昼寝ネコの雑記帳

具体性はないものの、均衡が崩れそうな予感がする


The Swingle Singers & The Modern Jazz Quartet - Air For G String
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 何かおかしいと思いつつ、原因不明のまま過ごしてきたが、ようやく謎が解けた。いわゆる、通常業務がじわじわと増えてきていることに、気づかなかった。

 実務的な作業が増えているということは、受注量が徐々に増えているということで、現状の製作ラインのキャパシティを超えてしまっていることになる。その分を私がカバーしている。つまり、私自身の時間が徐々に切り崩され、自分自身の仕事に割ける時間が減ってきている。

 やっと自分の時間だと思えるのは夜の時間帯なので、寝る時間も徐々に遅くなってしまっている・・・そんな単純な状況変化なのに、毎日同じことを繰り返していると、なかなかその変化に気づかない。

 ここしばらく、新規契約は増えていないのだが、新規開業から弊社のグリーティング絵本を採用してくれている産婦人科の分娩数が、徐々に増えている。3倍から4倍になっている産婦人科もあり、大したものだ。

 営業の本格化を目指し、説明用資料の作成をお待たせしている状態だ。対応案件数が私自身のキャパシティを超えてしまっているので、優先順位を考えながら集中してこなしている。

 毎日乏しい時間を割いて、いろいろな方々のブログを閲覧させていただいている。時間に余裕が無いため、ほとんどは見出しを読むだけに留め、記事内容全てに目を通せる数は限られている。

 ひとつのテーマを深く掘り下げ、詳細な説明を記述するブログが多い中、いろいろなブログの特性を把握して、幅広くタイムリーな記事を紹介しているブログがある。国内だけに留まらず、海外の最新情報まで紹介されているので、私のような時間欠乏人間にとっては、とても助かるブログだ。短時間で、国内と国際社会の動向をある程度だが俯瞰できる。

 そのため、東アジア情勢がどのような方向に向かうのかを、なんとなくだが予知できそうな感じがする。勿論、公開情報だけを参考にしているので、判断には限界があるものの、なんとなく方向性が見えそうに感じる。

 最も頻繁に閲覧しているのは、これまでにも何度かご紹介しているブログ「徒然なるままに」である。ブログ主は、毎日かなりの時間を費やして最新情報からピックアップし、自分のブログで紹介している。余程の使命感と正義感がなければ、とてもできないことだと思っている。本来は、有料配信されてもいいのではないかと思うぐらいだ。つまり、クリッピング手数料程度の安価でという意味だが、一定の定期購読者を確保できれば、本人にとっても情報の精度や範囲を拡げられることになり、結果的に読者の利益にもつながる思うのだが、どうだろうか。

 まあ、内政干渉はできないので、ブログ主には何も言えないが、そのような心意気のあるブログなので、できるだけ訪問されて、応援していただければと願っている。ブログ「徒然なるままに」http://mblg.tv/42411914/

 どういう訳か、冒頭で私のグリーティング絵本を、いつも紹介してくださっている。かなり気に入ってくださっているようで、大変有難く、また光栄に思っている。

 あらあら、前書きがすっかり長くなってしまった。

 均衡が崩れそうな予感がするのは、勿論、特亜三国のことである。中国がしっかりして安泰であれば、後ろから韓国や北朝鮮を支えることもできるだろう。いざとなれば、中国が後ろ盾になってくれると思えば、文在寅大統領も金正恩総書記も、余裕と自信を持って、アメリカや日本と対峙できるのではないだろうか。

 しかし、中国はアメリカとの貿易戦争だけでなく、一帯一路構想が行き詰まっているように見えるし、中国主導で派手にスタートしたアジアインフラ投資銀行(AIIB)も、一体どうなってるのか、政敵といわれる江沢民氏の存在、あるいは習近平総書記にまつわる失脚や暗殺情報もある。中国に進出している日本やアメリカなどの多くの外国企業も、撤退・脱出準備に入っているといわれている。つまり、中国自体が、その存続に関わる深刻な状況だと映る。反体制派が、このまま座して死を待つとは考えられず、国内での不穏な動きが予感される。

 安倍首相=トランプ大統領は、どうやら緊密に協調路線を走っているようであり、オセアニア、東南アジア、ヨーロッパ諸国も、アベ・トラ路線に同調しだしているのではないだろうか。プーチン大統領は、日本やアメリカと敵対するより、勝ち馬に乗り、自国の立場を盤石にしておきたいのではないだろうか。

 つまり、中国のみならず、韓国や北朝鮮国内でも、反体制の気運が高まっており、あくまでも妄想であるが、CIAが密かにクーデターや、なんらかの国内勢力主導の国家再構築計画を企てているような気がしてならない。

 いずれにしても、核ミサイルが飛び交い、多くの無垢の人たちが犠牲になるような事態は、なんとしても避けてほしいものだ。

 脱北した軍人の言葉がもれ伝えられているが、世襲制の国家統治者、忠誠の無理強いなどに対する不満が国内で鬱積しているようだ。

 大変無責任な表現になってしまうが、武力衝突により、多くの兵士や一般国民が犠牲になるよりは、悪政・圧政など、国を誤った手法で統治してきた統治者は、亡命するなり降伏するなりして、国外退去になった方がいいのではないだろうか。そして、日本、アメリカ、オセアニア、東南アジア、ヨーロッパ諸国と友好関係を結び、発展する国を目指して再構築されてはいかがだろうか。

 そのように、平和裡に情勢が収束するか、あるいは暴発して結果的に武力制圧されるか、そこまでは予知できないが、いずれにしても力学的限界点だろうと感じているので、どこかで均衡が崩れ、なんらかの動きがあるのではないかという予感がしている。

 実はここだけの内緒の話にしてほしいのだが、私は各国家元首や側近の飼いネコたちと、緊密にネコネット経由で情報交換しており、ほぼリアルタイムで飼い主達の会話や密談の音声ファイル、動画ファイルを送ってもらっている。それによると、形勢不利と判断した習近平総書記および金正恩総書記の両方が、国内反対勢力による暗殺やクーデターを怖れ、何カ国かに亡命受け入れの打診をしているようだ。

 各国家の安全と国際平和に関わる重要機密なので、くれぐれもお読みになったら瞬時に忘れていただきたい。もし他言されて露見してしまうと、大切な友人ネコたちの命に関わることになるので、それだけはお願いしたい。

 あっ、今日はまだエイプリルフールの日ではなかった。ちょっと早合点してしまったようだ。しかし、書いてしまったものを、今さら書き直すのも面倒なので、このままにさせていただく。

 このような妄想ストーリーが思い浮かぶのも、日に何度もブログ「徒然なるままに」を閲覧しているからに他ならない。多忙の方で、ごく短時間で国内外の情勢をディープに把握されたい方にはお薦めである。そして、決してアメリカのディープ・ステートではなく、深く日本を愛し、日本と日本国民を大事に守っていこうと考える人たちが、ここ日本の底辺で増殖し、国家の安寧と平和を支える援軍になれば、理想なのではないだろうか。

推奨・ブログ「徒然なるままに」http://mblg.tv/42411914/

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-11-19 01:20 | インテリジェンス | Comments(2)
Commented by ちはや at 2018-11-19 08:56 x
昼寝ネコ様

いつもありがとうございます。
徒然なるままにを大々的にご紹介いただき恐縮するばかりです。
単なる公開情報を転載しているだけの何の特色もないブログを、常々応援してくださっているだけで幸せに思っております。
また、有料などと大それた考えは持っておりませんし、それに値するブログだとも思っておりません。
元々は時事作品を書く為の資料として情報を集めていたものが、いつの間にか公開情報を転載することを目的とするものに変わってしまったように思います。

昼寝ネコ様が危惧しておられるような事態を私も感じております。
ブログに転載する記事もそういう方面のものを集める形になっているように思います。
執筆中の時事作品もどうやらその方向で纏まりそうです。
最近、世界の動きが一段と加速しているようで、朝のニュースが夕方には新鮮さを失っているようなそんな感じです。
しかし、世界会議がこんなに多いなんて…、安倍総理も河野外務大臣も本当にご苦労様だと思います。

昼寝ネコ様もお仕事お疲れ様です。くれぐれもご自愛ください。 ちはや






Commented by hirune-neko at 2018-11-19 11:22
ちはやさん

いえいえ、誰にでもできることではありません。公開情報は膨大な数がありますので、そこから選別して紹介すると言うためには、それなりの定見と形式が必要です。さらに、何の対価が必要も求めずに奉仕の精神でここまでできる人は、相違ないと思います。時間も労力も少なからぬ量だと思いますので、継続されるだけでも大変なことだと思っています。無理せずに、多くの読者のために引き続きよろしくお願いします。昼寝ネコ
<< ちょっときっかけを掴めたような感じだ 越生(おごせ)線・武州長瀬えき... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 14:44
swingle sing..
by causal at 10:57
causalさん ..
by hirune-neko at 15:44
>高津駅前のレンタルショ..
by causal at 08:55
おはようございます。 ..
by causal at 08:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ