人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

すでに十分な告知期間を与えられていると思う


Las Ciudades de Astor Piazzola y Amelita Baltar

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 今日新たに、別の匿名希望の方からYouTube動画の投稿をいただいた。投稿内容を以下に転載させていただく。

(匿名希望の方からの投稿転載開始)
チャンネルくらら をお薦めします。
日替りで様々な番組を発信されています。
「江崎道朗のネットブリーフィング」
特別番組「どの教科書にも書かれていない日本人のための世界史」
「上念司の経済ニュース最前線」
「桜林美佐の国防ニュース最前線」
「すばやく学ぼう!歴史人物伝」
特別番組「中国とインド軍事的緊張高まる~ブータン危機の背景」
などなど。
(匿名希望の方からの投稿転載終了)

 推薦動画のひとつを閲覧してみた。タイトルは
 【5月1日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「ミサイル危機と地方自治体の役割~神社油まき事件はテロリストの●●●!?」おざきひとみ【チャンネルくらら】
 この動画を読者の皆さんに参考にしていただきたく、最下部に掲載することにした。

 5月1日の配信なので、当時と較べると現在の方が遙かに事態は緊迫してきている。動画の冒頭で、有事の際の自治体の責任について言及していた。また、スイスの民間防衛についても触れられていた。

 突然襲ってくる大地震や津波は別として、北朝鮮によるミサイル発射については何度も報道されている。アメリカや日本、韓国に対する恫喝の言葉も報じられている。つまり、有事に対する告知期間はすでに十分に与えられている。

 国民生活がどのような形で危殆に瀕するようになるだろうか。あるいは、一連の恫喝は単なる言葉だけであり、実際に日本に敵国が攻撃をしかけるなんて、単なる妄想なのだろうか。

 どのように判断するかは、個人の自由だと思う。しかし、これだけ緊迫した状況なのだから、少なくとも国会議員の皆さんは国民保護の視点に立って、喫緊の課題に取り組んでもらいたいと思う。

 一方で私たちは、少なくともできる範囲の自己防衛手段を講じるべきなのではないだろうか。いつどこで、何が起きるかを予測することは困難だと思う。もしかして、自宅内に保存していた非常用の食料品や飲料水が、活用できないような事態が起きるかもしれない。しかし、それであっても可能な限りの備えをして後悔することはないと考えている。

 先日、韓国籍の男性が日本人の女性の首を包丁で刺す事件が発生した。以前も同様の言葉を聞いたことがあるが、相手が日本人だと分かったら殺す、という意味の表現をしている。

 私自身は、これまでも何度かお伝えしているように、日本を敵視している国の工作員が相当数、国内に潜伏していると考えている。つまり、上記のように日本人を殺戮することをなんとも思わない人間が、多数存在するという認識を持たなければならない。

 残念ながら、スイスの民間防衛に関する書籍は購入したまま、まだ読んでいない。しかし、まずは自分自身と家族を守るために時間と労力、費用をを有効に使うべきなのではないだろうか。

 実際には遭遇していないが、私はもし襲われたら反撃し戦う意思を持っている。残念ながらドイツの特殊部隊制式装備である特殊警棒は、北海道から帰る際に千歳空港で警察に没収されてしまった。今のところは、アメリカのハイウェイパトロール隊標準装備の、マグライトを家に保管している。確か単1乾電池が5本入るのでかなり長く、しかも飛行機の機体に使われるジュラルミン製なので堅牢である。

 水源地に毒物が投げ込まれたり、スーパーやコンビニに毒物を混入した食品をばらまかれたり、サリンなどの有毒ガスを散布されたり、電気や水道の供給を遮断したり、交通網を攻撃したり・・・考え出すときりがないほどのシチュエーションが思い浮かぶ。

 精神異常者が偶発的に引き起こすのと違い、テロは社会混乱を引き起こす目的もあるのだから、全国で同時多発的に実行されると考えるべきだろう。そのとき、私たちは一刻も早くどこで何が起きているかを知る必要がある。しかし、捏造報道を繰り返すメディアは「報道しない自由」を振りかざして、日本国民を無防備のまま放置する行動に出るのだろうか。

 そのような事態を考えると、非常事態の情報を迅速に確保し速報態勢でお知らせする必要性がある。「みるとす」を会員登録制にする理由のひとつは、そこにある。会員数が三千人程度なら、サーバーの能力に依存するものの、1時間以内には全員に告知できるようだ。しかし、数万人、数十万人の規模になってしまうととんでもない時間がかかってしまい、速報の役割は果たせない。現在調査中だが、有料クラウドサービスの一斉メール送信機能がある。会員数に応じて、どの程度の時間で全員に告知できるかのシミュレーションは、常に課題として捉えている。従って、インターネット環境と、停電時でも受信できるよう、デバイスを稼働させる予備電源も不可欠なツールになる。

 ・・・あれこれ想定するときりがないので、とりあえずは注意喚起だけをさせていただく。課題はまだまだ山積で道半ばである。

(新たに匿名希望の方から寄せられてた動画情報)
 【5月1日配信】江崎道朗のネットブリーフィング「ミサイル危機と地方自治体の役割~神社油まき事件はテロリストの●●●!?」おざきひとみ【チャンネルくらら】

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


by hirune-neko | 2017-08-26 01:01 | インテリジェンス | Comments(0)
<< 少しずつウォーキングが習慣化してきた 闘い続けてていると、いつかは活... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ