昼寝ネコの雑記帳

更新が6日間も途絶えている「余命三年時事日記」


Diana Krall - Where Or When

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


そんなことを、お前からとやかくいわれる筋合いはない、
といわれてしまうのを承知で書いている。

ブログ「余命三年時事日記」を、何回もチェックするのが
日課になっているので、こう何日も更新されないと
何かあったのではないかと、素朴に心配になってしまう。

ブログだけでなく、書籍の余命三年時事日記の存在も
広く知られるようになり、読む人が増えると、
非常に都合が悪くなる人たち、団体が存在するのは明らかだ。
だから、ブログ削除という実力行使に出たのだろうし、
一般市場への流通を妨げる、種々の実力行使や抗議活動なども
表面化するのではないだろうかと懸念している。

一般書店ルートで市販されている書籍を購入して読むのは自由だ。
著者としても、明らかな捏造記事で特定の個人や団体を
恣意的に悪い方向に印象操作することを目的に、出版するのは論外だが、
様々な公開データをもとに、一定の方向性の考えを述べるのも自由だ。

ブログも書籍も、いずれの余命三年時事日記も視点を変えれば、
日本国民のために、日本人の生活基盤である日本国家の
破壊・転覆に至る可能性に対して、事実を踏まえた警告を述べている。
明らかに、日本国民の為に公開情報を収集して分析し、
その結果をブログと書籍を通じて、伝えようとしている。
これぞ、国民のためのOSINT情報(Open Source Intelligence)の提供だ。

まさに、相手が知られたくないと考えている実態を、開示している。
逆に、相手が暴きたいと考えている余命の活動拠点や実名などを
知られないよう、安全性を確保しているのだろうか。

最近の余命三年時事日記の傾向は、明らかに宣戦布告であり、
追い詰められつつある人間や団体にとっては、まさに
その存立にかかわる重大な危機なのだろうと推測している。

そのブログ「余命三年時事日記」が更新をしていない。
こうしている間に、ひょっこり更新しているかもしれないと考え、
確認してみたが、まだ「440 2016年1月28日時事」のままだ。

私ごときが、あれこれ想像しても意味がないことだ。
しかしあれこれと懸念している。
でもまあいつもの調子で「いやあ、すっかりご心配をおかけした」
と、ひょっこり更新が再開されるよう願っている。

しっかりした情報源を有し、分析力、構成力、戦略立案能力に長けた
皆さんなので、私を含め多くの方が、次の一手に注目していると思う。
多くの皆さんが、ブログ「余命三年時事日記」が発信する情報を
心待ちにしている。
私も同様だが、不甲斐なくも私にはどうすることもできない。
じっと辛抱して、ひたすら更新を待つことにしよう。

たった今、再度確認したのだが、まだ更新されていないようだ。
明日を楽しみに、今日はこれで休むことしたい。

朝から一日中、クシャミが連続して止まらず、点鼻スプレーも
まったく効果がないので、脳内がグチャグチャだ。
どこかで誰かが私の噂をしているに違いない。
そういえば、昨日日本人の知人からメールが届いた。
ある組織のアメリカ本部から、このアドレスが私かどうか
調査するよう依頼があったのだが、間違いないかという問合せだった、
別に変な組織ではなく、意図も大体理解できるので、何も懸念はない。

ああそういえば、義母が約二ヶ月の入院生活を終えて、今日退院してきた。
電動式ベッドと消臭機能付きのポータブルトイレ、車椅子は
屋内用と屋外用の2種類、ベッドで寝たまま食事できるテーブルなどなど、
私にとっては羨ましい限りだ。
一日中介護されて、ゆっくりと過ごしたいなと怠け者の本性が出てしまった。


いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

[PR]
by hirune-neko | 2016-02-04 00:08 | インテリジェンス | Comments(10)
Commented by 薔薇姫s at 2016-02-04 10:56 x
おはようございます。

アタクシも気になっておりました。ただ、2月いっぱいでいろいろな役職が終わるとおっしゃっておいででしたので…そちらのほうが…なのかとも思いなおしました。
追い詰められた連中が何をするかわからないと危惧もありますが・・・。

お母さまがそうでしたの・・・でも気持ちがわかります。大丈夫だったのでしょうか・・・。
Commented by hirune-neko at 2016-02-04 12:17
薔薇姫sさん

まだ寒いですね。
そういえば、2月でボランティアを辞めて、余命活動に
専念するという表現がありましたね。
もうじき、戦闘態勢が強化されるのでしょうね。

義母は骨折し、しばらく自宅で介護していたのですが、
最終的には手術を受けて入院していました。
家でのんびりしています。
今月で94歳になりますので、長生きしている方だと思います。
Commented by 日本晴れ at 2016-02-04 14:04 x
余命ブログ更新の件、ちょっと心配ですね。

お義母様、ご退院おめでとうございます。 高齢になると骨が弱くなるというのは、親戚の話からも聞いていました。 今後の日本は、超高齢化社会に対する具体的な施策を充実することが最優先事項のひとつになるだろう、とどこかのサイトで見掛けました。

それにしても、OSINTについては今回勉強になりました。インテリジェンスというと、「ヒュミント」・「シギント」の程度くらいで認識浅く、Open Source Intelligence という概念は大変参考になりましたが、このOSINTも両刃の剣のようなものなんでしょうか? 余命ブログさんのように‘善’に発揮されるのには、やはり凄い労力・パワーが必要なのだろうなと感じます。 

昼寝ネコ師匠のブログも含めて、近年、日本人の危機管理を含む意識レベルを引き上げることに精力的に頑張っていらっしゃる方々をネット上で目にすることで、大変元気づけられます。

いつも、本当に有難うございます。
Commented by hirune-neko at 2016-02-04 14:54
日本晴れさん

いつもコメントを有難うございます。
有益なサイトを紹介してくださり、有難うございます。
教えていただいたサイトについては、一部しか知りませんでしたので、
参考にさせていただきます。有難うございます。
他のブログと競合しているわけでもなんでもありませんので、
的確な情報源はいつでも教えてください。その方が有難いです。

普通の方は、ヒュミントも、ましてはシギントは知らない方の方が
圧倒的に多いはずです。よくご存知でしたね。
OSINT情報収集は、諸刃の刃ということはないと思います。
専門家によれば、世界各国の情報部は約90%が、このOSINT情報収集に
頼っているそうです。
かくいう私の手法も基本的にはOSIN情報収集一辺倒です。
ですから、有益な情報源は多いほど助かります。

日本晴れさんは、ずいぶん博識でいらっしゃいますが、
どのようなお仕事をされているのか、皆目見当がつきません。
不思議な方ですね。ライター?編集者?ジャーナリスト?
そのような印象ですよ。
Commented at 2016-02-04 16:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-02-04 16:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirune-neko at 2016-02-04 18:53
獅子座さん

なるほど、おっしゃるとおりかもしれませんね。
確かに特亜三国はそれぞれに、行き詰まっているような感じですね。
余計な心配をせずに、更新を待つことにしましょうか。
コメントを有難うございました。
Commented by hirune-neko at 2016-02-04 18:58
日本晴れさん

いつも持ち上げてくださり、有難うございます。
当分は、営業やサイト更新管理など仕事優先ですが、
落ち着いたら少しずつ、書く方に重心を移していきたいと思っています。
ですので、率直な感想をお伝えくださり、勇気を得ています。

日本晴れさんは、なかなか知的好奇心が旺盛で、感性もいい方なので、
独自の情報発信を是非なさってください。
ブログなどをお持ちでしたら教えてください。お邪魔しますので。
Commented by 日本晴れ at 2016-02-05 14:29 x
昼寝ネコ師匠

余命ブログの件、既出記事に以下のように書かれていました。
一安心、といったところでしょうか。

434 クミ・トービン殿へのメッセージ④
「早速のご返事ありがとう。予定では今月いっぱいは情報収集に努め、来月半ばから動きだすつもりである。」
ttp://yh649490005.xsrv.jp/public_html/2016/01/26/434-%e3%82%af%e3%83%9f%e3%83%bb%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%93%e3%83%b3%e6%ae%bf%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%82%b8%e2%91%a3/
Commented by hirune-neko at 2016-02-06 23:00
日本晴れさん

コメントを見落としていました。
教えてくれて有難うございます。
今日、更新されていましたので安心しました。
<< 誰かが噂をしているのではなく、... 悠久の旅路を終えてガルデルと ... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
千波矢さん コメン..
by hirune-neko at 07:10
鶴と亀さん コメン..
by hirune-neko at 17:45
causalさん ..
by hirune-neko at 13:11
こんにちは。 「思い出..
by causal at 11:40
千波矢さん コメ..
by hirune-neko at 18:11
記事ランキング
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ