人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

ぼんやりした長い昏睡状態


DESPERTAR - Astor Piazzolla



クリックしていただくと順位が上がり励みになります。


ぼんやりした、長い昏睡状態から醒めたような感覚だ。


記憶喪失から戻ったときって、どんな感じなのだろう。
意識の無かった期間が1日の時もあれば、
もしかしたら数年ということもあるかもしれない。

今年に入って徐々に処理案件が増えてしまい、
ついに処理能力を上回ってしまった。
積み残しがどんどん累積し、あちこちに
迷惑をかけたまま、まだ追いついていない。
しかし、後天的に身につけた居直り精神を発揮し、
なんとか踏みとどまっている。

改めて客観的に振り返ってみると、原因に思い当たる。
少々現実的な説明になってしまうが、正月に三男から
医学生向けのSNSサイトを作りたいという相談があった。
電子書籍の閲覧、もしくはセキュリティ設定をした
ダウンロード配布が構想の中にあった。

さらには、サイト上で過去の試験問題をデータベース化し、
検索できる機能が期待された。
デスクトップ上で動かしているソフトでは、そのまま
サーバーで動かすことができないことが判明した。

そうこうするうちに、外注によるSEO対策を始めた。
外注先からの助言により、これまでにかなりの
無料検索サイトに自社紹介内容を登録した。

アクセス解析の結果、せっかく作った携帯サイトへの
アクセスがほぼゼロで、スマートフォンからの
アクセスが6〜7割になっていることを報告された。
つまり、従来の「2カラム」レイアウトではなく、
「1カラム」に変更しなければならない。
さらに、スマートフォン用に自動的に適正な
レイアウトに変更する機能を付加する必要があり、
約1か月前に新しい専用ソフトがリリースされたので
これから実用レベルまで独習しなければならない。

新規開業の産婦人科クリニックへの営業手法も
非効率だった従来の手法を変更することにした。
開業前の準備でおそろしく多忙な院長先生に
どのようにアクセスできるだろうか。
連絡先などどこにも書かれていない。
ちょうどその頃、アメリカで主流になっているらしい
「ダイレクトレスポンス・マーケティング」という
コンタクト方法を知ったので、独学を重ねている。
最近では「マグネチック方式」だそうだ。

試験稼働を始めたばかりだが、最初のコンタクト先の、
10月に札幌で開業する先生には、なんとか無事に
パイプがつながり、期待を持っている。

それと、永年の構想だった「ファミリー・インテリジェンス」を
いよいよ形あるものとして公開することにしたので、
サイトに作り込むのもかなりの時間を要した。
継続的なコンテンツ作成のためには、
複数の協力団体・個人が必要なので、公開はまだ先だ。

既に習得している技術だけでできる作業ならば、
かける時間に比例して仕事をこなすことができる。
しかし、新規技術でなかなか入り口が見えない場合は、
どうしても空回りし、空白の時間が長くなる。
それと、複数の新しい外国語を同時並行して学ぶように
意味不明の横文字とも格闘しなければならない。

脳内がオーバーヒートするのも当たり前だと思う。
治療院の勧めに従って、就寝時には後頭部と眼を
アイシングするようにした。
ウォーキングする気力も失せてしまい、そうなると
足先のしびれが徐々に、不快に拡がってしまう。

今年に入って、知人が何人か脳梗塞で倒れた。
脳内に疲労感や違和感が拡がるときは、
たからどうしても不安を感じてしまう。

そんな数ヶ月が、ようやく過ぎ去ろうとしている。
昼間でも陽の射さない、深い暗い森の奥で道に迷い、
不安と諦めと希望が交錯する数ヶ月だった。

もうしばらく時間はかかるだろうが、
下積みのこの苦労を厭わずに前進していれば、
やがては森の出口に到達し、燦々と陽の輝く
広大な地平線を目にすることができるだろう。
今までもそうだったように、これからもそうだろう。

「老人も曠野を目指す」時代なのではないだろうか。
本当は自分のことを、老人だなんてまったく
思っていないのだが、周りの空気を読むことにする。



クリックしていただくと順位が上がり励みになります。

by hirune-neko | 2014-07-18 14:37 | 現実的なお話し | Comments(0)
<< なんでオイラのFacebook... 絶対に言い返せないトドメのひと言 >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ