昼寝ネコの雑記帳

多言語出版への現実的な第一歩を踏み出した

Astor Piazzolla " Tristeza De Un Doble A "

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 2作品の翻訳をお願いしていた方から、短い方の作品の英訳が終わったと連絡があった。相前後して、翻訳原稿がWordファイルで送られて来た。ニュージーランド出身の彼女からのメールには、以下のように記載されていた。そのまま転記するが、とても外国人の書いた文章とは思えないのではないだろうか。

 最初の話の翻訳を別のメールで送りました。同時にアメリカにいる作家の友達にも送って、『翻訳より話し、ストリー的なことスタイルのことを見てもらっています。
 昼寝ネコさん(実際は人間名)も是非訂正してください。言葉の翻訳はわたしができますが、作家ではありませんからね。

 2つ目のサンタクローズの話は半分ぐらいできています。出来上がったら送りますね。よろしくお願いします。」

 彼女は日本の大学院で修士号を取得しているそうだ。勿論、日本語でだ。日本語から英語へは正確に訳せるとは思っている。しかし、文学的微妙な表現は果たしてどうなのか、という一抹の不安はあった。しかし、メールに書かれているように、アメリカにいる作家に推敲をお願いしてくれているという。とても有難い配慮だ。

 届いたばかりの英訳原稿を、そのまま以下に掲載させていただく。これがネイティブの作家の手によって、どのような変貌を遂げるか、楽しみである。

 時間がおありになる方は、まずオリジナルの日本語作品をお読みになり、その後、下記の英訳文をお読みいただくと、興味深いのではないだろうか。さて、この先、果たして多言語出版が実現するかどうか、引き続き可能性を追求したいと思っている。

 ざっと目を通してみたが、日本語では主語の無い文がざらにある。主語が無くても、誰の心理を描写しているか、誰が語っているかが推察できるからだ。英語の場合は、基本的に主語の無い文章はほとんど無いのではないだろうか。主語の無い命令文には、最初に「You」が省略されているのだし。・・・この作品の場合、主語の無い文章の主語は「私」である。しかし翻訳者は主人公が女性なので、「彼女」という主語を挿入し、主人公を客観視している。改めて、日本語が世界の言語で一番難解だという説は、その通りだと思っている。


創作イメージ「彼方から甦る記憶」・オリジナル日本語
 2013年10月12日の作品

【英語への翻訳文第1稿】
彼方から甦る記憶〜A Memory from Long, Long Ago


In the early morning, she awoke from a shallow sleep, and as she opened her eyes, a small sigh escaped her at the thought of another day starting. Recently she had begun to feel that every day was just a dull, monotonous repetition of the one before and she wondered how long this would continue.

Several years back she had already passed the average life span for a woman. Other than official letters from the city office, there were never any personal letters delivered, never anything in the mail box other than the occasional catalogue. Other than wrong numbers, the phone never rang, and it had been a long time since a card had arrived on her birthday.

In the distance the faint sounds of the city could be heard. Even her morning walks had become rare, and she could feel the distance between her and the world widening. There was no one to pay any attention to a useless old lady.

After retiring from primary school, she had thought about moving outside the city. But she was involved in volunteer work so there was transportation to take in to consideration, and before she noticed it, she was still living in the centre of town.

More and more she was remembering things that had happened a long time ago. Even as a child, she had no memories of her father. What she remembered was how tired her mother looked after working long hours…studying education at the university…and how happy her mother had looked when she landed a job at a private primary school in the city. That moment must have been the reward for the hard work of raising me alone, she thought.

Few chances for love, and then a marriage that was cut short by her husband`s death. My mother never showed her worry for me with words, only by her expression. Even as she was drawing her last breath, she gripped my hand tightly and looked at me with tears in her eyes but never said a word as she passed away. I wondered what she had been trying to tell me. Sometimes I think about that even now, but I still don`t know. Maybe I can`t understand my mother`s feelings because I have no children of my own.

Forcing her tired body to move, she went down to the mail box by the entrance and was surprised to see a letter there. It had “Invitation” written on the envelope. Going back up in the elevator she turned the envelope over to see the sender, but didn`t recognize the name.

Opening it she saw that it was an invitation to an award party. She knew well the name of the award that was given by the country to people who had excelled in the field of education. Why would such an invitation come to me, so many years after retiring? Someone must have made a guest list from an old list of names, and my name got mixed in by mistake, she decided.

There was a single handwritten card in the envelope too. It said “I really hope you can attend”, and was signed by the awardee who was also going to be giving a lecture after the presentation. It certainly wasn`t the name of someone she had taught. However, strangely enough, she felt compelled to accept the invitation.

The early autumn day was sunny. It was the first time to go out somewhere in a long time, and it felt good.

The ceremony was being held in a concert hall in the city. When she showed her invitation at the reception, the person there showed her to her seat – right in the middle of the very front row! Even though I can still see well and I don`t use a hearing aid…

The speaker went up on the stand. He looked like a true educator, with a kind expression. “Intellectual Training and Character in Modern Education” was the title of the lecture, but he didn`t seem to be an elite scholar. Rather she could feel something that suggested he had struggled in his life. The big hall had maybe 2000 seats or more, and when she turned round, it seemed that most of them were full.

Towards the end of the lecture, there were several seconds of silence. It may have been her imagination but it seemed he was looking to see if she was present, before starting to talk again.

“When I was a child, my mother and I were very poor. Because my mother was often sick, I wasn`t able to attend school. But I wanted to know what kind of a place school was, and sometimes went to the local primary school grounds. I would peep in the windows of the classrooms. I could see the children around my age looking at the teacher and listening to the lessons.

One day as I was watching a class from outside the window, the teacher`s eyes met mine. I froze and couldn`t move, but rather than getting angry, the teacher smiled at me. Then she directed the students in the back to open the window. It was a cold day at the beginning of winter, so the students looked dubious, but thanks to that I was able to not only watch the lesson, but listen to it too.

As you might expect, I found it hard to go to the school after that, but I really wanted to listen to that teacher`s class again, so a few days later I was back under the window. It was a very cold day, but at the teacher`s directions the window was opened a little. Gradually, while talking to the students, the teacher moved to the back of the classroom. And, when she got to the open window, she smiled at me, and unnoticed by the students, slipped out to me a paper bag she had prepared ready.

When I got home and opened the bag, inside I found several textbooks, as well as some chocolate, candies, and homemade cookies. There was a card as well. This is what it said:

`Tribulation worketh patience; and patience, experience; and experience, hope. (From the Bible)
From your teacher, Hannah Wenz`”.

As I was listening, I slowly lowered my face. I wasn`t able to see the people for my tears. During the talk I had been thinking “maybe…?”, and now I was sure. That little boy under the window had grown up to be a great educator. I had no way of knowing how he had accomplished it. I could easily imagine how not giving up due to troubles would have taken extraordinary effort.

“I`d like to introduce you to a true educator – my teacher, Hannah Wenz”.

I heard my name and came back to myself. As I was guided to the stand to loud applause, he stood and came to meet me. We couldn`t hold our emotions back and hugged each other hard.

“These are the textbooks that were in that paper bag”. With an arm around my shoulder, he held up several tattered and worn textbooks to show the audience.

“The chocolate and cookies only remain in my memory”. Laughter from the audience.

Thinking it was too bright for my age, I now regretted choosing a plain dress over a brighter one.

Beyond my tears, I felt I could see a rare smile from my mother.

 ここまでお読みくださり、大変お疲れ様である。心よりお礼申し上げる。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-10-02 23:58 | 創作への道 | Comments(0)
<< アズナブールに続き、知人の訃報... アズナブールの訃報が届いた >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
たちばなさん はじ..
by hirune-neko at 14:51
causalさんの導きで..
by たちばな at 10:17
causalさん ..
by hirune-neko at 14:08
おはようございます。 ..
by causal at 07:29
Causalさん ..
by hirune-neko at 14:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ