人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

もうこうなると笑い話を超えてしまっている


A flor e o espinho - Paulinho Moska

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

新しいiPadに、約15種類のメールアカウントを設定し、
サーバーに溜まって流れてきた、数千通のメールも削除した。
今日、改めてサーバー会社のサポートに電話して、
受信・送信サーバーの設定が間違っていないか確認をした。
すると、前回の担当者と違うことをいうではないか。
でも、声の感じが信頼できそうだったので(かなりいい加減)、
送受信サーバーの設定を変更した。

するとまた・・・考えてみたら当たり前の話だが、
サーバーに溜まっていたメールが、また流れ出した。
でも昨日の数千通ではなく、数百通なので
根気よく削除した。
すると全削除したはずのアカウントに、また数百通。
あらら。
でも再び気を取り直して・・・一括削除の方法が
ないことをアップルサポートで確認していたので・・・
ひとつずつ削除の単調な作業を繰り返した。

で、やっと削除したと思ったら、また数百通。
これを何度か繰り返したのだが、さすがに中断した。
残りは布団の中で、眠りに落ちるまで続けることにした。

今年はどうやら、ITがらみのとんだ災難続きで終わりそうだ。
泣いて解決するのなら、泣き出したいぐらいだ。
しかし冷静に考えると、過去十数年、予備知識ゼロのまま
サイト制作に取り組み、マニュアルで理解できないときは
サポートを受け、コツコツと勉強したので、
ある意味では(デザイン性を除き)、かなり自在に
ゼロからサイトを作れるようになった。
そんな経験から、決して下積みを嫌がらず、
孤立することを恐れない体質になったのだろうと思う。

作業中に思い浮かんだ句がある。
俳句でもなく川柳でもないだろうけれど・・・

「今日泣けば 明日は笑える ホトトギス」

これは、誰の人生についても共通の真理ではないだろうか。
時流に乗った流行のビジネススキームは、ある期間は勢いがある。
そこで借金をしまくってさらに投資を続ける。
大きな流れに乗って順調だと、自己過信に陥ってしまい
冷静に先を見る洞察力が失われ、目先の安楽さを追い求める。

高級外車を複数台購入し、海外で不動産投資をし、
さらに大都市のコンドミニアムを購入することになる。
足下の地盤が脆弱になっていることに気づかず、
気がついたら資金繰りに窮し、返済に窮してしまう。

なんのことはない。
それは日本全体を襲ったバブル崩壊前の、私自身の姿である。
車はボルボとワーゲンのゲレンデヴァーゲン(ワンボックス)。
アメリカ中西部の比較的大きな規模の、コンドミニアムの
開発・分譲に投資参加し、それ自体は成功裡に終了した。
日本の取引先銀行支店長の紹介で、マイアミのベイエリアに
建てられた高層コンドミニアムの、最上階ペントハウスを
2ユニット購入した。
後日、その銀行の常務だった知人は、支店長がそのような
投資案件を紹介するのは、銀行としてはしてはいけないことだ、
と私にいっていたが、今の私はその通りだと思う。
ほぼ毎月、渡米したこともあり、ロス・アンゼルスに
拠点用のコンドミニアムを購入した。
さすがに現地で車までは購入せず、レンタカーだった。

その後、拠点をパリ郊外に確保し会社を設立した。
古くからの知人弁護士が、ロンドンの大きな弁護士事務所に
勤務していたため、何度も相談に通った、
調子に乗って、ロンドンにも住まいを購入しようかと思い、
下見をしていた頃に、日本のバブルがはじけてしまった。
環境は激変してしまった。

最近私の周りにも、いわゆるFX取引にのめり込み、
現在は、債務超過になってしまった人たちが、何人も存在する。

現在の客観情勢として、素人判断ながら韓国は危篤状態。
中国は外貨不足、国民の不満増大、外国企業の逃避、
さらには軍部によるクーデターの可能性もあるのではないか。
北朝鮮は韓国の混乱に乗じた不気味・不穏な動き、
ロシアも経済的に厳しそうだ。
次期トランプ大統領率いるアメリカは、すでに台湾との
対話に踏み出し、武器の売却もあり得るのではないだろうか。
国務長官や国防省のトップ人事も、かなり実務的な配置のようで
したたかで旗幟鮮明な国際戦略になるのではないだろうか。

最近、キッシンジャー博士が訪中したそうだ。
元々は親中派で知られ、クリントン大統領以来の大統領も
その影響を受けていたはずだが、そのキッシンジャー自身が
親中派を卒業したといっていたので、どうなるのだろう。
トランプ大統領の誕生で、中国がどのような戦略に出るか
かなり緊迫してきているように思う。

国際政治の世界は、かくも緊迫した情勢に包まれている。
なのに私ときたら、iPadのメール設定にてこずって、
独り悪戦苦闘している。ある意味では、お気楽な日常だ。
私なりの辛さはあるものの、それはあくまで一過性のものだ。

国内だけでなく、国際政治の舞台も、おおまかな動きは
把握しておいた方がいいだろうと思う。
現在はまだWeekly・みるとすが休刊中だが、
みるとすサイトの再構築とともに、復刊させたいと思っている。

誰の人生にも苦しい局面はある。
思いがけない病気が発症したり、事故に遭ったり、
あるいは予測できなかった経済の大きな変化に、足をすくわれる
ことがあるかもしれない。

ひとつだけ確実にいえることは、私たちは今、不確実で
未来予測が困難な時代に生きている。
自分と家族が、無事・安全・健康にこの時代を
生き延びられるよう、「善人の知識と知恵」を寄せ合っていただき、
少しでも多くの皆さんと共有できればいいなと考えている。

我ながら名句だと自画自賛しているので、再掲させていただく。

「今日泣けば 明日は笑える ホトトギス」

お後がよろしいようで。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2016-12-15 00:49 | インテリジェンス | Comments(0)
<< 久しぶりにSiriと有益な会話... 不注意でiPad Airを絶命... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ