昼寝ネコの雑記帳

暑中お見舞い申し上げます

Gidon Kremer-Piazzolla Seasons (Summer)



暑気払いに、ピアソラの
「ブエノス・アイレスの夏」をお届けします。

一時間で自動的にクーラーが止まるように設定して寝ます。
一時間経つと、じわじわと寝苦しさが増し、目が覚めます。
また、一時間だけクーラーを動かしますが、
寝苦しさで、また起きてしまいます。

浅い眠りで見る夢は、そのときはとてもリアルなのですが
醒めてみると、あり得ない虚構であることが多いので
大概は砂に書かれた絵文字のように、波が寄せて戻ってしまえば
跡形もなく消え去ってしまいます。

誰かを隣に乗せて、薄い黄色の
ロールス・ロイスを運転していました。
「ああ、キャデラックよりでかいね。
ハンドルの切れが良くないや」
縁石ぎりぎりにこするように、立体駐車場を後にします。

市街地は、交通量が多く
道は徐々に上り坂になるのですが
気がついたら、かなり急勾配になり、
しかもついに、ロールス・ロイスは
いつの間にか、はしごをぐんぐん上っています。
さすがロールス・ロイス、排気量が大きいので
ほぼ垂直のはしごの途中で止まっても
アクセルを踏み込むと、ちゃんと上っていきます。
もう周りには一台のくるまも見当たりません。
ここまでついてくることができないのです。

見ると、行く手には、灰色の縞模様のネコが3匹だけ。
はしごを一段ずつ器用に上っているのですが
その都度、一番上の段とネコが消えてしまいます。
ほぼ垂直なので、とてももう下りることはできません。

覚えているのはここまでです。
言葉で言えば、進退ここに窮まれり、
といった感じで、選択肢が消失したのに
どうにかしようと、必死で考えています。

普通、物語には脈絡があり、起承転結があります。
でも、夢にはものの見事に現実性がありません。
現実生活を営んでいるからといって
人の心の中も、必ずしも事象が理論的に整然と
堆積しているとはいえないのと一緒です。

フランスで一番自殺率の高い職業は
店舗のレジ係だと、何かで読んだことがあります。
機械的に、スキャナーをバーコードに当てれば、
あとはコンピューターが合計金額を自動計算します。
客から受け取ったお札をレジに入れれば、
おつりは自動的に出てきます。
おそらく、お札が偽札ではないことまで確認して。

馴れてしまえば、きっとレジ係の女性の多くは
手や視線は間断なく動かしているものの
頭の中には嫌な思い出が甦り、心の中の虚ろさまで
重さを伴って忘れ去ることができない・・・・・・
でも生活のために、その場に居続けなくてはなりません。
そんな葛藤や拮抗が、知らず知らず
心のバランスを崩しているのではないでしょうか。

仕事を辞めて自由な時間を確保できれば
きっと、心も平静さを取り戻せるのに・・・・・・
でも、今週末には家賃を払わなくては。
来週は電気代と水道代・・・・・・。
なのに、別れた夫は失業を理由に
子どもの養育費を払ってくれもしない。
その子どもも、まだ小学生なのに
隠れてワインを飲み、タバコを吸っている。
校長先生から、話し合いに来るよう要請が来ているし。

とまあ、パリ郊外の小さなスーパーで働く
会ったこともない女性の日常を想像してみました。
誰にでも、眩しく輝く時期はあったのです。
将来が闇に閉ざされて、方向感覚も無くなってしまった
そんな女性が存在するように・・・・・・男性だってどこかで
似たような、進退窮まった境遇にあるのかもしれない。

個人的には、ヴィヴァルディの四季・夏よりも
ピアソラの、ブエノスアイレスの四季・夏の方が
苦渋に満ちた人間のそばに、違和感なく
並立できるような気がして、久しぶりに聴いてみました。

私?
私は相変わらず、頭が疲れたら
足下の床に寝っ転がってうたた寝し、
夢の中の虚構の世界と大して違わない
現実生活にどっぷり浸かりきって
今日もなんとか一日を終えようとしています。
お気楽な人生です。
[PR]
by hirune-neko | 2012-07-30 23:08 | 心の中のできごと | Comments(4)
Commented by waiwai at 2012-07-31 04:42 x
クーラーつけて寝るなら、夜通しつけっぱなしのほうが安眠できて、体にも良いと思いますよ。
レジ係の仕事って、やることは単純だけど、品物の向こうにお客がいますよね。
カゴの中に、お客の生活が透けて見えたり、一言二言の短い挨拶程度から
常連客との関わりが生まれたり・・・面白いかも。(^^)
何を見て取り組むかで、その人にとっての仕事の意味が違ってくるように思います。
Commented by hirune-neko at 2012-07-31 12:33
waiwaiさん

知りませんでした。
つけっぱなしを試してみます。

暑さも今がピークだと思うのですが
waiwaiさんも、野歩き・徘徊で暑さに
やられませんよう、お過ごしください。
Commented by romarin at 2012-08-02 22:16 x
暑くて寝られないのはいやですね。
実家では私も1時間タイマーにしてねています。
今年の夏は暑くて目が覚める事はないので、少し暑さはましかな?と思っていました。

ギドン・クレメールは、凄く上手いですが、奇麗すぎる感じ。
ブエノスアイレスの方が良いですね。ヴィヴァルディはあまりこの暑さにはあいませんね。
Commented by hirune-neko at 2012-08-02 22:40
romarinさん

いよいよコンサートまで残りわずかですね。
盛会を期待しています。
風邪、熱中症、脱水症、あらゆる症状にお気を付けください。

いやいやながら、45分歩いて汗だくで帰ってきました。
もう少し、健康を維持して悪あがきしたいものですから。

<< 感性のゼロ初期化 この曲は知りませんでした >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 13:00
「仕込み tv エキスト..
by 通りすがり at 12:21
羽賀さん 貴重な情..
by hirune-neko at 23:17
貴方が貼り付けている動画..
by 羽賀 at 21:02
羽賀さん コメント..
by hirune-neko at 15:55
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ