人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

朝、手にしびれがあり、脳梗塞かと思った

Vete de mí - Julia Zenko
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 足先の血行が悪く、慢性的にしびれはあるのだが、今朝は左手のひらにしびれが発生した。真っ先に思い浮かんだのは、脳梗塞だった。検索したら、やはり脳梗塞や脳内出血が疑われると書かれていた。

 緊急に処置が必要だとは感じなかったが、外出の予定を取り止め、布団の中でじっと安静にして、様子を見ることにした。

 もしかして何か脳に異変があり、身体のどこかに麻痺が出るかもしれない、などと暗鬱な気持ちになってしまった。しかし、それはそれで受け入れるしかない、とも思った。

 ちょうど、読書課題が数日分遅れていたので、携帯用スピーカーと同期させて聴き始めた。途中、何度も寝入ってしまったが、その都度、章の最初から再生し直した。

 薄紙を剥ぐように、しびれは少しずつ改善されたが、最終的には約5時間ほど安静にしていた。その頃には、しびれも消え安堵した。

 知人何人かが、脳梗塞や脳内出血を経験しており、後遺症を抱えている。これまで以上に、摂生しなくてはと思った。その一方で、ひょっしてしびれの原因は、いつも身体を左下にして寝ることが多いので・・・布団の中でiPadを閲覧するため・・・もしかしたら、左手を身体の下に入れたまま寝てしまったのではないだろうか、とも考えた。ありえることだ。

 しかし、これは普段からの不摂生に対する警告だと考えることにしたい。とりあえずは、床につく時間を早めることから始めたい。それともうひとつは、甘いもの依存症の克服だ。血糖値が高止まりしているのに、脳内の疲労感を抑えるために、つい甘いものに依存してしまう。自分で病気を作ってしまっているようなものだ。

 今日は自由な時間が比較的長かったので、自己分析をしてみた。

 ・・・なぜ、いつも脳内疲労を感じるのだろうか?

 どうやら、絶えず何かを考えているように思う。ひとつの情報記事を読んでも、いろいろな視点から考え、深層にある事情や状況をあれこれ推測してしまう。そんな感じなので、脳はかなりフル回転している。

 もっとリラックスする時間を確保すればいいのだろうが、これだけ内外情勢がめまぐるしく変化すると、やはり気になってしまう。

 しかし、健康体あっての的確な判断だと思うので、まずは健康と基礎体力を優先したい。

 現在時刻は午後8時15分である。これが健全なブログ時間帯なのだろう、きっと。

 そんな訳で、徐々にブログアップ時間を早めたいと思っているので、応援をお願いしたい。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

by hirune-neko | 2019-03-24 20:23 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by causal at 2019-03-25 08:27 x
>知人何人かが、脳梗塞や脳内出血を経験…。
私も経験しております。
血圧は高くありませんか? 手足のしびれは右半身ですか、左半身ですか?

私の経験ですが、最初に高血圧の症状が出た後、右半身がしびれる様になったものの、(外出先でも
自宅でも)、しばらく休むと回復しましたが、その症状が収まる事は有りませんでした。病院に行ってみるとMRI検査で左脳の血管に血栓有りとの事(脳梗塞)。
(左脳に血栓が有れば右半身に影響が出ます。)
幸い、血栓も小さなものだったので手術も必要なく、拡大を防ぐため、血圧降下剤が欠かせなくなりましたけど。
それ以降は健康に過ごしています。
(たまにコメントを寄せる事が出来ているのが、その証明ですね。)

一度、MRI検査を受けてみる事をお勧めしますと共に、ご健康をお祈りします。

■ニッキ・パロット=オーストラリア出身のジャズベーシスト兼ヴォーカリストの歌と演奏を
Nicki Parrott – Smile
https://www.youtube.com/watch?v=3Gsg0yGPhUw
Commented by hirune-neko at 2019-03-25 14:30
causalさん

ご心配くださり、有難うございます。

何年も前は、血圧が高く救急車で運ばれたこともあります。降下剤を勧められたのですが、何も服用せず、酸素水とフランスキクイモを何年も飲み続けています。今では逆に朝の血圧が100を切ることが多いぐらいで、低血圧を心配しています。

 足のしびれは糖尿病からきているものです。血糖値を下げるのが当面の課題なのですが、甘いもの依存症で苦労しています。

 以前、歌いながらベースを演奏する女性を教えていただいたことがありますが、今日の方とは別なのでしょうか。記憶が薄れてしまっています。

 いつも有難うございます。 昼寝ネコ
<< 健全な生活だと、夜は眠くなるようだ 思春期は彼方に去り、思秋期から... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
山本瑞教さん コ..
by hirune-neko at 23:00
一気に読ませていただきま..
by 山本瑞教 at 16:03
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 11:50
昼寝ネコ様 お早う..
by ちはや at 05:25
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 11:21
記事ランキング
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ