人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

特許申請を検討中〜高機能のタスク管理ソフトを凌ぐ


Astor Piazzolla - Romance Del Diablo

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


ようやく遅延案件も底をついてきたようだ。
ずっと張り詰めていたので、気抜けと同時に度々睡魔に襲われる。

脳内で一定時間、思考を巡らしてから企画をまとめる案件もある。
一方、少ない人数で時間に追われる仕事をこなしているため、
電話が鳴ると、受話器を取るのは私の役目だ。
電話よりは、メールでの問い合わせ、申し込み、ときには
クレームの件数が圧倒的に多い。
いずれも即対応が必要なので、とりかかっていた仕事を中断し、
データを開いて調べ、回答・対応することになる。
調べている最中に別の電話かメールが入る。
数件連続して重なってしまうことが、ざらにある。

ひとつ片付けた瞬間、どの案件に戻ればいいのか、一瞬思い出せない。
したがって、忘れたり見落としたりという失敗も経験している。

試行錯誤の多い人生だったので、新規でプロジェクトを考え、
実行に移す機会が多かった方だと思う。
複数の新規プロジェクトを同時進行することになるので、
プロジェクト管理やタスク管理ソフトを、あれこれ
探して試用してみた経験が多い。

最も複雑できちんと管理できそうだと期待したのは、
Omni Focus(オムニ・フォーカス)という名のソフトだった。

かなり緻密な管理ができる。
たとえば「場所」カテゴリーに「セブンイレブン」と入力し
実際に「セブンイレブン」に行く機会があったときに検索すると、
購入すべき商品のリストを閲覧でき、時間の無駄を省いてくれる。

とても頭脳明晰で、プロジェクトの属性を瞬時に判断し、
各項目を入念に記入できる能力の人には、なかなか便利だろう。

しかし、私のように未だに現場の第一線で、申し込み、
問い合わせ、クレームを一手に引き受けている立場だと、
熟考しながら、Omni Focus(オムニ・フォーカス)と
向かい合い、集中して入力できるような時間は確保できない。

あれこれ痛い目に遭いながら、それでも努力と工夫を継続し、
ようやく画期的なタスク管理メソッドを考案した。
この方法だと、即処理案件が怒濤のように押し寄せてきても、
かなりの高確率で、見落としや失念を防ぐことができる。
従って、顧客とのトラブルを未然に防ぐことができる。
どうしてこの方法に、もっと早く気づかなかったのだろう。

あまりも独創的な方法なので、我ながら自画自賛したい。
これを国際特許事務所の先生に相談し、
特許か実用新案か知らないが、世界中で登録しようかと思案中だ。
もし仮に、世界中の忙しい人たちが購入してくれたら、
一体私には、どれぐらいの金額が振り込まれ来るのだろう。
日本の銀行だけでは預金しきれず、スイス、ロンドン、ニューヨーク、
ソウル、上海、さらには平壌やオフショアの銀行にも
口座開設をしないと間に合わないのではないかと、心配になっている。

いやしかし、人生はお金を最優先基準で考えてはいけない、
というのが、昼寝ネコ一族代々の家訓ではないか。
深く考えるまでもなく、無料公開して皆さんのお役に立つ方が、
自分らしいではないか、という結論に達した。

なので以下に、最新高機能のタスク管理ソフトを凌駕する、
画期的な手法を無料公開するものである。


【無料公開・誰でもすぐ利用できる高機能タスク管理メソッド】

○用意するもの
 1.市販されている、1辺7.5センチ(正方形)のポストイット。
  できれば複数種類の色のもの。
 2.使い慣れたボールペン。色は青でも黒でも赤でもお好み次第。

○確保するもの
 1.手を伸ばせば届く位置にあるデスクトップパソコン、
  プリンタラック、壁面スペースが空いている家具類。

○メソッド(初級も上級も何もなし)
 1.瞬時に使用できるよう、ポストイットとペンを手許に置く。
 2.ポストイットは最低でも2色用意し、一般処理と至急処理
  などのように、自分で好きに決めておく。
 3.電話やメールあるいはファックスがあったら、まず最初に
  ポストイット1枚を使い、大きな文字10文字以内で
  要点を記す。後でちゃんと読めれば、どんなに汚い字でもいい。
 4.記入が終わったら、予め決めておいた場所に貼る。デスクトップ
  パソコンのスクリーン下部なら7枚程度、プリンタが置いてある
  棚板の側面なら6枚程度、ユニット机に付属している、斜めに開く
  引き出しの壁面だと12枚×2壁面=24枚・・・総合計37枚だ。
 5.最大限で37タスクを、決して忘れないように、さらには未処理残数を
  瞬時に目視判断することができるので、減ると達成感を感じる。
 6.万が一、常時37案件に収まらず、増える一方だとしたら
  業種を変えるか、業態を大幅に変更するか、蒸発を考えるべきだろう。

ああ、とうとう公開してしまったが、ちっとも後悔せず清々しい気分だ。
これで、お金を何に使おうかと毎日毎晩悩む苦労から解放された。

皮算用というのは、何もタヌキだけに限ったことではない。
ネコだって、あれこれ皮算用しながら生きている。

・・・あっ、でもこんな原始的な方法は、すでに一般化しているだろう。
私が気づかなかっただけだと、今頃になって思っている。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2016-03-09 21:55 | 現実的なお話し | Comments(0)
<< またやれやれだが、それでも考え... なんとなく、重く暗い冷気が忍び... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ