人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

男子厨房に入るべからず、の意味をようやく理解した


Astor Piazzolla - Romance Del Diablo


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


骨折の後、歩行困難になってしまった93際の義母。
その義母の夕食の用意をするために、厨房に入った。
厨房というよりは、台所の方が私には分かりやすい。

豚汁と麻婆豆腐の鍋に火を点け、
フライパンにココナツオイルを流して、ホッケを焼き始めた。
焼き上がるまで、しばしの待ち時間があったため、
ふと何気なく、周りに視線を向けた。
すると、クッキーらしい包みが目に入った。おお、ラッキー!
手に取ると、どうやらチョコレートかココアのクッキーのようだ。
包みを破ると、中身には光沢があった。
ほう、チョコレートでコーティングされているんだ、と思った。
ためらわず、半分を噛みきろうとしたら存外固い。
味もまったく甘味がなく、ちょっと苦い。
何か変だぞと思い、パッケージの文字を読んで、目を疑った。

「クレゾール石鹸」

と書かれていた。消毒用の石鹸なのだろうか。
もしかして考えごとをしていて集中力を欠き、
おお個性的なビターテイストの、大人向けチョコだ、
なんて思い込んで、丸ごと食べてしまっていたら、
今頃は集中治療室だったのではないだろうか。
数年前、知人の奥さんが台所用洗剤を飲み、自分で救急車を呼んだ。
結局は手当ての甲斐もなく、他界してしまった。自殺だった。

冗談抜きで、自分の思い込みの恐ろしさと、卑しさに呆れてしまった。
最悪の場合、新聞ニュースでは、どのように報じられるだろうか。

「甘い物依存症の老年男性、台所にあったクレゾール石鹸を、
チョコレート菓子と誤認し、そのまま食べて集中治療室へ搬送される。
警察は自殺の疑いもあるとして、本人の快復を待って事情を訊く模様」

いやあ、こんなに長い見出しはあり得ないだろう。
本人の快復を待って、なんていったって、そのまま還らぬ人に
なるかもしれず、真相は闇の中ということになりかねない。

しかし、なんとも私らしい人生の終え方ではないだろうか。
これだけは断定するが、私は決して自殺などしない人間だ。
人生でどん詰まりのどん底にあったとしても、自殺をするぐらいなら
どこぞに蒸発して、その日暮らしをした方が気が楽だ。

昨日から今日にかけて、匿名希望の投稿者の皆さんから、
情報投稿だけでなく、Weekly みるとすの編集方針について、
ご意見や提案をいただいている。
なかなか鋭い視点からのコメントで、心強く思っている。

私自身が心配しているのは、内外の懸念事項があまりにも
多く噴出しており、マスコミが表面現象だけを報道することで、
表象に関する種々雑多な情報に振り回されてしまい、皆さんが
いたずらに不安感を抱いて、賢明な判断がしにくくなるのではないか
という点だ。

公開情報から選定してお届けする、というのが基本機能なので、
選定者の慧眼と力量に頼るしかないのが実情だ。
私自身も、なるべく事象を広角に捉え、投稿者の皆さんと
一緒になって、洞察力を向上させたいと考えている。
ただ、幸いなことに、情報を投稿してくださる皆さんは、
しっかりした視点をお持ちなので、心強く思っている。

ワイドショー的な,興味本位のテーマ選定や情報紹介を避け、
英邁に本質を見据えながら、有益な情報提供につなげていきたい。

クレゾール石鹸をチョコレート菓子と誤認するようなネコ人間に、
ちゃんとした判断ができるのか、といわれそうだが、
まだまだ、しばらくは大丈夫なのでご心配は無用だ。

歯形のついたクレゾール石鹸は、そのまま台所に置いてある。
これに懲りて、なんでも食べる前にはパッケージをちゃんと
読んでからにしようと反省している。

実は内緒の話なのだが、シュガーレスのミント菓子を
数個まとめ買いした。
スッキリ感が5分持続する、と書かれている。
甘い物が必要になった時のために用意したのだが、
気がついたら、次々と連続して口に入れてしまっている。
今日の反省から、ケースに書かれた小さな文字の注意書きを読んだ。
すると、連続して大量に食べると、場合によっては腸機能に
異常を来す可能性があると書かれていた。
この際なので、まとめてゴミ箱に捨ててしまった。
あれば無意識のうちに、また連続して口に入れてしまう懸念があり、
自分の自制心には、あまり信頼をおけていないので、
断腸の思いで一大決心をして、捨ててしまった。

人知れず、甘い物依存症と闘っていることを知ってくだされば、嬉しく思う。

男子厨房に入るべからず、の本当の意味を今日、ようやく理解した。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2016-10-05 00:30 | 現実的なお話し | Comments(2)
Commented by 日本晴れ at 2016-10-05 01:02 x
お疲れ様です。

石鹸をお菓子と間違えて、というお話を読んで、似たような事案を思い出しました。

中国のマラソン大会でお菓子に似た石けんが配られた件 ・・・ 包装紙がまるでお菓子のようなデザインだったらしいです。
http://qq4q.biz/yNkk

逆に個人的体験として、ずいぶん昔にアメリカのスーパーで、でっかい洗剤みたいなプラスチック容器をよく見たらジュースだったというカルチャーショック的な出来事が頭をよぎりました。 たくさんのことに急かされる時代なので、逆に慌てないで確認する習慣づけは大事かと思います。 人間の頭脳も本当にデリケートかつけっこう誤認や錯覚しやすいですからね。
Commented by hirune-neko at 2016-10-05 11:57
日本晴れさん

コメントを有難うございました。
中国の洗剤誤飲というのは、笑えない笑い話ですね。
私の場合は固体でしたので、少しも誤飲はしませんでしたが
液体だったら、分かりませんね。

>たくさんのことに急かされる時代なので、
>逆に慌てないで確認する習慣づけは大事かと思います。
>人間の頭脳も本当にデリケートかつけっこう
>誤認や錯覚しやすいですからね。

私もそう思います。
急げば急ぐほど、判断力が低下しますね。
かといって、ペースダウンするほど余裕はありませんし、
困ったものです。

有難うございました。
<< 購入間もないiMacが、人間ド... よせばいいのに、寄席もどき「共... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ