昼寝ネコの雑記帳

やれやれ、またクレモンティーヌだよ

Clementine - ドラえもんのうた


最近、少し睡眠障害気味なのか
夕方近くに異常な睡魔が襲ってくる。
ウツラウツラしていたら、突然起こされてしまった。

「サヴァ? おじさん」
「ん?・・・いや、今度もサバじゃなくて
青森の八戸から、毛ガニと殻付きホタテなんだよ。
豪華なもんだなあ・・・」
「あらいやだ、また寝ぼけてる。
おじさんは、いつも昼寝ばかりして、
一体いつ仕事をしてるの?」
「あん?なんだクレモンティーヌじゃないか」
「なんだはないでしょ?おじさん、いつも呑気ね。
日本はもう衆議院の選挙なんでしょ?」
「ああ、そういえばそうだよな」
「棄権なんてしないで、ちゃんと投票するんでしょうね」
「うん、まあね」
「まあね、じゃないでしょ?
最高会議の議長が日本の将来を心配して、
秘書なんだから公務でいいから
日本に行っておじさんの様子を見て来いだって」
「それでお前、この寒いのに、わざわざ日本まで来たのか?」
「そりゃそうよ。議長直々の指示なんだもの。
おじさんはどうせ、妄想の世界に浸かりきってるだろうから
候補者選びのチェックリストを渡して、
しっかり選ぶようにって言われてんのよ」
「はあ」
「やだなあ、もう。マヤ暦でいうと
今年の12月で人類滅亡だとか、来春には
小惑星が地球に激突するとか、もっと現実的な
お話しをすると、中国が領有権を争う南シナ海で、
外国船舶への規制を強める
っていってるし
実質的に、海上封鎖みたいなことになったら
おじさんどうするの?」
「あいあい、分かったよ。そんなに機関銃みたいに
ポンポン言わなくたっていいだろう。
本当にお前は、母親そっくりだよ」
「じゃあ、議長からの親書を置いてくから、
しっかり読んで、ちゃんと選んで投票してね」
「わかったよ。そうするよ」
「じゃあまたいつかね、おじさん」
「ん?どこに行くんだよお前」
「せっかく日本に来たから、浅草に行って
雷おこしを食べて、梅園のでかどら焼きも食べたいし、
ついでにスカイツリーも行ってみたいの」
「相変わらず変わった趣味だね、お前は」
「おじさん言われたくないですよ〜だ」

本当に、台風と災害とクレモンティーヌは
忘れた頃にやって来る。
でも相変わらずサバサバしてあいつ、
まだ恋愛相手が見つからないのかなあ?
「おじさん、人のことより自分のことを
心配しなさいね。たまには誰かと
お茶でも飲みに行ったら?
出無精、人嫌いは人生の晩年を暗くするわよ」
「げっ!まだいたのか」

とまあ、そんな訳で、
ドゥーヴィルで開かれた、昼寝ネコ一族最高会議で
「日本の政治的危機に対する提言」とやらが
採択されたらしい。
議長からの親書には、以下の提言が
したためられていたので
忘れないように、ここに掲載しておくことにする。

「昼寝ネコ殿とお友だちの皆さんへ」
候補者選びのための提言〜最高会議で採択
01.所属する政党を確認する。
02.支持母体を確認する(特に外国関連、組合関連)。
03.政治資金を受け取っている相手を確認する(特に外国関連、組合関連)。
04.永住外国人への地方参政権付与法案に対するスタンスを確認する。
05.日韓図書協定に対するスタンスを確認する。
06.人権侵害救済法案に対するスタンスを確認する。
07.国立国会図書館法の一部を改正する法律案に対するスタンスを確認する。
08.戸籍制度廃止議連発足に対するスタンスを確認する。
09.国家公務員法改正案に対するスタンスを確認する。
10.子供手あて法案に対するスタンスを確認する。
11.南京大虐殺に対するスタンスを確認する。
12.従軍慰安婦問題に対するスタンスを確認する。
13.日本の韓国への侵略問題に対するスタンスを確認する。
14.国歌斉唱・国旗掲揚に関するに対するスタンスを確認する。
15.大船渡名産「カモメの玉子」を食べ過ぎない・・・ん?

まあね、昼寝ネコ一族最高会議って
世界中にネコネットを張り巡らしてて
CIAもMI6もモサドだって顔負けの
情報収集能力があるらしいから、余程の
危機感を持ってるんだろうな。
鳩サブレを差し入れてくれる候補者がいたら
投票してもいいかなって考えてたけど、
そんなことをしたら、クレモンティーヌが
怒鳴り込んでくるだろうから、じゃあまあ仕方がない。
真面目に候補者選びをすることにしょう。

ん〜、でもまた眠くなってきたから
ひと眠りしたらドラえもんから、どこでもドアを借りて
ちゃんと候補者選定をすることにするさ。
ムニャムニャ・・・。
[PR]
by hirune-neko | 2012-12-03 00:33 | 現実的なお話し | Comments(0)
<< 知らないけれど、よく知っている まったく知りませんでした >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 13:00
「仕込み tv エキスト..
by 通りすがり at 12:21
羽賀さん 貴重な情..
by hirune-neko at 23:17
貴方が貼り付けている動画..
by 羽賀 at 21:02
羽賀さん コメント..
by hirune-neko at 15:55
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ