昼寝ネコの雑記帳

おいらは逃亡者状態だ

c0115242_12432010.jpg

今日は土曜日。朝から仕事です。

知らないうちに仕事が増え続け、未消化のまま次々と自己増殖している感じです。パソコンは高性能のものに入れ替えましたし、近々「パラレル・デスクトップ・フォー・マック」というソフトを購入予定で、そうするとMAC上でWINDOWSも動くということになります。嘘のような本当の話です。ですから、処理能力は格段と高まっているのですが、それはあくまでパソコンの能力なんです。私の能力がパソコンに比例して高まるわけはないんです。そこに人生の葛藤と苦悩が生まれるんです。睡眠時間なんて、際限なく削れるものではありませんし、頭を酷使すれば脳細胞が糖分を要求しますが、カロリー制限中の厳しい生活。散歩はしたいけれど、時間と気力がない。ああ、どうすりゃいいんでしょうか。このままでは仕事に殺されそうです。でも、その緊迫感を楽しんでいる私でもあります。

そんなとき、思い浮かぶ情景があります。海なんです。フランスのドーヴィルという街は行ったことがありませんが、海岸沿いの別荘地だそうです。ジャン・ルイ・トランティニアンが、砂浜を車で走った、そして犬が伴走した・・・というかなりいい加減な記憶なのですが、映画「男と女」の一シーンです。それと、ミシェル・ルグランの甘美なメロディが印象的な「思い出の夏」。海辺で独り暮らす女性教師に寄せる、生徒の儚い慕情。ちょうどベトナム戦争の時代で、確か恋人が戦死した痛手を負っているという設定だったように思います。これもいい加減な記憶です。

かなり速いスピードの時間経過に馴らされた現代人。緊張感を強いられて、ストレスも倍加。知らないところで心が悲鳴を上げているに違いありません。そんなときに、ふと立ち止まって妄想する場所が、その人の原風景なのではないかと思うんです。
私の原風景はシベリアだと、すっと思っていました。どうやら、そうではないようです。日和見といわれても構いません。暖かい海岸沿いのリゾート地で椅子に寝そべり、冷たいレモネードを飲みながら、こしあん大福をパクリ。ああ、至上の楽園ですね。

今日の画は、おなじみカト〜ヌ・笠井さんが描いてくれたものです。近刊「昼寝ネコの雑記帳」の章に「本の世界」というのがあるんです。この画は、昼寝ネコがアルベール・カミュの作品を読みながら、頭の中ではドラえもんの「どこでもドア」でどこに行こうかと考えているうちに、眠りこけてしまった場面だと思います。アップでお見せできないのが残念です。表紙は確かにカミュなんですが、中身はドラえもんなのがバレバレなんです。そこまですることないのに。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-17 12:54 | 心の中のできごと | Comments(4)

まだまだ、知らなかったことがたくさんです

c0115242_1240577.jpg

この画は、近々出版予定の「昼寝ネコの雑記帳」で、どうしても話題がドーナツや饅頭の方にいってしまう「食べ物、とくに甘いもの」の章に使うイラストです。食べかけのドーナツをお腹の上に載せたまま、饅頭や大福に囲まれた至福の夢を見る、昼寝ネコのようです。やはり、カトリ〜ヌ・笠井さんの手になるものです。

今日は午後からずっと、その「昼寝ネコの雑記帳」の営業用見本の製本を研究していました。DTP処理、つまり原稿や画像をデータ化するのに、クォークエクスプレスという、なにやら特急列車みたいな名前のソフトを使うのですが、裏表の両面に印刷して製本するとなりますと、ページを一定の規則の順番にしないと、うまくいかないんですね。それで、最初はクォークに付随している「ページレイアウト」という機能を使おうとしたんですが、これは全部で4ページとか8ページ程度の印刷物用なんだそうです。100ページとか200ページを超えるものですと、この「面付け」という作業は繁雑になるため、専用のソフトを買ってください、といわれました。で、クォーク・ジャパンのホームページを開いてみたら、あるにはあるんですが、なんと50万円以上するんです。これはもう、印刷屋さん向けのソフトじゃないですか。そんなお金があったら、マックプロをもう1台と、A3対応のレーザープリンタを買ってもお釣りが来るな、なんて思いますよね。

そこで、何かうまい方法はないものかと必死で考えました。こんな時はネコの手も借りたいというのに、うちのネコときたら暖房の前で寝てばかりなんです。でもね、さすがにピキーンと閃いたんです。「ページレイアウト」の機能をうまく使うと、手間はかかるものの、希望の結果が得られそうなんですよ。ようやく、1冊目の出力が終わり、これから4ページずつ折って製本しても、ちゃんと順番通りになるかどうかチェックするところです。本文さえできてしまえば、あとはカバーをマット紙にカラー印刷し、製本屋さんに持ち込めば見返し用紙もつけて、ちゃんと製本してくれます。もうひと息です。

なぜ、こんなにも見本にこだわるかというと、それには理由があるのです。昼寝ネコの希望としては、この「昼寝ネコの雑記帳」を第一歩として、創作物語の続刊を出したいのです。次の段階からは主旨に賛同してくれる企業から、「人に優しいメッセージ」として、発信の応援をしてもらいたいと考えているのです。ですから、企画書だけでなく、最初から実物に近い見本を作ろうとしているのです。

話しはがらりと変わりますが、あなたは何か舞台をご覧になったことがありますか?舞台上の俳優さんが演技するのを観てどう感じられるでしょうか。私は、俳優さん個人の人格や品格、感性や普段からの努力のあるなしを感じます。
見てくれだけの、その場限りの、「らしく演技すればいい」という舞台には、感動はありません。ひとつひとつの台詞に心を込めて、どれだけ相手の心の中に入っていくかが大切だと思うのです。

本にも似たようなところがあると思うのです。美辞麗句、文章が上手い、素人ばなれした言葉遣いだ・・・など、いろいろいな評価があると思います。でも私は、わかりやすい言葉で、読み手の心に触れ、読み手が共鳴し心を開く・・・そんな物語を作りたいと思っています。
舞台にも「舞台裏」という言葉があるように、スポットライトの当たる華やかなステージの裏には、演出、衣装、メーク、大道具、小道具、証明、音響など、多くの人たちの支えがあります。1冊の本を出版するにも、目に見えない努力と葛藤が必要だと思うのです。そんな時、一人でも二人でも一緒になって苦労してくれる友人がいることは、とても心強いものです。そんな親身な友人たちのためにも、少しでも理想に近い状態で出版したいと思っています。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-16 20:54 | 創作への道 | Comments(2)

近刊「昼寝ネコの雑記帳」の進み具合

c0115242_1245188.jpg


仕様が大体固まりました。判型は四六判、本文240ページ・1色印刷、並製(ソフトカバー)。カトリ〜ヌ・笠井さんがイラストを、章の見出し分描いてくれましたので、これまでの仕様にはなかった「章とびら」を新設することにしました。それで、少しページ数が増えました。

この画は「音楽はマイフレンド」という章のとびらに使う予定のイラストです。せっかくのお休みを犠牲にし、徹夜で描いてくれたのです。「顔はむくみ、頭はボサボサ、部屋は豚小屋状態だ」というメールを送ってきましたので、電話でお詫びを言いましたら、あれはオーバーに表現したんですよ、とのことでちょっと安心しました。

原稿は、ほとんど校了に近いところまで来ています。あとは最終の推敲をし、誤字・脱字をチェックすれば本文は完成です。カバーデザインなどの装丁は、ブックデザイナーのY.T.さんにお願いする予定です。プロの方ですので、安心していられます。

目下の課題は、続刊についてなんです。「昼寝ネコの雑記帳」は、文字通り、ブログを本にしたものなんですが、できれば創作のストーリーを書きたいんです。「昼寝ネコの雑記帳」の中にも「創作短編小説・落語」という章があり、多少は創作ものを書いています。落語はともかく、今後は創作ものを昼寝ネコの名前で書いていきたいのです。読む人の心に優しさと共感を感じてもらえるような作品を書ければ、こんなに嬉しいことはありません。

とにもかくにも、第一作を世に出すことが目下の課題ですので、カトリ〜ヌ・笠井さんや職場の店長さんの声援に応えて、なんとかゴールインしたいと思っています。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-16 01:35 | 創作への道 | Comments(4)

セント・バレンタインズ・デイ

c0115242_1531260.jpg

バレンタインデーの起源は、あるチョコレート会社の販売企画だそうですね。サン・ジョルディの日は、本をプレゼントする日だとか。これは確か日書連という書店さんの団体が仕掛けたはずです。

バレンタインデーの夜、私には嬉しいプレゼントが届きました。カトリ〜ヌ・笠井さんが10枚も私の画を描いてくれたのです。目下製作中の本のカテゴリーに合わせ、映画や音楽、読書、甘い食べ物などなど。線画のイラストもいいですが、やはりこちらの方が生命体のような感じがします。せっかくのお休みだったのに、徹夜までして描いてくださって、恐縮と感謝が入り交じっています。ありがとうございました。皆さんの親身な愛情によって、本当に昼寝ネコがこの世で認知されるのではないかという予感がしてきました。

そうそう、昼寝ネコについては、あまり触れていませんでしたね。最初は、昼寝好きのものぐさネコだと思っていました。たぶんそうなのだと今も思っているのですが、段々存在感が増すにつれ、私自身が昼寝ネコの生い立ちに興味を持つようになりました。

勿論、昼寝ネコは私の意識の中に棲息する、架空の存在として生まれました。でも、容姿や嗜好が徐々に明らかにされ、生い立ちも非現実のものから、段々実態が浮かび上がってくるようになったんです。ああ、そうだったんだ、という具合に、古きよき友人のような、ぼんやりとした、しかし信頼できる話し相手として存在感を増しているのです。

荒唐無稽と思われるかもしれませんが、昼寝ネコは確かに私に語りかけるのです。記憶が薄れてしまったずっと昔の時代のこと。何千キロも離れた遠い街に住んでいた頃の、飼い主のこと。ポツリポツリと、記憶を辿るように話しかけてくるのです。
そのお話を、活字にして・・・ときどき意味不明の外国語で話しかけてくるのですが・・・「超訳」で日本語に翻訳して、友人たちに伝えるのが私の使命のようにも思えるのです。

ある日突然やってきた昼寝ネコは、やはりある日、忽然と姿を消すかも知れません。でも、一緒にいる限りは、話し相手になってやろうと思っています。

それと、ときどき私と昼寝ネコの境界線がふっと薄れ、表現が曖昧になることがあるようですが、それはお許しいただきたいと思います。私と昼寝ネコの錯綜は、とりもなおさず、分離と合体という葛藤の繰り返しの証拠のようなものなのですから。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-15 01:50 | 創作への道 | Comments(4)

難産だった作品の処女出版に期待

c0115242_257101.jpg

創作活動を志す人の内面について考えてみたことがある。つい今しがたなのだが。

作家として表現活動をライフワークにしようとしている若い女性がいる。麻生圭さんといい、外資系ファンド会社の第一線でストレスと闘いながら、作家を目指してきた。大変な難産の末、もうじき作品が生まれようとしている。 いよいよ文壇に、処女作を引っさげてのデビューだ。

やや1年前から本格的に本書の創作活動に入ったが、発刊予定の少し前から体調を崩し、心配していた。でも、元気に復帰してもうじき校了だ。 長い道程だったと思うが激務の中、ストレスと闘って、よくも最後まで仕上げることができたものだと感心している。

麻生圭さんの編集担当者(中年男性)は、 彼女にとって最初の作品だというのに、情け容赦なく赤字チェックを入れ 、態度は穏やかなものの、辛辣に酷評したそうだ。恐らく、麻生さんは編集者に似たワラ人形を作って柱に打ち付けながら 、この作品を書き続けたに違いない。アイツめ〜、コンコチクショ〜と叫びながら、五寸釘に怨念を込めたと想像している。

原稿を読む機会があったが、主要な登場人物は三人。ミステリアスな魅力をもつ女性に、これまたミステリアスな雰囲気の画廊経営者。そして主人公は 若手の宝飾実業家だが、婚約者がいるにもかかわらず、そのミステリアスな女性の深い魅力に翻弄されて、不思議な体験を重ね、自分の内面に独自の女性理想像を 、特殊な方法で形成していく・・・という、非常に現代的なテーマだ。セクシャリティのメンタルなや側面、ビジネスの第一線で激務とストレスにさらされる人間のジェンダーの脆弱さを、ビジュアルに文章化した作品となっている。結末は、フランス流で、後味はフランソワ・トリュフォー監督の映画、といってもいいかもしれない。作品としては完結したが、三人の登場人物は、生き方として葛藤を引きずっており、完結していない。そんな余韻がエピローグとなっている。その余韻が、次なる作品の前奏曲となることを期待している。その意味で、非常に文学的な側面を持っている作品だと評価したい。

第1稿から読ませていただいたが、とても学習能力がある方で 、よくこの水準まで仕上げたなと、感服した。 非常に現代的なテーマなので、マスコミも話題にし、彼女の作家人生がよきスタートを切れるといいなと、心から願っている。

タイトルは「黒蝶」で、登場人物である ミステリアスな女性を象徴しているようだ。
[PR]
# by hirune-neko | 2007-02-14 02:58 | 創作への道 | Comments(2)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
ロマラン さん コ..
by hirune-neko at 15:20
私も色々な曲を聴いた後は..
by ロマラン at 02:15
causalさん ..
by hirune-neko at 23:19
東日本大震災直後、来日予..
by causal at 11:42
causalさん ..
by hirune-neko at 12:11
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ