昼寝ネコの雑記帳

ああ、なんたる失策・・・老いの入り口

自慢ではないが、私は滅法誘惑に弱い方だ。

ウィークリーマンションを引き払い、
エレベーターに乗り込む。
小さな車輪のついたカバンを引き、
ショルダーバッグが肩に重い。
一歩外に出ると、うぐっ、初夏の大阪。
とたんに歩くのが億劫になる。
新大阪までタクシーで行きたいなあ。
そういう気持ちを抑え、JR塚本駅へ。
駅の階段を昇る気力がない。
ああ、エレベーターがあった、天国だ。

新大阪の東口を出て少し歩いたところに
マンション業者の事務所があり
鍵を返さなくてはいけない。
東口にはエレベーターも
エスカレーターもないことは先刻承知である。
おかげで前回は酷い目にあった。
今日は抜かりなく、大型のコインロッカーだ。
手ぶらで歩くのがこんなにいい気分だとは・・・。

事務所に着いたら外出中の貼り紙。
ご用の方は電話するように・・・。
いくら電話しても出ないではないか。
仕方がないので、本部に電話し指示を仰ぐ。
鍵は、玄関の郵便受けに入れてくれというので
なんの疑いも持たず、ダイヤル錠で
ロックされている郵便受けに入れて
東口に戻る。
てぶらだと階段も苦にならない。
さて、昼飯ぐらいゆっくり食べてから
コインロッカーに行こう。
そう決めて、ロッカーの鍵があることを
確認しようとポケットを探ったとき、
ふと不安な気持ちになる。
あちゃ、間違えてロッカーの鍵を入れちゃった。

再び事務所に戻るが、やはり不在。
また本部に電話し、結局は数分で
スタッフの方が来てくれたので
事なきを得た。

ちょっとした落胆を感じた。
集中力が途切れたといえば聞こえはいいが
なんのことはない。
人間はこんな感じで徐々にぼけていくのだろう。
でも、ぼけたらぼけたで、いやな思い出も
きれいさっぱり忘れられるのだろうか。
肝心なことをどんどん忘れ、
忘れたいことだけが残る人生だったら
最悪ではないか。
いや、おそらくは恩讐を忘れ
心穏やかに晩年を送るのが
人間へのせめてもの贈り物なのではないだろうか。

「ふむふむ・・・」と思われなくても、クリックをお願いします。

人気blogランキング
c0115242_311088.gif
[PR]
# by hirune-neko | 2008-04-16 20:26 | Comments(6)

関西営業終了・・・明日は帰宅

今朝の夙川(しゅくがわ)の営業をもって
一応、関西の営業はひと区切りです。

独り暮らしでも、ごみが結構たまるので驚きました。
初めてウィークリーマンションに滞在したのですが
いざ自炊をしようとすると、何もないので
フライパンや食器類、包丁にまな板などを
ひと揃い持ち込む必要があるんですね。
そこに不便さを感じました。
管理会社によって違うのかもしれません。
かなり前の話ですが、フランスで仕事を始める
準備で滞在していたときは、いわゆる
ホテルタイプのアパートを利用したんです。
片手鍋から皿にナイフ・フォークと
必要なものはほとんど揃っていました。

近所の食料品店に行き、買い出しするのですが
考えてみたら、フランス語がまったくだめなんです。
ですから、塩も胡椒もどれがなんだか判読できず
他のお客さんに無理矢理英語で話しかけて
やっと買い物を済ませる日々でした。
でも、さすがにフランス料理の本場の国だけあり、
パン屋さんも多く、お総菜も美味しかったように思います。
今でこそ、日本でもかなりチーズ専門店が増えましたが
当時は雪印の6Pチーズしか知らなかったので
市販されている普通のカマンベールでも
とても美味しく感じました。

フランスで会社を設立し、ゼロからの顧客開拓。
今ではもう、そんなバイタリティはありません。
だって、このまま生き続ければ、還暦とか
古希とか米寿とかがどんどん迫ってくるわけですから。
でも、パリはまた行ってみたい都市ですね。
今度こそ仕事の比重の軽い旅をしたいです。

ここ、大阪・塚本も住み馴れれば暮らしやすいんでしょうね。
JRで大阪までひと駅、タクシーでワンメーターの距離に
阪急線の十三があり、そこから梅田、京都、
神戸、三宮まで一本です。
いつかゆっくり京都も散策してみたいですね。
夢のまた夢です。

「ふむふむ・・・」と思われなくても、クリックをお願いします。

人気blogランキング
c0115242_311088.gif
[PR]
# by hirune-neko | 2008-04-15 23:23 | Comments(2)

仕事の合間に道楽なのか、道楽の合間に仕事なのか?

我ながら自分にあきれている・・・あきれることが多い。

いよいよ最後の営業で、5時の約束時間を控え
準備をしていたら電話があり、6時にしてほしいという。
1時間の余裕ができたのでひと仕事済ませ、十三へ。
電車に乗って少し経つと携帯に電話。
6時には帰れそうもないので、7時にしてもらえるかとのこと。
相手は開業を控えた大事な時期なので、
そりゃあ予測のつかないこともあるだろう。
で、5時40分頃には現地に着き、近くの喫茶店へ。
ゆっくり夕食をと思ってメニューを眺めていると
また電話が入る。
今日は終わりそうもないので、明日の午前中にしてほしい。
洋風の店構えなのに定食がワンメニューで、
しかも中華レシピだったのもあり、結局のところ
「ピーナツ汁粉」という何やら珍しい品名に惹かれて、
美味しくいただいた。
商談が済んだら、夜遅くてもいいから大阪を引き払おうかと
あれこれ段取りを考えていたのだが、もう一日延泊となった。

二日前に借りてきた時代劇のDVDを観ることにした。
いろいろな原作者の作品が、江戸言葉をどいう処理しているか
強く関心を持っていたので、今しがた五作品目を観終えた。
著名な作家の作品ばかりで、中には存命中の
売れっ子作家の作品もある。
まるで、時代小説をテーマに卒論を書き上げるための
研究をしている気分で、立て続けに五作品を「閲覧」した。

結論、私個人の評価としては、藤沢周平の作品が
一番自分の感性に合っている・・・偉そうな表現で恐縮だが、
改めて強く確信した。
「武士の一分」は大体の評価を聞いていたので
まだ観ていないが、「隠し剣・鬼の爪」を観た。
題名からして池波正太郎作品かと思ったが
藤沢作品なのである。

とにかく、「人間」がしっかり描かれているのが
藤沢作品の特長だと思う。
言葉が足りなかった。
「人間の内面」がよく描かれているのである。
作者についてはあまりよく知らないが、
胸を病み、愛する妻に先立たれ・・・
いずれにしても人生で経験する重いテーマを
いくつも背負った人生だったのだろう。
ある種の達観、あるいは諦観が根底にあるため、
気負わず、自然なペースで筋書きが展開する。
読者、あるいは観客に対する媚や迎合もない。
史実を詳細に調べた成果を、無理に散りばめようとする
不自然さもない。
ゆったりと、自然に場面が展開し、
すべてのシーンが観客を拒絶せず、
作品の中の空気をともに吸い、感情を共有する。
静かな共鳴と共感が随所にある。
セリフもしゃべりすぎず、不自然に絶叫調で話すこともない。
いくらセットに巨費を投じようが、著名な作曲家が
音楽を担当しようが、それはあくまでも
過剰なパッケージにすぎず、要は
江戸の歴史や風俗に対する知識がほとんどない
市井の人が観て、はらりと落涙し
すがすがしい気持ちで・・・新たに生き直す
勇気を得て映画館を出られる・・・そんな作品こそが
秀逸な出来映えなのだと思うし、
藤沢作品にはその条件が揃っていると思う。

もちろん、プロデューサー、監督、演出家、キャスト、
衣装、メーク、大道具に小道具、撮影、音響、照明、効果
などなど、総合的に作り上げる人たちの才能と
努力によって作品は生かされているのだと思う。

大変偉そうなことをいってしまったが・・・
じゃあ、あんたはいい作品を書けるのかい?だなんていう
野暮な質問は、どうかご勘弁願いたい。
プロはやはりプロなのであり、私のように仕事の合間に
ちょろちょろっと文章を書く人間には、
到底無理な作業であることは重々承知している。
だがしかし、書きたい、書けるかもしれない、書ける・・・
と、あれこれ思い惑うのは私の自由ではないだろうか。
人様に迷惑をかける話ではないのだから、
せめて、それぐらいの道楽はお許しいただきたい。

真面目な話、私は改めて藤沢周平先生を
師と仰ぐ謙虚な気持ちになってる。
秀逸・傑出した作家だと思っている。

明日の10時の約束は、また延期になるのだろうか。
でも、朝はちゃんと起きなくては・・・ね。

「ふむふむ・・・」と思われなくても、クリックをお願いします。

人気blogランキング
c0115242_311088.gif
[PR]
# by hirune-neko | 2008-04-15 03:38 | 創作への道 | Comments(2)

いよいよ営業活動も終盤だ

明日の夕方、夙川にある産婦人科クリニックに行きます。
この7月に別の場所にも産婦人科を開業予定なので
多忙を極めていらっしゃいますが、なんとか時間を
いただけることになったんです。
そこまでで、今回の訪問先はすべて回ることになります。
今日の大阪は雨でした。
明日以降、引き続き関西に滞在して深追いするか、
一度撤収して、他地域の未訪問先に
コンタクトするかを明日中に判断しなければいけません。

こうしてワンルームマンションの部屋に閉じこもり
誰とも接触しないでいると・・・こんな日が
何日も続くと・・・おそらく徐々に
精神的パワーが低下するのだろうと実感しています。
あまり健康的ではないと思うんです。
何年も単身赴任しているお父さんたち、
本当にお疲れさまです。お察しします。

こちらに来て発見したのは、セブン・イレブンで
売られているあんドーナツがつぶあんであること。
全国の・・・首都圏・北海道ではすべて
こしあんなのに、なぜか大阪のは
つぶあんなんです。おそらく、和菓子でも
粒あんを好む人が多いんでしょうね。

話題があちゃこちゃになりますが、
今日の自炊メニューをご披露しても
なんの意味もないのは分かっていますが、
頭がそれ以上の話題を思いつかないので
お許しください。・・・朝食は抜きました。
昼は6枚切りの食パン・・・そういえば
関西のスーパーでは8枚切りの食パンは
とんと見かけません。ですから、
6枚切りの食パンにマーガリンを塗り、
薄いハム(薄井ハムというのはメーカーの名前ではないですよ)
ペラペラの薄いハムを4枚と切れてるチーズ
カマンベールチーズ入りを3枚並べて
即席のハムサンドを作りました。
マヨネーズもマスタードも用意がありませんでしたので
なんともひどい味でした。
それを成分無調整の豆乳でなんとか流し込みました。

夜は、いわしのみりん干しをフライパンであぶり、
電子レンジで温めてすぐ食べられるごはんに
スーパーで買った国内産100%小粒納豆を
どひゃっとかけてかき混ぜ、食しました。
それにホールコーンの缶詰を開けました。
めちゃくちゃな組み合わせですが、
栄養がどうとか、盛り合わせがどうとか
考える余裕がないんです。
その手の思考力はもともとないんです。
このままずるずると単身赴任の期間が延びたら、
大体想像がつくのですが、あれこれ
考えて買ってくるのが面倒になり、
電子レンジで温めるご飯パックと
お湯で暖めるレトルトカレー・・・
毎食この簡便な食事になるのは
まず間違いありません。
2年ほど前に、兵庫県に住む娘のところに
数ヶ月も居候したのですが、ものの見事に
エブリデー・ボンカレーな毎日でした。
食べられればいい・・・もう車にガソリンを
補給するのと一緒で、何かお腹にいれればいい・・・
生来不精者の私は、そこまで転落するのです。
血圧にも血糖値にも精神的にも
いいはずがありません。
でもさすがに、ペットフードまでには
手を出していません。
出していたら、今頃、夜な夜な遠吠えするか
夜行性になって深夜、塀の上を歩いていますよ。
北海道、東北、首都圏、関西・・・どの地域が
一番自分に合っているか・・・
それすら判断する気力がなくなっています。
危険状態の私は、もうまるで
昼寝ネコな生活パターンに落ち込んでいます。

どばたか救いの手を差し伸べてください。
あるいは、声援を送ってください。

「ふむふむ・・・」と思われなくても、クリックをお願いします。

人気blogランキング
c0115242_311088.gif
[PR]
# by hirune-neko | 2008-04-14 02:20 | 心の中のできごと | Comments(6)

アメリカ映画とフランス映画

考えてみたら、昨秋から何やら仕事一直線で
映画なんて観ていないような気がする。
大阪で単身赴任状態にあり、
炊事、洗濯、ゴミの分別、スーパーへの買い物、
ちょっと放電状態になってしまった。
訊いてみたら塚本駅の近くに
TSUTAYAがあるらしい。
行ってみたら、他店の会員カードだと
最初が3タイトルまでの限定で
2回目からは10タイトルOKだそうだ。
で、昨晩借りたものの1作がアメリカ映画。
今日借りたものの1作がフランス映画だった。

偶然なのだが、両方とも夫が獄中にいる
奥さんが主役だった。
改めて、アメリカ映画とフランス映画の
「作りの違い」、「ものの考え方」の違いを再認識した。

フランス映画は、かなり内面を掘り下げて作られている。
つまり、人間の内面は広く深い、という考えにたっている。
アメリカ映画の方は、もちろん単純な作りではないのだが
「複雑さ」を設定そのものに反映させている。
つまり、夫の勤める会社がマフィアとつながっており、
ケイマン諸島に送金して、ダミーの保険会社使って
資金を洗浄する・・・その他盛りだくさんである。

両方とも刑期を終えて帰ってくる夫を待つ妻を描いていて、
両方とも妻に近寄ってくる男性がいる。
アメリカ映画の方は、男女関係がいかにも
ステレオタイプに単純化され過ぎており、リアリティに欠ける。
フランス映画の方は・・・映像シーンそのものではなく
妻と服役中の夫、そして看守との「ダブル」三角関係、
そのプロセス・・・そのインモラリティの部分に関しては
18歳未満の男女、あるいは世間的に健全な思考の
紳士・淑女の皆さんは、頭から拒絶するだろうと思う。
だがしかし、それぞれの内面の深さと拡がりを
認めないことには、この映画の提起する
「人間の弱さと葛藤」に共感することはできないだろう。
フランス映画の方は、出演者それぞれが
演技上の表現を努めて抑制することによって、
内面の複雑な様相に起因する
感情と人格の変化をリアルに表現している。

どちらも万人向けの映画ではないので
タイトルを公表することを控えるが、
やはりアメリカ映画はハッピーエンドであり、
フランス映画は、混沌と余韻を色濃く残している。
以前からそう思ってはいたのだが、
やはりそれが、両国の映画制作の公式なのだろう。

「ふむふむ・・・」と思われなくても、クリックをお願いします。

人気blogランキング
c0115242_311088.gif
[PR]
# by hirune-neko | 2008-04-13 00:25 | 心の中のできごと | Comments(4)



妄想から始まり、脳内人格を与えられた不思議な存在
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ライフログ
最新の記事
最新のコメント
千波矢さん 投稿コ..
by hirune-neko at 18:56
ご無沙汰しています。 ..
by 千波矢 at 14:29
ロマランさん 一生..
by hirune-neko at 01:12
日本にいれば是非行きたい..
by ロマラン at 02:39
Nonnieさん ..
by hirune-neko at 11:53
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
昼寝ネコのプロフィール
・1951年
 小さいころ、雨ざらしで目ヤニだらけの捨てネコを拾ってきては、親から小言をいわれる。小学校低学年の音楽と図工は通信簿が「2」。中学からバスケを始めるも、高校2年で部活を止め、ジャズ喫茶通いが日課となる。授業が退屈でがまんできず、短編小説を書いては授業中のクラスで強制的に回覧させ、同級生の晩学を妨げることしばしば。早く卒業してほしいと、とくに物理の先生が嘆いていたようだ。ビル・エバンス、チャーリー・パーカー、ジョン・コルトレーンに心酔。受験勉強をすっかり怠り、頭の中は浸水状態。

・1969年 
 中央大学経済学部入学
 まぐれで合格するも、東大安田闘争・70年安保闘争などの影響で神田界隈はマヒ状態。連日機動隊がやってきて大学はロックアウト・封鎖の繰り返し。すっかり希望を失い、大いなる時間の浪費が始まる。記憶に残っているのは、ジャズを聴いたこと、大学ノートに何やら書きなぐったこと、ぼーっと考えごとをすること。数限りなく、雑多なアルバイトをやったこと。一応は無難にこなした・・・はずだ。いろいろ本を買いあさったが「積ん読状態」で、ただ、アルベール・カミュの作品には衝撃を受ける。それと、寮生活だったので、嫌いだった納豆を食べられるようになったのは、収穫だった。

・1974年 
 同大学卒業
 1年留年し、5年かけてなんとか卒業。理由は単位を落としたからだが、結局5年間の学生生活で授業に出席したのは、おそらく数十日ではなかったろうか。毎回レポート試験で単位をいただいたが、ほとんどは寮生仲間に「餃子ライス」を報酬に、作成を代行してもらった。今さら卒業証書を返還せよといわれても、もう時効だろう。白門同窓生の恥部であることは、重々自覚している。
     
・2006年 
 現在に至る
 プロポーズしたら1週間待ってくれという。そんなに待てないといったら、翌日ハート型のケーキを焼いて待っていてくれた。世の中には奇特な女性がいるものだ。おまけに4人も子どもを産み育ててくれて・・・育児放棄の夫に寛大な女性で・・・おまけに子どもたちは・・・三人の息子と息子のような娘が一人なのだが・・・父親を反面教師として、なんとか実社会に順応している。大したものだ。わが家には、「親の七光り」など存在せず、「子の七光り」で恩恵をいただいているようなものだ。

・2010年 宇宙の旅
 人生も、それなりに辛抱して生きていれば、悪いことばかりではないなと思っている。2010年には、どこで何をしていることやら。宇宙のチリになっているのか、地中に埋もれているのか、はたまた相変わらず時間を見つけては昼寝三昧なのか、こればかりは全く予測がつかない。

・現在
 このブログを始めた頃、2010年なんてずっと未来の存在だった。でも、気がついてみたら2010年はすでに過去のできごとになってしまった。2013年になり、もうじき2014年になろうとしているこの時期に、改めてブログに書き残された何編もの雑文が、自分の心の軌跡という遺産になっていることを感じている。6年前に「昼寝ネコの雑記帳」という単行本を出版した。最近は「続・昼寝ネコの雑記帳~創作短編集」を発刊しようと、密かに機会を窺っている。
お気に入りブログ
ファン
ブログパーツ