昼寝ネコの雑記帳

昨日も今日も、スローなバラードにしてほしい


My Love Is Where You Are-Diana Krall

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 せっかく歩こうと思って外出したのに、途中で雨が降り出してしまった。引き返して、久しぶりにダイアナ・クラールの歌を聴きながら、酸味の利いたローズヒップのハーブティーをすすっている。

 今日も大過なく一日を終えることができた。ほっとしている。

 知人から、最近はメールとブログに誤字が増えていると指摘された。白内障のせいだ。手術しないで白内障を治す方法がないか、あれこれ検索してみた。人工的に眼内レンズを入れると、焦点調節機能がないため、見え方に違和感が出そうだし、大体が手術自体に抵抗感がある。手術以外のユニークな治療法では、ミツバチの針を使って治すというのがあった。ロシア人の専門家が作り上げた点眼薬があり、注文するとフランスから空輸で届くというのもあった。もう少し調べてみょうと思う。

 連日パソコンの前に座りっぱなしで、少なくとも12時間を過ごしている。これでは身体にいいわけがない。精神的にもいいわけがない。なんとか歩く習慣を復活させ、ジムで筋力を鍛えられるような日常生活にしたい。思うだけでなく、実現したい。

 晩年の理想のライフスタイルについて、ときどき思い巡らすことがある。仕事は第一線を離れ、月に一度の経営会議に出席して意見を述べるだけにする。しかし、それなりの相談役報酬はいただきたい。居住空間は海辺の小都市の高台で、窓越しに水平線を望むことができる。木立に囲まれ、窓を開けるとさわやかな涼風が流れ込んでくる。

 連日、短編作品を書くことに集中し、構想によっては取材旅行に出かけることもある。苦い思い出、苦しかった時期、身動きができなくなったときの閉塞感、世俗に距離を感じたときの平安、喧噪の中で味わう孤立感。どんな人間でも人生の過程では、さまざまな環境に置かれる。

 自我を失い、目先の利得に迎合し、ついには志を失って生き続けるなら、人生の晩年で待ち受けているのは、過去の栄光にすがりながら、静かに死を待つ空しさなのかもしれないと想像している。

 最近の私は、自分の死期が近づいているという予感と、逆に、少しでも多くの方の踏み石として人生を全うするだろうという、漠然とした長い余生を感じる。まったく矛盾する両者なのだが、実際にその両方が同居しているのかもしれないし、それはそれで緊張感のある佳き人生なのかもしれない。

 人間は誰にでも多面性があり、興味や関心の対象も多岐にわたる。おそらくは、いくつになっても葛藤があり、迷いもあることだろう。それはそれで、とても人間らしい姿だと思う。しかし、経年による熟成変化もなくてはならないと思っている。つまり、私利私欲、名誉欲、金銭欲に対する執着が長い人生の中で徐々に薄れ、人に喜ばれ必要とされることに純粋な歓びを持てる・・・それが、人生の年輪を重ねてきた人間にとっての到達点となれば、佳き人生だったと振り返ることができるのではないだろうか。

 さて今現在、私は何に執着心を持っているだろうか。ふと考えてみたのだが、どうやら仕事で必要な機器以外に物欲は見当たらない。今でも知識欲は旺盛だと思う。奉仕の精神もある程度は持ってるようだ。いや、ある程度ではなく、かなりかもしれない。

 執着心とまでいえるかどうか分からないが、文章、とくに短編作品を書き、読者の心に感動や癒やしを受けとめていただくこと、強いて言えば、それに対しての執着心はあると思う。

 とりあえずは、処女作である「昼寝ネコの雑記帳」を重版し、Kindle版で発行すること目指したい。第二作目は「昼寝ネコの雑記帳〜創作短編集」、第三作は「昼寝ネコの雑記帳〜フォトジェニックストーリー」、第四作は「昼寝ネコの雑記帳〜大人のための童話集」、第五作は「昼寝ネコの雑記帳〜心のエッセイ集」・・・ざっとこんな調子で、時間さえあれば一日中飽きもせずに、作品を量産するような気がしている。我ながら、実におめでたい妄想だと思う。しかし、微笑ましくも思う。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2018-03-08 01:20 | 心の中のできごと | Comments(0)
<< とうとうLINEを使い始めたが... ようやく、今日のひと区切りがついた >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ムベさん コメン..
by hirune-neko at 17:49
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 13:39
お婆さんがどれ程心強く思..
by ムベ at 13:35
昼寝ネコ様 お早う..
by 千波矢 at 07:14
暇工作さん コメ..
by hirune-neko at 19:53
記事ランキング
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ