昼寝ネコの雑記帳

今年も夏休みはない・・・

Charles Aznavour - La Boheme

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 考えてみたら、仕事やらボランティアやらで、休日の無い一週間を毎週繰り返している。明日からは、大概の会社も病院も夏期休業だろう。産婦人科の場合は交替で、誰かが病棟に詰めてはいるものの、事務も外来も休みだろうと思う。

 今日もインターネットの接続が不良で、少し容量の大きいファイルをダウンロードしようとすると、接続が切れてしまう。原因の切り分けをするために、LANケーブルを取り替えてみた。NTTはさすがに、24時間対応してくれた。助言に従って、接続機器の電源を切り6分後に再接続したところ、とりあえずOSの上書きインストールはできた。しかし、YouTubeでアルバムのダウンロードは、依然としてできない。

 ここ数日、かなりの時間をロスしているため、明日からの3日間で挽回したいと思っている。

 インターネット上で発信されている情報を垣間見ているが、唖然としたり、ふむふむと思ったりする情報が多い。もちろん、真偽のほどは私には判断できないが、信憑性はあるだろうと思う。ここ最近目に留まった情報の、タイトルのリストを一部だけご紹介する。すでにご存知の内容かも知れないが・・・。

■米軍機にCNN記者が乗り南シナ海上空を飛行  親中メディアも中国を見放し始める | News U.S. http://news-us.org/article-20180812-0018141107-china

■やっと、中国の崩壊が始まる 中韓を知り過ぎた男 http://kkmyo.blog70.fc2.com/blog-entry-1171.html

■ディープステートの汚職の中心的存在とは : 日本や世界や宇宙の動向 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52030456.html

■【うわ‥】NHK、サムスンのスマホ宣伝wwwwwwwwwwwwww | もえるあじあ(・∀・) http://www.moeruasia.net/archives/49611258.html

■中国国有企業2100社倒産、負債総額がGDPの159%に到達 約1396兆8750億円 | 保守速報 http://hosyusokuhou.jp/archives/48821373.html

■ハリウッドの超有名俳優らが小児性愛犯罪の被害者らに告発されました。 : 日本や世界や宇宙の動向 http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52030126.html


 ・・・ほぼ無尽蔵に存在すると思うほどの個人ブログだが、それぞれのブログ主の皆さんの、情報収集に対する熱意には敬服している。そして改めて、旧約時代には影も形もなかったインターネットの威力に対しても、感慨深さを感じている。

 洪水のように膨大な情報の宝庫を視野に入れながら、どのようにすれば、時間と手間という負担をかけず、できるだけ簡便に判断の一助となるツールを提供できるか、その手法を思い描いている。

 まず、人名や組織名、事件名などを基本カテゴリーごとにデータベース化する作業は不可欠だと思っている。アンドリュー・マーシャルがどのように統計学を活用したのか、まだ調べてはいないものの、何か有効な機能があるはずだと思っている。

 最近話題になっている人工知能のような機能を、もっと手軽に利用できるようになる日も近いのではないだろうか。まだまだイメージ段階ではあるが、マスメディアによる捏造情報に対しては、即座にその矛盾点を具体的に指摘し、印象操舵や世論誘導というプロパガンダ活動に対しても、ある程度の無力化機能を持つ情報提供が可能になるのではないだろうかと、淡い期待を持っている。

 またまた妄想か、と思われるだろうが、聖書にも書いてあるように、最初に妄想ありき・・・である。聖書といっても、昼寝ネコ現代訳の聖書である。真面目な話だが、文語訳聖書とか口語訳とか、聖書にもいろいろな種類があるが、昼寝ネコ現代訳聖書というのは、数千年前の旧約時代に書かれた聖文をもとに、現代人に理解されやすいように訳されているものである。

 ちなみに、一ヶ月ほど前にその一部を紹介しているので、再掲したい。

【口語訳聖書】
 「おおよそこの川の流れる所では、もろもろの動く生き物が皆生き、また、はなはだ多くの魚がいる。これはその水がはいると、海の水を清くするためである。この川の流れる所では、すべてのものが生きている。」(旧約聖書 エゼキエル書47-8)

 ・・・このままだと、エゼキエルが見た示現だと言われても、何を意味しているのか、とても分かりにくいと思う。以下は、現代訳の聖書の一節である。

【昼寝ネコ現代訳聖書】
 「おおよそこの言葉(インターネット)が行き渡る所では、もろもろの生活を営む人々の目が開かれ心に確信を得る。また、はなはだ多くの知恵ある言葉を得るようになる。これはその言葉(インターネット)が行き渡ると、人々の心は純化され、奸智奸計の謀略を見破るようになるためである。この言葉(インターネット)の溢れる所では、すべての人々がその心に命を取り戻す。」(昼寝ネコ現代訳 エゼキエル書47-3)

 まあ、そんな感じで、私なりに「神学的終焉」という事象を推定しながら、この世の富や名声などの虚しいものには距離を置きつつ、地上に生を受けた旧約時代に予任された自らの使命を達成すべく、黙々と歩み続けようという思いを新たにしている。・・・笑ってやっていただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-08-13 01:58 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< 実にあっけなくトンネルを抜ける... どうにか不調の原因が特定できたようだ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 15:44
>高津駅前のレンタルショ..
by causal at 08:55
おはようございます。 ..
by causal at 08:18
たちばなさん 私は..
by hirune-neko at 18:44
昼寝猫さま。 ご丁寧に..
by たちばな at 17:28
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ