人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

中国古代の杞の人の憂いと、現代人の憂い


Romance de diablo - Astor Piazzolla

いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。


杞憂(きゆう)という言葉がある。
語源を調べると、古代中国の杞(き)という国に住む人が、
空を見上げて天が落ちてくるのではないか、足許を見て
大地が裂けて呑み込まれてしまうのではないかと、あり得ない
事態を想定して憂(うれ)いていた・・・
これが杞憂の語源だそうだ。
現代では「杞憂に終わる」、などという使い方をする。
懸念・心配したが、何ごともなかったという安堵の感情表現だ。
中国古代の頃と較べると、決してあり得ないこととはいえず、
実現することも視野に入っているようなニュアンスではないだろうか。

現代社会に生きる私たちにとっての懸念材料とは、
どのような事態だろうか。

最近はインターネットがかなり発達し、インターネット人口も
ずいぶん増えたようだ。
なので、一般人でも根気強く調べれば、かなりの情報を取得できる。
結果として、懸念・憂慮する事態がさまざまに増大する。

今日たまたまインターネットで目にした記事を紹介する。
かのジョージ・ソロスが中国経済の破綻を予測し、
それに関連して、第三次世界大戦の勃発を懸念している。

【以下、引用記事開始】

ソロス予言「中国は経済崩壊し、第三次世界大戦が起きる」

ジョージ・ソロスが中国の大企業であるアリババやバイドゥの
株式をどんどん売却している。「中国売り」だ。

ソロスは莫大な金を賭けて利潤を追求している投機家であり、
その投機家が中国の成長を投げた。

ソロスが中国株に見切りをつけたというのは、2015年5月19日の
世界銀行のブレトンウッズ会議で、自らの口でこのように語っている
ことでも分かる。

「中国が経済崩壊し、第三次世界大戦が起きる可能性がある」

これは、「世界銀行」の会議の中での発言であることは
重要視されてもいい。中国経済の崩壊は2015年5月の段階で、
「欧米の指導者」にはすでに「確認」されていたのである。

そして、どうなったのか。

バブルのまさにその「頂点」で中国株を売り抜けた
2015年6月に入ってから、中国の上海株式市場は怒濤の如く
暴落していくことになった。

2015年5月「中国は経済崩壊する」
2015年6月「上海株式市場の大暴落」

ソロスが口先だけでそのように言っていたのではないことは、
この時期に所持していたアリババやバイドゥの株式を完全に
投げていたことを見ても分かる。

2015年5月と言えば、上海株式市場がバブルの最高潮にあった
時期である。つまり、ソロスはバブルのまさにその「頂点」で
中国株を売り抜けていたのである。

ジョージ・ソロスの物事を見るタイミングというのは、なかなか
普通の人にはあり得ないほど見事である。まるで、相場の動きを
知っていたかのような、信じがたいまでのタイミングであった。

【以上、引用記事終了】
(引用先:Darkness http://www.bllackz.com/?m=c&c=20150818T1710510900 2015.08.19

古代中国の杞の人が想像すらできなかったような事態が、
次々と私たちを取り巻いている。それが現代社会だ。

さて、情報機関も軍隊も何も持たない一般市民は、どうすればいいのか。
大体にして、懸念材料は第三次世界大戦だけではない。
休戦中の朝鮮戦争がいつ再発するか、竹島(韓国名・独島)を挟んでの
日韓戦争は起きるのか、米中戦争が始まるのか、北朝鮮や中国から
ミサイル攻撃を受けるのか、日本国内に潜伏している海外工作員が
携帯ミサイルで原発を攻撃するのだろうか・・・挙げればきりがない。

かと思うと新設された「余命三年時事日記」の官邸メール用例文として
列挙されている内容を読むと、いわゆる「ただちに影響がない」と
放置され続けた案件が病巣化し、そこにメスを入れようとしている。
根治のための初期治療として、まずは集団通報であり、
官邸メールだということなのだろうと想像している。

上記のいずれの案件も緊急事態発生の要因をはらんでいる。
しかも、いつ、どこで、何がどのような規模で起きるのかを
正確に予測するのは極めて困難だ。

一国民として集団通報を行おうが、官邸メールを送ろうが
それは自由なことだ。
しかし、いずれの緊急事態にも共通して懸念される状況がある。
それは基本物資の欠乏である。

ここまでは長い前書きである。
結論は、個人的に予算とスペースの許す限り、飲料水や
食料などを自宅内に備蓄することを強くお勧めする。
社会の混乱時には物流も交通も通信もストップする可能性が高い。
東日本大震災直後は、コンビニやスーパーの棚からは、
あっという間に商品が消え去ってしまった。
なので、自給自足できる期間を、事情の許す限り
長く維持することを是非、考えていただきたい。

以下は2012年1月24日に、このブログでまとめた記事の転載だ。
必要性を感じない方は読み飛ばしていただいたらいい。
興味のある方は参考にしていただき、早急に第一歩を
踏み出されるようお勧めする。

【どこまでできるか「破局への備え」の再掲載】

時には昔の話を - 紅の豚 Relaxing Piano


*標題の曲は、今日の記事とはなんの関係もなく
何かを推測させようとするものでもなく、
もしかして、私が何かの販売代理店なのかもしれない
なんていう懸念は一切不要です。なんの意図もありませんからね。

破局というのは、自然災害であっても
人為的なものであっても、決して十分な時間的
余裕をもって予告されて起きるものではありません。
ですから、「破局に備える」といっても
具体的に考え始めると、なかなか困難です。
備えるには、お金と時間とスペースと情報が必要です。

実験的に、備蓄を小規模で進めています。
近くに、ホームストアのような大きな店がある方は
商品を実際に手に取って見ることができます。
そうでない場合は、ネットで検索して
取り寄せるのが一番いいのではないかと思います。

もし、自営業の方であれば、文房具のアスクルもお薦めです。
飲料水や備蓄用の食糧、懐中電灯なども扱っています。
以前、個人では取引口座が開けませんでしたが
法人あるいは個人営業として登録が完了すれば、
月末締めの翌月末払いで応じてくれると思います。

パソコンと自分名義のクレジットカードがある方は
アマゾン・ドットコムをお薦めします。
(ついでながら、今は円高ですので、ものによっては
アメリカのアマゾン・ドットコムに無料でアカウントを開けば
UPSの速い便で数日で届きます。送料もそんなではありません。
これまで、小型の投影用プロジェクターを、
プレゼン用に購入してみましたが
本当に数日で届きました。製品も問題なしです。
ただ、ちょっと英語力は必要ですが、googleの自動翻訳に
お世話になれば大丈夫だと思います。)

上記のクレジットカードの代わりに
デビットカードでも利用できますので、もし
なんらかの事情でクレジットカードをお持ちになれない方は
楽天銀行その他で、無審査発行をする金融機関があります。
もちろん、口座に残高がない場合は利用できないのが
デビットカードの特長です。

アマゾン・ドットコムは、元々は書籍や雑誌などの
メディア販売で創業したサービスですが
日本では、多ジャンルにわたって商品を扱っています。
すでに、ミネラルウォーターのVOLVICを
何箱か購入してます。
また、フリーズドライの非常食も扱っており
缶詰のパン、ビスケット、カンパン、ご飯もの、
スープも選ぶことができます。

今日は、電気、ガス、水道などの生活インフラが
破綻したという前提で、考えてみました。
すでに、飲料水はあるし、フリーズドライの米飯類もある。
ちなみに今日は追加で新潟・越後製菓の
「越後十種穀物ごはん 150g×12」¥ 2,898を
アマゾン・ドットコムで購入してみました。
最悪の場合は、そのままでも食べられると表示されています。

さて、ガスも電気も寸断の状態になったらどうしよう。
昨年の3月12日か13日に、近所のイトーヨーカドーに行ったら
ガス缶を使用する、卓上用のガスコンロは売られていました。
「お一人様一点限り」でした。
おそらく、その数日後には、
しばらく品切れ状態になったと思います。

今日は、「七輪」と「炭」にチャレンジしてみました。
最初にアマゾン・ドットコムで検索し、
次いでgoogleで、木炭や七輪関係の専門店を検索しました。
楽天市場にもヤフーショップにも、何店か出店していました。
ですが、アマゾン・ドットコムは利用し馴れているせいか、
いろいろな商品の比較検討がしやすかったので
最終的にはアマゾン・ドットコムで、以下の商品を
購入しましたので、ご紹介します。

1)業務用 木炭コンロ 大φ28.5cm×H24.5cm" ¥ 3,255
2)北海道木炭協会推奨 なら木炭 15kg ¥ 4,050

予算に制約がない方で、なんでも高級品という方は
数百グラムで数千円の備長炭や、数万円の七輪もあります。
でも、いつ、どれぐらいの期間使用するか
皆目分からない現時点では、なるべく経済効率を優先して
選定しました。中には、原産国がラオスとか中国という
炭もありましたし、成型炭、オガ炭などという表示もありました。
木材でいえば、自然材ではなく、合板という感じなのでしょうか。
そこまで詳細には調べませんでしたが、
実用的には十分なのではないでしょうか。
ちなみに、七輪については下記の記述を
ご参考まで、ご紹介します。

・「能登天然珪藻土(けいそうど)岩切出(きりだし)コンロ・七輪
奥能登の切出コンロは石川県能登半島の先端にある
珠洲市周辺に無尽蔵にあると言われている天然岩・珪藻土の
ブロック(岩の固まりです)を切り出し1点1点丁寧に
職人が手彫りでコンロや七輪の形に成型し作られた
日本で唯一の商品です。練物(珪藻土の粉末)
で作られた製品よりも格段に丈夫です。」

だそうですので、予算のある方にはお薦めです。

また、「破局に備える」というテーマで
新たな要素を見つけましたら、ご案内させていただきます。
とにかく、昨年の東日本大震災では
店頭の棚から、飲料水、パンなどは一瞬でなくなりました。
乾電池も、品切れの期間が続きました。
本当に深刻な破局が起こっとき、いかに信用絶大の
アメックス・ブラックカードを持っていようが
田中貴金属のプラチナ・インゴットを1キログラム持っていようが
生活必需品が逼迫したなら、何も買えないわけです。

以上、ご参考まで。
賢明な「資産管理」をなさってください。
ご提案、情報を歓迎しますので、教えてくださいね。

昼寝ネコの日記「おはこんばんちは」より転送

*以上は2012年1月24日当時の情報である。
 為替レートも変化しているし、商品の仕様変更なども
 あり得るので、興味のある方はご自分でお調べいただきたい。



いつもクリックしてくださり有難うございます。とても励みになっています。

by hirune-neko | 2015-08-19 19:32 | インテリジェンス | Comments(0)
<< 仕事上のリスクの存在を見抜く力... 高齢者の安否確認が日課となっている >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
名無しの猫飼いさん ..
by hirune-neko at 19:59
いつも楽しく読ませて頂い..
by 名無しの猫飼い at 16:37
山本瑞教さん コメ..
by hirune-neko at 12:41
昼寝ネコさん、2日連続F..
by 山本瑞教 at 07:10
山本瑞教さん 何度..
by hirune-neko at 12:40
記事ランキング
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ