昼寝ネコの雑記帳

自閉症気味でウツ症状の人にお伝えします


睡眠の音楽♪ 癒しの音α(アルファ)波
Sleepy sound of beach waves


誰にでも、自閉的になったり、ウツ気味になる要素は
あるのではないでしょうか。
中には、原因が精神・心理的なものではなく、内科的な疾患で
発症するケースもあったり、また、カウンセリングだけでは
治癒できず、向精神薬などの投薬治療が必要な場合もあると
専門の先生がおっしゃるのを聞いたことがあります。

でもまあ、人間の一生の間には程度の差こそあれ
トラブル、災難、苦難がつきものだと思うのです。
苦難の渦中にあると、蒸発したい、仕事をしたくない、
人に会いたくない、生きるのがいやになった、気力が出ない、
食欲がない、眠れない・・・人によっていろいろな
精神状態が現れるようです。

大変な苦難の最中なのに、まるで
これから好きな趣味の時間が始まるかのように
終始ニコニコし、饒舌でハイテンション・・・そんな人も
存在するかもしれませんね、世の中は広いですから。
でも、無表情で無口なのが自然であり、ハイテンションな人は
躁気質なのではないかと、逆の病気を疑われてしまいます。

さて、誰にでも訪れる苦難の時に、どう対応すればいいか。
瞬時に解決できる、魔法の方法などはありません。
でも、有効な対処法をいくつか
知っていた方がいいのではないかと思います。
これは世界的に有名な精神科のお医者さんが
言っていることではありません。
昼寝ネコ一族に口承されている内容ですが、特別に公開します。
症状の軽重にもよりますので
ご自分に合った方法をアレンジしてください。

1)甘い物を口の中に入れてみてください。辛党の人は辛い物。
  自分で作って閉じこもっている殻から
  瞬時でも外に出て、自分を客観的に見るきっかけとなります。
2)過去を振り返り、楽しかったことを
  無理矢理思い出してください。
  人生は平坦ではなく、起伏と明暗がつきものだと思えて
  少し安心できます。
3)好きな音楽を聞いてください。
  音楽を受け付けないほど重症なら
  波の音だけを聞き、海辺に横たわっている
  自分を想像してください。
  心理学者によれば、生まれる前の子宮の中で赤ちゃんは
  ずっと波の音のようなサウンドを耳にしているそうです。
  ですから、母性に包まれて守られているような、
  安心・安全な気持ちになれるのです。
4)深呼吸をゆっくり繰り返し、脳に酸素を補給してください。
  そのとき、なるべく、鼻から息を吸うようにしましょう。
  不安感が強いときは、呼吸も浅くなり酸素が
  脳に十分に行き渡っていない可能性があります。
  思考も硬直化しますので、切り替えの柔軟さが必要です。
5)氷と水を入れた氷枕、あるいはビニール袋で
  後頭部、とくに首筋を冷却してみてください。
  脳内温度を下げ、全身機能への指令力が快復され
  睡眠も深くなります。
6)何か具体的な原因がある場合は、逃げないと決意してください。
  さらに、必ず解決方法が見つかる、と思い込みましょう。
  単純なことですが、いわゆる腹を決めて居直る、
  そうです、「窮鼠猫を噛む」というやつです。
  海岸にあがろうとするアリゲーターが
  ネコ一匹の威嚇に、すごすごと海に戻った様子を
  動画で観たことがあります。同じことです。
  実は、居直った人間は、ライオンより怖いんです。
7)原因が人間関係の場合は、相手を憎んだり呪ったりしたくなる
  気持ちはとても良く理解できますが、でも、
  「忘れる」というのは、人間に具わっている自己防衛本能の
  ひとつですから、少しずつでいいから、忘れるよう
  自己暗示をかけて努力してください。
  いつかは、その困難な呪縛から解放されます。
  過度な憎悪は、心身の疾病を作り出すそうですよ。
8)原因がお金などの金銭的なことであればなおのこと
  なんらかの妥協点、解決方法は必ず存在しますので
  不安と恐れがあれば、それらを薄める努力をしましょう。
  もちろん、金銭に関することは現実的な努力も必要です。
9)薬物やアルコールその他、肉体的刺激による現実逃避は、
  ただ単に解決を先延ばししているだけであり、
  結果的に抵抗力や意思力を弱めることになりますので
  避けるよう努力しましょう。
10)ゆっくりと、最低20分、できれな40分のウォーキングを
  習慣化してください。効果はご自分で実感できますので
  説明は省略します。

一番禁物なのは、悲観的になり、不安と焦りで精神的な
パニック状態になることです。そうなることだけは
避けたいものです。そのためにも、昼寝ネコ一族に
伝承されている、お金も要らず自分でできる方法を
是非試してください

(昼寝ネコの日記「おはこんばんちは」から修正転載)
[PR]
by hirune-neko | 2011-08-18 14:24 | 心の中のできごと | Comments(2)
Commented by romarin at 2011-08-20 05:54 x
ありがとうございました。
私は決して自閉症、鬱タイプではないのですが、
このところ気持ちが、ぐっとそっちに行きかける
瞬間が起こります。
人間は未来に対しての不安からストレスが生じるといいます。
あらゆる方法を講じて、やっと平穏な気持ちを保ちました。
また何か同じような気持ちが起こりましたら、ネコ族の
十か条を試してみます。^^
Commented by hirune-neko at 2011-08-20 10:45
romarinさん

人生が晩年に近くなるにつれて
なるべく現実的な心配事から離れたいものですね。
人間関係も、そうありたいものです。
でも、苦難の渦中にあって、逃げずに戦う人は
光り輝いて高貴に見えますよ。
<< 残り寿命を予測し、知らせるタイマー 視界が広いのと、視界が狭いのと >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 14:44
swingle sing..
by causal at 10:57
causalさん ..
by hirune-neko at 15:44
>高津駅前のレンタルショ..
by causal at 08:55
おはようございます。 ..
by causal at 08:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ