昼寝ネコの雑記帳

今日ばかりは、ちょっと真面目に警告させていただく〜北朝鮮関連

Bill Evans - Like Someone in Love

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

 毎日一定数の政治系ブログに目を通している。非難の応酬だったり政局関連の予測だったり、実に様々である。しかし、今日目にした記事には注意喚起の必要性を感じた。

 これまで、米国主導の金正恩氏斬首計画Xデイについては、いろいろな予測がなされてきた。それがいよいよ近づいてきたのではないか、と思われるからだ。ただし、米軍が北朝鮮に侵攻することは、決して対岸の火事では済まされないと考えている。つまり、韓国や日本に潜伏している北朝鮮の工作員が、様々なテロ行動を起こす可能性が高まると考えるからだ。

 米国主導の軍事計画は、韓国軍と日本の自衛隊が緊密に連携して行われるはずだ。しかし、軍事情報はおそらく韓国から、北朝鮮に筒抜け状態の可能性があるし、従北といわれる文在寅大統領は、いざとなったら軍事同盟を形骸化させる懸念がある。さらには日米に対して裏切り行為に出る可能性もあるだろう。うっかり背中を向けてはいけない相手だと思うが、トランプ大統領はすでに文在寅大統領に不信感を持ち、裏切り行為を視野に入れているはずだ。

 金正恩氏が、日本に潜伏している工作員に、どのような指令を出すかが注目される。米軍基地がある日本、米軍を支援する自衛隊。まず第一に、もし全国規模で無差別テロが多発したら、国内は大混乱に陥り、日本政府はその対応に追われて、ある意味では北朝鮮問題どころではなくなる。テロのみならず、通常ミサイルや核ミサイル発射の恫喝を受ける可能性もあるのではないだろうか。もちろん、日本国内には北朝鮮の資金源といわれる朝鮮総連を始め、北朝鮮国籍の人たちが存在するし、政界、法曹界、マスコミ業界などに多くの北朝鮮シンパの人たちが存在する。しかし、窮鼠猫を噛むという譬えがあるように、いざとなったらパニック状態でどのような判断をするか予断が許さないように思える。

 さて、われわれ一般国民はどのような備えをすべきなのだろうか。個人的には以下のようなプロセスを考えている。

1.米軍主導による北朝鮮攻撃の可能性が高まっていることを認識する。

2.日本国内に潜伏している北朝鮮工作員が、無差別テロを起こすと認識する。

3.具体的なテロの内容は特定できないが、少なくとも交通機関やターミナル駅などでの大量殺人テロ、交通妨害、大停電、水源地やコンビニ食品への毒物投入、生物化学兵器の使用、放火事件などなど多岐にわたるテロの可能性を視野に入れて用心する。

4.自分と家族を守るための基本的な防御策を講じる。

5.日頃から信頼のおける情報源を確保し、情報操作による混乱を避ける。

 結論は、これまでに何度も申し上げているが、外出できず、スーパーやコンビニの店頭から商品が消えることを想定し、できるだけ長い期間、自給自足できるように備えるのが最も推奨される手段だ。食料品、飲料水、燃料、衣類、医薬品、予備電源、インターネット環境を確保できるデバイスなどだろうか。

 以下に、(1)の「米軍主導による北朝鮮攻撃の可能性が高まっていることを認識する。」ことを実感していただけるよう、ジャーナリストの加賀孝英(かが・こうえい)氏による最新記事を、抜粋してご紹介する。

【引用元:zakzak by 夕刊フジより一部抜粋】
【スクープ最前線】12・18、米の北朝鮮攻撃Xデー警戒 各国緊張の極秘情報、世界最強ステルス戦闘機6機投入の狙い

(引用開始)
 各国の情報当局が警戒する「北朝鮮攻撃のXデーは、12月18日の新月の夜前後」という情報とは。ジャーナリストの加賀孝英氏の緊急リポート。

《米国は、北朝鮮が平和的解決を拒否したと判断した。トランプ氏がついに『北朝鮮への予防的先制攻撃』(正恩氏斬首作戦)を決断し、作戦準備を命じた。第一候補のXデーは12月18日、新月の夜前後》
 旧知の米軍情報当局関係者は「この裏には、3つの重大な理由がある」と語った。以下の3つの情報だ。
 (1)米本土を攻撃できる北朝鮮のICBM(大陸間弾道ミサイル)「火星14」の開発が、年内にはほぼ完了する。米国には時間がない。
 (2)北朝鮮は10月中旬から、核弾頭の量産体制に入った。日本や韓国、米領グアムの米軍基地を狙う、中距離弾道ミサイル「ノドン」「火星12」に搭載可能になる。日本と韓国に潜入した工作員(日本約600人、韓国約5万人)の動向が異常だ。急激に活発化している。
 (3)北朝鮮への経済制裁が効いてきた。軍部は飢餓状態だ。正恩氏はクーデターを阻止するため、父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の命日である12月17日か、来年1月8日の正恩氏の誕生日前後に、日本海の北部か太平洋上で、核実験(水爆の可能性も)を強行、暴走する可能性がある。

米空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22「ラプター」6機と、同F35A「ライトニングII」が3、4機投入されるという。
 問題はF22だ。
 同機は「レーダーにまったく映らない。過去撃墜されたことが一度もない。敵を100%倒す」(防衛省関係者)と恐れられる、世界最強の戦闘機だ。F22が、朝鮮半島に6機も展開すれば初めてである。その狙いは何か。
 米軍関係者は「正恩氏に対する『白旗を上げろ! 米国は本気だ!』という最後通告だ。正恩氏は『F22に狙われたら命はない』と理解し、脅えて震えているはずだ」といい、続けた。
 「米軍は2005年、極秘作戦を強行した。F22の原型である世界初のステルス戦闘機F117『ナイトホーク』を、平壌(ピョンヤン)上空に侵入させ、正日氏の豪邸に目がけて、急降下を繰り返した。正日氏は手も足も出ず、死を覚悟して震えていたとされる。その絶対恐怖を息子が忘れるはずがない」
 重大な局面が迫っている。
(引用終了)

 何度でも言わせていただく。スペースと予算の許す限り、食料品・飲料水を中心とする基本物資を備蓄するよう、強くお勧めする。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-11-28 23:48 | 現実的なお話し | Comments(0)
<< 最新警告〜北朝鮮、過去最高度の... 話し好きの集荷ドライバー〜ヴェ... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
六甲山さん コメン..
by hirune-neko at 11:05
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 20:43
酵素のお話は興味深いです..
by 通りすがり at 19:05
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 23:40
昼寝ネコ様 大学院..
by 千波矢 at 18:42
記事ランキング
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ