人気ブログランキング | 話題のタグを見る

昼寝ネコの雑記帳

独りで全てを行うことなどできない・ ・ ・ではどうすべきか

https://youtu.be/OIJhZ_mOUdo?t=29
Piazzolla, Ave Maria (Gidon Kremer)
 
 いつまでも自分の限界範囲の中だけにとどまっていたのでは、結局進歩も成長も行き止まりになってしまうのではないだろうか。
 
 何が一番障壁になっているかというと、自分だけの仕事に継続的に取り組むことができず、絶えず即対応案件が発生し、分断されてしまうことだ。
 
 予測しなかったことが次々と発生すると、いずれもお客さんが絡む案件だったり、データ処理上のソフトやハードのトラブルがあったりすると、必然的に仕事が中断されてしまう。
 
 深呼吸をして、このような環境で、どのように組み立てればいいかを考えるようにしている。結論が出たわけではないが、最も大切なことはどれだけ大変でも、目をそらさないことだと感じている。
 
 緊張の連続で集中力が薄れ、継続的に何かをしていると精神的にも疲労が蓄積してしまう。ストレスも増大 してしまう。
 
 つい先週までは、未達成の案件が80件を超えていた。それも、タスク管理ソフトにちゃんと入力しているから、正確な件数も把握できる。毎日、少しずつでも達成しようと思っているのだが、新たな即対応の必要な案件が次々と発生すると、遅延案件がプレッシャーになってしまい、ついつい視野の外に追い出したくなってしまう。
 
 その時はそれでいいのかもしれないが、放置したまま時間が経過すると、とんでもない結果になってしまう。
 
 自分の能力の限界を超えて、案件を抱えてしまっていることは事実なのだが、工夫と努力の余地はゼロではないと思う。大きな進展はないが、少しずつ学んでいると感じている。
 
 まずは、タスク管理ソフトを開き、毎日案件の内容と達成期日のチェックを行うことが大切だと実感じている。 これまでは、メモ代わりにタスク管理ソフトを利用していた。入力すると、同じApple IDで同期しているパソコン以外にも、iPhoneやiPad Proでいつでも、どこででもチェックすることができる。
 
 あまりにも遅延案件の数が増大してしまったので、タスク管理ソフトを開くと自己嫌悪になってしまうのが目に見えていたため、ついつい閲覧が億劫になってしまっていた。つまり、視野の外に追い出し逃避してしまったことになる。
 
 それでは何の解決にもならないのは当たり前だと思う。そこで反省し、踏みとどまって現実に目を向け、少しでも改善方法がないかどうかを考えるようになった。
 
 時間に追われると、何かを確認したり調べたりする時間もとても惜しくなってしまう。新たに発生した案件の入力時間すら惜しいほどだ。 新しい案件やリマインドが必要なことが思い浮かんだら、すぐにiPhoneやiPad Proなど、手元にあるデバイスを立ち上げ、タスク管理ソフトに口頭で音声入力をする環境はとてもありがたい。
 
 現在利用しているタスク管理ソフトはTodoistだが、 ごく一部の機能しか利用していないのは認識している。 最近になって、それぞれのタスクにメモ領域があることがわかった。今頃になって恥ずかしい話である。スタッフとの情報共有によって、プロジェクトを管理できる機能もあるようだが、まだまだそこまで知識が追いついていない。
 
 最近、メモアプリのEvernoteにもタスク管理機能が加わったようだ。とてもとてもまだ内容を確認できていない。しかし、いずれもGoogleカレンダーと同期できるので、それらを上手に使いこなせれば時間と労力をもっと節約できるようになりそうだ。期待している。
 
 スタッフとの情報共有を短時間で正確にできる仕組みを、なんとか構築したいとも思っている。 説明しなければならない内容が長くなる場合は、iPhoneのボイスメモ機能を使い、音声で入力してメール添付で送っている。長い文章で説明文を書き、メールで送るよりははるかに時間と労力の節約になっている。
 
 まだまだ辛い環境ではあるが、社内や社外のスタッフが増えることを想定し、しっかりした情報共有システムの構築を実現したいと考えている。
 
 何よりも、自分自身の健康を維持し、気力と集中力が低下しないよ努力したいと思っている。・ ・ ・しかし今日などはまさに有言不実行であり、とうとう歩きに出る時間がないまま一日が終わろうとしている。油断すると足先の痛みが再発するので、 まずは何とか明るい時間帯にウォーキングを終えるよう調整してみたい。
 
 いつまでたっても愚痴ブログで申し訳なく思っている。
 
 
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する
# by hirune-neko | 2022-08-10 00:07 | 心の中のできごと | Comments(0)

小休止ではなく大休止が必要だ

Una Limosna por el Amor de Dios - Barrios - John Williams
 
 昨日は比較的気温が低く、歩いてもそんなに汗をかかなかった。しかし、今日はまた蒸し暑くなってしまい、またまた大汗をかいてしまった。結構消耗した。
 
 夜の9時ごろ、万全の体調ではなかったが歩こうと思い外に出た。足の筋肉はかなりつながり、柔軟さを回復したので歩きやすくなっている。しかし、今日は心肺機能が少々低下したようで徐々に息苦しくなり、規定の歩数を歩くことができなかった。ようやく半分程度だっただろうか。無理はしないことにした。
 
 今日はまたまた仕事を終えた後の、夜のブログになってしまった。選曲を何にしようか考えた。いろいろな楽器の中で、ギターはとても好きである。特に、ギターの独奏曲が好きだ。同じギターであっても、演奏家によって異なる音色が出るのはとても不思議だ。
 
 久しぶりに、バリオスの作品の冒頭の曲を聴いてみた。演奏はジョン・ウィリアムスである。バリオスがこの曲を作ったときのエピソードを、ブログ読者の方から教えてもらって知ったので、余計その情景が目に浮かぶ。
 
 バリオスの家のドアがノックされ、開けるとそこには老女が立っていた。そしてこのように言った。この曲のタイトルである。
 
 Una Limosna por el Amor de Dios.
 
 ・・・ これは多分スペイン語だと思う。スペイン語は一度も習ったことがないので、読み方も意味もわからないが、想像で書くと「ウナ・リモズナ・ポル・エル・アモール・デ・ディオス」 と発音し、記憶によればその意味は「慈悲深い神に代わってをお恵みを」だったと思う。
 
 バリオスは、財布の中にあった紙幣をその老女に渡し、また困った時はいつでもおいでなさい、と声をかけたそうだ。なかなかいいお話だと思うし、この曲自体も心に染みるいい曲想だと思う。
 
 実は今、椅子に座っているのが辛くなったので、床の上に布団を敷き仰向けになってiPad Proに音声入力で文章を書いている。このまま一気に朝まで寝られたら、どれだけ体が楽になるだろうかと思っている。
 
 ・・・真面目な話、日本に軍事的な侵攻が始まったら、どのような状態になるのだろうか。日本国内には、いくつもの米軍基地があるし、日米安全保障条約があるものの、果たしてアメリカはどこまで日本を守ろうとするだろうか。そんなに甘くはないのではないだろうか。あくまでも自国の国益が最優先だろうからだ。 そして、自国は自らの手で守らなければならないのではないだろうか。
 
 したたかな外国人政治家に対し、日本の政治家は果たして対等かあるいはそれ以上の対応ができるのだろうか。
 
 私ごときがあれこれ心配・懸念しても、できることは何もない。しかし、何かしなければならないという使命感のようなものが、なかなか消えてくれない。消えない以上は、取り組み続けるしかないだろうと思っている。ある意味で、すっかり観念している。
 
 一応頭の中では、かなり具体的な構想が出来上がりつつある。共感し協力してくれるだろう人も何人か存在する。拙速は避けようと思うものの、できるだけ早く稼働させたいと思っている。
 
 本当に、このまま目を閉じて眠りに落ちたら天国だろうなと思う。そろそろ、頭の中が限界になりつつあり、睡魔が襲ってきたので、大変申し訳ないけれど今晩はここまでとさせていただく。

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

# by hirune-neko | 2022-08-09 00:15 | 心の中のできごと | Comments(0)

改めてピアソラの感性の鋭さを感じる

大変残念ながら、ブログ内で再生できるYouTube動画を見つけることができなかった。https://youtu.be/hWRyCfAhYd8?t=278
Five Tango Senstations: Loving
 
 頭休めに、ピアソラのアルバムを開いてみた。そして、冒頭でご紹介したFive Tango Senstationsの1曲である「Loving」のイントロを耳にした瞬間、まるで現在の 国際情勢を予測していたのではないかという強い印象を受けた。
 
 同じアルバムの別の曲で「Anxiety(不安)」 というタイトルがあるのだが、冒頭でご紹介した曲の導入部分の方が、はるかに不安や恐れ・懸念の印象が強く漂っている。
 
 今日受信した有料購読の「オルタナティブ通信」に目を通したのだが、旧・統一教会の長い関連記事が掲載されていた。
 
 記事の転載は禁じられているので書けないが、旧・統一教会の創設にCIAが関わっていたと思われる表現があった。自分の最近のブログで、安倍元総理の銃撃暗殺事件が、個人の単独犯罪ではなく、背後にCIAの影を感じると、妄想文を書いたばかりだったので、改めて驚いた次第だ。
 
 「オルタナティブ通信」では、CIAの内部文書なども紹介されており、改めて著者の得体の知れないほどの情報ネットワークの凄さを感じた。
 
 CIAに関する情報だけでなく、アメリカの軍部による様々な人体実験についても触れられていた。
 
 そのような記事を読んでいると、すっかり打ちのめされてしまい、自分の非力さを目の前に突きつけられたような印象だった。
 
 尖閣諸島や沖縄の問題、北方領土の問題など、まるで日本は敵国に囲まれているような緊張感を感じる。南からは中国の人民解放軍が侵攻し、北からはロシアの軍隊が侵攻してきたら、日本はどのような状態になるのだろうか。
 
 改めて、なすすべのない自分自身の非力さを痛感している。抵抗する軍事力など全く持ち合わせていない のだから。さて、私には何かできることがあるのだろうか。・ ・ ・愚問であることは承知している。
 
 冒頭でご紹介したピアソラ作品のイントロには、明らかに強い不安感や恐怖感が漂っている。
 
 しかし、ずっと聴いていると次第に曲想が変わる。少しずつ希望の明るさと、他者に対する慈愛の大切さを示唆する曲想に変化していると感じる。
 
 何も言葉を発していないので論理性はないものの、ピアソラ独特の感性で、聴く人の心に強く訴えかけているメッセージがあるのだとと感じる。
 
 不甲斐ない話ではあるが、あまりにも広範囲にわたる国際情勢の緊張の高まりに、心底自分の非力さを感じてしまっている。あれこれ思いめぐらし、何とか具体的な構想を実現化したいと思っていた気力も、一時的に失せてしまった。
 
 しかし、ピアソラのこの曲を聴くうちに、徐々にではあるが心の底から気力が甦ってきたように感じている。
 
 過去に、どん底の時を含め何度もピアソラの作品に心を揺さぶられ、勇気づけられた経験がある。改めて、よき音楽との出会いに感謝の気持ちを強く感じている。
 
いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

# by hirune-neko | 2022-08-08 00:25 | 心の中のできごと | Comments(0)

一日の終わりに

Bill Evans - A time for love
 
 ふと腕時計を見たら、なんと午前0時ジャストだった。 まだ事務所にいて、ちょうど今日の課題を終えたところだ。
 
 さっき指折り数えてみたら、長年の事務所が手狭になり新しい事務所を借りたのが去年の10月1日であり、今月でもう既に11ヶ月目になってしまった。実に早いものである。
 
 夕方5時に約束があったので、電車を乗り継いで都心まで行ってきた。地下鉄の駅を降りてから、地上に出るまではずっと階段だった。かなりハードな駅だった。
 
 しかし、普段は仕事で引きこもりがちの生活なので、ちょっとした小旅行に行ってきた気分だった。これが、海の見える湘南や伊豆だったらもっと気分転換ができるだろうと思う。現時点では、夢のまた夢である。
 
 ブログに向かう時間帯を早めようと思ってはいるのだが、残念ながら昼間の時間帯は、まだまだその時間が確保できない。それほど案件が連続している。
 
 しかし、一日の終わりに肩の荷を下ろしほっとしながら感じたままに文章を書くのも、なかなかいいものである。
 
 どうでもいいことかもしれないが、いつも気になることがある。ビル・エヴァンスの演奏は、イントロはスローでとてもいい感じで好きなのだが、途中からアップテンポになってしまう曲が多い。それが彼のスタイルなので仕方がないが、最初から最後までスローテンポの曲を見つけるのが、かなり大変である。
 
 毎週土曜日の夜の英語Skypeレッスンを受けた。以前からお願いしていた英語圏の国々の一般メディアと、オルタナティブ情報のリストは、かなり完成に近いようだ。日本国内の同様のリスト作りを、そろそろ知人にお願いしなければならない。
 
 国内外の社会情勢情報を伝えるのが、主要な目的ではない。人間として、あるいは家族とともにどのように生きるべきか、そしていい意味での警戒心を高めてもらうことも目的の1つである。
 
 インターネット上では、ひとつのテーマに集中した様々な情報提供や意見がたくさん見受けられる。しかし、私自身は独自の視点から、しかも独自の哲学による情報提供や提言の仕組みを作りたいと思っている。
 
 過去10年以上にわたって、自分なりにあれこれ思い巡らしてきたテーマなので、単なる思いつきではない。もう少しで全貌を公開できると思う。少しでも多くの皆さんに、これからの時代に必要な仕組みだと共感していただくことを、切に望んでいる。
 
 さて、これ以上思い浮かぶままに書き続けていると、とんでもなく遅い時間になってしまうので、今日はここで切り上げ帰宅させていただく。


いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する

# by hirune-neko | 2022-08-07 00:50 | 心の中のできごと | Comments(0)

珍しく気力が極度に低下してしまった

Stairway To The Stars
 
 考えても意味がないことだと思うが、どうして今日は気力がこんなにも低下してしまったのか、その原因を考えてみた。
 
 睡眠の質が悪いのか、夏の疲れが出たのか、処理案件が連続してしまっているからか、単に年齢のせいなのか。・ ・ ・あれこれ考えたが、結局結論は出なかった。
 
 最近、仕事に関係して少々不安に思うことがある。それは、社会に大きな変化が起きて平常の経済活動が続けられなくなった場合、どのような状態になるのだろうか、という漠然とした不安である。
 
 今朝のニュースで、断片的に耳にしたのだが、中国が日本の領土である島だけでなく、日本国内の米軍基地をも攻撃対象にしていると報じられた。そのような情報は目にしていたが、一般のラジオが報じるようになったとは、少々驚きだった。
 
 中国が台湾の領空に向けてミサイルを発射したとか、 台湾有事は日本の有事になるとか、いろいろ不気味な情報が飛び交っている。
 
 非常事態や緊急事態と表現しても、具体的にどこで何が起きるのかを特定するのは、実質的には困難だろうと思う。
 
 しかし、国内が深刻な状況になると物流網が遮断されてしまい、スーパーやコンビニの棚からほとんどの商品が即日消えてしまうと想像している。
 
 私自身の仕事も、納品できないことになり請求ができな くなる。それどころか受注そのものが途絶えてしまうのではないかと想像している。
 
 そうなったらなったで、いつ収拾するか予測もつかない事態を、じっと耐え忍ぶしかないのだろう。
 
 しかし、その発想は自分のことだけを考えたものである。一般の方がどの程度、そのような事態を想定して考えているだろうか。もちろん、絶対にそのような状況になると断定はできない。しかし、懸念して備える事は自分自身や家族を守るために、必要なことだと考えている。
 
 中長期的に家族関係を見据えた提案は、とても大切だと思う。しかし同時に、物理的に個人や家族を守るプログラムも、現実的にとても重要な局面になってきていると思う。
 
 そのような危機感を持っている人間として、少しでも多くの方々に提案と勧告をお届けしたいと思っているのだが、全く売り上げにならず利益にもならないことを、仕事の合間に考えるものだから、少々負担になってしまっているのかもしれない。
 
 営業活動に没頭し、契約を増やす事は当面の重要課題である。しかし、前述のようにいくら契約を増やしたからといって、日本国内が緊急事態や非常事態に巻き込まれるならば、ある意味では継続が困難になることも視野に入れる必要があると思う。
 
 したがって、なるべく手間や時間、費用をかけずに情報収集と分析、そして発信する仕組みをまずは優先課題として考えている。日本全体が大変な状況になると、現実的には他人のことを考えてはいられないかもしれない。
 
 しかし、妄想だと一笑に付されても構わないが、この十数年間にわたり消え去らない自分自身の使命感なので、無責任に放棄せず何とか形にしたいと思っている。
 
 もう少し辛抱していれば、徐々に追い風が吹くだろうと期待し、なんとかこのプロジェクトを大事にしたいと思っている。
 
 改めて、人間が生きる上で理念や哲学、そして人生観はとても大切だと思う。私自身も大切に考えたいと思っている。
 

いつもクリックを有難うございます。励みになっています。
更新を通知する


# by hirune-neko | 2022-08-05 23:00 | 心の中のできごと | Comments(0)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
causalさん ..
by hirune-neko at 12:22
おはようございます。 ..
by causal at 07:11
ちはやさん コメン..
by hirune-neko at 18:32
昼寝ネコ様 こんに..
by ちはや at 12:07
夜明け前さん コメ..
by hirune-neko at 18:56
記事ランキング
以前の記事
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ