昼寝ネコの雑記帳

韓国〜トランプ氏の訪韓前にテロ警戒を最低レベルに引き下げ?


Astor Piazzolla - Soledad

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 以下は2017/11/02付の韓国・東亜日報の記事である。インターネットに掲載されているものの、本当なのかと目を疑っている。一部を以下に転載させていただく。

(東亜日報の記事転載開始)
「トランプ氏の訪韓前に…政府がテロ警戒レベルを引き下げ」

 トランプ米大統領の初の訪韓を控え、政府がテロ警戒レベルを最も低いレベルに引き下げたことが確認された。北朝鮮の脅威の中、警戒態勢を高めてもいい時に監視の手綱を緩めたため、その背景をめぐって錯綜した観測が流れている。
 1日、首相室対テロセンターによると、国家安保室や国家情報院、外交部など21の関係機関が参加した先月24日のテロ対策実務委員会で、テロ警戒レベルが「注意」から最も低い「関心」に下方修正された。テロ警戒レベルは、「関心→主義→警戒→深刻」の4レベル。最も低い「関心」は、テロの可能性が低いという判断で発令される。空港・港湾の検閲が15%から10%に下がる。
 政府は、過激派組織「イスラム国」(IS)による2015年11月のパリのテロ後、2年間「注意」を維持してきたが、トランプ氏の訪韓を約10日後に控え、突然警戒レベルを引き下げたのだ。首相室関係者は、「具体的なテロの疑いがない。長期間『注意』レベルを維持し、(該当機関の)疲労がたまっている。平昌(ピョンチャン)五輪を控え、しばらく休もうと考えている」と説明した
(東亜日報の記事転載終了)

 最初は「東亜日報」を青森県の県紙である「東奥日報」と読み違え、一体何が起きたのかと不思議に思っていた。やがて韓国の「東亜日報」であることを認識したのだが、脳内の妄想領域が刺激されてしまった。

 今日、来日早々のトランプ大統領が、安倍総理とゴルフ対談をしたと報じられていた。フジテレビのクルーが、コースを眺望できる民家の屋根に上り、撮影したとも報じられていた。思わずジャック・バウアーの厳しい怒声が聞こえたような気がした。まさにスナイパーが狙撃できる場所ではないか。

 アメリカ大統領には、随行軍人が核攻撃を指示する暗号帳のようなものを携行していることは良く知られている。同行しているであろうシークレットサービスも、狙撃可能な場所には眼を光らせていただろうと思う。もちろん日本の警察も注意を払っていたに違いない。

 別の記事では、「金正恩謎の50日の沈黙」というタイトルが目に留まった。さらには韓国の情報院の報告として、北朝鮮のミサイル基地で数日前から、活発な動きがあるとされ、ミサイル発射の兆候とも考えられているようだ。

 さて、トランプ大統領を敵視する金正恩氏にとっては、そのトランプ大統領が目と鼻の先であるソウルを訪れるというのは、まさに千載一遇のチャンスと考えて当然なのではないだろうか。親北・従北といわれる韓国の文在寅大統領と、金正恩氏の間で、トランプ大統領暗殺の密約が取り交わされているのではないかと妄想している。

 具体的なことは一切推測すらできない。しかし、多くの北の工作員が潜伏しているであろう韓国は、北朝鮮にとって、いうなればホームグラウンドである。北のミサイルの射程距離内でもある。いくら装甲車のような頑丈な大統領専用車を使用しても、防ぎきれるものではないだろう。最悪の事態が発生しても、「具体的なテロの疑いがない。長期間『注意』レベルを維持し、(該当機関の)疲労がたまっている。平昌(ピョンチャン)五輪を控え、しばらく休もうと考えている」状況だったことを理由に、韓国政府は自己弁護に終始し、形式的に北朝鮮を非難して済ませる考えなのではないだろうか。

 私のような一般人ですら、そのような懸念を持つのだから、ましてや韓国不信といわれるトランプ大統領は、敵地に乗り込む覚悟とともに、あらゆるテロ攻撃を想定して対応するよう、軍部やCIAに命じていることだろう。偵察衛星は北朝鮮のミサイル基地を24時間体制で監視し、ソウルに向けてミサイル発射の兆候があったら、空軍が迎撃し艦船からも徹底的な攻撃を加えるだろう。世界中の誰が見ても、アメリカ大統領に対する暗殺行動には非難が集中し、国際世論を味方に引き寄せることができる。

 トランプ大統領の補佐官であり、お嬢さんでもあるイヴァンカさんから離日前に、糸電話による内々の連絡があった。CIAが北朝鮮と韓国両政府の共謀による、トランプ大統領およびイヴァンカさんの暗殺計画があることを察知したため、トランプ大統領の緊急指示で、イヴァンカさんは韓国には立ち寄らず、急遽アメリカに帰国することになったそうだ。
 ゴルフに興じるトランプ大統領と安倍総理の近くで、目立たないように寝そべっていたネコには、高感度の集音装置が埋め込まれており、私は聞き耳を立てていた。短い時間だったが、トランプ大統領は安倍総理の耳許で、CIAが暗殺計画を察知したことと、綿密な対応策を命じていることを告げていた。場合によっては、米軍が北朝鮮に侵攻し、その後に韓国政府に対しても厳格な対応をするので協力を頼む、と述べていた。

 あらら、どうやら本当に脳内の妄想領域が刺激されたようで、とんでもないストーリーが思い浮かんでしまった。長い読者の皆さんは、私の妄想癖には辟易とされていると思うが、思い浮かんだことは書かずにいられないので、悪い冗談だと思って聞き流していただきたい。

 トランプ大統領が韓国訪問日程を無事にこなし、アジア歴訪を続けられることを願っている。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-11-07 00:50 | インテリジェンス | Comments(0)
<< 童心に返ろうと思っていたのに、... 愚考〜人間にも具わっている帰巣本能 >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
たちばなさん はじ..
by hirune-neko at 14:51
causalさんの導きで..
by たちばな at 10:17
causalさん ..
by hirune-neko at 14:08
おはようございます。 ..
by causal at 07:29
Causalさん ..
by hirune-neko at 14:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ