昼寝ネコの雑記帳

一読のお勧め 日本アラカルト[時代の行方(21)・徴用工賠償判決]

piazzolla goyeneche la ultima curda
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 以前もご紹介したことがあるが、日本、英国、アメリカ、プロイセンなどの国を擬人化して登場させた、国際妄想時事小説(昼寝ネコ命名)である。

 タイトルはそのものズバリ、「徴用工賠償判決」である。著者は、何度もご紹介している「徒然なるままに」のブログ主でもある、ちはやさんだ。視野広く、内外の情勢変化を掌握し、歴史も勉強されているだけあって、小説とはいいながらも、非常にリアルな世界を構築している。

 冒頭で、著者は以下のように述べている。

 「2ヶ月振りの新作です。世界の潮流が目まぐるしくて執筆が追いつきません。テーマにしようと書き始めていたら、直ぐに別の懸案が持ち上がって執筆を断念。その繰り返しでやっと形になったかなという思いです。」

 確かにそうだろうと思う、怒濤のごとく情勢が変化し、収束地点の予測がつかない状況が連続している。なかなか鋭い切り口なので、読者に対して以下のように入場制限をしている。

 ※本作品は『国擬人化漫画・ヘタリア』の二次小説です。
 ※幾つかのニュース記事やブログ、資料などを参考に執筆したお話しです。
 ※少々過激な発言があります。
 ※どの様な内容でも構わないとおっしゃる方は、ご自分の責任の下に
  御入場ください。

 私は一気に読んだが、恥ずかしながら意味を理解できない言葉、読めない漢字があった。なかなか隙のない文章でもある。

 何よりも、ある程度は国際情勢に関する基本知識があった方が、理解が深まると思う。しかし、後半では「徴用工賠償判決」を契機として、韓国および朝鮮半島が、国際的にどのような位置づけになっていくかが暗示的に予測されている。

 ますます緊張度を増す東アジア情勢であるが、日本にとっては、決して対岸の火事だと傍観できない事態になりつつある。その預言的な作品を一読され、現状認識を深めるための一助とされるよう、お勧めする。閲覧無料である。

【掲載サイト】
日本アラカルト[時代の行方(21)・徴用工賠償判決]

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-11-21 00:57 | インテリジェンス | Comments(0)

ちょっときっかけを掴めたような感じだ

Eliane Elias - That's All
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 ほぼ一日がかりだったが、二つの案件の処理を終えた。仕事ではなく、ボランティアで引き受けているサイトの「画像ギャラリー」の更新。全29点の画像にキャプションを付けてMサイトに掲載した。量は多いが、単純作業だった。

 もう一つは、ある福祉団体から依頼を受けていた「平常時における韓国政府による在日韓国人の強制送還」に関する調査報告書の作成だった。もちろん、有事の際に発効する戦時国際法、外患罪、交戦相手国の国防動員法にも触れなくてはならない。私にとって、そう簡単に作成できる内容ではなかったが、なんとか仕上げて窓口の方に送ることができた。

 もうひとつのボランティアである小冊子の製作で、肩の荷を全て下ろすことができる。もう一日かければ、なんとか製作を終え、自分本来の仕事に集中できることになるので、それを励みにやり遂げたいと思っている。

 遅延案件というのは、それでなくても気が重い。自分でゼロから企画した内容なら、位置関係が頭に入っているので、比較的すぐに取りかかれる。しかし、依頼主がある場合、往々にしてその都度修正が入る。まるでエンドレスの仕事のようになってしまうことがあり、そうなると完全に迷走状態である。

 でも今日は、一直線に作業を行い、集中力を維持することができた。なんとか終えられてほっとしている。

 寝る前に、10分程度お風呂で身体を温めるようにしている。そのせいなのか、あるいは疲労困憊しているせいなのか、比較的すぐに眠りに落ちてしまうようだ。ただ困るのは、着信したメールの中から不要なものを捨てる作業をしながら、いつの間にか寝てしまっていることが多い。iPhoneなど3種類の携帯デバイスを整理するのだが、一日平均300通程度の迷惑メールが着信する。それを3台分なので、それなりに手間がかかる。現時点で、解決方法は見つかっていない。

 今日、書きたかったテーマがあったのだが、難しくてまとまらず止めることにした。非常時に備えるというテーマなのだが、物質的な備えならある程度は経験的に理解しているつもりだ。しかし、精神的に備えるとなると、一体何をどうすればいいのか。まるで禅問答のようになりそうなので自信がなく、中断してしまった。

 ひとくちに非常事態といっても、想像しただけで実に様々なケースが考えられる。おそらくは、物質的な備えを進めることも、心に安心感を持てるという意味では、精神的な備えに寄与するのではないだろうか。

 自然災害には、地震、津波、洪水が代表的で、台風、豪雨、豪雪、落雷などが考えられる。在宅でじっとやり過ごせる場合もあれば、緊急避難が必要な場合もあるだろう。その場合には非常持ち出し用のリュックを用意し、中に入れていく物を検討して詰めておく。ある程度は想像ができると思う。

 厄介なのは、戦争、無差別テロ、破壊工作である。いつどこで、何が起きるか予測がつかないからだ。いずれにしても、必要なものが無いことで精神的なパニックを起こさないよう、やはり物質的備えは、精神的備えに大きく貢献するのではないだろうか。

 非常時の想定状況が多岐にわたるため、具体的な分析整理はまだ進めていないが、私なりにイメージしていることがある。それは、平常時から自分自身の性格、人格、忍耐力、寛容さ、意思力、自制心、自立心、欠点、弱点という要素を客観的に吟味することだ。

 アウトドアでのサバイバルに関し、ひとの格言がある。例えば、奥深い山で道に迷ったときなど、パニック状態に陥ってやみくもに動き回り、体力を消耗してついには命を落とす。つまり、精神的パニックによって亡くなるケースが最も多いそうだ。

 一時期、アウトドア・サバイバルの対極に位置づけられる、アーバン・サバイバルに関する本が話題になった。確か、元傭兵だった方が著者だった。飛行機の墜落や地下鉄事故など、いわゆる都市部で起きる様々な非常事態を想定していた。

 パニックで冷静な判断を失い、危険な行動に出てしまう。怒りの気持ちを抑制できなくなり、無謀な行動に出てしまう。思考力が極端に低下し、安全な回避方法が思い浮かばない。

 あらゆる事態を予測するのは困難だが、平常時から自分自身の性格、人格、忍耐力、寛容さ、意思力、自制心、自立心、欠点、弱点という要素を客観的に吟味することができて、ときとして反省し、改善に努める・・・実はそのような自己訓練が、非常時における自分自身の安全性を高める、というのが私の持論である。

 それを具体的な自己訓練・自己改善プログラムとして開発し、提供させていただくのが、私たちの長期課題のひとつである・・・と、この記事を書きながら具体的なテーマに到達することができた。

 いたずらに非常事態を怖れ、恐怖心を増幅するのではなく、冷静沈着に対応できる資質を高めて行くことが、現代人には必要とされる特質だと考えている。

 現時点は、残念ながらまだここまでである。考えるテーマが多すぎて、なかなか追いつけない。しかし、そのようなテーマも視野に入れて、個人や家族を強める手法を研究して行きたいと思っている。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-11-20 01:18 | 心の中のできごと | Comments(0)

具体性はないものの、均衡が崩れそうな予感がする


The Swingle Singers & The Modern Jazz Quartet - Air For G String
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 何かおかしいと思いつつ、原因不明のまま過ごしてきたが、ようやく謎が解けた。いわゆる、通常業務がじわじわと増えてきていることに、気づかなかった。

 実務的な作業が増えているということは、受注量が徐々に増えているということで、現状の製作ラインのキャパシティを超えてしまっていることになる。その分を私がカバーしている。つまり、私自身の時間が徐々に切り崩され、自分自身の仕事に割ける時間が減ってきている。

 やっと自分の時間だと思えるのは夜の時間帯なので、寝る時間も徐々に遅くなってしまっている・・・そんな単純な状況変化なのに、毎日同じことを繰り返していると、なかなかその変化に気づかない。

 ここしばらく、新規契約は増えていないのだが、新規開業から弊社のグリーティング絵本を採用してくれている産婦人科の分娩数が、徐々に増えている。3倍から4倍になっている産婦人科もあり、大したものだ。

 営業の本格化を目指し、説明用資料の作成をお待たせしている状態だ。対応案件数が私自身のキャパシティを超えてしまっているので、優先順位を考えながら集中してこなしている。

 毎日乏しい時間を割いて、いろいろな方々のブログを閲覧させていただいている。時間に余裕が無いため、ほとんどは見出しを読むだけに留め、記事内容全てに目を通せる数は限られている。

 ひとつのテーマを深く掘り下げ、詳細な説明を記述するブログが多い中、いろいろなブログの特性を把握して、幅広くタイムリーな記事を紹介しているブログがある。国内だけに留まらず、海外の最新情報まで紹介されているので、私のような時間欠乏人間にとっては、とても助かるブログだ。短時間で、国内と国際社会の動向をある程度だが俯瞰できる。

 そのため、東アジア情勢がどのような方向に向かうのかを、なんとなくだが予知できそうな感じがする。勿論、公開情報だけを参考にしているので、判断には限界があるものの、なんとなく方向性が見えそうに感じる。

 最も頻繁に閲覧しているのは、これまでにも何度かご紹介しているブログ「徒然なるままに」である。ブログ主は、毎日かなりの時間を費やして最新情報からピックアップし、自分のブログで紹介している。余程の使命感と正義感がなければ、とてもできないことだと思っている。本来は、有料配信されてもいいのではないかと思うぐらいだ。つまり、クリッピング手数料程度の安価でという意味だが、一定の定期購読者を確保できれば、本人にとっても情報の精度や範囲を拡げられることになり、結果的に読者の利益にもつながる思うのだが、どうだろうか。

 まあ、内政干渉はできないので、ブログ主には何も言えないが、そのような心意気のあるブログなので、できるだけ訪問されて、応援していただければと願っている。ブログ「徒然なるままに」http://mblg.tv/42411914/

 どういう訳か、冒頭で私のグリーティング絵本を、いつも紹介してくださっている。かなり気に入ってくださっているようで、大変有難く、また光栄に思っている。

 あらあら、前書きがすっかり長くなってしまった。

 均衡が崩れそうな予感がするのは、勿論、特亜三国のことである。中国がしっかりして安泰であれば、後ろから韓国や北朝鮮を支えることもできるだろう。いざとなれば、中国が後ろ盾になってくれると思えば、文在寅大統領も金正恩総書記も、余裕と自信を持って、アメリカや日本と対峙できるのではないだろうか。

 しかし、中国はアメリカとの貿易戦争だけでなく、一帯一路構想が行き詰まっているように見えるし、中国主導で派手にスタートしたアジアインフラ投資銀行(AIIB)も、一体どうなってるのか、政敵といわれる江沢民氏の存在、あるいは習近平総書記にまつわる失脚や暗殺情報もある。中国に進出している日本やアメリカなどの多くの外国企業も、撤退・脱出準備に入っているといわれている。つまり、中国自体が、その存続に関わる深刻な状況だと映る。反体制派が、このまま座して死を待つとは考えられず、国内での不穏な動きが予感される。

 安倍首相=トランプ大統領は、どうやら緊密に協調路線を走っているようであり、オセアニア、東南アジア、ヨーロッパ諸国も、アベ・トラ路線に同調しだしているのではないだろうか。プーチン大統領は、日本やアメリカと敵対するより、勝ち馬に乗り、自国の立場を盤石にしておきたいのではないだろうか。

 つまり、中国のみならず、韓国や北朝鮮国内でも、反体制の気運が高まっており、あくまでも妄想であるが、CIAが密かにクーデターや、なんらかの国内勢力主導の国家再構築計画を企てているような気がしてならない。

 いずれにしても、核ミサイルが飛び交い、多くの無垢の人たちが犠牲になるような事態は、なんとしても避けてほしいものだ。

 脱北した軍人の言葉がもれ伝えられているが、世襲制の国家統治者、忠誠の無理強いなどに対する不満が国内で鬱積しているようだ。

 大変無責任な表現になってしまうが、武力衝突により、多くの兵士や一般国民が犠牲になるよりは、悪政・圧政など、国を誤った手法で統治してきた統治者は、亡命するなり降伏するなりして、国外退去になった方がいいのではないだろうか。そして、日本、アメリカ、オセアニア、東南アジア、ヨーロッパ諸国と友好関係を結び、発展する国を目指して再構築されてはいかがだろうか。

 そのように、平和裡に情勢が収束するか、あるいは暴発して結果的に武力制圧されるか、そこまでは予知できないが、いずれにしても力学的限界点だろうと感じているので、どこかで均衡が崩れ、なんらかの動きがあるのではないかという予感がしている。

 実はここだけの内緒の話にしてほしいのだが、私は各国家元首や側近の飼いネコたちと、緊密にネコネット経由で情報交換しており、ほぼリアルタイムで飼い主達の会話や密談の音声ファイル、動画ファイルを送ってもらっている。それによると、形勢不利と判断した習近平総書記および金正恩総書記の両方が、国内反対勢力による暗殺やクーデターを怖れ、何カ国かに亡命受け入れの打診をしているようだ。

 各国家の安全と国際平和に関わる重要機密なので、くれぐれもお読みになったら瞬時に忘れていただきたい。もし他言されて露見してしまうと、大切な友人ネコたちの命に関わることになるので、それだけはお願いしたい。

 あっ、今日はまだエイプリルフールの日ではなかった。ちょっと早合点してしまったようだ。しかし、書いてしまったものを、今さら書き直すのも面倒なので、このままにさせていただく。

 このような妄想ストーリーが思い浮かぶのも、日に何度もブログ「徒然なるままに」を閲覧しているからに他ならない。多忙の方で、ごく短時間で国内外の情勢をディープに把握されたい方にはお薦めである。そして、決してアメリカのディープ・ステートではなく、深く日本を愛し、日本と日本国民を大事に守っていこうと考える人たちが、ここ日本の底辺で増殖し、国家の安寧と平和を支える援軍になれば、理想なのではないだろうか。

推奨・ブログ「徒然なるままに」http://mblg.tv/42411914/

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-11-19 01:20 | インテリジェンス | Comments(2)

越生(おごせ)線・武州長瀬えきまで往復小旅行

Bill Evans - Some Other Time
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 我が家の墓地は奥秩父にある。古い墓地なので水抜き機能がなく、少しずつ雨水が浸入してしまったため、昔の木製の骨箱が腐敗して骨が散乱してしまっている、という連絡があった。片道2時間はかかる場所なので、平日はとても行けるような状況ではない。今日、ようやく時間を確保して行ってきた。

 越生線をなんと読むのかも知らない、心細い小旅行だった。

 悪いことに、途中からクシャミと鼻水が再発して、最悪のコンディションに逆戻りしてしまった。明日までに仕上げなくてはいけない資料が2種類あり、この時間までかかってなんとか終えることができた。もう深夜3時である。

 言い訳をさせていただいたが、疲労の極致なので、今晩はこれにて失礼させていただく。

 久しぶりに先祖の遺骨を目にしたが、なんとも言い表すことのできない感情だった。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-11-18 03:00 | 現実的なお話し | Comments(0)

エンドレスで果てしのない遺言書


les swingle singers - JAZZ SEBASTIEN BACH 20/23 - Adagio: Sonata per Violino MiM BWV 1016 (1968)
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。


 いつ何が起きるか分からないのが人生である。

 私が、どれだけ長期構想を描き、実行に移していても、不慮の事故に巻き込まれたり、重篤な病に見舞われ、私自身が落命したり、機能不全に陥ってしまう可能性は常に存在する。
 
 4人の子どもたちを代表し、長男からもしもの時に、何をどのようにすればいいか家族会議を開いて、説明してほしいという申し入れがあった。一度だけ基本的な資料をメールで送ったきりになっている。家族会議とはいっても、長男自身が海外に行くことが多く、三男もかなり過酷なスケジュールで仕事をしている。娘も、育児をしながら日本舞踊の講師その他、新しい仕事を開拓しているのでハードな毎日である。しかも亭主は海外の仕事が多いときている。

 唯一、次男は一緒に仕事を手伝ってくれているので、日常的に仕事の話をしている。したがって、どのような構想を描き、何をしようとしているかはかなり理解している。せめてもの救いである。

 私の場合は、遺言といっても財産の分与に関するようなものではなく、文字通り事業の継続に資するガイドラインのような内容になる。それと同時に、人間として生きる上での雑感を、助言として残そうと考えている。

 子どもたちそれぞれが、夫婦で情報を共有し、いざというときにはそれぞれの立場で、力になってくれればと期待している。

 ときどき思い出したように、その手法について考えていた。今日、歩きながら思い浮かんだのは、メールではなくPDF文書として作成し、クラウド上で保存共有する方法である。その方が、後々管理しやすいのではないかと思う。

 とっさに、dropboxやevernoteが思い浮かんだのだが、それはセキュリティの観点から採用しないことにした。その理由は、今日たまたまNTT東日本のセキュリティ部門の方が、二人で来社してくれたのだが、重要書類をdropboxやevernoteに保存すると、第三者に閲覧される可能性が高まるという主旨の助言をしてくれたからだ。すでに契約し、まったく使用していない、あずけーるというNTTのサービスだと、外部からの侵入は困難だとも教えてくれた。ずっと使用していなかったので、つい最近50㎇から10㎇に減らしたばかりだ。とりあえずは十分な容量だと思うので、そこにPDF文書を保存し、子どもたちに共有してもらうのが、現時点では最も安全だと思う。

 但し、IDやパスワードなどの一覧表は、電子化せず紙に印刷して渡すことにしようと考えている。

 昨晩は脳内疲労が重症だったため、将棋のレッスンは無理せずお休みした。不衛生だとカトリ〜ヌ・笠井さんからは、何度も注意を受けているのだが、トイレに用のあるときはiPadを持ち込んでいる。詰めパラという名前のソフトで、詰め将棋を解く。あるいは将皇(しょうおうと読むそうだ)と平手の対戦をする。先手と後手で2連勝したら1ランク上げるようにしている。入門、レベル0、レベル1、レベル2を負かし、現在はレベル3と対戦中である。残すはレベル4と5であり、有段者レベルのようだ。

 詰め将棋も対戦も、かなり先を読まなければならない。仕事にも似たような側面があり、目先で良さそうに見えても、ちゃんと読まないで進めると、手痛いしっぺ返しを食らってしまう。レベルが上がるほどに手痛い反撃を受け、反省とともに学習しているが、将棋だとその都度リセットし、何度でもやり直せるが、現実の仕事だとそういう訳にはいかない。

 数ヶ月前には、営業対象として、全国の産婦人科と自治体に照準を当てていた。その後、いろいろ調べていくうちに、異なる3種類の対象が浮上してきた。それらは一見すると別々の分野なのだが、稼働し始めると微妙に重複する部分がある。

 将棋対戦の最も難しいのは、中盤だと思う、序盤には研究し尽くされた定跡というものがある。終盤は、ほとんどが詰め将棋の世界だ。しかし、中盤は変化の幅が広く、その変化をプロはすべて読み切って次の手を考えるという。

 仕事上の営業の場合は、営業手法を決めて動き出してから、基本方針を変更するのは困難だ。従って、動き出す前の時点で、できるだけ多くの変化を予測し、最終戦略を立てる必要がある。

 将棋をプロの棋士のスクールに入門し、勉強しておいて良かったと思う。

 戦後間もない頃、マッカーサー元帥と升田幸三棋士が対面したときのエピソードが、今でも記憶に残っている。将棋とチェスの根本的な違いは、将棋の場合、相手の駒を取ったら自分の味方として使える。もともとは敵の駒なので、裏切るかもしれないなどという疑念は一切不要である。全幅の信頼を置いて働いてもらえる。色も形も同じなので、文字通り味方である。

 チェスの場合は根本的に異なる、私はチェスをしないが、確か敵味方で色が違うはずだ。相手の駒を取ったら、それは死刑執行同然で盤外の存在となってしまう。

 そのとき、升田幸三棋士はマッカーサー元帥に向かって・・・正確な表現は忘れたが、「それが日本の将棋と、貴様達のチェストの違いだ」と言い放ったそうだ。マッカーサー元帥に対して「貴様」呼ばわりした升田幸三棋士の個性が垣間見える。そのとき、通訳が「貴様」という言葉をどのように通訳したかは、記録されていなかった。

 その「説教」が奏功したのかどうか分からないが、戦犯として巣鴨プリゾンに収監されていた政治家達は、死刑を免れ、活躍の場を与えられたはずだ。

 実に興味深いエピソードである。私の将棋は、まだまだ改良の余地があるが、師匠曰く、プロが指すのを見たことがないという序盤定跡を創作し、師匠の助言をいただいて研究している。先手の場合は初手が6六歩と指す。一見すると四間飛車だが、次に7六歩、7五歩と突き越して、最終的には立石流の形を目指す。これを私は、気仙流と勝手に命名している。

 何度かご紹介した未完の大作である舞台脚本「気仙雪しぐれ」に登場する主人公で、将棋が滅法強い女の子が指す、独創的な将棋の戦法の名前である。発案以来、何年が経過しただろうか。時代劇だが、舞の背後に流れるピアソラの作品は選定し終わっている。粗筋も出来上がっている。私が書く時間を確保できないままになってしまっているだけだ。

 3.11で落命された皆さんへの供養と思って書き始めたのだが、すっかり不義理をしてしまっている。もう少しお待ちいただきたい。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。

[PR]
# by hirune-neko | 2018-11-17 01:40 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ちはやさん いえい..
by hirune-neko at 11:22
昼寝ネコ様 いつも..
by ちはや at 08:56
通りすがりさん コ..
by hirune-neko at 13:00
「仕込み tv エキスト..
by 通りすがり at 12:21
羽賀さん 貴重な情..
by hirune-neko at 23:17
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ