昼寝ネコの雑記帳

近未来を現実的視点で見て、自己防衛すべき局面だ


Silvius Leopold Weiss (1687 - 1750) - Fantasie

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 これまで、非常事態に備える手段として、食料品、飲料水に加えて基本物資を備蓄するよう勧めてきた。東日本大震災や熊本地震などの自然災害は、時と場所を正確に予測することが困難だ。従って、マスコミも事後報道に終始し、被災の予防にはあまり役立たなかった。

 しかし、自然災害はほぼ局地的に発生するため、他地域からの民間支援、政府や地域外の自治体、さらには自衛隊や米軍、他国からの善意の支援を受けることができた。しかし被災地では、今でも避難所生活の人たちが存在すると聞いて、心が痛む。

 一方、もし大規模な自然災害が、日本大陸全土で一斉に起こったなら、一体誰が支援の手を差し伸べてくれるだろうか。他国政府に頼るしかないのだろうか。他国からだと到達時間や距離の問題があり、行政機関の機能低下も想定すると、日本全国に支援が行き渡るかどうかを考えただけでも、絶望的な気持ちになってしまう。

 さて、現在の東アジア情勢で世界的な耳目を集めているのが、北朝鮮のミサイル・核弾頭問題である。左翼政党・政治家および一部のメディアや評論家は、アメリカが北朝鮮を挑発したから、このような事態を招いたと非難している。相変わらず、平和憲法・第九条を守ることによって、日本の平和は安泰だと主張もしている。

 このような議論は決して無駄ではないと思う。しかし、現実的な視点から考えると、アメリカ・北朝鮮の武力衝突の可能性は日増しに高まっていると判断するのが自然だと思う。北朝鮮が、核弾頭を搭載した大陸間弾道弾をアメリカ大陸に向けて発射する事態になると、アメリカ軍の徹底した迎撃・反撃侵攻となり、全面戦争は必至に違いない。

 毎日、それなりの数の政治ブログを閲覧してきたが、有事の際の国民に対する影響を、正面から取り上げた記事はほとんど記憶にない。あったのかもしれないが、記憶に残っていない。その点、今日のブログ「行橋市議会議員 小坪しんや」の記事「朝鮮有事と日本国内の被害(携帯小説風)」では、かなりリアルに、シュミレーションが行われている。→https://samurai20.jp/2017/12/keitainovel/

 ミサイルの着弾と、警察に対するテロ攻撃で治安状態を低下させ、原発攻撃、高速道路や鉄道、電力・水道・ガスなどの社会インフラに対する無差別テロによって、一気に日本国内の機能が麻痺してしまう・・・というシュミレーションだ。ミサイルや爆弾による攻撃の死者が多く発生するが、最終的に最も多く発生するのは餓死者だと結論づけている。詳細は、小坪しんやさんのブログをご一読いただきたい。

 数日前にも言及したが、北朝鮮の工作員は韓国ほどではないにしても、それなりの数が日本に潜伏しているといわれている。最近の日本海沿岸への北朝鮮木造船漂着が頻発している事実も、かなり危惧すべき現象ではないだろうか。

 さて、日本の現在の政府、各政党や政治家、市民団体、マスメディア、評論家はどのような視点で、かかる危機的状況を見ているのだろうか。

 彼等の視点や意図の如何に拘わらず、私たちのとるべき行動は、抽象的な議論や非難の応酬に巻き込まれず、あくまでも現実的な視点に立って自衛することではないだろうか。小坪しんや議員の記述内容で最も注目したのは、最終的に餓死者が続出したというシュミレーションである。

 地元川崎市の危機管理センターに電話で問い合わせたことがある。川崎市の備蓄食料は三日分だそうだ。それ以上は、国にお任せだそうだ。社会インフラがテロ行動によって壊滅した状態から、平常の生活に戻るまで、どの程度の日数がかかるだろうか。東日本大震災の例を見ても、数週間単位ではなく、最低でも数ヶ月を目安に自給自足の生活を想定する必要があるだろう。

 備蓄にはスペースとお金が必要であることは言うまでもない。しかし、財布の中に数十万円の現金を持っていようが、アメックスのゴールドカードを持っていようが、さらには銀行の貸金庫に金のインゴットを数十キロ持っていようが、市場に物資が流通していなければ、すべての資産は当座は絵に描いた餅に過ぎない。

 米あるいは玄米、乾麺、飲料水、缶詰かフリーズドライ食品、燃料(携帯ガスコンロ、七輪・木炭)、医薬品、デバイスと予備電源、冬の場合に備えた防寒着、軍手、持ち出しリュックなど、考え出すときりがない。

 12月18日前後を当面のXデーと想定し、とりああえず可能な範囲の備蓄を実行に移すよう改めてお勧めする。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-12-03 22:27 | 現実的なお話し | Comments(2)
Commented by 千波矢 at 2017-12-04 14:29 x
ご無沙汰しています。
注意喚起をありがとうございます。

記事を二点ご紹介させていただきます。
URLを貼ると投稿を受け付けてもらえないので、お手数ですが検索を願いします。

■北朝鮮ミサイルでJアラートが鳴ったらどうするか? : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

■高度上空の核爆発で起きる「電気がない世界」の恐怖 : 深読みチャンネル : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 

            千波矢 拝
 
Commented by hirune-neko at 2017-12-04 18:56
千波矢さん

投稿コメントを有難うございました。
その後、お元気ですか?
私は近年になく、時間に追われる毎日で、
かろうじて睡眠時間は確保していますが、
なんの楽しみも無く、甘い物で紛らわせています。

URLを記述するとコメントができないんですか?
別の方がいつも、YouTubeの動画を投稿しようと
されるんですが、禁止用語で拒絶されると
おっしゃっていました。
もしかしたら禁止用語ではなくて
YouTubeのURLが原因なのかもしれませんね。

ご紹介いただいた記事は検索で特定してみます。
有難うございました。
一段落したら、ご連絡しますので
しばらくお待ちください。
<< ブログ読者の方からの警告コメン... 少し今年一年の疲れが出てきたようだ >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
たちばなさん はじ..
by hirune-neko at 14:51
causalさんの導きで..
by たちばな at 10:17
causalさん ..
by hirune-neko at 14:08
おはようございます。 ..
by causal at 07:29
Causalさん ..
by hirune-neko at 14:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ