昼寝ネコの雑記帳

今さらの・・・年頭所感

1月4日が、もう終わろうとしているこんな時間に、
今さら年頭所感でもないだろう・・・そう思う。
さはさりながら、年末から年始にかけて
自分自身の内面と向き合い、
何かしら新しい想いが涌き上がってくるかどうか
じっくりと吟味していたのだから、やむを得ない。
どうやって、じっくり吟味していたかというと、
とにかく力まず、ゆったりと
自然の流れに身を任せてみた・・・そう書いてみると
格好良く聞こえるが、実はなんのことはない。
とにかく寝たいだけ寝て、自己嫌悪感が
じわっと湧き上がってくるのを、じっと待ってみた。
振り子時計は、規則正しく左右に振れるが、
私の自己嫌悪感は、振れたり、振り戻したりの
その振幅が全く不規則で、手に負えない。
でも、ひとつだけ言えることは、
長い間、自分の内面にこびり付いていた精神脂肪が
いつの間にか乾燥し、壁面からはげ落ちてきたなという
実感を持てたという・・・
それはある種の「悟り」に近いのではないだろうか。
自分の能力の限界、弱点、欠点が鮮明になった。
そして、人間の寿命には限りがあることを強く感じ、
自分で生きようとしても、生きられるわけではなく
生かされている限り、生きることができる・・・
そんな境地を実感して、なぜか安堵した。

世俗に距離を置くというスタンスは、やはり変わらない。
すなわち、寡黙であり、事物の表象に捉われず、
欲を自制し・・・とくにあんドーナツを自制して、
努めて健康的で健全なライフスタイルを目指す、
という、自然発生的な決意で年頭を過ごした・・・
ように記憶しているが、決意がぐらつくのも
ある意味では極めて人間的な特性であるとも思う。
一応、チェックリストは作ってみたが、
記入したのは元旦だけで、すでに中断している。
だが、今日からまた再開しようと考えている。

とまあ、かくのごとく、優柔不断で意志薄弱。
それが自分の資質だと悟ってしまえば
人生がぐんと楽になったなと思える。

今年は丑年だそうだが、個人的には
毎年がネコ年であるように考え、
あくまでマイペースを崩したくないと思う。

時々、駄文を読みに来てくださる皆さんは、
くれぐれも、何か期待感をお持ちにならないよう
今年もお願いする所存である・・・ニャア〜・
[PR]
by hirune-neko | 2009-01-04 23:12 | 心の中のできごと | Comments(8)
Commented by waiwai at 2009-01-05 06:47 x
昼寝ネコさん、今年もよろしくお願いいたします。

毎年がネコ年・・・最高! (=^・^=)
Commented by hirune-neko at 2009-01-05 15:22
>waiwaiさん

こちらこそよろしくお願いします。
我が家では、12月にシロが亡くなり、
寂しい思いをしています。

Commented by バオバブ at 2009-01-06 00:48 x
新年明けましておめでとうございます。
『今年こそぉ〜』と年頭に思う事は未だ守られておらず、
ナニモシテオリマセン。
昼夜逆転の日々に思った事はやたら一日が短いと反省いたしました。明け方5時くらいに寝る生活は冬眠モグラになってしまうのですね。目覚めた時『あんれぇ〜いまなんどきぃ?ここは何処、わたしはだぁ〜れ??』と暫し考えるのです。いけません、いけません、海外旅行ならまだしも日本にいながら時差ぼけなんて。
でも、たまには猫のように思うがまま生活できた事に、ちょっとだけ、嬉しく思いました。わたしも動物に近い本能を持っているんだニャ〜〜〜! こんなわたくしですが、今年も宜しくお願い致します。
Commented by 静御前 at 2009-01-06 16:41 x
年末年始 インフルエンザとカゼ引きさんに囲まれ
予防注射もした事のない私ですが、
移されることもなく
今日を迎えられた事に感謝しつつ、
たまには床に臥せって 家族に労わって欲しいと
罰当りな事を思ったりする主婦です
今年も どうぞ宜しくお願い致します
Commented by hirune-neko at 2009-01-06 19:43
>バオバブさん

おめでとうございます。
昼夜逆転は、私も特技です。
睡魔に勝てず、車を停めて寝て起きたとき、
あれっ、ここどこ?と思うことは確かにあります。
でも、わたしって誰・・・そりゃないですよ。
それはちょっと重症そうですから
一度、先生に診てもらった方がいいと思いますよ。
何科かって?もちろん、獣医さんにですよ。
お大事に。
Commented by hirune-neko at 2009-01-06 19:46
>静御前さん

大変でしたね。
でもたまには仮病を使われてはいかがですか?
原因不明の不調なんて、結構ありますよ。
試しに、記憶喪失を装って
家族の方に、「あなたはどなたかしら?」なんて
本気で心配してもらうのも、たまにはいいのでは。
普段から無理させてるから、少しいたわって
大事にしようと思ってもらいましょう。
Commented by romarin at 2009-01-07 03:00 x
昔は律儀に新年の抱負を日記帳の冒頭に書いたりしていましたが、
すぐ忘れるし、却って書いたことでそのまんまになってしまうので
最近は抱負は抱かない事にしています。
その日その日を満足に過ごせるのが最高かな。
ところで時差ぼけって、ぶり返すものなのでしょうか?
日本から帰った2日は時差ぼけもなく快調でしたが、
一週間たった今、昼寝をしたらそれこそ「ここはどこ?」状態になり、
おなかまで時間がずれ込んできています。
変だなぁ。こんなの初めてですよぉ。
Commented by hirune-neko at 2009-01-07 12:10
>romarinさん

ある時期、隔月でアメリカとヨーロッパへの
往復を繰り返してましたが、時差ぼけには
悩まされました。ちょっとのつもりで
昼寝をしても、リズムが狂ってしまうんですね。
時差のある地域を往復するのは
やはり身体には良くないんでしょうね。
ご主人は、少し茫然とされて
いるのではないでしょうか。
でも、時間とともに喪失感も薄れていくと思います。
<< 年の始めの、希望に満ち満ちた行進曲 C'est fini・... >>



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 13:00
「仕込み tv エキスト..
by 通りすがり at 12:21
羽賀さん 貴重な情..
by hirune-neko at 23:17
貴方が貼り付けている動画..
by 羽賀 at 21:02
羽賀さん コメント..
by hirune-neko at 15:55
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ