昼寝ネコの雑記帳

アメリカ・トランプ大統領の非常事態宣言・・・

Bill Evans - Easy living (1956)

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 夜、雨の中を7000歩ちょっと歩いてきた。

 歩きながら、先日ダウンロードしたばかりの動画サイト・REAL.videoからの1タイトルを聴いた。動画の原題は、「Signed Executive Orders reveal Trump is planning mass arrests, military tribunals for deep state traitors」である。英語なので、日本語のように正確に理解できないのが、とても歯がゆかった。意味不明の単語で、理解はズタズタなので、ある程度は推測しながら聴くしかなかった。

 いわゆるディープ・ステートに関わったとされる人たちが、大量に逮捕され軍事裁判にかけられるという。オバマ前大統領やヒラリー・クリントン前大統領候補、元FBI長官の名前まで出ており、様々な罪状が指摘されていた。私の中途半端な英語力で誤訳すると混乱を招くので、止めておくことにする。ただ、CIAにも言及していたので、意味合いは正確に聞き取れなかったものの、アメリカの深部にまで巣くっている反国家勢力の排除という、かなりの決意のようだ。

 しかし、元ホワイトハウス上層部やFBI関係者が、国家非常事態宣言の元に、自分たちが国家反逆罪(日本の外患罪?)による逮捕の対象になると知って、そのまま傍観する訳がないだろう。国外への逃亡や、あるいは外国勢力と結託してトランプ大統領の暗殺を企てるなど、事態は一気に緊迫するのではないだろうか。

 そして、日本に対してはどのような影響があるのだろうか。政権首脳はアメリカからの情報を得て、日本国内の治安が脅かされる事態のシミュレーションを行っているのだろうと想像している。対岸の火事では済まないのではないだろうか。

 残念ながら、私には専門的な知識も無いし、人脈も無い。したがって、あくまでも個人的な想像でしかないのだが、安倍政権自体も、日本のディープ・ステートと表現してもいい勢力の放逐を、戦略的に進めて来ているのだと考えられるので、仮に、もし日米両政府が情報交換だけでなく、日本国内の治安維持のための米軍による出動制圧協力など、これまでは想定すらできなかったような事態に発展することはないのだろうか。

 いずれにしても、あれこれ予測しても始まらないことだ。個人としての自衛策を講じることを最優先すべきだと思っている。

 つまり、テロや暴動、破壊工作の現実化による、社会インフラの破綻を前提として、あらゆることを想定した備蓄を進めることを提案したい。

 何年も前から、「みるとす」という会員組織を試験的に公開・公募し、種々の情報を提供するという構想を描いているが、果たして間に合うだろうか。無料会員制が前提なので、運営予算が乏しく、必要人員を確保する余力も無い。・・・愚痴と言い訳になってしまうが、仕事に忙殺されながらの作業なので、残念ながら思うようなスピードで進めることができていない。しかしこれは、自分のライフワークだと位置づけているので、なんとか再構築したいと考えている。

 せっかくサイトを設置し、週刊ニュースレターも発行し、ブログ読者の皆さんもそれなりの人数の方が会員登録してくだったのだが、サイト製作ソフトが大幅に機能更新されて編集不能になってしまい、私自身がまだ新しい技術を習得できていない。

 どのような方向を目指すかを再確認するために、以下に当時のサイトをそのまま掲載させていただく。なんとか正式な全面公開にこぎつけたいものだ。

【無料会員制「みるとす」その1】
c0115242_00384128.jpg
〜ファミリー・インテリジェンスサービス

 以下は、更新不能になってしまった上記サイトの代わりに、別ドメインを取得して試験的に構築したサイトである。トップページをお読みいただくと、全体の仕組みがご理解いただけるようになっている。

【無料会員制「みるとす」その2】
c0115242_00385238.jpg
〜ファミリー・インテリジェンスサービス

 全面公開まで、もうしばらくお待ちいただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
 

[PR]
by hirune-neko | 2018-09-27 00:41 | インテリジェンス | Comments(0)
<< 今日は実質的にダウンの一日だった September Rain・... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
六甲山さん コメン..
by hirune-neko at 11:05
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ