昼寝ネコの雑記帳

町内のご隠居さんと将棋を指すネコの対局


Eliane Elias - Time Alone - Dreamer (2004).wmv

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
 
 深夜近く、軒下で台風の豪雨を避けていたら、目ざとく見つけたご隠居さんが、窓を開けて手招きしてくれた。

「どうしんだね、ネコくん。濡れるから入ってきなさい」
「ニャー(有難うございます)」
「おやおや、こんなに濡れて。今、タオルを持ってくるからね」
「ニャー(済みません)」

ご隠居さんはバスタオルで拭いてくれながら、オイラに話しかけた。

「いやあ、選挙の開票結果が気になって、この時間まで起きてて良かったよ。あのまま軒下にいたんじゃ、風邪を引いてしまったよ。」
「ニャー(ご面倒をおかけします)」
「ちょうどいいや。焼きざましだけど、サンマの焼いたのが一匹残ってるから、待ってるんだよ」
「ニャーニャー(有難いけど、キャットフードの方がいいなあ)」

「さあさあ、遠慮なくおあがんなさい。そうそう、もう夜も遅いけど久しぶりに一局、どうだい。相手をしてくれるかな?」
「ニャーニャーニャー(ネコの世界にも、一宿一飯の恩義というものがあるから、いいですよ、付き合いますよ)」

「しかしなんだね。ネコなのに将棋を指すなんて、しかもなかなかの強豪なんだから、テレビ局の記者が見つけたら臨時ニュースになっちゃうね」
「ニャーニャー(スペインの友だちは、チェスが強いですよ)」
「前回も負けたから、今日も私が先手で始めるからね」
「ニャー(どっちでもいいけどニャー)」

「どうも私の弱点は中盤なんだよ。つい攻め急いでしまってね。ちゃんと先を読んだ戦略を立てずに、目先で勝負に出てしまうんだなあ。まるで、今回の希望の党みたいなもんだよ」
「ニャーニャー(もう少し将棋に集中したらどうなんですか?)」
「でもなんだね、どうやら立憲民主党が野党第一党になりそうだね。共産党ががくんと議席数を減らしてしまうし」
「ニャーニャー(ご隠居さん、政局の話が好きだから止まらないですね)」
「大山鳴動してネズミ一匹というけれど、希望の党はまさにそれだったね。小池さんは出張先のパリで反省の弁だそうだが、政治生命も終わったようなもんだね」
「ニャーニャー(シャンゼリゼ通りを独りで寂しげに歩いていたって、さっき三毛のカトリーヌから連絡がありましたよ)」
「これはアタシの予想だがね、希望の党で当選した元民進党議員が離党する。そして勢いと人気のある立憲民主党に合流し、さらには無所属で当選した元民進党議員も合流し、政権交代できる野党として気勢を上げるだろうね。さらには驚いたことに、テロ三法など一連の法案成立で追い詰められている共産党がだね、解党して立憲民主党に合流する、とアタシは読んでいるね。高齢化した党員が減る一方で、若者からは見向きもされないからね」
「ニャーニャー(ご隠居さん、王手飛車取りですよ)」
「げっ!ちょ、ちょっと待っておくれ。一回だけ待ったをさせてもらえないかな」
「ニャーニャー(人生なんて待ったなしですよ。でもまあいいですよ)」

 将棋の筋は決して悪くはないのだが、指しながらいつも政局の話をし出す。しかも話し出すと止まらない。ちゃんと将棋だけに集中すれば、初段ぐらいの実力はあるのだが、それがなかなか改善されない。まだ何かぶつぶつ話している。

「一説に、今回の選挙で自民党が大勝したら安倍総理は総理の座を禅譲して、キングメーカーとして君臨するのではないかと・・・無理せずエネルギーを残して戦略指南に徹するつもりなのかもしらんねぇ」
「ニャーニャー(どうでもいいけどご隠居さん、詰んでますよ)」
「あちゃっ!今日も負けてしまいましたね」
「ニャーニャー(藤井聡太だって、それだけ別のことに気を取られていたら、負けてしまいますよ)」

 でもまあ、考えてみれば、こうやって将棋を指しながら政局談義ができるなんて、日本はまだまだ平和な方なのだろうと思う。そうは思うものの、目に見えないところで着々と種々の工作が進んでいるだろうと考えると、やはり脳天気ではいられない、ネコはネコなりの備えをしなくてはと思っている。なんとかキャットフードを少なくとも三ヶ月分は備蓄しておこうかな。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2017-10-23 01:02 | 創作への道 | Comments(0)
<< ご隠居さんは、どうも将棋に集中... いよいよ投票日前夜 台風は誰に... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
たちばなさん はじ..
by hirune-neko at 14:51
causalさんの導きで..
by たちばな at 10:17
causalさん ..
by hirune-neko at 14:08
おはようございます。 ..
by causal at 07:29
Causalさん ..
by hirune-neko at 14:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ