人気ブログランキング |

昼寝ネコの雑記帳

いつか振り返れば、今が大きな転換点だ

c0115242_22553295.jpg


これは、実に懐かしい思い出深いイラストです。
描いてくれたのは、今は亡き・・・あっ、いやいや
人を勝手に殺してしまってはいけませんね。
今もなお、けなげに、ひっそりとご存命中の
カトリ〜ヌ・笠井さんが、もうかれこれ4年以上前に
描いてくれた作品なのです。

当時、ヤクザも恐れて避けて通る、と言われた
世田谷・経堂の女渡世人もどきの、れい子さんと
カトリ〜ヌ・笠井さんが、二人で結託し、
この私をおだてて、恫喝し、昼寝ネコという
作家の卵をデビューさせたのは、
まだまだ記憶に新しいできごとです。
(知っている人しか知りません、
知らない人は知っているわけがないのです)

でもなんと、1300人前後の奇特な読書家の皆さんが
拙著「昼寝ネコの雑記帳」の初版本を購入してくれました。
名もない作家の、処女作品なんて普通は売れっこないのに。
何かを感じて買ってくださったあなた、
そして見知らぬあなたにも・・・有難うございました。
改めて、心よりお礼申し上げます。
ネット検索しますと、この本を読んだら
不思議と良く眠れたという、不眠症の方のブログを
たった二つですが、見つけました。
ああ、お役に立てたのなら嬉しいなと思ったのですが
良く考えたら、ただ単に退屈だったので
眠くなっただけ、ではないのだろうかと
今頃、冷静に考えている次第です。

その後、第2作はまだ出版していませんが
・・・時期尚早なので。
妄想して、ストーリーを書くことしか能のない私ですので
とにかく、4年前同様、書くことに対する意欲は
全然衰えていません。妄想力も然りなのです。

今日、被災地向けの絵本寄贈事業協賛の決済に必要な書類を
とある奉仕団体に送りました。
午後は、河○新報の社内で、この事業に対する
取り組みの第1回目の打ち合わせが行われたそうです。
その輪は、すでに岩○日報にも拡がりつつあり、
福島の2新聞社にもコンタクトする環境が
整いつつあります。
昼寝ネコの妄想は更に拡大し、
全国紙および主要な地方紙にまで
記事化のモチベーションを提供する予定でいます。

さて、実際に絵本を受け取った方々の反応は
どうなるでしょうか?
親を亡くした子どもさん、お子さんを亡くしたご両親、
そして去年から今年にかけて、被災地で出産し
不安を感じながら苦難の中で、子育てをしているご両親。
少しでも心が軽くなってほしい、
一歩踏み出す気持ちを奮い立たせてほしい、
起きてしまった現実と向かい合ってほしい・・・
いろいろな思いで、文章を考えました。

昼寝ネコの妄想によれば、
これら、被災地向けの3種類の特別版を手に取られたら
被災者の皆さんは心に、何かを感じていただけると
そういう、確信を持っています。
人の感性はいろいろですから、
均一に画一的な反応があるとは思いません。
でも、少なからず、涙腺がゆるむことは
まず間違いないと思うのです。

人知れず抱いている、苦しみや悲しみは、涙と一緒に
心の中から流れ出るのだと、実感していただけると思います。
もし、そういう姿を目にすることができたら
私の心は、至福感に満たされるだろうと思います。
妄想を文章に託す人間としては
これ以上の評価・称賛を望むことはできません。

さあ、賽(さい)は投げられて、カウントダウンが始まりました。
ここ数ヶ月の集中が、やっと一区切りしています。
昼寝ネコの原点ともいえる、この懐かしいイラストを目にして、
ますます妄想豊に、書き続けようとの思いを強めている
老境のロマンチストなのです。
どうぞ、「がんばれ〜、ぎっくり腰に気をつけて!」
と、声援を送ってくださいますよう
よろしくお願いいたします。
by hirune-neko | 2011-10-17 22:56 | 創作への道 | Comments(10)
Commented by shi;shi at 2011-10-19 01:03 x
本当に良かったですね、ぎっくり腰にお気を付けください!!!
Commented by romarin at 2011-10-19 04:46 x
なんだかわくわくしますね。
大変な日々だったと思いますが、見事に実ること、間違いありません。
Commented by 寿司・母 at 2011-10-19 06:32 x
応援しております!
Commented by ayrton_7 at 2011-10-19 12:42
素敵な物語を期待しています。
Commented by hirune-neko at 2011-10-19 14:40
shi;shiさん

有難うございます。
やっとスタートラインに立てた感じです。
Commented by hirune-neko at 2011-10-19 14:41
romarinさん

有難うございます。
これからは、営業局面に移りますので
テンションを上げて頑張ります。
Commented by hirune-neko at 2011-10-19 14:43
寿司・母さん

有難うございます。
そちらのブログに書き込めないのが残念です。
Commented by hirune-neko at 2011-10-19 14:46
ayrton_7さん

有難うございます。
そのうち「尾道発、横浜経由、函館行きの片道切符」
という長ったらしい、大人向けの
「写真絵本」が書き終わったら、写真借用の
ご相談をさせていただきます。
Commented by ayrton_7 at 2011-10-20 16:36
どうぞ使ってやって下さい。
Commented by hirune-neko at 2011-10-20 20:38
ayrton_7さん

有難うございます。
もうすっかり、その気になっています。
<< 仮死状態から蘇生したネコ 昼寝ネコのお目覚めです >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 10:02
昼寝ネコ様、お早うござい..
by ちはや at 08:42
> ちはやさん コ..
by hirune-neko at 08:47
昼寝ネコ様へ 貴重..
by ちはや at 07:41
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 02:55
記事ランキング
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ