジナルも、伝統曲の美しさに全く負けていない。

 この頃のロリーナは、その表面的な音楽性から、よく“カナダのエンヤ”と紹介された。もちろん、共にケルトという揺るがぬルーツに根を張っているし、その透明感やシンセサイザーの音色からは、たしかにある程度の共通性が感じ取れる。

 しかし、その後彼女は、音楽をもってエンヤとの資質の違いを、そして無二の個性を明らかにしてゆく。その最初の試みとなったのが、1989年に発表された『パラレル・ドリームス』。その後彼女の片腕的存在として活躍することになるギタリスト、ブライアン・ヒューズが初めて関わり、前2作では稀薄だったリズムへのアプローチによって、新展開をみせた。ケルトのエッセンスを残しつつ、他文化圏の楽器の使用や自作曲を増やし、音楽家ロリーナの発展の跡を感じさせる。この、ケルトと異文化との融合が、以後のロリーナの音楽活動の一大テーマとなっていく。ターニング・ポイントともいえる1枚。

 1990年代は、まさにその才能があふれんばかりに開花した時代。通算4作目、ワーナー・ミュージック・カナダと契約しての第1弾となった1991年『ザ・ヴィジット』では、スケールもアレンジも格段にレベルアップ。ヨーロッパ大陸や中近東への視野の広がりを感じせ、アラブ音楽の旋律やインドの楽器シタールを導入しつつ、前作で見せたリズムへのアプローチの成果もいかんなく発揮する。一方では、プロのミュージシャンとしてのルーツであるシェイクスピアを題材に曲を付けた「Cymbeline」や、トラッドの「Greensleeves」を取り上げるなど、自らの足元もおざなりにはしない。ブライアン・ヒューズは、このアルバムから本格的にサウンド・ディレクションに関わるようになり、クオリティは格段に向上した。

 1994年の第5作『マスク・アンド・ミラー』は、『パラレル・ドリームス』以降の音楽的彷徨が遂に結実した濃密な傑作。スペイン、イタリア、モロッコ、北アフリカで吸収したエッセンスのすべてが集約された名盤である。曲作り、アレンジ、録音、どれもがよく練られ、そのクオリティの高さは“カナダのグラミー”と形容されるジュノ・アワード2部門受賞で実証された。ケルトの聖地アイルランドからは御大ドーナル・ラニーが参加、2曲でブズーキを演奏している。

 1995年の穏やかなクリスマス・ソング集『ウィンター・ガーデン』は、息を飲むような崇高な音世界を構築してきた彼女が久々に届けてくれた、心に深く染み入るような暖かいミニ・アルバムだ。もちろん、ロリーナの妥協のない音作りへのこだわりも変わらないけれど、有名なイギリスのキャロル「Got Rest Ye Merry, Gentleman(世の人を忘るな)」やセカンド・アルバム収録曲の再演となる「Snow」などを、穏やかに、豊かに歌いあげる。この年にはチーフタンズと共に来日を果たしている。
 そして1997年、現時点での最新オリジナル作となる通算6作目『ザ・ブック・オブ・シークレッツ』を発表。アルバム・タイトルが示すとおり、マルコ・ポーロの『東方見聞録』など世界の歴史的な書物に題材を取り、その各地の音楽的要素を盛り込んで作り上げたコンセプト・アルバム。また、ギリシアやシベリアへの旅から得たインスピレーションも大きく作用しており、『マスク・アンド・ミラー』で見せた壮大で濃密な音絵巻をさらに突き詰めた内容となっている。全世界で300万枚以上の売り上げを記録した。

 この『マスク・アンド・ミラー』発売後のツアーでのパフォーマンスを収録したのが、1999年に発表されたベスト盤的要素の強い2枚組?a href="disc.html#lipt">wライヴ・イン・パリ・アンド・トロント』。彼女の初のライヴ・アルバムで、DISC-1は、『ザ・ブック・オブ・シークレッツ』全曲、DISC2は現在までの代表曲で構成されている。片腕ブライアン・ヒューズに、ベースのダニー・トンプソン、ヴァイオリンのヒュー・マーシュ、ソロ・アルバムが日本でも発売されたチェロのキャロライン・ラヴェルら、天才プレイヤー達をバンドとして従え、完璧な演奏を展開する。ロリーナの歌声もスタジオ盤で聴くのとはまた違った力強い魅力にあふれ、感動的である。

 というわけで、これまでに8タイトルのCDを世に送り出しているロリーナ。世界各地への旅から作品へのインスピレーションを育ててゆくという彼女の音楽は、まるで彼女の旅のサウンドトラックである。『ザ・ブック・オブ・シークレッツ』発表後には中国を旅していたというから、例の悲劇がなければ去年あたりには、中国や、ひょっとしたら日本、ひいてはアジア全体を視野に入れたようなアルバムが作られていたかもしれない。しかし、もしも彼女がこれから音楽界に復帰することがあるのなら、また違うアイディアがコンセプトになるはずだとも思う。しかし、そのどれもが、今は淡い憶測でしかないのが、やはり残念である。

 しかし、そんな憶測をよそに、彼女のこれまでの作品は、何年経っても輝きを失っていない。魂を、全身全霊を込めるように作られた音楽は、そう簡単に色あせるはずがない。今、彼女のアルバムをすべて聴きなおし、いくつかの新たな発見を自分なりにしながら、復活を祈るというより、むしろ、これだけの作品をわずか10年余の間に刻んだ彼女の才能の深さに、あらためて驚きと敬意を感じている。

2003年9月19日 高橋晃浩

(以下は関連リンク先)
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する


by hirune-neko | 2019-06-24 00:06 | 音楽・映画・本の世界 | Comments(0)
<< 私は泣いています、ベッドの上で... とうとう現役引退で選手交代が発生した >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 15:15
昼寝ネコ様 クスリ..
by ちはや at 08:51
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 00:57
昼寝ネコ様 興味深..
by ちはや at 22:51
いちファンさん あ..
by hirune-neko at 18:45
記事ランキング
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ